銀座のNIPT検査(新型出生前診断)おすすめクリニック10選を比較!

妊娠

こんにちは。Manapのこまです。

新型出生前診断(NIPT)をしたいけど、認可施設は条件が厳しく、予約も埋まりやすいため、断られた経験がある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

妊娠中のお母さんは、常にお腹の子が心配で毎日不安で過ごしてる方もいると思います。

NIPTは、妊婦さんから採血するだけで染色体異常を調べることのできる新しい検査です。

そこで今回は、東京の銀座周辺でNIPTができるおすすめのクリニック8選を紹介します。

こま
こま

この記事を最後まで読めば、自分にあったクリニックはどこなのか判断できるようになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。
・NIPTとは、妊娠9~10週頃以降の妊婦から血液を採取して、母体由来のDNA断片とともに胎児由来のDNAを分析することで、各染色体に由来するDNA断片の量の差異を算出し、胎児の染色体数的異常の検出を行う遺伝学的検査です。(参照:厚生労働省)また、NIPTは、胎児のトリソミーとしての染色体数的異常を把握するもので、胎児の形態的異常・合併症の有無や症状の程度、予後や治療方針等の判断を導くものではありません。すなわち、NIPTから得られる情報は、児の発育過程、臨床症状に関しては限定的なものです。(参照:厚生労働省
・掲載サービスは選び方で記載した評判やサポート体制を保証したものではありません。ご不明点がありましたら、各クリニックの公式HPよりお問い合わせください。
・NIPTの医療サービスは公的医療保険が適用されない自由診療です。

銀座のNIPT検査(新型出生前診断)クリニック選びのポイントは?

NIPT(新型出生前診断)を受検する場合のクリニック選びのポイントを紹介していきましょう。

  1. 遺伝カウンセリングの有無を確認
  2. 陽性時のサポートを確認

遺伝カウンセリングの有無を確認

NIPTを受ける際は、臨床遺伝専門医または認定遺伝カウンセラーが「遺伝カウンセリング」を実施しているクリニックを選ぶようにしましょう。

こま
こま

遺伝カウンセリングは家族で一緒に受けることができ、子供を持つということについて考える機会になります。

遺伝カウンセリングでは主に以下の内容について話します。

  • NIPTの検査についての説明
  • 陽性時の社会的な支援体制について
  • 陽性の場合、どのような選択肢があるか

上記のような遺伝に関わる悩みを遺伝医学の専門知識をもつ専門医に相談をすることができ、納得いく決断ができるようサポートしてくれるのが遺伝カウンセリングの役目になります。

>>一般社団法人 日本遺伝カウンセリング学会より参照

認可外施設の場合は、遺伝カウンセリングが不十分であったり、全ての施設で遺伝カウンセリングを実施しているわけではありません。

こま
こま

認可外施設でNIPTを受ける場合は、必ず遺伝カウンセリングを行っているか確認するようにしましょう。

陽性時のサポートを確認

検査結果が陰性の場合はどこのクリニックでも対応にあまり差はありませんが、陽性時のサポートはクリニックによってばらつきがあるので注意しましょう。

NIPTで陽性だった場合は、確定的検査(絨毛・羊水)を受ける必要があり、相場は約20万円前後かかります。

こま
こま

NIPTの費用に加えて、確定的検査(絨毛・羊水)の費用が追加でかかると金銭的負担は大きいですよね。

認可施設の場合は、NIPT〜羊水検査まで一貫してサポートしてもらえるのが強みですが、陽性時には追加で費用がかかることがほとんどです。

一方で認可外施設の場合は、羊水検査費用を全額保証・一部保証などサポートしてくれる施設もあり、金銭的負担を抑えることができるでしょう。

こま
こま

認可外施設でNIPTを受ける場合は、「確定的検査(羊水・絨毛)費用をサポート」してくれるかどうかも判断基準にしてみると良いでしょう。

銀座でNIPT検査(新型出生前診断)おすすめクリニック10選を比較!

銀座周辺でNIPT検査ができるクリニックを10選紹介します。

1.LETICIAクリニック

こま
こま

LETICIAクリニックは、平石クリニックと提携しています。

基本情報
料金198,000円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短3日
羊水検査費用全額負担
こま
こま

今回紹介する銀座の認可外施設で1番サポートが手厚いクリニックです!

おすすめポイント!

