プレ検とは?受検するメリット・試験内容・難易度・活躍の場などを紹介

人間関係・コーチング

人前で話すことに苦手意識を持っている方もいるでしょう。

また、仕事などでプレゼンテーションをすることになって困っている方もいるかもしれません。

苦手な部分を克服し、自信をもってプレゼンテーション出来たら嬉しいですよね。

そこで今回は、プレゼンテーション検定についてご紹介していきます。

受検することのメリットや、試験内容についても一緒に見ていきましょう。

プレ検とは?

プレゼンテーション検定は、自分の思いを相手へ的確に伝える力を持っていること証明する検定です。

自分の能力を様々な場面でアピールできるので、社会人として働いている方や、これから就職活動を始める方などに幅広く向いています。

また、仕事で活かす以外にも、コミュニケーション能力を高めたい方にもおすすめの資格です。

勉強法について

プレゼンテーション検定を受ける際の勉強方法は色々あります。

独学で取り組む場合は、公式テキストを使ってコツコツと勉強していくといいでしょう。

不安があるという場合には、プレゼンテーション検定に関するプロによる個別指導を受ける方法もあります。

自分に合った学習方法を選んで受検に備えることが大切です。

級位は全部で6段階

プレゼンテーション検定の級位は全部で6つあります。

準3級から始まり、1番難関なのが1級です。

準2級までは誰でも受けられますが、2級以上になると受験資格が追加されます。

それぞれの級によって受験方法なども変わってくるので、自分が受ける級の詳細についてしっかりチェックしておくことが必要です。

受検するメリットは?

プレゼンテーション検定を受検することで得られるメリットは色々あります。

具体的に3つご紹介していくので、検定に興味がある方は参考にしてみてください。

伝える力が磨かれる

まず、プレゼンテーション検定を受検することによって、伝える力が磨かれるというメリットが得られます。

公式テキストなどで学ぶ内容も、プレゼンテーションする上で大切なことばかりなので、職場や就職活動などで役立てることができるでしょう。

人前に立つと緊張してしまってうまく自分の気持ちを伝えられなかったり、仕事でアピールできなかったりする方も、受験を通してコミュニケーション能力を高められます。

今まで人前で話すことが得意な方であれば、より伝える力を磨くことができるでしょう。

自分に自信を持てずに消極的な方は、人と関わることが好きになれば自信を持つこともできますよね。

自分には無理だと諦めてしまわずに、苦手なことだからこそ積極的にチャレンジする気持ちを持つことが大切です。

キャリアアップにつながる

今の仕事に満足せずに、もっと上を目指したいと思っている方もいるでしょう。

検定を受けることで、会社で堂々とプレゼンテーションを行ったり、上司や同僚とのコミュニケーションが上手く取れるようになったりします。

職場から必要な人材として重宝されるようにもなり、その結果として、キャリアアップにつながることもあるでしょう。

また、就職活動や転職活動などで、緊張せず自分の魅力を最大限にアピールしたいと思う時もありますよね。

そんな時、プレゼンテーション検定に合格しておくと、堂々とした態度でしっかり自分の考えを伝えられるようになります。

面接官を前にしても臆することなく面接を受けられるように、今から準備しておくと良いでしょう。

対人関係が良くなる

プレゼンテーション検定を受検することで、人との会話が上手になります。

会話の構成力などが身につき、話す力が伸びるので対人関係が良くなって今までよりも人と話すことが楽しくなるでしょう。

また、コミュニケーションが円滑にいくことで、交友関係が広がったりして、生活も充実させられますよ。

試験の内容は?

準3級〜準2級

準3級は、プレゼンテーション検定の中で難易度が一番低いものになります。

プレゼンテーションの基礎知識が求められるので、初めて検定にチャレンジする方に向いているでしょう。

準3級から準2級の問題は、4択の中から正しいものを選択する形式です。

級が上がるにつれてだんだん難易度が上がっていきますが、準2級までは誰でも受検することができるという特徴があります。

勉強を進めていく中で、どの級を受検するか決めると良いでしょう。

2級〜1級

2級からは出題方法が変わり、試験範囲も一気に広がるので注意が必要です。

また、一つ前の級に合格しないと受検できないようになっているので、段階を踏んで挑戦していきましょう。

2級では実技試験と論文試験が実施され、ファイルを提出する形式です。

準1級は、記述式の問題を行い、1級になると実技と論文に加えて、面接試験も行われます。

難易度について

準3級〜準2級

プレゼンテーション検定で一番難易度が低い準3級は、プレゼンテーションを行う時に必要な基礎知識を持っている必要があります。

3級ではプレゼンテーションの進め方や、人に伝える方法などを理解していることが大切になるので、少し難易度が上がります。

準2級は基礎的なことに加えて、より聞き手に訴えかけるような伝え方をするための豊富な知識が必要です。

2級〜1級

受検資格が発生する2級になるとさらに難易度が上がり、より高度なプレゼンテーション能力が求められるようになります。

準1級では、記述問題に解答できるくらいの豊富な知識が必要です。

1級はプレゼンテーション検定の中で一番難易度の高い級になるので、その分しっかりと対策することが大切でしょう。

活躍の場は?

プレゼンテーション検定はどんな場面で役に立つのか気になりますよね。

基本的にどのような場面でも役立つ検定ですが、大きく2つ、活躍の場をご紹介していきます。

一般企業

一般企業で働いている方は、仕事でプレゼンテーションを行う機会も多いでしょう。

そのため、プレゼンテーション検定を受検することで能力を高めていくことができます。

話すことが上手になることで自信にもつながり、仕事をスムーズに進められるようになるのです。

また、プレゼンテーション検定に合格することにより信頼も上がり、給与アップやキャリアアップにつなげることもできます。

教育関係

教育関係の仕事をしている方も、プレゼンテーション検定を役立てることができます。

子供たちの前に立って授業をしたりする時に、わかりやすい説明ができるようになるのです。

また、子供とのコミュニケーションが上手に取れるようになったりするなど、大きな変化を感じられるでしょう。

プレゼンテーション検定に挑戦してみよう!

人前でも堂々として話したいと思っている方は、プレゼンテーション検定にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最初は準3級から受けて、少しずつレベルアップしていくという方法もあります。

プレゼンテーション検定に合格することで、キャリアアップにつながったり、対人関係が良くなったりするので、きっと毎日が充実していくでしょう。