クレーム対応スペシャリストとは?資格の取得方法・特徴・料金など

サービス・接客

顧客と向き合う仕事をしていると、クレームが入ることは決して珍しくはありません。

そしてそのクレームは、適切な方法で対処することが望ましいです。

そんなクレームへの適切な対応方法を身に付けられる資格が、クレーム対応スペシャリストです。

では具体的にどのような資格なのか、取得する方法や料金なども合わせて確認していきましょう。

クレーム対応スペシャリストとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
クレーム対応スペシャリスト39,600円3ヶ月

現代では、インターネットやスマートフォンといったテクノロジーの発展によって、怒りが収まらないまま簡単にクレームができることが多いです。

そして、企業側に落ち度がない場合でも責めてきたり、特定のスタッフのみを攻撃したりという風に、多様化する傾向があります。

そんなクレームは対応を間違えると、状況を悪化させてしまう可能性も高くなります。

そのようなことにならず、クレームに対して柔軟な対応をし、クレームをするような顧客も味方に変えられるほどの知識とスキルを持った専門家が、クレーム対応スペシャリストです。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「クレーム対応スペシャリスト」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

適切な対処法が身につく

クレームには商品やサービスに関する説明を求めるものだけでなく、理不尽な内容や脅迫めいたものなど色々な種類があります。

そして、その種類に合わせた対応が必要です。

クレーム対応スペシャリスト講座では、そんな数多くのクレームの性質を把握した上で、適切な方法を知ることができます。

そうして、習得した適切な対処法を仕事で実践できれば、様々なクレームをスムーズに解決できるようになるでしょう。

前向きな考え方になる

顧客からのクレームは、対応次第ではトラウマになる恐れがあります。

しかし、適切な対応によって、クレームをしてきた顧客と和解をしたり、その顧客を味方に付けたりすることができれば、自信に繋がります。

クレーム対応スペシャリスト講座で適切な方法を学んでおくと、そんな良い結果に繋げられる可能性が高くなるのです。

そうして、様々なクレームを適切に対処できるようになったら、クレームに対しても前向きに考えられるようになるでしょう。

組織内の雰囲気が良くなる

クレームは適切な対応ができなければ、対応を受け持つ人のメンタルに大きなダメージを与えます。

そして、メンタルにダメージを負った人は、組織の雰囲気悪化のきっかけになりかねません。

そこで、クレーム対応スペシャリスト講座で学んだ適切な対処方法を取り入れると、クレームによるメンタルダメージ軽減から、雰囲気の悪化阻止に繋げられるかもしれません。

また、講座で学んだ内容は、他の人への指導やアドバイスに活用することもできます。

正しい対処法を知ってクレームに対して前向きに捉えられる人が増えることで、組織内の雰囲気が良くなるでしょう。

講座の特徴は?

1日15分で学べる

クレーム対応スペシャリスト講座のカリキュラムは、効率的に進められるように工夫されています。

そのため、1日15分という短時間の学習を3ヶ月継続するだけで済みます。

学習のために毎日、何時間も空けなければならないということはありません。

また、15分という短時間なので、途中で断念してしまうリスクも低く済むでしょう。

初学者にもわかりやすい教材

クレーム対応スペシャリスト講座で使用するテキストは、読みやすさを考えた文章と、わかりやすいイラストで構成されています。

そのため、クレーム対応に関する知識や経験が全くない人でも、無理なく学ぶことができるでしょう。

またテキストだけでなく、映像を使用した教材も用意されています。

実際にクレーム対応をする役割になりきって進めていく、ロールプレイング形式の映像で、実践的なスキルを身に付けやすい教材です。

質問は何度でも無料

学習を進めていくと、テキストだけでは解決できない疑問点が出てくるかもしれません。

キャリカレのクレーム対応スペシャリスト講座では、そんな時に気軽に質問ができるサポート体制があります。

質問はスマートフォンがあれば可能なので、移動中などスキマ時間の学習中に出てきた疑問でもすぐに解消できます。

さらに、質問は700日の期間内であれば、追加料金なしで何度でも可能です。

資格試験は?

自宅で受けられる

キャリカレのカリキュラムは、協会が指定する一定の基準を満たしているので、修了後はクレーム対応スペシャリストの資格試験を在宅で受けることができます。

指定された試験会場まで足を運ぶ必要はありません。

そのため、受験をする際には移動時間のことを考えず、試験の時間だけを確保できれば大丈夫です。

また、普段生活をしている空間で受けられるということで、リラックスして試験に臨むことができるでしょう。

丸暗記は不要

クレーム対応スペシャリストの資格試験では、クレームの対応方法をただ知識として蓄えるだけでなく、それを仕事で活用できる力が身に付いているかが問われます。

そのため、教科書通り以上の解答が求められるので、テキストを見ながら受験しても問題はありません。

したがって、丸暗記をする必要がないため、覚えることが苦手だという人でも、安心して受験することができるでしょう。

再チャレンジもOK

クレーム対応スペシャリストの資格試験を受けるためには、指定されたカリキュラムを修了しておく必要があります。

ただ、そのカリキュラムは一度修了するだけで十分です。

万が一、資格試験に不合格になったとしても、改めてカリキュラムを受けなおさなければならないということにはなりません。

そのため、不合格になってもすぐに再チャレンジすることができます。

こんな人におすすめ!

クレーム対応が苦手な人

クレーム対応スペシャリスト講座で得た知識やスキルは、すぐに仕事に取り入れることができます。

そのため、普段の仕事で上手にクレーム対応ができないと実感していたり、過去の失敗でクレーム対応が怖くなっている人におすすめです。

また、これからクレーム対応を必要とされる仕事に就く人が、前もって対応するスキルを身に付けておくために受講するのも良いでしょう。

アドバイザーとして活動したい人

クレーム対応スペシャリストの資格は、クレーム対応の専門家である証になります。

そのため、セミナーやインターネット上の相談窓口などで、指導やアドバイスをしたいという人にもおすすめと言えるでしょう。

協会に認定されている資格ということで、ステータスとして活用できるはずです。

まとめ

顧客を相手に仕事をするのであれば、クレーム対応はまず避けて通ることはできません。

そして、クレームは対応を誤ると、状況が悪化してしまうことも多々あります。

しかし適切な対応ができれば、事業の参考になる情報が得られたり、顧客の満足度が高まったりする可能性もあるのです。

そんな知識やスキルを身に付けたいのであれば、クレーム対応スペシャリストの資格取得を考えてみても良いでしょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「クレーム対応スペシャリスト」の通信講座を資料請求する(無料)