カウンセリング実践力強化とは?講座の特徴・料金・学ぶメリットなど

心理カウンセラー

将来心理カウンセラーになって、悩みを抱える人、心の病気を持つ人を救いたいと思っている人もいるかもしれません。

心理カウンセラーになるための講座は色々ありますが、中でも人気になっているのがカウンセリング実践力強化です。

今回はこの講座がどのような講座なのか、受講するメリットや使われている教材などについて詳しく解説していきます。

カウンセリング実践力強化って?

資格・講座名金額(税込)学習期間
カウンセリング実践力強化講座49,500円6ヶ月

事例に基づいて学べる

様々な事例に対応できるように、講師がクライエント役となりメールカウンセリングを行います。

厳選された10事例、全40回にも及ぶメールカウンセリングを通して、様々なトラブルや状況に対応できる力が身につくでしょう。

カウンセリングはクライエントによって対応方法も変わってくるため、ありとあらゆる場面に対応できる応用力を身につけておくことが大切です。

メールカウンセリングを通して改善すべきポイントや、自分に足りない部分が見つかった時は、講師がしっかりサポートしてくれます。

心理検査も習得できる

プロの心理カウンセラーにも使われているのが心理検査です。

本講座では映像講義なども行い、どういう流れで実践すればよいのか、実際何を話せばよいのかなどを具体的に学ぶことができます。

受講するだけで、習得が難しいと言われる心理検査を使いこなせるようになるのが、カウンセリング実践力強化講座の特徴です。

トラブル対処まで網羅

実例を交えながら、トラブルが発生した時にはどう対処すればよいのかを学ぶことができます。

クライエントとトラブルになり、悩みを抱えてしまうカウンセラーも多いです。

そのため、トラブルになった時の対処法をしっかり身につけておくことは、カウンセラーを長く続けるためにも大切なことです。

現役の心理カウンセラーが体験した実例をもとに対処法を伝授してもらえるので、カウンセリングでトラブルが起こった時に対処しやすくなります。

現役カウンセラーが指導

カウンセリング実践力強化は、現役カウンセラーがマンツーマンで指導してくれる講座です。

テキストや映像を見るだけでは分からない、より実践的な指導を受けることができます。

自分の長所や短所を講師が理解し、カウンセラーとして活躍するためには何を学ぶべきなのかを細かくアドバイスしてくれます。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「カウンセリング実践力強化講座」を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

カウンセリング技術が磨かれる

カウンセリング実践力強化の講座は、カウンセリング技術を身につけるために2種類の心理検査をカリキュラムに取り入れています。

カウンセリングを行う時は、クライエントの心理状態を見抜くことが重要です。

言葉のやり取りだけでは、相手の心まで見抜くことはできません。

カウンセリング実践力強化の講座を受けて、心理状態が不安定になっている人の気持ちを客観的に理解できるようになれば、スムーズにカウンセリングできるようになるでしょう。

独立開業を目指せる

将来独立開業する時に役立つというのも、この講座を受講する大きなメリットです。

カウンセリング実践力強化の講座は、プロの心理カウンセラーに必要な実践力や経験を身につけられるようにカリキュラムが組まれています。

カウンセラーとしての経験がない人でも、本講座を受講することでプロの心理カウンセラーと同等の対応力が身につきます。

カウンセリング実践力強化の講座を修了した時には、自信を持って独立開業できる力が身についているでしょう。

学習に使う教材は?

わかりやすさにこだわったテキスト

本講座の教材は、わかりやすさにこだわって作られています。

見開き完結のテキストになっているので、色々なページを見ながら学習を進めるという手間もかかりません。

心理療法の理論には難しい内容もありますが、図解を使って直感的に理解できるようなテキストになっています。

良い対応例や悪い対応例がイラスト付きで分かりやすく解説されているので、初めての人でも無理なく学習を進められるでしょう。

プロが実演する映像講義

テキストだけでは分かりにくい部分は、映像講義で学ぶことができます。

プロが実際にクライエントと心理検査を行っている映像講義も用意されています。

クライエントへの説明はどのようにするのかなど、実際の映像を見ながら学べるのは大きなポイントです。

カウンセリングの実践的なテクニックはもちろん、入室や退室の仕方などの細かな部分まで映像で確認できます。

豊富な事例集

カウンセリング実践力強化の教材には、豊富な事例集も用意されています。

クライエントが自傷してしまった時にはどう対処するべきか、孤独死の可能性がある場合の対処法など、具体的な例を出して解説されています。

現役で活躍しているプロのカウンセラーが、もっと早く知っておきたかったというノウハウがまとめられているので、事例集を活用して学習を進めておけばトラブル対策も万全です。

学習のカリキュラムは?

心理検査を学ぶ

まずは心理検査を学ぶことから始まります。

風景構成法とバウムテストの2つを学びながら、心理検査の基礎や実践法などを身につけていきましょう。

心理検査がどういうものなのか、実施手順など基礎から学べるカリキュラムになっているので、心理検査の知識が全くない人も安心して学習を進められます。

基礎を学んだ後は、カウンセリング中に起こり得るトラブルや、その対処法を学ぶための実践的なカリキュラムに取り組みます。

基礎から実践的なことまで、心理検査に関する様々なことを学ぶことが可能です。

実習でスキルを磨く

心理検査を学んだ後は、様々な実習を行い実践的な能力を身につけていきます。

難易度がいくつか分かれており、最初は基礎的な実習から始まるので安心です。

まずは初回カウンセリングの導入方法を学び、その後にクライエントと信頼関係を築くための実習を行います。

「就職がうまくいかず悩むクライエント」「借金に悩むクライエント」など、現場に近い形で実習が行われるので実践力や応用力が身につきます。

最後に対応が難しいクライエントのカウンセリングに挑戦し、どんなクライエントとも向き合えるプロのカウンセラーを目指すという流れです。

こんな人におすすめ!

カウンセリング実践力強化は、将来独立や開業を考えている人におすすめの講座です。

心理カウンセラーに必要なスキルや技術を学べるだけではなく、開業をする時の支援まで受けることができます。

開業するために欠かせないホームページ制作や、助成金に関すること、開業の進め方など様々なサポートを行っているので、1人で本当に開業できるのか不安になっている人も安心です。

また、身の回りに心の病に悩んでいる人がいて、自分も何か手助けをしたいと考えている人にも向いています。

心の病は誰にでも起こり得るものです。

本講座を受講して心理検査や心理カウンセリングのことを学んでおけば、家族や友達が悩んでいる時にサポートできるようになりますよ。

まとめ

カウンセリング実践力強化は、将来心理カウンセラーを目指す人に最適な講座です。

心理カウンセラーが身につけておきたい、心理検査のこともしっかり学べるカリキュラムが組まれています。

独立開業支援も受けられるので、心理カウンセラーになりたいと思っている人は受講してみてはいかがでしょうか。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「カウンセリング実践力強化講座」を資料請求する(無料)