遺伝カウンセラーが在籍

・検査前後で無料相談OK

羊水検査費用全額保証

・妊婦さんからの顧客満足度97%

・24時間Web予約可能

・採血前キャンセル料無料

平石クリニックの提携院になるため、LETICIAクリニックでは当日は採血のみ行います。

日本マーケティングリサーチ機構による「新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査」では97%以上と高い評価を得ています。

NIPT検査で必要な遺伝カウンセリングもしっかりと受けることができ、万が一陽性の場合は、羊水検査全額保証など手厚いサポートが整っています。

認可外施設では、カウンセリングがそもそもなかったり、有料だったり、羊水検査は一部補助などといった施設もあります。

プラン料金だけでこのサポートが受けれるLETICIAクリニックは、不安を払拭して安心して検査に臨むことができるでしょう。

検査費用以外にかかるお金がない上に、採血前ならキャンセル料無料など、体調が変わりやすい妊婦さんにとって安心できる環境が整っています。

こま
こま

土日に検査対応しているため、働いている人や旦那さんと一緒に行きたい方などでも検査しやすいと思います!

名称:LETICIAクリニック
住所:東京都中央区銀座2-6-9 銀座111レジャービル12階
最寄駅:地下鉄 銀座一丁目駅より徒歩1分

 

2.ミネルバクリニック

おすすめポイント

・スーパーNIPTを提供

・妊娠9週0日から可能

・陽性的中率100%

・偽陽性0

ミネルバクリニックは、遺伝専門のクリニックでスーパーNIPTを導入し、業界オンリーワンの検査体制を取り入れています。

こま
こま

日本で第3世代のNIPT検査は独占契約を結んでおり、ここでしか検査することができません。

自閉症をはじめとした112疾患、100種の遺伝子、2000の病的変異を検査できるのが特徴です。

さらに遺伝専門医と一対一で遺伝カウンセリングを行い、オンラインでも対応可能など、サポート面がかなり充実していて満足度の高い検査ができるでしょう。

ミネルバクリニックのスーパーNIPTは、3つのプランが用意されています。

プラン料金(税込)
ベーシック
・13トリソミー(パトー症候群)
・18トリソミー(エドワーズ症候群)
・21トリソミー(ダウン症候群)
・性染色体異常
・性別判定
176,000円
スーパーNIPTプラス
・13トリソミー(パトー症候群)
・18トリソミー(エドワーズ症候群)
・21トリソミー(ダウン症候群)
・性染色体異常
・微小欠失検査
・性別 ※希望者のみ
198,000円
スーパーNIPTgeneプラス
・13トリソミー(パトー症候群)
・18トリソミー(エドワーズ症候群)
・21トリソミー(ダウン症候群)
・性染色体異常
・微小欠失検査
・スーパーNIPT
・性別 ※希望者のみ
236,500円
こま
こま

基本的に妊婦さんのみで検査可能ですが、一部の遺伝子検査プランでは、旦那さんの検体も必要な為、夫婦で来院が必要なプランもあります。

パートナーの方がいけない場合は、事前に口腔粘膜をお取りいただくためのキットを送ってもらうことも可能ですので相談してみてくださいね。

 

3.銀座Mitaクリニック

基本情報
料金138,000円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短10〜14日
羊水検査費用検査費用を上限に保証
こま
こま

銀座Mitaクリニックは、毎月100名以上の方が検査している人気の検査施設です。

おすすめポイント!

・完全予約制、完全個室

・羊水検査費用補助(検査代上限)

・子連れ受診OK

・当日予約可能

銀座Mitaクリニックは、検査費用がかなり低価格でお財布に優しいクリニックです。

また完全個室の為、来院〜お支払いまで、他の妊婦さんと顔を合わせることなくプライバシーが確保されています。

しかし、検査費用が安い分、注意して欲しいことが何点かあります。

ここが惜しい!

・検査日を含む4日前から検査当日のキャンセル料は11,000円がかかる。

・羊水検査費用の保証には上限がある

基本検査なら他クリニックと比較してもかなり低価格ですが、その他の検査はあまり変わらないため、基本検査を希望する人におすすめのクリニックです。

名称:銀座Mitaクリニック
住所: 東京都中央区銀座5-5-18 藤小西ビル7F
最寄駅:地下鉄 銀座駅より徒歩1分

 

4.Aクリニック銀座

基本情報
料金96,800円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短10日〜15日
羊水検査費用上限有り(15万円まで)
こま
こま

Aクリニック銀座は、再生医療を手がけるクリニックで、2018年からNIPT検査を導入しています。

おすすめポイント!

・女性医師が在籍

・完全個室

・土日祝検査可能

・当日検査OK

・LINEで予約できる

Aクリニック銀座では、毎月200件以上の予約件数を誇る人気クリニックです。

ここのクリニックでは、完全個室なため、個室に案内されてから部屋を移動することが一切ありません。

医者や看護師が部屋に来てくれるシステムですので、 他の患者と顔を合わせることなく落ち着いて検査することができます。

お子さんがいる方や家族で検査を希望する人におすすめのクリニックです。

また検査は当日予約、当日検査が可能で、10時〜17時の間であれば毎日検査を実施しています。

働いてる途中や買い物の合間でも検査することができるので、検査しやすい環境が整っています。

ここは注意!

