MOOCRES(ムークリ)の動画編集コースって?特徴・カリキュラムなど紹介

IT・Web

現代ではテレビで流れるCMや番組のVTR以外にも、動画投稿サイトなどで視聴できるコンテンツが普及したことによって動画編集者の需要が高まっています。

動画編集の知識やスキルを身に付ければ、自分らしさを存分に発揮しながら活躍出来る場を見つけられるでしょう。

独学も可能ですが、スクールや教材によって体系的に学ぶ方法が効率的でおすすめです。

今回は注目を集めている動画編集スクールであるMOOCRESを紹介していきます。

動画編集を学ぶメリットは?

スキルを身につけやすい

動画編集を学ぶメリットには、まずスキルの身に付きやすさが挙げられます。

動画編集では、基本的な知識を学べば比較的早く実践できるようになります。

自分の目と耳で動画が出来上がっていく様子を確認しながら学習を進めるので、スムーズにスキルが身に付いていくのです。

自分が行った作業内容がすぐ画面に反映されるので、クリエイターとしてのモチベーションも維持しやすいでしょう。

スクールを活用して学習すれば分からない箇所をすぐに質問して解決できるので、より一層効率的にスキルが身に付きます。

好きな場所で働ける

動画編集は働く場所を選ばないという点も魅力の1つです。

かつてはハイスペックなマシンや現場での報連相が必要な仕事でしたが、現代ではIT技術の発達によって個人でも十分なスペックの編集環境が用意できるようになりました。

ボイスチャットやオンライン会議用のツールも様々なものがリリースされ、2020年の新型コロナウイルス流行以降はこうした環境を活用したリモートワークの実践も進んでいます。

動画編集という仕事は作品をオンラインで納品すれば問題ないため、好きな場所で働く事が比較的容易な職業なのです。

市場規模が大きい

動画編集は市場規模が年々拡大傾向にあるため、スキルを身に付けておけば自身の将来性を向上させることができるでしょう。

特にYoutuberの台頭によって広告を含めた動画コンテンツの需要は爆発的に伸びたと言われています。

個人・企業を問わず動画による事業活動やマーケティングがビジネス界で重要な位置づけとなっているのです。

企業所属の在宅動画編集者としてはもちろんのこと、フリーランスとして自分に合った働き方で稼ぐこともできるでしょう。

MOOCRES(ムークリ)とは?

スクール名金額(税込)学習期間
MOOCRES(ムークリ)660,000円5ヶ月

MOOCRES(ムークリ)は東京・大阪・京都の3箇所に拠点を構える動画編集スクールです。

「超実践的」という指導方針を掲げており、とにかく現場で役立つ知識やスキルを身に付けてもらうことを目的としています。

開講以来200人以上の指導実績があるので安心と言えるでしょう。

授業はそれぞれの教室でオフライン・オンラインの双方に対応しています。

自分の学習スタイルや居住エリアに合わせて受講できる点は大きなメリットです。

また、制作に必要なPCの実質無料貸し出しを行っているので、まだ自前の制作環境が整っていないという人もでも安心して受講することができます。

公式ページ
>>MOOCRES(ムークリ)の「動画クリエイターコース」の体験会に申し込む(無料)

 

MOOCRES(ムークリ)の特徴は?

少人数・実践的な指導

MOOCRESでは徹底した少人数制と実践的なカリキュラムによって、生徒たちの効率的なスキルアップを実現しています。

原則として1つのクラスは最大15名まで、基本的にはオフラインとオンラインの授業を織り交ぜて指導するスタイルです。

基礎知識の定着・応用技術の習得・実践演習のサイクルを回してスキルを身に付け、最終的には1つのプロジェクトを完結させることができるようになります。

5ヶ月という最短距離で動画編集のプロフェッショナルを育成するということが、MOOCRES最大の強みにして使命でもあるのです。

プロジェクトベースの学習

MOOCRESでは講師が過去に担当した案件を基にした教材を使用しているため、プロジェクトベースの実践的な知識を身に付けることが可能です。

動画を仕上げるための技術的な指導の他にも、クライアントとの交渉方法や仕事の獲り方など「1人のクリエーターとして生きる力」を養います。

講師がクライアント役になって実際の仕事現場をシミュレーションするなど、その超実践的なカリキュラムは徹底していると言えるでしょう。

MOOCRES(ムークリ)のカリキュラムは?

