異文化カウンセラー認定講座って?学習するメリット・料金などを紹介

人間関係・コーチング

グローバル化が進む中、外国人とのコミュニケーションの重要性が高くなっています。

世界中の国々から日本にやって来て働く方も少なくないです。

しかしながら、日本の文化にまだ馴染むことができず、悩んでいる外国人の方もたくさんいると言われています。

その方々の心の支えとなっているのが異文化カウンセラーです。

この記事では、異文化カウンセラーについて詳しくご紹介していきます。

異文化カウンセラーとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
異文化カウンセラー165,000円3ヶ月

異文化カウンセラーとは、外国人を対象にカウンセリングをするカウンセラーのことを指します。

日本人と外国人との間では、どうしても文化や思想、考え方に違いが出てきます。

その壁を取り除くことが異文化カウンセラーの役割です。

主に外国人スタッフを雇っている経営者の方に人気があり、現代社会では注目を浴びている資格の1つとなっています。

公式サイト
>>『異文化カウンセラー』の認定講座のお申込みはこちら

 

学習するメリットは?

円滑なコミュニケーションがとれる

異文化カウンセラーの資格を学習すると、外国人スタッフと円滑なコミュニケーションができ、仕事においても大きな成果を残すことに繋がります。

外国人の気持ちを理解するのは簡単ではありません。

自身の生まれた地とは全く異なる環境で過ごす外国人の中には、心細い生活を送っている方もたくさんいます。

トップに立つためには、1人1人の仲間に手を差し伸べてあげられるような器を持たなくてはなりません。

しかし、それ以前に外国人の文化に理解を示さなければ、距離が近づくことさえ難しくなります。

責任感を持てるようなトップになるため、異文化カウンセラーを学んでいきましょう。

旅行がいっそう楽しくなる

この資格を学習すると旅行に行くときにも役立ちます。

異文化カウンセラーでは、あらゆる国の文化が学べるので、訪問した際に現地の方々と問題なくコミュニケーションが図れるようになるでしょう。

世界中の国々で言葉が異なるものの、人の気持ちを理解して会話するという基本は変わりません。

国の中では、口にしてはいけない言葉などもあるので、そういったタブーを学ぶ上でも異文化カウンセラーは役立つのです。

仕事面だけではなく、プライベートでも非常に大切なスキルだと言えます。

外国語の基礎ももちろん学べるため、学力の向上にも繋がる資格です。

受講料金は?

異文化カウンセラーの受講料金は165,000円(税込)です。

講座を受けたら、そこから理解度試験と認定試験の2種類の試験を受検します。

理解度試験は22,000円(税込)、認定試験も33,000円(税込)と、それぞれ費用が発生するので準備しておきましょう。

これらを全て合わせると、資格取得までに要する金額はおよそ20万円です。

ただし、異文化カウンセラーは毎月先着20人の方に取得応援価格を設けています。

この価格帯で受講できれば、理解度試験や認定試験の費用は発生しません。

受講料金だけで資格が取れる可能性もあるので、お得なサービスと言えるでしょう。

資格取得までの流れは?

資格取得までにかかる期間は、スムーズに進めば3ヶ月間だと言われています。

最初の1ヶ月から2ヶ月の間は、ひたすらテキストを用いた学習です。

このテキスト学習の間に全9回の理解度試験が実施されます。

細かく区切りながら理解しているかどうかを見極めるので、勉強している側も頻繁に学習状況を振り返ることができるでしょう。

受講が修了したら、後は認定試験を受けるだけです。

試験に合格することができれば、そこから間もなく資格証が発行されます。

異文化カウンセラーになるまでの道のりは基本的に短期間ではありますが、内容が濃いので計画的に進めていきましょう。

よくある質問は?

Q. 受講にあたっての条件はありますか?

異文化カウンセラーの資格を取得する際の条件はありません。

何歳になっても受講が可能ですし、学歴にも左右されないです。

高校や大学に進学していなくとも、取得できる資格となっています。

また、異文化カウンセラーを目指すにあたって、その他に取得しなければならない資格も特に存在しないのが強みです。

誰でも挑戦できるので、興味があったら受講を検討してみましょう。

Q. 資格は履歴書に記載できますか?

履歴書の資格欄に記載できます。

異文化カウンセラーも立派な資格の1つです。

寧ろ、この資格のことを記載すれば、人事や役職の方から一目置かれるかもしれません。

そのくらい、外国人とのコミュニケーションの大切さを感じ取っている企業は多いです。

Q. 資格取得後はどう活かせますか?

異文化カウンセラーの資格を取ったら、外国人を採用している企業で活躍できる機会も増えます。

外国人とコミュニケーションを交わす企業の中には、一流の業績を残しているところもあるでしょう。

そういった一流企業で仕事ができるようになる可能性は高いです。

他にも、自らビジネスを立ち上げた際に外国人と直接交渉を交わせるようになります。

文化をしっかりと理解して交渉すれば、今後の生活でも重要な繋がりを持てるようになるのです。

また、異文化カウンセラーの講師になるという選択肢もあります。

このように、人生における選択肢の幅が広がっていく資格です。

こんな人におすすめ!

管理職を目指している人

異文化カウンセラーは、将来管理職を目指す方に合った資格といえます。

その理由は、外国人とカウンセリングという形で接しやすいポジションだからです。

寧ろ、管理職の方に異文化の理解がなかったらグローバルな仕事はできなくなるでしょう。

企業の発展のためには、世界各地の文化を認めて理解する心が必要です。

外国人の方も、勤めている企業を伸ばそうと精一杯働いています。

その方々が、少しでも過ごしやすい環境を整えてあげられるように努力していかなければなりません。

個人事業主として働いている人

管理職を目指す方以外にも、個人事業主として1人で仕事をする方も取得してみるといい資格です。

働き方によってはさまざまなビジネスが生まれます。

外国人とコミュニケーションを図りながら、カウンセリングをしてみるというのも事業の1つです。

資格を取得するだけでも、話の種にはなります。

旅行好きな人

加えて、海外旅行が好きな方も勉強の意味合いで身につけるべきスキルと言えるでしょう。

外国の地に訪れる際には、少なからず旅行先の文化を弁えておく必要があります。

何も文化を知らずに訪問すると、そこで思わぬトラブルに見舞われる可能性もゼロではありません。

あらかじめリスクを下げるためにも、多くの国の文化は知っておいた方が安全です。

異文化カウンセラーの資格を目指して、コミュニケーション能力と一緒に文化の勉強に励んでいきましょう。

まとめ

異文化カウンセラーは、短い期間で外国の文化やコミュニケーション技術を学べるお得な資格です。

管理職等になって、外国人の方と仕事する方は目指してみるといいでしょう。

時期によっては、試験費用が無料で資格を取得することもできます。

仕事面だけではなく、プライベートにおいても役に立ちます。

多くのメリットがあるので、気になる方は講座の受講を検討してみてください。

公式サイト
>>『異文化カウンセラー』の認定講座のお申込みはこちら