・羊水検査費用は15万円までと上限があります。

・遺伝カウンセリングではなく、医師によるカウンセリング

・検査結果はメールなので対面がいい人には不向き。

Aクリニックでは認可施設で実施する検査項目と同じ内容を検査することができます。

名称:ACLINIC
住所:東京都中央区銀座4-10-10銀座山王ビル9階
最寄駅:丸の内線 銀座駅A7 出口から徒歩1分

 

5.グランプロクリニック銀座

こま
こま

グランプロクリニック銀座は、NIPT japanと提携しています。

基本情報
料金165,000円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短10日
羊水検査費用検査費用を上限に補助
おすすめポイント!

・全国に85以上の提携クリニックあり

・微小欠失検査がリーズナブル

・最短当日検査可能

・採血前のキャンセル無料

・ベリナタヘルス社で検査

グランプロクリニックは普段は内科・美容皮膚科などを専門とするクリニックです。

クリニックは白い印象でとてもおしゃれな内装でまとまっていてとても綺麗です。

グランプロクリニックでは、微小欠失検査を希望する人にはすごく低価格で検査ができるのでメリットになるでしょう。

こま
こま

NIPT検査を安く提供できるのは、検査のみを提供しているからなんです!

本来NIPT検査に必要な「遺伝カウンセリング」は有料で10,000円別途必要になります。

さらには、「羊水検査費用」も検査費用が上限となって保証する仕組みになっています。

こま
こま

確かに安いですがサポートが少しだけ手薄な印象を受けました。

こちらのクリニックでは10:30〜19:30の間で検査を受けることができます。

火曜日と祝日は定休日になるので注意してくださいね。

名称:グランプロクリニック
住所:東京都中央区銀座2-8-18グランベル銀座5F
最寄駅:銀座一丁目駅より徒歩2分

 

6.銀座TAクリニック

こま
こま

銀座TAクリニックは、NIPT japanと提携しています。

基本情報
料金165,000円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短10日
羊水検査費用検査費用を上限に補助
おすすめポイント

・全国に85以上の提携クリニックあり

・微小欠失検査がリーズナブル

・最短当日検査可能

・採血前のキャンセル無料

・ベリナタヘルス社で検査

銀座TAクリニックは、普段は美容整形外科を専門としています。

クリニックは、とてもラグジュアリーな雰囲気なので、気分が癒されるでしょう。

このクリニックはNIPT japanの提携クリニックです。

NIPT JapanのNIPT検査を受ける場合は、「遺伝カウンセリングが有料」「羊水検査費用の補償に上限がある」ことを認識しておきましょう。

こま
こま

検査費用は安いですが、サポートが手薄に感じる人もいるでしょう。

検査機関はNIPT検査で有名な「ベリナタ・ヘルス社」で検査しているので高い制度の検査を受けることができます。

休診日はなく、10時から19時の間なら検査可能なので、働いている人でも行きやすいでしょう。

名称:銀座TAクリニック
住所:東京都中央区銀座2-3-1Ray Ginza5F
最寄駅:銀座一丁目駅徒歩1分

 

7.Gクリニック

こま
こま

Gクリニックは、NIPT japanと提携しています。

基本情報
料金165,000円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短10日
羊水検査費用検査費用を上限に補助
おすすめポイント

・全国に85以上の提携クリニックあり

・微小欠失検査がリーズナブル

・最短当日検査可能

・採血前のキャンセル無料

・ベリナタヘルス社で検査

Gクリニックは、普段は内科、皮膚科、美容皮膚科など、再生医療やエイジングケアを専門とするクリニックです。

このクリニックはNIPT japanの提携クリニックです。

NIPT JapanのNIPT検査を受ける場合は、「遺伝カウンセリングが有料」「羊水検査費用の補償に上限がある」ことを認識しておきましょう。

こま
こま

検査費用は安いですが、サポートが手薄に感じる人もいるでしょう。

検査機関はNIPT検査で有名な「ベリナタ・ヘルス社」で検査しているので高い制度の検査を受けることができます。

休診日が木、日、祝日、水曜午前と結構多いのでこちらで検査を希望する場合は注意してくださいね。

名称:Gクリニック
住所: 東京都中央区銀座5-3-13GINZA SS85ビル 12F
最寄駅:銀座駅徒歩2分

 

8.ジョウクリニック

こま
こま

ジョウクリニック銀座は、NIPT japanと提携しています。

基本情報
料金165,000円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短10日
羊水検査費用検査費用を上限に補助
おすすめポイント

