キャリカレの運行管理者講座とは?資格の取得方法・特徴・料金など

サービス・接客

運行管理者は、ドライバーが無理をせずに物や人を運べるよう、安全なルートの提案などをする仕事です。

実際に運行管理者になるためには試験に合格する必要があるため、勉強が面倒と思って資格取得を諦める方もいるかもしれません。

そこでキャリカレの講座を利用して、効率よく学べる方法を試してみるのも1つの手です。

カリキュラムが工夫されていることで、勉強が得意ではない方も効率よく学ぶことが可能です。

運行管理者とは?

大型トラックやバスのドライバーが長時間の連続運転をしている、もしくは危険なルートを走行したなどの原因で交通事故が起こってしまうこともあります。

交通事故は大きな被害になることもあるので、事故を起こさないようにドライバーの管理を実施することが大切です。

そして運行管理者は、大型トラックやバスなどのドライバーの管理をする仕事です。

ドライバーが長時間の連続運転をしないように調整し、安全なルートの提案もします。

さらに、安全運転教育を実施することで、ドライバーの安全運転の意識を高めるのも大切な仕事の1つです。

講座の特徴は?

資格・講座名金額(税込)学習期間
運航管理者38,500円4ヶ月

安心の返金制度

通信講座を利用して勉強をしてもお金がかかるので、不合格になったときに費用が無駄になると考えている方もいるでしょう。

そのような方でも安心して利用できるように、キャリカレでは返金制度を用意しています。

試験で不合格だった場合には、受講料が全額返金されるのです。

受講者の合格に自信を持っているサービスのため、返金制度を用意して安心して人々が利用できる仕組みを整えています。

返金制度があることで、不合格のリスクを心配せずにチャレンジしやすいというのもキャリカレを利用するメリットの1つです。

合格すればもう1講座無料

運行管理者だけではなく、将来的にはさまざまな資格を取得したいと考えている方もいるでしょう。

そのような方にキャリカレが適している理由が、合格したらもう1講座を無料で受講できることです。

試験に合格した場合、指定されたキャリカレの人気講座から、自分の好きな講座の受講が無料になります。

1つの講座の料金で複数の資格が取得できるため、効率よくキャリアアップを目指す際に適したサービスです。

自分がどのようなキャリアを目指したいか考えて、受講する講座を決めましょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「運航管理者」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習に使う教材は?

合格に的を絞ったテキスト

キャリカレの教材の1つが、合格に近づくためのテキストが用意されているという点です。

レッスンの内容ごとに、頻出度とポイントが記載されているため、効率の良い学習が可能です。

さらに試験対策だけではなく、覚えておくべき用語や豆知識も合わせて学習できるテキストになります。

他にも重要事項がまとめられている項目もあるため、復習しながら内容の理解度を高められます。

また運行管理者の貨物と旅客の2つの資格に対応しているのもテキストの特徴の1つです。

専用の学習サイト

キャリカレの運行管理者の講座は、紙の教材だけではなくパソコンやタブレットなどで空いた時間も気軽に勉強できる環境が用意されています。

専用の学習サイトにログインすれば、受講生専用の学習サイトが利用可能です。

通勤電車の中やちょっとした空き時間にも効率よく学べるので、合格へと近づきやすくなります。

また、専用の学習サイトでは、一問一答や過去問題にチャレンジできるので、アウトプット形式で試験対策が可能です。

多くの問題に触れることで、試験で似たような問題に出会ったとき正解できる確率が高まるでしょう。

弱点克服の添削問題

1人で学習をしているだけだと、自分の苦手範囲がどこにあるのか把握するのが難しくなります。

そこでキャリカレの運行管理者講座では、添削問題を用意しています。

添削問題は、専任講師が1つずつ丁寧に目を通して採点しているため、個人の理解度に合わせた指導が可能です。

自分では気づけない勘違いや間違いも指摘してもらえるため、弱点の克服にもつながります。

そして添削問題は、スマートフォンから送信することで切手代がかかりません。

スマートフォンから送信するWEB添削を選べば、早ければ次の日には採点結果が受け取れます。

すぐに結果がわかることで、効率よく復習して弱点を克服していくことも可能です。

学習のカリキュラムは?

貨物の学習

学習の最初のステップが、貨物の試験で必須項目となる貨物自動車運送事業法を学ぶことです。

この法律は、トラック運送事業の種類や許可、さらには安全確保義務などに関する法律です。

この範囲だけで、全30問のうち8問出題されるので、頻出箇所を暗記して合格を目指しましょう。

法律といわれると難しく感じる方もいますが、テキストでは複数の項目にわけて1つずつ学習できるように工夫されています。

1項目ずつ順番に学ぶことで、少しずつステップアップしていくことが可能です。

共通部分の学習

運行管理者の貨物と旅客の試験では、共通となる部分もあります。

共通している部分となるのが、

  • 道路運送車両法
  • 道路交通法
  • 労働基準法

などの法律です。

これらの法律問題では、頻出箇所の暗記や過去問題を解いて対策を進めていきます。

また共通の内容には、実務上の知識や能力もあげられます。

この項目は長文の文章問題になっていることもあるため、幅広い知識と落ち着いた対応が求められます。

まずはカリキュラムに沿って必要な知識を身につけて、問題の形式ごとに対応していきましょう。

旅客の学習

運行管理者の旅客の試験で必要な知識が道路運送法に関する内容です。

この法律は、タクシーやバスなどの旅客自動車運送や、有料道路などの自動車道路事業に関する内容になります。

運送事業者や運転者の立場から、どのような注意が必要かといった知識が必要です。

試験に出やすい内容を中心に暗記して、合格へと近づけるようにしましょう。

運転者に対する指導や過労運転の防止などさまざまな内容が出題されますが、カリキュラムでは1つずつ順番にポイントを押さえて学習できるようになっています。

こんな人におすすめ!

大型トラックやバスの事業者など、運行管理者の資格が必要な方はキャリカレの講座を利用して効率よく学習するのも1つの手です。

テキストも理解しやすいように工夫されているため、働きながら資格取得を目指したいという方にも適しています。

試験には法律関連の内容が出題されると聞くと、難しいと考えてしまう方もいるでしょう。

しかし、頻出箇所を中心に暗記しやすいように工夫されているので、勉強に苦手意識を持っている方でも利用しやすくなっています。

不合格になるのが不安という方も、返金制度があることで安心してチャレンジできますよ。

まずは気軽にチャレンジしよう!

運行管理者は大型バスやトラックの運行を管理し、交通事故などの発生を防ぐ重要な資格です。

資格試験には法律関連の内容も出題されますが、キャリカレの講座で学ぶことで的を押さえたテキストで効率よく学習できます。

全額返金制度もあるので、まずは一歩踏み出してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「運航管理者」の通信講座を資料請求する(無料)