プログラミングスクールの1st step(ファーストステップ)とは?口コミや特徴など

ビジネススキル

プログラミングスクールは大手から中小まで様々な種類があり、どこのサービスが自分に適しているか選択肢が多すぎてわからないと感じている方は多いでしょう。

プログラミングは教える人のスキルだけでなく、学習環境も整っていないとなかなか習得できないものです。

そこで今回は、両方が整っていて実務に活かせるスキルが身につくプログラミングスクールのファーストステップをご紹介します。

1st step(ファーストステップ)とは?

ファーストステップは

  • プログラミングどころかパソコンにもあまり強くない
  • プログラミングを学びたいけれども何から手を付けたら良いかわからない

といった完全初心者をターゲットにしたプログラミングスクールです。

動画形式の講義を視聴しながら学ぶスタイルで、動画を視聴できる環境さえあればいつでも学べます。

公式サイト
>>1st step(ファーストステップ)の無料カウンセリングに申し込む

 

1st step(ファーストステップ)の口コミ・評判は?

大学生の頃にC言語を少し学んだことがあり、その時はポインタでつまずいて挫折しましたが、今回改めて学んで根本的に理解することができ、昔より使いこなせるようになり感動しました!また、コーディングを楽しんでできたのでもっと学びたいという意欲が湧きました。

公式サイトより引用

自分の力では分からないことがありましたが、担当の方が迅速に、分かりやすく教えて頂きとても助かりました。実際の業務でもVBAが利用できるようになり、料金面、内容面ともにとても満足できました。

公式サイトより引用

初めてコードを書きましたが、とても理解しやすく、楽しく学べました。また、Javaは大規模開発向けの言語で世界的に使われている言語であり、需要が高い言語だと知ることができました。需要が高いということはJAVAを使う仕事も多いと思うので、今以上に理解を深めていきたいと思いました。

公式サイトより引用

1st step(ファーストステップ)の特徴は?

それでは、ファーストステップはどのようなスクールなのでしょうか。

スクールの特徴をご紹介していきます。

未経験者に特化

ファーストステップは、それまでプログラミングを学んだことがない人やパソコンに苦手意識がある人でも学べるようなカリキュラムとなっています。

これからプログラミングを学ぼうとする人が挫折してしまいがちなのが、PCのセッティングや環境構築です。

ファーストステップでは、これらに関してもサポートをした上で学習を始められるので安心です。

また、プログラミング初心者だと調べても答えにたどり着けないことがありますが、エンジニアとして実務に携わるようになるとわからないことは自分で調べて解決しなければいけません。

そこで、ファーストステップでは自走力をつけるために、答えではなく調べ方や考え方を教えるようにしています。

その結果、プログラミングの考え方もしっかり身につき、現場で活躍できる即戦力を目指せます。

オンラインで学べる

ファーストステップはオンライン完結のスクールです。

動画形式の講義ですので、スマホでもパソコンでもインターネットが使える環境さえあればいつでも学習に取り組めます。

通勤時間など空き時間もしっかり学習に当てられますから、忙しい社会人でも無理なくスキルを身につけられるでしょう。

実務も学べる

ファーストステップでは定期的に現役エンジニアから実務に関する話を聞ける機会を設けています。

やはり、実務とスクールで学習する内容は別物です。

そのため、どうしても実務をイメージできない人もいるでしょう。

ファーストステップなら実際に実務ではどんなスキルをどのように使うのか知ることができますので、実務を想定した学習に取り組めます。

1st step(ファーストステップ)のメリットは?

ファーストステップのメリットにはどのような点があるのでしょうか。

確認していきましょう。

コスパが良い

ファーストステップの料金は最も高額なプランでも15万円程度です。

オンライン形式のプログラミングスクールは講師とWeb通話を用いた対面講義を採用することで高額になってしまいがちですが、ファーストステップの場合は動画配信形式ですので安価となっています。

わからないことがあれば電話もしくはチャットで問い合わせられますので安心です。

1st step(ファーストステップ)の料金表

C言語 基礎コース
java 基礎コース
VBA 基礎コース
WEB 基礎コース
PHP 基礎コース
64,800円
WEB制作基礎マスターコース 89,800円
基礎コンプリートコース 134,800円

1st step(ファーストステップ)のデメリットは?