・全国に85以上の提携クリニックあり

・微小欠失検査がリーズナブル

・最短当日検査可能

・採血前のキャンセル無料

・ベリナタヘルス社で検査

ジョウクリニックは、普段は美容外科を専門としています。

このクリニックはNIPT japanの提携クリニックです。

検査機関はNIPT検査で有名な「ベリナタ・ヘルス社」で検査しているので高い制度の検査を受けることができます。

NIPT JapanのNIPT検査を受ける場合は、「遺伝カウンセリングが有料」「羊水検査費用の補償に上限がある」ことを認識しておきましょう。

こま
こま

検査費用は安いですが、サポートが手薄に感じる人もいるでしょう。

定休日はなく、10時〜19時の間で検査可能なので都合がつきやすいのが特徴。

名称:ジョウクリニック
住所: 東京都中央区銀座8-11-3銀座露木ビル7・8F
最寄駅:銀座駅徒歩5分

 

9.ホリスティッククリニック銀座

こま
こま

ホリスティッククリニック銀座は、NIPT japanと提携しています。

基本情報
料金165,000円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短10日
羊水検査費用検査費用を上限に補助
おすすめポイント

・全国に85以上の提携クリニックあり

・微小欠失検査がリーズナブル

・最短当日検査可能

・採血前のキャンセル無料

・ベリナタヘルス社で検査

ホリスティッククリニック銀座では生活習慣病などを脳疲労解消法に基づき治療を行う専門クリニックです。

NIPT Japanと提携しているため、NIPT検査を受ける場合は、「遺伝カウンセリングが有料」「羊水検査費用の補償に上限がある」ことを認識しておきましょう。

検査機関はNIPT検査で有名な「ベリナタ・ヘルス社」で検査しているので高い制度の検査を受けることができます。

こま
こま

検査費用は安いですが、サポートが手薄に感じる人もいるでしょう。

定休日が月曜日・日祝で、状況によってNIPT検査ができない時間帯があるため、確認することがおすすめです。

名称:ホリスティッククリニック銀座
住所:東京都中央区銀座3-4-1大倉別館4F
最寄駅:銀座駅徒歩2分

 

10.にしやま由美東京銀座クリニック

こま
こま

にしやま由美東京銀座クリニックは、NIPT japanと提携しています。

基本情報
料金165,000円〜
妊娠週数妊娠10週0日からOK
検査項目13トリソミー
18トリソミー
21トリソミー
性染色体異常
全染色体異常
微小欠失の検査
検査結果最短10日
羊水検査費用検査費用を上限に補助
おすすめポイント

・全国に85以上の提携クリニックあり

・微小欠失検査がリーズナブル

・最短当日検査可能

・採血前のキャンセル無料

・ベリナタヘルス社で検査

にしやま由美東京銀座クリニックはNIPT japanの提携クリニックで、普段は美容皮膚科を専門としています。

NIPT JapanのNIPT検査を受ける場合は、「遺伝カウンセリングが有料」「羊水検査費用の補償に上限がある」ことを認識しておきましょう。

検査機関はNIPT検査で有名な「ベリナタ・ヘルス社」で検査しているので高い制度の検査を受けることができます。

こま
こま

検査費用は安いですが、サポートが手薄に感じる人もいるでしょう。

名称:にしやま由美東京銀座クリニック
住所: 東京都中央区銀座2-8-17ハビウル銀座Ⅱ9F
最寄駅:銀座駅徒歩3分

NIPT(新型出生前診断)を分かりやすく解説

こま
こま

NIPTとは「新型出生前診断」とも呼ばれ、2013年から国内で導入された新しい出生前診断です。

NIPTの特徴

・採血のみで検査可能

・約99%の高い検査精度

・流産や死産のリスクがない

採血のみで調べることができる

こま
こま

NIPTでは、主に染色体異常の7割を占めるいわれている3つのトリソミーを採血のみで調べることができます。

トリソミー発症率
21トリソミー
(ダウン症)
600〜800人に1人
18トリソミー
(エドワード症候群)
3,500〜8,500人に1人
13トリソミー
(パトー症候群)
5,000〜12,000人に1人

>>厚生労働省 大阪医科大学より参照

こま
こま

認可外の場合は、3つのトリソミーに加えて「性染色体検査」「1〜22番の全染色体検査」「微小欠失検査」「性別判定」など細かい項目も検査可能です。

NIPTは、妊娠9〜10週0日から検査可能で、早くからお腹の中の赤ちゃんの健康状態を知ることができる為、妊婦さんも安心して妊娠生活が送ることができるでしょう。

約99%と検査精度が高くリスクが低い

こま
こま

NIPT(新型出生前診断)は、他の出生前診断と比較して検査精度が99%と高いのが特徴!

非確定的検査検査精度
NIPT99%
コンバインドマーカー80%
母体血清マーカー83%

それでも100%ではない為、陽性の場合には羊水検査や絨毛検査等の確定的検査を受けることになります。

こま
こま

確定的検査(羊水検査や絨毛検査)はお腹に直接針を刺すのでリスクがあり、いきなり確定的検査をすることは進めません。

確定的検査検査精度・リスク
羊水検査・検査精度100%
・200〜300人に1人
死産や流産のリスクあり
絨毛検査・検査精度100%
・100人に1人
死産や流産のリスクあり

>>新宿南口レディースクリニックより参照

こま
こま

その為、NITPのような流産や死産のリスクがなく安全性が高い出生前診断が注目されているのです。

NIPT検査を受診するメリットは?