1〜4ヶ月目

MOOCRESの5ヶ月カリキュラムのうち4ヶ月間は、クリエイターとしての基礎的な力の定着から実践応用までを指導します。

最初には丁寧なオリエンテーションが行われるので、初めてIT系のスクールを利用する人でも肩の力を抜いて学習に取り組めるでしょう。

クリエイターとしてのマインドセットや必要な知識・スキルの確認を済ませたら、テロップデザインなどワンポイント的な内容から徐々に学習を進めていきます。

5ヶ月目

卒業を控えた5ヶ月目には実践的なプロジェクト制作を通じて、現場で即戦力となれるだけのスキルを確立させます。

基本的には数名のチームで制作することを前提に、プロジェクトを成功させるためのコツを学びながら制作していく流れです。

また、動画編集において臨場感を演出するためのカメラについてもこの段階で理解を深めていきます。

すべてのカリキュラムを終えたら卒業後の履歴書代わりともなる自己PR動画の作成を行い、講師陣と最後のブラッシュアップを済ませましょう。

よくある質問は?

Q. 授業はいつ行われていますか?

MOOCRESの授業日は拠点・受講スタイルによって異なります。

オフライン授業の場合は京都教室で毎週土曜日の19~21時、東京・大阪教室では毎週日曜日の19~21時です。

Zoomを活用したオンライン授業は全教室共通で毎週水曜日の20~22時となっています。

Q. 案件の紹介はありますか?

MOOCRESでは生徒の実力に応じて案件を紹介することもありますが、基本的には仕事の斡旋事業は行っていないので十分に留意しておきましょう。

Q. 収入を得るまでにどれくらいかかりますか?

生徒によっては在学中から有償の仕事をこなす場合もあります。

一般的に0からのスタートであれば、基本的な動画編集技術を身に付けるまでに最低4ヶ月の学習期間が必要です。

Q. 参加者はどの年齢層が多いですか?

MOOCRESで学ぶ生徒の多くは20~40代の社会人経験者、もしくは現役社会人です。

生徒間の交流も盛んであり、交流を深めて卒業後にはビジネスパートナーとなったという例もあります。

Q. 卒業生の進路実績はどうなっていますか?

企業所属の動画編集者やフリーランスはもちろんのこと、自身がYoutuberとして活動するためにMOOCRESで動画編集の技術を学んだという例もあります。

アーティスト活動におけるMV制作にMOOCRESで培ったスキルを活かしているという卒業生もいるので、活躍の幅は広いと言えるでしょう。

こんな人におすすめ!

独立したい人

MOOCRESでは実践的なスキルを最短で身に付けられるだけでなく、クリエーターとしての処世術を学ぶこともできます。

そのため、独立してフリーランスで活動したいという人におすすめの動画編集スクールと言えるでしょう。

実務ですぐに役立つスキルが学べる点はMOOCRESの大きな魅力です。

転職したい人

MOOCRESの指導内容は過去の案件がベースとなっているため、そのすべてが業界水準となっています。

したがって、転職活動をするにあたってスキルを身に付けたい人にも有効な動画編集スクールです。

業界のトレンドや実務フローについても詳しい講師陣は心強い味方になってくれるでしょう。

スキルアップしたい人

MOOCRESの少人数制クラスは生徒のフォローアップがしやすいため、キメ細かい指導が可能となっています。

オンラインでの質問・相談制度も整っているため、自発的に学習を進めてどんどんスキルアップを目指したい人にとっても適した環境であると言えるでしょう。

まとめ

MOOCRESは徹底した実践主義の指導方針と少人数制クラスで、最短期間での人材育成を成し遂げる動画編集教育のプロフェッショナルです。

初めて動画編集を学ぶという人でも不安を感じる必要はありません。

丁寧な指導とフォローアップ体制で、安心して学習を進めることができるでしょう。

現場に即したカリキュラムで生徒をプロの世界に導くMOOCRESは、動画編集者を志す人たちの心強い味方なのです。

公式ページ
>>MOOCRES(ムークリ)の「動画クリエイターコース」の体験会に申し込む(無料)