ウエディングプランナーとは?資格の取得方法・費用・学習するメリットなどを紹介

サービス・接客

結婚式は新郎新婦やその親族にとって一生思い出に残る、人生の中でも特別なイベントですよね。

結婚式の歴史は深く、その国や地域のスタイルがありますが、現代では新郎新婦のニーズに寄り添った自由な結婚式が増えています。

そんな多様化する結婚式をカタチにするお手伝いができたら素敵ですよね。

結婚式のお手伝いができるウエディングプランナーについて、資格取得方法や費用についてみていきましょう。

ウエディングプランナーとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
ウェディングプランナー39,600円4ヶ月

ウエディングプランナーとは、これから結婚式を挙げたいカップルの希望を叶えるため、式のプランニング・プロデュースをする仕事です。

最初の企画段階から何度も打ち合わせを重ね、結婚式当日は進行具合をチェックしながら立ち会います。

打ち合わせの入り口は様々で、「こんな式にしたい!」と具体的な希望を持ったカップルもいれば、まだ考えがまとまっておらず「相談しながら決めていきたい」というカップルもいます。

結婚式をカタチにするまで、衣装や演出、料理に加えて、会場の装飾、ゲストの席順といった細かい部分まで実にたくさんのことを決めていかなければなりません。

悩んだり迷ったりするカップルの相談に乗りながら、アドバイスや提案を繰り返し、二人が挙げたい式をカタチにしていく仕事なのです。

やりがいの大きな仕事

結婚式は数日や数週間程度の準備で実現するものではありません。

数ヶ月間かけて1つの結婚式をプランニング・プロデュースしていくことは、大きなやりがいや達成感につながります。

結婚式当日は、新郎新婦はもちろん、親族やゲストの幸せで楽しい瞬間に立ち会える、そんな素敵なお仕事です。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「ウェディングプランナー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

ニーズに合った式を提案できる

結婚式は昔ながらの形式に沿ったものだけではなく、内容は実に多様化しています。

会場もホテルや結婚式場だけではなく、レストランやカフェを貸し切ったり、ゲストハウスやガーデンウエディングなどたくさんの選択肢があります。

もちろん海外ウエディングも人気です。

日本国内外の習慣や結婚式スタイルを学び、多様化するニーズに合った式を提案することができます。

即戦力で活躍できる

カリキュラムの中で、ウエディングプランナーの1日や1週間のスケジュールを見ることができます。

スケジュールに沿って実際の業務内容を見ることができるので、仕事のイメージもわきやすく、実践現場でのスムーズな対応へとつながるでしょう。

式当日のトラブルや変更に対しても、臨機応変な対応ができるようになります。

新郎新婦やその親族への対応や、現場のたくさんのスタッフと連携をとる力も身につき、即戦力となって活躍できます。

苦情対応も身につく

苦情は現場で経験するものですが、苦情対応の基本姿勢を知らないまま、マニュアル通り対応していては悪い印象を抱かれることもあります。

基本姿勢から学び、万が一苦情が発生してしまった場合にも備えましょう。

苦情対応を学べば自分自身の接客も変わって苦情が少なくなり、「このプランナーさんにお願いしてよかった」と思ってもらえるウエディングプランナーを目指せます。

講座の特徴は?

学習は1日30分

学習時間は1日30分程度でOKです。

標準的な学習期間は4ヶ月間となっていますが、受講期間は最大700日間なので、自分のペースで学習が進められます。

仕事や家事・育児などで忙しい方も、1日30分なら時間を見つけて続けられそうですね。

無理なく学べるテキスト

テキストでは専門用語も登場しますが、イラスト付きでわかりやすく解説されているので、初めてブライダル分野を学ぶ方も安心です。

写真も満載なので、実際の業務や現場がイメージしやすい内容となっています。

スマホから質問できる

学習中のわからないことはスマホで専任講師に質問することができます。

スマホだとその場ですぐに質問できるところが嬉しいですね。

700日間の受講期間内であれば資格取得後であっても質問可能なので、気になる点が出てきたら積極的に利用していきましょう。

学習のカリキュラムは?

ブライダルの歴史を知る

現在では多様化、個性化している結婚式のそもそもの起源や背景、ブライダルの歴史を基礎から学べます。

お見合いや結納、引き出物など、聞いたことはあるけれど婚姻に関連する日本の習慣は意外と知らないものですよね。

日本だけではなく、様々な国や地域のブライダル習慣についても知識をつけていきましょう。

ウエディングプランナーについて学ぶ

ウエディングプランナーの役割や業務内容はもちろん、ブライダルを取り巻く様々なサービスや商品についても学んでいきます。

また、実際に活躍している先輩ウエディングプランナーの、仕事のやりがい・心構えについてのコメントも紹介してあるので、現場の空気も感じられるでしょう。

接客スキルを身につける

どんな式を挙げたいのか希望を聞き取るヒアリングスキル、式のプランニングを提案するプレゼンテーションスキルなどを身につけるため、接客の基本から苦情対応まで学んでいきます。

普段ホテルや結婚式場で働くスタッフであれば問題ないのですが、カフェやレストランを貸し切って式場にした場合、結婚式に不慣れなスタッフが多いこともあるかもしれません。

そんなスタッフを連携させ、まとめあげるスキルも身につきますよ。

ブライダルの知識を習得する

テーブルレイアウトや照明といった会場設営に関することや、料理やドリンクに関する知識を身につけます。

そして当日の主役である新郎新婦の衣装、ヘアメイクも学習します。

料理やドリンク、衣装には様々な種類があるので、この知識を習得することで幅広い提案ができるようになるでしょう。

こんな人におすすめ!

ウエディングプランナーの仕事は、イベントの企画が好きな人、人を喜ばせたり楽しませることが好きだという人におすすめです。

新郎新婦やその親族、たくさんのスタッフと連携して業務にあたるため、人と関わることが好きな人にも向いています。

結婚式までの数ヶ月間、新郎新婦に寄り添って準備を進め、当日はたくさんのスタッフとともに幸せで楽しい瞬間に立ち会うことができます。

結婚式は感動の連続であったり、笑いのたえない楽しい雰囲気なものまで様々です。

どんな結婚式でも、新郎新婦の幸せを祈り、祝福する場であることは共通しています。

多様化している分プランニングも幅広く、やりがいのひとつとなるでしょう。

まとめ

ウェディングプランナーは、新郎新婦のかけがえのない瞬間に立ち会える素敵な仕事です。

キャリカレの講座では、効率的なカリキュラムで忙しい人でも手軽に知識を習得することができます。

無料で資料請求もできるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「ウェディングプランナー」の通信講座を資料請求する(無料)