NIPT(新型出生前診断)のメリットは以下の通りです。

  1. 赤ちゃんの健康状態を早く知ることができる
  2. 流産や死産のリスクがなく、母体への負担が少ない
  3. 検査精度が高い

1. 赤ちゃんの健康状態を早く知ることができる

こま
こま

NIPT(新型出生前診断)は、妊娠9〜10週から検査可能です。

これは、他の非確定的検査「コンバインド検査」や「母体血清マーカー検査」と比較しても早い週数で検査可能なことがわかります。

赤ちゃんの健康状態を早く知ることで、赤ちゃんを迎え入れる準備を早いうちから始めることができます。

こま
こま

NIPTで万が一陽性の場合は、次の羊水検査に進むのかを含め、夫婦で考え検討する必要があります。

羊水検査ができる妊娠週数は一般的に15週〜18週に行う為、限られた時間で難しい判断をしなければなりません。

早く検査を実施することで、検査結果を受け止め、向き合う時間を確保できる為、赤ちゃんだけでなくご夫婦にとっても早い週数で検査を実施できるのは大きなメリットになるでしょう。

2. 流産や死産のリスクがなく、母体への負担が少ない

こま
こま

NIPT(新型出生前診断)は、妊婦さんから10ミリ程度採血するだけで検査可能なため、赤ちゃんを直接刺激したりすることがありません。

その為、流産や破水、死産といったリスクがなく、安心安全の検査という点もメリットになるでしょう。

羊水検査や絨毛検査は、お腹に直接針をさす為、一定のリスクがあり、母体へも負担がかかります。

お腹の中の赤ちゃんのリスクや母体への負担を減らしたい方は、NIPTは1つの選択肢となるでしょう。

さらに妊娠初期はつわりや体調不良を訴える妊婦さんが多くいいます。

NIPT(新型出生前診断)は、採血だけなので短時間で終わることができる点も魅力です。

3. 検査精度が高い

NIPT(新型出生前診断)は、21トリソミー症候群(ダウン症候群)、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群の3つのトリソミーを調べることができる検査です。

NIPTの検査精度は99%程度で、陰性的中率は99.9%と非常に検査精度が高く、信頼度が高い検査であることがわかります。

>>大阪市立総合医療センターより参照

>>おすすめのNIPTクリニック一覧に戻る

NIPT検査を受診するデメリットは?

NIPT(新型出生前診断)のデメリットは以下の通りです。

  1. 他の出生前診断と比べて費用が高い
  2. 一部の限定的な疾患しか分からない
  3. 認可施設は条件が厳しい

1. 他の出生前診断と比べて費用が高い

こま
こま

NIPTは、保険適用外のため、すべて自己負担での検査になります。

NIPTの費用相場は、約20万円前後で高額な費用がかかる為、慎重に検討しましょう。

認可外施設の場合は、検査項目を自由に選ぶことができる為、費用を抑えることができます。

なるべく費用を抑えたい方は認可外施設を選択するのがおすすめでしょう。

こま
こま

認可外施設の中には10万円代からNIPTを提供しているクリニックもありますよ。

2. 一部の限定的な疾患しか分からない

こま
こま

NIPTを受けたからといって、全ての病気や異常がみつかるわけではありません。

主に「21・18・13トリソミー」の3つの染色体異常を調べることができますが、先天性疾患や神経疾患など、NIPTでは分からない病気も沢山あります。

NIPTは、一部の限定的な疾患しか調べることができないことを改めて覚えておきましょう。

3. 認可施設は条件が厳しい

こま
こま

認可施設のNIPTは、希望すれば誰もが受けれるわけではないので注意しましょう。

異常が見られた場合、以前の妊娠・分娩で子供が21・18・13トリソミーのいずれかだったなど、条件や制限が設けられている施設がほとんどです。

その為、認可施設での予約が難しい場合は、認可外施設も視野に入れてみると良いでしょう。

認可外施設は、NIPTを受けたくても受けられない妊婦さんの受け皿となってますので、比較的条件のないクリニックが多く、誰もが受けやすい環境が整っています。

こま
こま

しっかりリサーチすれば、認可・認可外関係なく、納得のいく医療機関が見つかりますので、安心してくださいね。

>>おすすめのNIPTクリニック一覧に戻る

NIPT検査を受診すると決めた理由は?

NIPTを受けようと思った理由は?

