子ども発達障がい支援アドバイザーとは?資格を取得するメリットなどを紹介

児童・チャイルドカウンセラー

女性に人気な資格には、子どもの成長をサポートするものも多いです。

そして、その中には子ども発達障がい支援アドバイザーという資格もあります。

名前の通り発達障がいを持つ子どものサポートをするための資格で、幅広い人が取得を目指せます。

子ども発達障がい支援アドバイザーの具体的な特徴や取得するメリット、資格取得にかかる費用などを確認していきましょう。

子ども発達障がい支援アドバイザーとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
子ども発達障がい支援アドバイザー32,000円3ヶ月

子ども発達障がい支援アドバイザーは、学習面や行動面で、明確なハンディキャップを持つ子どものサポートを行う専門家です。

発達障がいを持っている子どもは、他の子どもと同じように行動ができなかったり、ルールを守れなかったりする特徴があります。

そして、そういった特徴の根本的な原因を突き止めて、適切なサポートをすることが求められます。

その原因究明や適切なサポートをするのが、子ども発達障がい支援アドバイザーの役割です。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「子ども発達障がい支援アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

子供の悩みに寄り添える

発達障がいを持っている子どもは、日常的に生きづらさを感じていることが珍しくありません。

そして、本来持っている能力を中々発揮できないというのも、よくあることです。

子ども発達障がい支援アドバイザーの資格を取得していれば、適切な支援によって本来の能力を開花させるのに貢献したり、子どもの生きづらさを軽減できたりするでしょう。

また、発達障がいを持っている子どもがいると、親を始めとする周囲の支援者が悩みを抱えることも多いです。

そんな人たちのサポートをするのも、子ども発達障がい支援アドバイザーの役割のひとつで、習得したスキルや知識を活用して、寄り添えるようになります。

仕事に役立つ

子ども発達障がい支援アドバイザーは、子どもと接する仕事に役立てることも可能です。

発達障がいを持つ子どもは、30人の中に大体2から3人程度いると考えられています。

そのため、保育士や幼稚園教諭など、大勢の子どものお世話をする仕事だと、その中に発達障がいを持っていたり、グレーゾーンだったりする子どもがいる可能性も高いのです。

そこでもし、子ども発達障がい支援アドバイザーの資格を保有していると、そういった子どものサポートができます。

また、資格というわかりやすい形で保有していると、発達障がいのサポートに熱心だというアピールもしやすいでしょう。

講座の特徴は?

凝縮された教材セット

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー講座で使用する基本テキストは、理論編と実践編の2冊のみです。

その2冊に大切な要素が凝縮されているため、いくつものテキストを行ったり来たりせずに済みます。

そして、テキストは資格認定団体の監修を受けているため、特に問題なく学習を進めていけるでしょう。

また、基本テキストの他に事例集や視覚支援のためのカード、映像で学べるDVDなどの支援グッズも付属しています。

それらを必要に応じて活用することで、効率的に学習を進められるでしょう。

スマホでスキマ時間に学べる

ユーキャンには、受講生専用のオンライン学習サービスが用意されていて、スマートフォンで簡単に利用できます。

そこでは支援グッズとして付属しているDVDと同じ内容を視聴することができ、DVDやプレイヤーを持ち歩かずに、どこででも手軽に映像学習が可能です。

さらに、WEBテストもあり、実際に知識が身に付いているか、弱点となっている部分があるかといったことが把握できます。

DVDの視聴とWEBテストは、いずれもスキマ時間で学習することを想定してあるため、貴重な時間を有効的に活用できるでしょう。

そんなオンライン学習サービスの利用には追加料金は必要なく、必要なのはインターネットに接続できる環境とスマートフォンだけです。

安心のサポート体制

学習を進めていく内にわからない部分が出てきたら、スマートフォンのメールや郵便などを活用して、講師に気軽に質問することができます。

そして、子ども発達障がい支援アドバイザーの標準的な学習期間は3ヶ月が目安ですが、サポート体制は受講開始から6ヶ月間有効です。

標準の倍の期間が設けられているので、ある程度ゆっくりした学習のペースでも十分間に合うでしょう。

仕事やプライベートが忙しい人でも受講できますよ。

学習のカリキュラムは?

基礎を学ぶ

子ども発達障がい支援アドバイザー講座では、まずサポート理論編のテキストを使用して、子どもの発達に関する基本的な知識を身に付けるところから始めます。

この時に学ぶ基礎は、後に学習する実践に欠かせないので、しっかりと身に付けることが大切です。

サポート理論編のテキストでは、幅広い人が学習しやすいように、イラストが積極的に使用されています。

また、難しい用語に関しては補足も入っているため、躓いてしまうことは少ないでしょう。

スキルを身につける

基礎が身に付いたら、テキストをサポート実践編に切り替え、実務に近い知識の習得へと移ります。

発達障がいが原因で起こってしまう様々な行動を、対応方法と共に事例で確認していきます。

かんしゃくや登園渋りがその一例ですが、より具体的に把握するためにDVDも活用しましょう。

そうして最終的には、子どもの行動に応じて最適な対応ができるスキルを身に付けるのが、サポート実践編の目標です。

副教材で知識を増やす

発達障がいに関する基礎と実践の知識を習得したら、副教材を用いて、実際に子どもが自立するためのサポートを行います。

副教材には、子どもにやってほしい内容が絵で描かれたカードが付属しているので、それを使用すると、子どもへのわかりやすい指示が可能となります。

そうして、指示通りの行動ができたという成功体験を子どもの中で積み上げることで、自立を促すという流れです。

また、その子どもに関する記録を残しておけるワークブックも付属していて、どういった変化があったのかも把握しやすくなっています。

資格試験に挑戦

カリキュラムを全て修了したら、子ども発達障がい支援アドバイザーの資格試験を受けられるようになります。

受験は自宅から可能で、受講期間内であればいつでも受けられます。

期間が残っているのであれば、学んだ内容を整理した上で受けても問題はありません。

試験はマークシート方式で、70点以上が合格基準となっています。

基準点をクリアすれば晴れて子ども発達障がい支援アドバイザーとなり、費用を負担すれば認定証の発行も可能です。

また、万が一不合格になってしまったとしても、最大で3回までは挑戦できます。

こんな人におすすめ!

子ども発達障がい支援アドバイザーは、自身の子どもが発達障がいだという人におすすめできます。

発達障がいを持っている子どもには、どう接するのが正解かわからないということもよくあるでしょう。

そこで、子ども発達障がい支援アドバイザーの資格で適切な対応方法を習得すると、その問題が解消できるようになるかもしれません。

また、大勢の子どもと接する仕事に就いている人にもおすすめです。

発達障がいの子どもに出会う可能性が高く、習得した知識やスキルを活かして、最適な接し方が実現できるでしょう。

発達障がいの子どもをサポート

発達障がいを持つ子どもは、色々と特徴的な行動をしがちです。

ただ、適切なサポートをしてあげれば、持ち前の能力を発揮したり、精神的に自立したりすることも不可能ではありません。

子ども発達障がい支援アドバイザーは、そのサポートをすることができます。

もし、身近に発達障がいの子どもがいたり、大勢の子どもと接する仕事に就いていたりする人は、子ども発達障がい支援アドバイザーの取得を考えてみると良いでしょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「子ども発達障がい支援アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)