健康朗読実践アドバイザーって?講座の特徴・カリキュラムなどを紹介

趣味

運動や脳トレに代わる介護予防、認知症予防策として、健康朗読というトレーニングが広まりつつあります。

しかし、正しい方法で健康朗読のメソッドを行える人材である健康朗読実践アドバイザーはまだまだ少ないのが現状です。

そこでこの記事では、健康朗読実践アドバイザーに興味を持っている人向けに、その養成講座の特徴やカリキュラム内容などをご紹介します。

健康朗読実践アドバイザーとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
健康朗読実践アドバイザー48,000円3ヶ月

昔から知られる認知症の予防法として、運動や脳トレといったものがあります。

それらは認知症予防に確かな効果があるとされていますが、高齢者自身の体力ややる気に左右されやすく、安定した効果を発揮するのは難しい側面がありました。

しかしそうした中、新たな認知症予防として朗読を用いる方法「健康朗読」が提唱されています。

健康朗読は誰でも行いやすく、気軽に認知症予防が図れるトレーニングです。

健康朗読が認知症の予防法として定着するにつれ、介護現場ではその対応を理論的・実践的に行える人材の必要性が増しています。

その人材こそが「健康朗読実践アドバイザー」です。

健康朗読実践アドバイザーは、加齢に伴う声と言葉の変化を体系的に学び、その知識を活かして高齢者の認知症予防トレーニングをサポートします。

高齢者の要介護化を防ぐには、心身が弱った状態(フレイル)にならないよう、未然に予防していくことが大切なのです。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「健康朗読実践アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

講座の特徴は?

分かりやすいオリジナル教材

健康朗読実践アドバイザー養成講座は、理論編、実践編ともに、オリジナル教材を元に進められます。

理論編では日本を取り巻く超高齢化の現状をはじめ、介護予防や認知症予防の方法など、介護にまつわる基礎的な知識を一から学んでいくことになります。

もちろん、健康朗読実践アドバイザーの本領である朗読、発声についても、発声の基本メカニズムからなぜ朗読することが認知症予防に繋がるのかまで、専門家の検証を交えながら体系的に学習できるようになっています。

実践編では、健康な声を出すための発声トレーニングの仕方を基礎から学ぶことが可能です。

また、介護予防や認知症予防の現場で行われている健康朗読のオリジナルプログラムについても学ぶことができ、学んだ内容を実際の現場ですぐ実践しやすい講座の作りになっています。

理論編、実践編ともに、オリジナル教材は初めて学習する人でも安心して学べる構成に工夫されています。

健康朗読実践アドバイザーの知識のみならず、介護に関する基礎的な知識についても一通り学ぶ事ができるため、全くのゼロから介護の勉強をしたいという人にもおすすめです。

実践DVDも付属

健康朗読実践アドバイザー養成講座には、健康朗読のトレーニング内容をまとめた実践DVDが付属しています。

これによりトレーニングの内容をいつでも振り返ることができるため、講座内容の復習がしやすくなっています。

また、実践DVDを見ながらトレーニングも可能です。

実践DVDを介護施設などで再生することで、高齢者へトレーニングを促すこともできるでしょう。

安心のサポート体制

健康朗読実践アドバイザー養成講座はeラーニングを採用しており、映像教材についてはスマホやタブレットから視聴することが可能です。

空いた時間を活用して学べるため、学習負担が少ないのが特徴です。

また、受講中に分からないことがあった場合もeラーニング上の質問機能を通してすぐに質問できます。

映像教材を見ながらの質問も可能であり、わからないことを放置したまま次に進むようなことが起きにくい仕組みになっています。

映像の視聴履歴についてはeラーニングのシステム上で詳細を確認できます。

積み重ねた時間が一目でわかるようになっているため、学習のモチベーション向上に役立つでしょう。

資格試験は?

健康朗読実践アドバイザー養成講座を受講することで、健康朗読実践アドバイザーの資格試験が受けられるようになります。

健康朗読実践アドバイザーの資格を得るメリットは次の通りです。

  • 健康朗読実践アドバイザーの資格認定証を得られる
  • 健康朗読体験講座の講師を行える
  • 健康朗読体験講座の開催ができる
  • 有資格者限定セミナー等への参加ができる

健康朗読実践アドバイザーの資格は民間資格であり、「取得しないと健康朗読トレーニングが行えない」といったものではありません。

しかし、その資格試験は養成講座で得た知識を確固たるものにするのに最適と言え、また学習のモチベーション向上にも繋がることから、受けられるなら是非受けておきたい試験です。

健康朗読実践アドバイザーの資格試験受付は随時行っており、在宅での試験となります。

資格試験の受験料については養成講座の受講料に含まれているため無料ですが、合格後には資格の認定登録料として5,500円(税込)が必要となります。

学習のカリキュラムは?

オリジナル教材を用いての学習

受講者に提供されるオリジナル教材を用いて、日本を取り巻く介護の現状や認知症の基礎知識、認知症患者への応対の仕方などを学んでいきます。

また、健康朗読実践アドバイザーの肝である発声等に関する知識も学びます。

学習の際は、テキストに対応した映像教材を視聴しながら進めていくことで、学んだ内容が定着しやすくなるでしょう。

資格試験を受験

健康朗読実践アドバイザーとしての知識が十分に定着したら、資格試験への申し込みを行います。

資格試験に合格することで、晴れて健康朗読実践アドバイザーとしての資格を取得できます。

現場での実践

養成講座で得た知識を現場で実践し、高齢者の介護予防、認知症予防に役立てていきます。

こんな人におすすめ!

健康朗読実践アドバイザー養成講座は、次のような人におすすめです。

  • 介護業界で働くことに興味がある
  • 現在、介護業界で働いているが、介護予防や認知症予防の知識、業界の知識等に不安がある
  • 現場で行っている介護予防、認知症予防プログラムに、新たに健康朗読を加えたい
  • オーラルケアやオーラルフレイルに関する知識を深めたい
  • 身近に介護を必要とする人がいる
  • 自身の介護予防、認知症予防に役立てたい

まとめ

健康朗読実践アドバイザー養成講座は健康朗読の正しい知識だけでなく、介護全般に関わる知識を広く補完してくれる講座と言えます。

教材テキストやDVDも非常にわかりやすい内容で、eラーニングのシステムを用いることでかなり効率的に知識を得られます。

介護に関わる仕事や生活をしているようなら、受講して損のない資格講座と言えるでしょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「健康朗読実践アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)