NIPTを受けると決めた人たちの理由がこちら。

NIPTを受ける理由

・高齢出産で心配だから

・お腹のこの健康が気になって仕方ないから

・近しい人に染色体疾患の子がいるから

・妊娠生活が毎日不安で楽しくない

・周りに受けている人がいたから

・シングルマザーで育てる予定だから

・前もって環境を整えてあげたいから

こま
こま

やはり、1番大きなきっかけとしては、漠然とした「不安」から来るものが多いです。

妊娠中って常にお腹の子が心配で、不安になってしまいますよね。

次の妊婦検診まで期間が開くと、子供が生きているのか不安になってしょうがないと思います。

そこで検査を受けることで以下のようなメリットがあります。

NIPTのメリット

・早いうちに赤ちゃんの健康状態を知れる

・安心につながる可能性がある

・赤ちゃんが産まれてくる環境を早い段階から整えられる

早いうちに障害がわかれば、その子が生まれたあとスムーズに対応できるようになるし、その病気について調べることもできると前向きに捉える方もいます。

ご夫婦でお腹の子について話し合う時間も今までより長い時間確保することができます。

こま
こま

検査は採血のみで、妊娠10週〜と早いうちから検査することができる点も受検者が増加している理由の1つです。

もちろん、安易に受けていい検査ではありませんが、NIPTは従来の非確定的検査と比較しても検査精度が高く、リスクがないため、安心して受けることができる検査です。

検査を受けるにあたってはメリット・デメリットがあるのでしっかり把握した上で、夫婦で話し合って決断するようにしましょう。

NIPT検査を受けなかった理由は?

NIPT検査することをやめた理由がこちら。

NIPTをやめた理由

・どんな子であっても産むって決めていたから

・不妊治療の末に授かった念願の子供だから中絶を考えられなかった

・費用が高いから

・すでにお腹の子が愛おしいから

・全ての病気や疾患がわかるわけではないと知ったから

こま
こま

検査で陽性だった場合、出産か人工妊娠中絶かという苦しい決断を、短時間で迫られることになります。

検査をするということは、陽性だった場合の対応までどうするのか話し合っておく必要があります。

「結果がどうであれ産むことを決めているから検査を受ける必要ない」と決めたから検査をやめたという人が多いようです。

他にも、いくら話し合っても人工中絶や妊娠継続の決断をすることができないからという意見もあります。

また、費用が高いから諦めるという方もいらっしゃいます。

こま
こま

NIPTはあくまで非確定的検査になるので陽性だった場合、陽水検査を受ける必要があります。

羊水検査の相場は20万円前後になるため、そこまで含めて費用として頭に入れておきましょう。

無認可施設の場合、羊水検査が含まれている施設もありますので、そういった施設を選択すると安心でしょう。

これらを踏まえて、検査を受ける必要があるのか、最終的にどのような決断をするつもりなのかを十分に考えて受けてほしいと思います。

>>おすすめのNIPTクリニック一覧に戻る

NIPTで検査できる項目は?

検査名推奨期間
1. 母体血清マーカー(非確定的検査)15週0日〜17週0日
2. コンバインド検査(非確定的検査)11週0日〜13週6日
3. 精密超音波検査(非確定的検査)11週0日〜32週
4. NIPT検査(非確定的検査)10週0日〜16週0日
5. 羊水検査(確定的検査)15週0日〜17週0日
6. 絨毛検査(確定的検査)11週0日〜14週0日

1. 母体血清マーカー

検査可能期間

妊娠15週0日〜17週0日あたりまで(推奨)

母体血清マーカーは、非確定的検査になるので、確定的検査まで頭に入れて検査を受ける必要があります。

妊娠15週0日から妊娠21週6日までは検査が可能ですが、陽性だった場合に羊水検査を実施するため、妊娠16週頃までに検査を受けることが推奨されています。

血清マーカーにはトリプルマーカー検査クワトロ検査と言われているものがあり、トリプルは3つの物質、クワトロは4つの物質を調べます。

調べられる疾患

・21トリソミー(ダウン症候群)
・18トリソミー(エドワード症候群)

・13トリソミー(パトウ症候群)

・開放性神経管奇形(二分脊椎、無脳症)

こま
こま

ただ検査の精度はダウン症の場合で70~80%と少し低めなのが気になります。

この検査は、ママの年齢や体重から確率を算出する非確定的検査のため、陽性・陰性ではなく確率として結果が出ます。

最近の主流はクワトロ検査では、正確さも以前より高くなっています。

2. コンバインド検査

検査可能期間

妊娠11週0日〜13週6日まで

超音波検査と妊婦さんから摂取した血液を用いて行う血清マーカー検査、この2つを組み合わせた検査になります。

超音波のみの検査よりも精度が高い検査になりますが、非確定的検査になるため羊水検査を受ける必要があります。

調べられる疾患

・18トリソミー(エドワード症候群)

・21トリソミー(ダウン症)

