キャリカレの歯科助手講座とは?資格の取得方法・特徴・料金など

歯科

歯科医院の受付・診療介助・会計など、歯科を受診する際の一連の流れの中で活躍しているスタッフが歯科助手です。

歯科医院はもちろん、大きな病院の歯科・口腔外科も含めて求人が多数あり、短期間で学習できるので社会人や主婦も取得しやすくなっています。

ここでは、一緒に働く歯科衛生士との違いや歯科助手のお仕事や資格の取得方法について見ていきましょう。

歯科助手とは?

歯科助手は予約・受付・会計等の事務業務を担当したり、診療介助、診療に使う器具の準備・滅菌作業・片付けが主な業務となります。

歯科衛生士とは違い、患者さんの口腔内に直接触れる行為はできません。

一緒に働く歯科衛生士は国家資格であり、虫歯予防のために患者さんの歯にフッ素を塗ったり、歯石を取り除くなど健康な口腔環境づくりの支援を行います。

一方で歯科助手は、歯科医師や歯科衛生士がスムーズに診療を行えるよう口腔内にライトを当てたり、唾液を器具で吸引する等が主な診療介助の内容です。

また、最近は虫歯の予防や治療にとどまらず、歯列矯正やホワイトニングを行っている歯科医院も増えています。

そういった審美歯科への興味関心が高まる環境の中で、歯科助手のニーズも高まっているのです。

歯科医院にもよりますが、清掃を行ったり、待合室内のレイアウトを行うこともあります。

患者さんと接することも多く、患者さんが気持ちよく通院できる対応や環境づくりも大切な仕事です。

学習するメリットは?

未経験でも働ける

実際の業務では多くの専門用語、専門の道具を取り扱います。

未経験でも学習して資格があれば、就職活動や転職活動の際に専門知識があることが大きなアピールとなるでしょう。

歯科助手業務は無資格でも行えますが、実際は未経験でも資格を持っている方を募集している求人が多いです。

働き方が柔軟

歯科助手の雇用形態は正社員、パート、派遣と様々です。

年齢制限もありませんので、何歳でも資格取得にチャレンジできます。

子育てや介護で時間が限られている方は時短勤務を選択するなど、自分に合った働き方が選択できるところも魅力です。

再就職もしやすい

資格があれば結婚や出産後の再就職もしやすく、また夫の転勤に伴って自分も再就職という時も困りません。

歯科医院は日本全国に多く開設されていますので、求人も安定しています。

都市部や地方、住宅地など様々な場所にありますので、通いやすい職場がきっと見つかるでしょう。

また、歯科医院だけでなく、受付会計業務や診療介助の知識を活かして医療機関へ就職することも可能です。

講座の特徴は?

資格・講座名金額(税込)学習期間
歯科助手講座39,600円3ヶ月

3ヶ月で身につく

標準的な学習期間は3ヵ月間です。

自宅で学習できますので、子育てや家事の合間、仕事をしながら学べる内容となっています。

もちろん3ヵ月間で修了できなくても、受講開始から12ヶ月間の無料サポートがありますので、自分のペースで学習することができて安心です。

初心者でもわかりやすい教材

歯科助手の講座では、専門用語や専門の道具などを多く学習しますが、この分野を初めて学ぶ方の目線でテキストや講義映像ともにわかりやすい教材となっています。

カラーページや図解も多く登場するため、実際の業務をイメージしながら学習することができるでしょう。

また、学習自体が苦手、久しぶりという方にもおすすめです。

女性に嬉しい可愛らしいデザインの文房具や集中できるアロマ、ヨガDVDもセットになってついてきます。

学習に取り組む姿勢までサポートしてもらえれば、より楽しく学べるでしょう。

マンツーマンのサポート

スマホで質問が可能ですから、気になる点があればその場で気軽に質問することができ、学習期間内は専任講師が無料で丁寧に回答してくれます。

添削指導も充実しており、一つひとつ手書きで採点してくれます。

そして、学習状況に合わせて応援メールが届くようになっていますので、学習の励みになるでしょう。

就職活動も安心

資格取得後のアフターフォローも充実しており、履歴書作成サービスと面接合格ガイドブックがあります。

歯科助手として採用されるためのポイントを知ることができ、安心して就職活動に望めるでしょう。

資格取得して終わりではなく、就職活動もサポートしてもらえるのは心強いですね。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「歯科助手講座」を資料請求する(無料)

 

学習のカリキュラムは?

保険制度を学ぶ

まず、普段利用している保険制度を学ぶ必要があります。

保険の種類によって診療費を支払う割合も違い、軽減制度等もありますので、実際に請求業務を行う際にも大切な知識です。

普段何気なく利用している保険証の見方から、いざというときの労災保険制度まで日本の保険制度について学習できますので、資格取得だけでなく自分自身の生活にも役立ちます。

診療介助を身につける

診療介助を身につけるため、基本的な歯科診療の流れ、歯の構造や名称、診療における専門用語も学びます。

歯科助手が行う診療介助として、

  • 口腔内が見えやすいようライトを当てる
  • 唾液を器具で吸い取る

などがありますが、これらを映像講義で丁寧に指導してくれる内容となっています。

自宅にいながら映像が見られるのは便利で、実際の業務のイメージがしやすいでしょう。

レセプト作成を習得する

医療費の自己負担分は1~3割ですので、レセプトを作成して残りの7~9割を組合健保や市区町村に請求する必要があります。

そのためのレセプト作成は歯科助手の大切な業務の一つです。

初診・再診といった基礎点数から、処置ごとの意味や点数の取り方を学び、レセプト作成を習得します。

レセプトと聞くと難しいように感じるかもしれませんが、基礎から丁寧に解説されたサポートガイドブックや例題集で、初めての方でもレセプト作成力が身につくでしょう。

こんな人におすすめ!

歯科助手は名前の通り、歯科医院でのサポートが主なお仕事となります。

自分自身が主体となって仕事を進めていくというより、サポートすることが好きな方におすすめのお仕事です。

患者さんの口腔内の健康のため、歯科医師や歯科衛生士とチームとなって仕事をしていくことになります。

自分のサポートによって診療がスムーズに進めば、大きなやりがいや達成感に繋がるのではないでしょうか。

また、歯科医院は子供からお年寄りまで幅広い年齢層が受診します。

歯医者さんが苦手だと思っている方にも、スタッフの対応一つで「通いたいな」と思ってもらえればやりがいに繋がるでしょう。

人と接することが好きな方にもおすすめです。

他にも、歯科医院での診療介助は、重い器具を持つことは少ないため、年齢等が理由で体力にちょっと自信がないという方も働きやすいと言えます。

まとめ

キャリカレの歯科助手講座は自宅で学習と受験ができ、3ヵ月で取得を目指せます。

家事や育児、仕事で忙しい方、手に職をつけたいけれど忙しい方も挑戦しやすいでしょう。

テキストのみの学習ではなく、映像で実際の業務を学べたり、専任講師のサポートが受けられるという手厚い学習体制も魅力です。

無料で資料請求できますので、是非チェックしてみてください。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「歯科助手講座」を資料請求する(無料)