終活ライフケアプランナーとは?資格の取得方法・特徴・料金など

サービス・接客

人生を悔いなく終えるための終活に興味を持つ人が増えています。

しかし、分からないことや見落としが多くてなかなか進まないというケースが多いのが現状のようです。

こちらでは、高齢化社会に伴って需要が増えている終活ライフケアプランナーについて、その仕事内容や学習のメリット、講座のカリキュラムなどを見ていきます。

終活ライフケアプランナーとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
終活ライフケアプランナー29,700円3ヶ月

終活ライフケアプランナーとは、将来的に亡くなるときのことを想定して、本人または家族がどんなことに悩んでいるのかを聞き取り、それを解消するためのサポートを行う専門家です。

その仕事内容は、本人が認知症や要介護になったときにどうしてほしいかの希望を聞いたり、遺言や相続、死亡保険などの相談を受けたり、葬儀やお墓のアドバイスなど多岐にわたっています。

また、本人が残された家族に伝えたいことを記したエンディングノートを用意して、後悔を残さず充実した人生を全うするための手伝いをする大切な仕事です。

注目が集まる終活

日本は高齢者社会がどんどん進んでおり、それに伴って高齢になってからも健康的に生活するための手段や、万が一自分が亡くなった場合の備えなどに注目が集まっています。

しかし、これまで本人が葬儀やお墓などの心配をするようなケースがほとんどなかったため、いざ自分が終活をしようと思っても何をしたらいいのかわからない人がほとんどです。

終活ライフケアプランナーはそんな高齢者の話を聞いて、希望通りの終活を実現するために専門知識を活かしてサポートすることができるプロフェッショナルと言えます。

後悔のない人生を送る手助けをすることができ、高齢者が増加の一途をたどっている関係で需要も高まっていきますので、やりがいのある仕事です。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「終活ライフケアプランナー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

終活ライフケアプランナーの資格を学ぶことで仕事のスキルアップだけでなく、さまざまなメリットが得られます。

暮らしが充実する

誰しも自分が亡くなってから遺族に迷惑をかけることを考えると不安になるものです。

しかし、終活ライフケアプランナーがサポートして不安を解消してくれれば、最期の時を迎えるまで自分らしく充実した暮らしを送ることができるでしょう。

エンディングノートを書いておくことで、自分が不在あるいは認知症などの意思疎通ができない状態になっても、希望通りの対処をしてもらえることが期待できます。

その結果、生きていく上での活力にもつながるのです。

家族の負担を減らせる

本人が亡くなってからの手続きなどは、知らなかったことや理解していなかったことも多く、残された家族に大きな負担を強いることにもなりかねません。

終活ライフケアプランナーは、いざというときにどのような対処が必要なのかを理解しています。

そのため、相続や葬儀、介護医療などこれから予測される問題に対して、事前に対応しておくことが可能です。

残された家族は必要最低限の作業をするだけになりますので、もしもの時の負担を大幅に減らすことができます。

気持ちに余裕が生まれる

将来への不安や家族への申し訳なさが終活によって解消されると、現時点の気持ちにも余裕が生まれてきます。

安心感や精神的なゆとりが生じることで、毎日を穏やかに健康的に過ごせるようになるでしょう。

講座の特徴は?

キャリカレの終活ライフケアプランナーの講座は、初めての人でも安心して必要な知識をしっかり吸収できるように工夫されています。

初めてでもわかりやすいテキスト

終活について学ぶ機会は少なく、実際に終活ライフケアプランナーを目指すとしても、学ぶ必要のある内容や知っておくべき基礎知識について独学で学習するのは困難です。

しかしこちらの講座では、実際に仕事に就く際に必要な相続や遺言、介護などの多岐にわたる内容を分かりやすいテキストで学ぶことができるため安心です。

専門用語も豊富なイラストや図解で理解しやすくまとめられていますので、資格取得だけでなく実際に業務を行う際にもスムーズに進められるようになります。

質問は何度でも無料

どんな資格を学んでいるときでも、テキストだけでは行き詰ってしまうことがほとんどです。

キャリカレの講座では、自信をもって働けるようになるために専門家を監修や指導に充てており、実践に必要な知識やスキルが自然と身につきます。

もちろん、学習していく過程で疑問や不安に思ったことに対しても、専門のスタッフがスマホや郵便、ファックスなどの質問に何度でも無料で応じてくれます。

しっかりと内容を理解した上で学習を進められるでしょう。

本格的なエンディングノートも付属

使いやすいエンディングノートは、本人だけでなく実際に希望を実行する遺族にとっても必要に重要な資料となります。

こちらの講座では、専門家が使いやすさを考慮して作成したエンディングノートを講座終了後もいつでもダウンロードできるため、充実した人生を送るためのサポートがより容易になるでしょう。

エンディングノートのコピーや配布は自由ですので、開業してからも重宝します。

学習のカリキュラムは?

終活ライフケアプランナーの講座は、基礎知識を持っていない人でも順を追って、プロとして必要な知識やスキルを効率よく学べるカリキュラムになっています。

終活の基礎知識を学ぶ

1ヶ月目は、まず終活とは何かということから始まり、終活に関する基礎知識を理解していきます。

終活が必要とされるようになってきた経緯や効果、いつ始めたらよいのかなどの概要を学びます。

また、付属のエンディングノートを使って、希望の聞き取りや医療、介護、相続関係、税金、祭祀などの知識も身につけていきましょう。

エンディングノートの活用方法や依頼者へのアドバイスの仕方なども学んだ後、第1回の添削問題を提出して終了です。

死生観についての理解を深める

2ヶ月目の主な内容は終末期ケアと死生観についてです。

終活は死後だけでなく、末期の病気や認知症などにかかったときの準備もできます。

そのため、終活ライフケアプランナーとして終末期ケアと死生観、ホスピス運動、尊厳死や自殺などの死の見つめ方など、死に関する様々な視点からの知識を身につけていきます。

最後に第2回添削問題を提出して終了です。

プランナーとしてのスキルを身につける

3ヶ月目は、終活ライフケアプランナーとしての活動がスムーズにできるようになるためのスキルを学びます。

終活の心得や実際の業務内容、独立するために必要な集客方法や顧客情報管理など、スキルを身につけ、安心して独立できるように準備します。

最後に3回目の添削問題を提出し、資格試験に挑戦するという流れです。

在宅での受験ができるため、学習から資格取得まですべて自分のペースで行えます。

こんな人におすすめ!

終活ライフケアプランナーは、自分自身だけでなく家族、友人など親しい人の終活をサポートしたいという人におすすめです。

一度必要な知識を学ぶと何度でもアドバイスやサポートができるため、学んで損はありません。

もちろん、この知識やスキルを活かして独立したいという人にも向いています。

仕事として活かす際に必要な営業ノウハウまで学べますので、安心して事業を始められます。

充実した人生を送るためのお手伝い

終活ライフケアプランナーの学習をしておくと、仕事として糧になるだけでなく、近しい人の終活のサポートも可能です。

加えて、自分がいざ終活をするときにも役立つ知識を手に入れることができます。

誰もが向かい合う必要のある、充実した人生を送るための終活について学びたい人は、ぜひ挑戦してみましょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「終活ライフケアプランナー」の通信講座を資料請求する(無料)