基本的に検査してから結果通知まで2週間程度かかるため、陽性だった場合を考えると早いうちに検査することをおすすめします。

妊娠初期超音波の適切なトレーニングを受けた検査技師が行うことで、検査精度が上がると言われているので経験豊富な検査施設を選択すると良いでしょう。

こま
こま

結果は陽性・陰性という言い方ではなく、あくまで確率で出るため、受け止め方が難しい場合もあります。

3. 精密超音波検査

検査可能期間

妊娠初期(11~13週)、中期(18~20週)、 後期(26~32週)

妊婦検診のエコーよりもより詳しく調べることができ、胎児の先天的な形態異常などを確認する超音波検査を精密超音波検査と言います。

全身の形態、内臓の形態の状態を確認して、必要であればNIPT検査や羊水検査をする検査になります。

検査費用は1〜2万円が相場で安いですが、精度が高いとは言えず、胎児の向きや超音波を当てる角度で再検査が必要になることがあります。

こま
こま

また医師の方も高い技術力が求められる検査になるため、赤ちゃんの異常が分かる確率は約50%程度です。

4. NIPT検査

検査可能期間

妊娠10週0日〜16週まで推奨

こま
こま

正確にはNIPT検査はいつまでに受けないといけないという決まりは定められていません。

それなのに、妊娠16週あたりまでを推奨している理由は、NIPT後の確定的検査である羊水検査が妊娠15週あたりから検査可能となるためです。

こま
こま

19週目以降にNIPT検査を受けた場合、羊水検査などの期間に間に合わずに受けることができません。

NIPT検査は流産のリスクがない上に、検査精度は99%とかなり高く、無駄な羊水検査を回避することができます。

最短3日ほどで検査結果が出るクリニックもあるため、逆算して余裕を持って検査に臨むと良いでしょう。

NIPT検査施設では、羊水検査や遺伝カウンセリングなど含まれている施設が多く、検査も1回の来院ですむなど他の検査より受けやすいでしょう。

5. 羊水検査

検査可能期間

15週0日〜17週0日推奨

羊水検査は、一定の羊水の量が必要なため、いつでもできるわけではありません。

お腹に直接針を刺して羊水を採取するため、精度はほぼ100%と言われていますが、流産・死産のリスクがあることは頭に入れておきましょう。

こま
こま

陽性だった場合の選択肢を考えると結果通知まで含めて早めに検査することに越したことはないです。

22週1日目からは、いかなる理由でも中絶を選択することができないため、最低でも17週までに検査を受ければ安心でしょう。

6. 絨毛検査

検査可能期間

妊娠11週0日〜14週0日推奨

絨毛検査は確定的検査ですが、羊水検査よりも早いうちから検査できるのが特徴です。

ただし、クリニックによっては14週目以降も可能としているところがあったり17週あたりまでできるところもあります。

羊水検査よりも早いうちに検査できるメリットはありますが、羊水検査よりも提供している施設が少なく、限られています。

また、流産・死産のリスクが1%、つまり100人に1人の確率で起こるため、羊水検査よりもリスクが高いと言われています。

検査結果は2週間程度で出るのが一般的です。

>>おすすめのNIPTクリニック一覧に戻る

NIPT検査の費用相場は?

NIPT検査費用の相場は?

認可施設
約20万円前後
認可外施設

約8万円〜20万円前後

認可施設と認可外施設で相場が違う理由は?

こま
こま

認可施設と認可外施設では、検査のプラン内容に違いがあるため、価格設定に違いが出ているのです。

認可施設の検査プラン

認可施設は、どの施設でも検査内容は同じになっています。

認可施設の検査項目

・13トリソミー

・18トリソミー

・21トリソミー

こま
こま

認可施設では、性別判定は検査項目に含まれていないためわかりません。

認可施設ではどのクリニックで受けても、3つのトリソミーだけしか調べることができません。

その為、検査費用はどの認可施設でも同じくらいの金額で設定されています。

また、認可施設の医療機関には産婦人科医と小児科医が常勤しており、遺伝の専門家で十分なカウンセリングができる人が必ず在籍しています。

カウンセリングは、2〜3回しないとNIPT検査を受けれないようになっていますが、1回あたり5,000円〜10,000円ほど別途かかるところが多いようです。

認可外施設の検査項目

認可外施設では認可施設と違って、単体検査〜セットプランまで用意されています。

認可外施設の検査項目

・13トリソミー

・18トリソミー

・21トリソミー

・全染色体検査

・微小欠失検査

・性別判定

こま
こま

認可外施設は、認可施設より多くの項目を調べることができ、性別判定も可能です。

認可外施設の場合は、検査プランが複数あるところが多く、プランを自由に選べることから費用の負担を減らしたり、節約することができます。

認可外施設によっては、「ダウン症のみ」といった検査プランも用意されているため、単体検査が可能です。

単体検査になると約5万円程度から調べることができ、費用を抑えることが可能です。

こま
こま

つまり、検査項目が1つでいいなら安く済みますし、細かいところまで調べたい場合は高くなります。

しかしクリニックによっては、遺伝カウンセラーが在籍していないクリニックがあったり、カウンセリングが有料だったりするので注意が必要です。

安さだけで選ぶのではなく、しっかりとアフターフォローの手厚さなど、確認しておく必要があるでしょう。

NIPT検査はなぜ高いの?

