掃除能力検定とは?受検するメリット・試験内容・難易度などを紹介

整理整頓・掃除

掃除能力検定は、掃除能力を知識だけではなく実技試験を通しても評価します。

取得できれば、特に外食業界や美容業界、ホテル業界では資格によって有利に働くことができるでしょう。

その他にも、日常生活の掃除をする場面でも検定を活かすことが可能です。

この記事では、たくさんの場面で真価を発揮する掃除能力検定について紹介していきます。

掃除能力検定とは?

掃除能力検定は、掃除能力を測定する技能検定です。

掃除を知識として学ぶことができるだけではなく、実技の能力も試験を通して身につけることができます。

検定によって日常の掃除のみならず、専門知識を含んだ特殊な掃除まで幅広い知識を習得することが可能です。

また、掃除はすべての年代において習得できる身近な学習対象であるため、検定に年齢制限はありません。

実際に、様々な年齢の人が掃除能力検定に臨んでいます。

受験するメリットは?

就職や転職に役立つ

掃除を必要としない職業は無いため、就職活動において、掃除の基礎を体得した人はそれだけでも有利に立ち回ることができるでしょう。

外食やホテル業界など、掃除が直接的に企業の評価に関わってくる職種で有利なことはもちろん、ホームヘルパーや介護士、保育など福祉に関わる分野でも、掃除能力検定は有益です。

もし検定を取らなければ、掃除の能力がどれくらいあるかは採用してみなければ雇用者は知ることができません。

しかし応募する時点で掃除能力検定を持っていれば、掃除をする力が十分にあることをアピールすることができ、就職に繋げることができるでしょう。

また、掃除能力検定の合格者には認定証が発行されます。

掃除の技能は幅広い職種で必要とされるため、認定証を持つことは就職や転職において大きな付加価値を生み出してくれるのです。

より良い日常生活を送れる

掃除をどうすれば良いか分からず、いちいち検索しなければならなかった経験は、きっと誰もがあることでしょう。

もしそれで掃除の仕方が分かったとしても、掃除用具が無いから買いに行く必要があり、掃除が滞ってしまう……。

こうしているうちに掃除をやりたくなくなってしまい、さらに汚れは分厚く落としづらくなっていきます。

たとえ掃除能力検定を持っていなくても掃除自体はできますが、掃除のやり方を知らなければ、このような悪循環に陥ってしまうことも少なくありません。

こんな日常のお掃除シーンでも、掃除能力検定で培った力は活躍します。

掃除の効率的な仕方がきちんと分かるようになれば、掃除は効率的で楽しいものになるでしょう。

また、掃除は美観を整えるだけのものではありません。

アレルギーの原因であるダニやホコリを除くことで健康にも繋がるのです。

住環境を快適なものにするためにも、この検定は大きな役割を果たします。

エコや節約につながる

普段の生活で、洗剤やワックスを適切な量で使えていますか。

これらは使いすぎても一定の効果しか示さないどころか、環境に悪影響を及ぼしてしまいます。

また、使いすぎは不経済であり、家計も圧迫しかねません。

掃除能力検定では、洗剤やワックスの効果的な使用方法を学ぶことで、生活をより経済的なものにするとともに、自然環境を保護することもできるようにします。

試験の内容について

掃除能力検定は洗剤・用具・機械の知識、作業動作の知識、作法の知識の3つの部門に分かれており、新しい用具やシステムを取り入れた多角的な知識を多岐選択方式で出題します。

また、検定は5級から1級に分かれており、家庭や学校、職場での日常的な掃除から、職業としての専門業務の習熟を目的とした級まで、受験者の様々な目的に対応することが可能です。

試験の様式は5級から2級までがCBTによる筆記試験、1級が実技試験で行われ、飛び級はできないため5級から順番に受験していく必要があります。

なお、各級の主な出題内容は、以下のとおりです。

  • 5級:掃除の基本原則、洗剤・用具・機械の知識、対象素材・建材の知識、作業動作の知識
  • 4級:感染防止対策マニュアルの作成、チェックシートの作成、カビ・サビの除去方法
  • 3級:硬質床面の洗浄・ワックス塗布、繊維床面の洗浄・シミ抜き、トイレ・洗面所・キッチン・ユニットバスの清掃
  • 2級:カーペットの素材別特長とメンテナンス方法、石材・ガラス・イス・ソファーなどの清掃
  • 1級:5級から2級までの総合的な内容から出題

試験の難易度について

掃除能力検定の問題はすべて公式テキストから出題される選択問題です。

また、公式テキストを十分に理解し、活用してほしいという日本掃除能力検定協会の思いから、過去問や問題集は発売されていません。

そのため、公式テキストで学習することの重要性が非常に大きいのです。

各級に求められるレベルは、以下のようになっています。

  • 5級:パーソナル・コースで、知識としての掃除、技能としての掃除、作法としての掃除を身につけること
  • 4級:オフィシャルコースで、業務としての掃除、掃除の実務、作法としての掃除を身につけること
  • 3級:メジャーコースで、用具・機械の構造と使い方、基本施工業務、作法としての掃除を身につけること
  • 2級:ビジネスコースで、掃除テクノロジー関連事業で独立・開業される経営者に必要な知識を身につけること
  • 1級:アカデミーコースで、掃除テクノロジー全般について特殊な掃除の知識と技術を身につけること

活躍の場所は?

飲食・ホテル業界

飲食・ホテル業界では、掃除の出来不出来は企業の評価に直結します。

掃除のマニュアルが用意されていたとしても、掃除能力検定を勉強することによって清掃に慣れておけば、さらに効果的に掃除をすることができるでしょう。

観光業の発展に伴い、飲食業界やホテル業界の職業に就きたいと思う人は増加してきています。

そのような中で、際立って活躍するためには掃除の力を持っていることは欠かせません。

医療・介護業界

医療・介護業界においても、掃除能力検定は役立ちます。

入院患者や介護を受けている人の周囲では、汚れが出てしまうことが少なくありません。

その上、医療や介護での特殊な汚れは、方法を知らなければ取ることが難しくなってしまいます。

このような現場で掃除の知識があれば、日常の業務を効率的にこなすことができるようになるため有益です。

少子高齢化社会において、ますます医療や介護の必要性は叫ばれてきています。

それに伴って、掃除の技能を持った人の需要も拡大していくでしょう。

掃除能力検定によって掃除の技能を持っていれば、この業界で活躍することができます。

掃除能力検定でより良い生活を目指そう

たくさんの業種で掃除の技能は要求されてきます。

掃除能力検定を取得すれば、さらなるキャリアアップに繋がり、仕事をしていく上でのやりがいも生まれることでしょう。

それだけではなく、掃除は住処をより良い快適なものにすることにもなります。

掃除能力検定は、日常から業務まで様々なシーンに対応しているため、ぜひ受験を検討してみてください。