MOVAの動画クリエイタースクールって?カリキュラム・受講料など紹介

IT・Web

テレビやYoutubeを観て動画編集に興味が湧いたという人も多いのではないでしょうか。

映像作品は素材を撮影するだけでは良いものにはなりません。

それらの素材で必要な部分を組み合わせ、エフェクトやBGMなどの演出効果を加えて初めて作品として成立するのです。

しかし、こうした技術をどうやって学べば良いのか分からないという人も多いでしょう。

そこでこの記事では、おすすめの動画クリエイタースクールとして「MOVA」を紹介していきます。

MOVAとは?

スクール名金額(税込)学習期間
MOVA660,000円12ヶ月

MOVA(ムーバ)は東京都渋谷区代々木に拠点がある、動画クリエイター養成を目的としたスクールです。

受講期間は1年間となっており、卒業後にフリーランスの動画クリエイターとして活動できるように知識とスキルを身に付けます。

動画を作成するための編集スキルはもちろん、フリーランスとして生き抜くために必要な案件獲得のノウハウも指導しているのが特徴的です。

公式ページ お申込みをする前に!
>>MOVAの『動画制作・編集』コースの個別相談会に申し込む

 

MOVAの特徴は?

現役クリエイターの講師陣

MOVAでは現役の動画クリエイターたちが講師を務めている点が大きな特徴です。

動画コンテンツはトレンドの移り変わりが早く、一昔前のスタイルでは通用しないという場面も珍しくありません。

現役のプロフェッショナルが生徒を直接指導することにより、すぐにでも最前線で戦えるノウハウやセンスを身に付けられるのです。

特にMOVAの講師陣は有名MVを手がけたクリエイターやテレビ局でのCGデザイナー経験者など実績が豊富なので、一流の現場でも通用するノウハウを吸収できるでしょう。

実践中心の学習スタイル

MOVAのカリキュラムは実践を強く意識した学習スタイルで進められます。

通学とオンライン授業を併用するため、代々木の教室に通える範囲に住まいがあることが前提となるので注意しておきましょう。

動画制作でもリモートワークの導入が進んでいますが、チームで動画を作り上げるとなれば顔を突き合わせて作業を進める方が効率的な場合もあります。

また、機材の扱い方については実機に触れながら学んでいかなければ身に付かないことも多いでしょう。

こうした点を考慮して、オンラインスクールが増えている状況下でもMOVAは通学授業での実践指導も重視しているのです。

企画構成・撮影も身に付く

MOVAが「動画編集スクール」ではなく「動画クリエイタースクール」と呼ばれているのは、編集技術に加えて企画構成や撮影技術についてもノウハウを提供しているからです。

フリーランスの動画クリエイターとして生計を立てる場合、編集技術だけでは十分な量の案件を獲得するのが難しいと言われています。

クライアントとしては工程ごとに発注先を選ぶのは手間とコストがかかるため、企画構成・撮影・編集まで一任できるクリエイターの需要が高いのです。

MOVAの目的は単に生徒へ技術を教えるのではなく、自分一人で映像制作を完結できるノウハウを伝えることであると言えるでしょう。

案件に関われる

在学中から実際の映像制作案件に関わることができるというのも、MOVAで学ぶにあたっての大きな魅力です。

MOVAでは在学中の生徒に対して案件獲得のためのビジネススキルを伝授するだけでなく、案件獲得活動のサポートも行っています。

現役クリエイターが講師を務めているだけあって、業界内には太いパイプラインを持っているのです。

また、所定の基準をクリアしている卒業生にはMOVAが請け負った法人案件の制作を依頼するなど、積極的に活躍の場を提供しています。

仲間が見つかる

通学での授業を行っているMOVAでは、同じ志を持った仲間と出会えるというメリットもあります。

お互いを切磋琢磨していける仲間の存在は、クリエイター業界に身をおく人にとってかけがえのないものです。

お互いの作品を評価し合ったり意見・情報を交換したりと、有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

卒業後にはこうした仲間たちが良きビジネスパートナーとなるケースも珍しくありません。

学習や制作のモチベーションを維持するという意味でも、仲間の存在は大きなものとなるでしょう。

学習のカリキュラムは?

1〜2ヶ月目

MOVAでは1年間のカリキュラムのうち、最初の1〜2ヶ月目をビギナークラスとして位置づけています。

この段階では実写・アニメーション編集やBGM・色調補正など、動画制作における基礎的な部分をしっかりと定着させることが目的です。

また、動画の撮影についても少しずつ慣らしておきます。

ビギナークラスとは言え、最後にはプロモーションビデオ、もしくはセルフブランディングの動画を完成させることが課題になるので内容は本格的です。

3〜8ヶ月目

3〜8ヶ月目の半年間はスタンダードクラスと呼ばれ、ビギナークラスで培った知識・技術を実践で運用するためのノウハウを学びます。

企画書作成やプロモーション動画の撮影など、クライアントからの依頼を想定した実践的な授業内容です。

多数のクリエイターと共同作業するノウハウを養うためにチーム制作にも取り組んでいきます。

また、自身の名詞代わりとも言えるポートフォリオ(実績・作品集)も作成するので、将来のビジョンが具体的になってくるのもこの頃です。

9〜12ヶ月目

学習の仕上げとなる9〜12ヶ月目はエキスパートクラスと称され、実務案件を通じた完全実践型のカリキュラムとなっています。

企画・撮影編集・納品まですべてのプロセスを一連の流れとして体験することによって、1人前の動画クリエイターになれるでしょう。

ビジネスシーンに飛び立つ前にマーケティング・営業・集客スキルを身に付け、案件獲得のために必要な素養を固めておきます。

MOVAの受講料は?

MOVAの授業料は1年間のコースで660,000円(税込)に一本化されています。

支払い方法は銀行振込とクレジットカードの2パターンに対応しており、分割払いの場合は12回払いと24回払いを選択可能です。

12回払いの場合は初回180,000円(税込)・2回目以降48,000円(税込)の支払いで手数料は7%となります。

一方、24回払いは初回150,000円(税込)・2回目以降26,800円(税込)の支払いで手数料は16%です。

一括払いであれば手数料が不要となるので支払い総額は安く抑えられますが、初期費用を抑えたい場合はいずれかの分割払いを検討しましょう。

こんな人におすすめ!

MOVAはとにかく実践的なノウハウを生徒に伝授する事を目的としているため、卒業後すぐにフリーランスとして活動を始めたい人におすすめです。

クリエイティブなスキルだけでなく、ビジネス的な知識も一緒に身に付けられるので効率的に1人前までの道のりを歩むことができます。

また、週に1回のオフライン授業も重視しているので実機に触れながら学びたい人、学校で仲間や人脈を作りたい人にも向いていると言えるでしょう。

講師陣の指導力が高く、サポート体制も充実しているので動画制作未経験者のもおすすめのスクールです。

まとめ

動画投稿サイトやストリーミングサイトの台頭により、動画コンテンツや広告動画の需要は爆発的に増加しました。

フリーランスとしてはクライアントのニーズを満たす制作スキルだけでなく、案件を獲得するためのノウハウも重要になります。

MOVAであればこれらのスキル・ノウハウを1年間で身に付けることが可能です。

現役クリエイターから「生きた情報」を受け継ぎ、1人前の動画クリエイターとして活動してみませんか?

公式ページ お申込みをする前に!
>>MOVAの『動画制作・編集』コースの個別相談会に申し込む