発達障害コミュニケーションサポーターって?資格の特徴・口コミなど紹介

児童・チャイルドカウンセラー

人の役に立つ仕事をしたいと思って資格取得を考えている方もいるのではないでしょうか。

もしかしたら、子どもが好きで子どもにかかわる仕事にあこがれている方もいるかもしれません。

そこで、今回は発達障害コミュニケーションサポーターという資格について紹介していきます。

資格の特徴や取得の流れについて見ていきましょう。

発達障害コミュニケーションサポーターとは?

資格・講座名費用(税込)学習期間
発達障害コミュニケーションサポーター34,100円8ヶ月

発達障害コミュニケーションサポーターとは、発達障害の子どもに対してコミュニケーション能力を高めるためにサポートしていく人のことをいいます。

発達障害児はコミュニケーションのことに関して悩んでいることも多く、発達障害コミュニケーションサポーターは需要のある資格です。

 

講座の特徴は?

コミュニケーション力に特化

発達障害コミュニケーションサポーターの資格は、主にコミュニケーション能力に特化した内容を学んでいきます。

そのため、人間関係の構築など、コミュニケーションに関することに悩みを抱えている発達障害児に対して適切な関わり方ができるようになるでしょう。

段階に応じた訓練法

子どもに対して適切なサポートをしていくためには、成長段階に応じたトレーニングが必要不可欠です。

発達障害コミュニケーションサポーターの講座では、学童期と青年期に段階を分けてそれぞれのトレーニング方法を学ぶことができます。

それによって、子どもの成長に合わせた関わり方が可能になるため、より質の高いサポートを提供できるようになるでしょう。

自己肯定感を高める工夫

子どもと接するときに大切にしなければいけないのは、子どもの自己肯定感をアップさせてあげることです。

今まで子どもと接する機会が少なかったという方は、どうやって関わっていけばいいか分からないのではないでしょうか。

しかし、そんな心配は必要ありません。

発達障害コミュニケーションサポーターの講座では、子どもの自己肯定感をアップさせるために必要なことを学ぶことができます。

能力を伸ばす実践的な内容

発達障害児のコミュニケーション能力をアップさせることは、適切な人間関係を築くためでもありますが、将来的に子どもが一人で生きていけるようにするためでもあります。

社会で生活するうえで、自分の考えを誰かに伝えたり、周りの人の意見を受け止めたりすることは大切です。

そういった生きるためのスキルを伸ばす方法を学び、子どもたちの自立をサポートしていけたらいいですよね。

好きな時にお家で勉強

資格を取得したいと思っていても、毎日仕事や家事などで忙しくしているとなかなか勉強に割く時間を作ることができないものです。

特にスクールに通うとなると、スケジュールが合わずに断念してしまう場合もあるかもしれません。

しかし、発達障害コミュニケーションサポーターの講座はスクールに通う必要がなく、空いた時間にお家で勉強することが可能です。

テキストや動画などを使って学習を進めていきますが、自分のペースで取り組めるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

LINEで情報配信

発達障害コミュニケーションサポーターの講座では、発達障害児をサポートしていくうえで必要となる情報をLINEで受け取ることができます。

試験に関することだけではなく、イベント情報なども知ることができるのでこれから活動するときの力になってくれるでしょう。

受講者の口コミは?

発達障害コミュニケーションサポーターの講座を受講したことによって、コミュニケーション能力がアップしたという口コミが見られました。

発達障害児に合ったトレーニングの方法が学べるため、子どもの自己肯定感を上げることができたという方もいるようです。

また、習ったことを活かしてトレーニングをしたら、子どもの能力を高められるようになったという声も挙げられています。

資格取得をして自分の仕事に役立てているという方もいて、障害児だけではなくその保護者にも適切な関わり方ができるようになったようです。

資格取得の流れは?

資格を取得するためには、まず受講料を支払うところから始めます。

支払いが完了したら、テキストやワークブックなど、勉強に必要なものが送られてきます。

それらの教材を使い自分のペースに合わせて知識を身につけていきましょう。

受講期限が設けられているので、その中で勉強を進めていき、試験の申し込みを行います。

資格試験はオンラインでの受験となるため、自分が都合のいい日を受験日として設定することが可能です。

なお、受験終了後、すぐに合否がわかります。

よくある質問は?

Q. 学べるのは幼児や小学生向けの内容ですか?

4歳~18歳までのトレーニングについて学ぶことができます。

しかし、相手が大人の場合にも役立てることがたくさんあるでしょう。

Q. 受講にパソコンは必要ですか?

パソコンがなくても、スマートフォンがあれば受講可能です。

Q. 試験の合格率は?

8割ほどの合格率です。

Q. 資格は履歴書に書けますか?

資格を取得したことを履歴書に書いて、就職に活かすこともできます。

こんな人におすすめ!

子供のサポートをしたい人

発達障害コミュニケーションサポーターの資格は、発達障害児のサポートをしたいと考えている方に向いていると言えます。

講座では、発達障害児のコミュニケーション能力をアップさせるための関わり方などを詳しく学んでいけるので、適切にサポートすることができるようになるでしょう。

子ども好きな方ならモチベーションを維持しながら講座を受講していくことができるはずです。

発達障害児に関わる仕事をしている人

もちろん、現在発達障害児のサポートを行っているという方にも、おすすめの資格になります。

今の仕事に役立つような知識を豊富に身につけることができるでしょう。

保護者

発達障害のお子さんを育てている保護者にも有用な資格でおすすめと言えます。

お子さんとのコミュニケーションに不安を抱えていたり、お子さんの将来について真剣に考えていたりする場合、この資格があると心強いのではないでしょうか。

この講座は受講期限があるものの、お家で好きな時間に勉強したり受験したりすることができるため、育児や仕事との両立で忙しい方でもチャレンジしやすい資格です。

発達障害を持つ人をサポートしよう

発達障害コミュニケーションサポーターの資格は、発達障害児に関わる仕事をしている方はもちろん、これから何かを始めようと思っている方にとっても役立つものです。

発達障害児が自立していくために必要なサポート方法を学べるので、少しでも興味がある方は始めてみましょう。

履歴書にも書けるので、就職や転職をするときにも活かせる資格です。