日本ではまだ臨床実験的な部分があるから

こま
こま

NIPT検査は、2013年に導入されたばかりの検査で日本でもまだ検査施設は限られています。

海外では当たり前のように浸透している検査ですが日本ではまだまだ認知度が高いとは言えません。

実際に、都道府県によっては検査施設すら1つもない場所もあります。

また日本では、命の選別と言われることもあり、検査に対して賛否両論あることから検査を悩む人もいます。

これからどんどん検査成果が増えていけば、NIPTを行う体制が整うため、将来的にはもっと今より安く提供されるでしょう。

今までは認可施設のみでしかできない検査でしたが、最近は認可外施設も増えて、少しずつ安く検査できるように変わりつつあります。

こま
こま

最近では、認可外施設ができたことで、受検者は右肩上がりになっています。

NIPT検査費用は実は高くない?

こま
こま

認可外施設の場合、NIPT検査費用に含まれるのは検査費用だけじゃないって知ってました?

認可施設

検査費用以外に、遺伝カウンセリング料や羊水検査費用が別途発生する可能性あり。

認可外施設

検査費用に遺伝カウンセリングや羊水検査費用が含まれている施設が多い。

遺伝カウンセリングの相場は1回あたり5,000円〜10,000円程度、羊水検査費用の相場は14万円〜20万円程度と高額。

認可外施設は一見高く見えがちですが、クリニックによっては認可施設よりお得に受けることができます。

こま
こま

羊水検査やカウンセリング費用が検査費用に含まれているクリニックであれば、けして高すぎるというわけではないのです。

万が一、陽性だった場合にかかるお金も検査費用に含まれていると考えると、高いというイメージが少しは軽減されるのではないでしょうか。

確かに他の出生前診断(母体血清マーカーやコンバインド検査等)と比較すると高く感じますが、調べられる項目の多さ、検査の精度の高さ、検査後のアフターフォローの手厚さまで踏まえて考えてみると良いでしょう。

>>おすすめのNIPTクリニック一覧に戻る

NIPTの検査の流れは?

NIPT(新型出生前診断)の検査の流れは、以下の流れになります。

検査の流れ

  1. 遺伝カウンセリングの実施
  2. 採血
  3. 結果通知を兼ねた遺伝カウンセリング

認可施設と認可外施設の違い

認可施設認可外施設
・夫婦同伴で複数回
来院する必要がある
・カウンセリングと採血は
別日で対応
・主に平日に検査対応
・カウンセリング〜採血まで
同日で対応可能
・1人受診や子連れ受診OK
・土日祝日、
遅い時間まで検査対応
こま
こま

検査の流れは同じですが、1番の違いは認可施設の場合、「カウンセリングと採血が別日対応になる」点でしょう。

さらに、認可施設の場合は夫婦同伴で2〜3回の来院が必要な為、共働きの方などは事前に休みを合わせることが可能かどうか確認しておくと安心です。

一方で、認可外施設の場合は1人受診OK、1回の来院で検査が完結するなど比較的受けやすい環境が整っています。

カウンセリングは事前に電話で行っているクリニックもある為、多忙な方でも仕事終わりに検査可能です。

認可施設が向いている人

・じっくりとカウンセリングを受けた上で、

NIPTを受けるか受けないか検討したい方

・夫婦同伴で2〜3回可能な方

・産婦人科や専門医の元でNIPTを受けたい方

認可外施設が向いている人

・1回の来院でなるべく負担なくNIPTを受けたい方

・多忙で夫婦同伴が難しい方

・つわりや体調が不安定で外出をできる限り控えたい方

>>おすすめのNIPTクリニック一覧に戻る

まとめ

今回は銀座でおすすめのNIPT検査ができる認可外施設を紹介しました。

認可外で受ける場合は、費用だけでなくサポートの手厚さなども見比べる必要があります。

こま
こま

今回の検証で、LETICIAクリニックがサポートが手厚いことが判明しました。

遺伝カウンセリング」「羊水検査全額保証」など、万が一陽性だった場合のアフターフォローまで考えるとLETCIAクリニックが手厚いサポートを受けれるんじゃないかなと思います。

どのクリニックで受ける場合も、サポート面をしっかり確認して後悔ない検査が受けれるようにしましょう。

妊娠生活が少しでも楽しいものになりますように。