もちろんファーストステップにもデメリットはあります。

メリットの次はデメリットも見ていきましょう。

就職・転職サポートはない

ファーストステップには就職・転職サポートがありません。

プログラミングスクールでプログラミングを学んでも、実務経験がないゆえに転職活動に苦戦する初心者は多いです。

プログラミングスクールに通ってエンジニアを目指す人からはWeb系企業が人気が高いですが、Web系企業の未経験者枠で応募したくても、スクールで学んだレベルでは採用に至らないケースがよくあります。

そんな時、就職・転職サポートを行っていてコネクションを持っているプログラミングスクールなら、Web系企業の求人も多く取り扱っていて希望する職場への転職も実現しやすいです。

逆に就職・転職サポートのないプログラミングスクールの場合、ポートフォリオの作成や自己アピールなどを自力で考えて行わなければいけません。

業界の知識がないゆえに自分のスキルを上手くアピールできず転職に失敗してしまうことも考えられますので、ファーストステップは他業種でも転職活動をした経験がある人向けのサービスと言えるでしょう。

どんなコースがある?

ファーストステップではどんなコースを取り扱っているのでしょうか。

ここでは、ファーストステップの全コースの内容をご紹介します。

C言語 基礎コース

C言語はすべてのプログラミング言語の基礎となる言語です。

この言語ができれば、他の言語の習得にも困らないでしょう。

また、C言語を使うような組み込み系エンジニアは数が少ない故に需要が高く、C言語の基礎を身につけることで将来的に需要の高いエンジニアを目指せるようになります。

java 基礎コース

javaは型に関するルールが厳しく、サーバーサイド言語の中でもjavaが使いこなせればPHPやRubyなどの言語の習得もスムーズになります。

加えて、積極的に未経験者を募集しているSESやSIerはシステム構築が案件の中でも高い割合を占めており、システム開発によく選ばれるjavaを使いこなせると初心者でも需要が一気に上がります。

VBA 基礎コース

VBAとはExcelで使われる言語であり、VBAを学ぶとエンジニアだけでなく事務としても活躍できるようになります。

マクロやVBAを学ぶ中で、業務を効率よく行えるようになるでしょう。

基礎コンプリートコース

基礎コンプリートコースでは、これまでご紹介したC言語・java・VBAを取り扱います。

これらのスキルが身につけば、駆け出しのエンジニアでも案件に困らないでしょう。

C言語・javaはプログラミング言語の中でも難易度が高い言語ですので、これらさえ使いこなせれば他の言語にも応用しやすいです。

WEB 基礎コース

WEB基礎コースでは、HTML・CSS・Javascriptのフロントエンド開発とWordPressについて学びます。

これらのスキルが身に付けば、オシャレなホームページが自作できるようになるでしょう。

また、これらのスキルにPhotoshopやIllustratorのスキルも加えれば、WEBデザイナーとしての道も切り開けます。

PHP 基礎コース

PHP基礎コースはホームページ制作やWEB系開発のサーバーサイドでよく用いられるPHPについて学びます。

実際にネットショップを自作してデータベースとの接続など行いますので、実務で必要なPHPの基礎が身につくでしょう。

WEB制作基礎マスターコース

WEB制作基礎マスターコースでは、WEB基礎コースとPHP基礎コースの内容を学びます。

フロントエンドとサーバーサイド両方について学べますので、自分でホームページ構築やアプリケーション開発ができるスキルが身につくでしょう。

こんな人におすすめ!

そファーストステップはどんな人に向いているサービスなのでしょうか。

ファーストステップがおすすめな人の特徴をご紹介します。

自分のペースでプログラミングを学びたい人

将来的にエンジニアを目指したい、趣味でプログラミングを学びたいと思っている人もいるでしょう。

ただ、転職を前提としているプログラミングスクールはスケジュール管理が厳しく、学習に挫折してしまうかもしれません。

ファーストステップは自分のペースで学習を進めていくスタイルのスクールですので、無理なくマイペースに実力を付けられます。

安価で幅広いスキルを身に着けたい人

10万円代で複数の言語を学べるスクールは貴重です。

ファーストステップではフロントエンド・サーバーサイド両方が学べるコースなどが用意されており、自分一人でクオリティの高いアプリケーションが開発できるスキルが身につきます。

現代では、フルスペックエンジニアと言って幅広いスキルを身に着けているエンジニアが必要とされています。

ファーストステップなら初心者でも幅広い業務をこなせるエンジニアを目指せます。

1st step(ファーストステップ)で手頃にプログラミングを学ぼう!

ファーストステップは動画配信形式のスクールで、就職・転職サポートはありませんが、その分安価でプログラミングが学べます。

プログラミングスクールは高価で気軽に利用できないのが悩みどころですが、ファーストステップならその心配もありません。

ファーストステップでプログラマー・エンジニアとしての第一歩を踏み出しましょう。

公式サイト
>>1st step(ファーストステップ)の無料カウンセリングに申し込む