「リスキリング」と「リカレント教育」の違いとは?

学び
  • リスキリング
  • リカレント教育

という言葉をよく耳にしますが、同じ意味だと思っている方も多いようです。

「学ぶ」という共通点はありますが、相違点もあります。

ここでは、それぞれの共通点と相違点を解説していきます。

ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

リスキリングの意味とは?

リスキリングは2022年の流行語大賞にもノミネートされたので、ご存知の方も多いかもしれません。

リスキリングとは、今後の技術革新などにより業務で新たに必要となる知識やスキルを学ぶことをいい、多くの企業が従業員に対して行っています。

注目を集めている要因は、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が世の中に浸透してきたためです。

DXとは、業務効率のアップや良質なサービスを提供するために、最新のデジタル技術を活用することです。

現在、DXに対応できる人材が不足しているうえ、これからさらに不足する見通しがあります。

デジタル社会で企業が生き残るためには、DXに対応できる人材の確保が必要です。

そのため、国や一部の地方公共団体などでは、リスキリングを行う企業に対して補助金を支給しています。

従業員も企業で必要とされる人材であり続けるためには、DXの知識やスキルを身に付けなければなりません。

リスキリングは企業と従業員、両者にとって必要不可欠なものと言えるでしょう。

リカレント教育の意味とは?

リカレント教育とは、仕事をしながら学ぶリスキリングと異なり、自分のタイミングで新しい知識やスキルを身に付けるために学校などに通い、そして、新しい仕事に就くことを定期的に繰り返すことをいいます。

リスキリングと異なり、学ぶ内容も学校もすべて自分で決めることが可能です。

国から個人に補助金が支給される講座もたくさんあります。

企業で必要とされている「DX」「グリーン成長」「地域活性化」の知識やスキルに限らず、自分の適性に応じた学習内容を選ぶことが可能です。

「人生100年時代」になりました。

リカレント教育は、自分の社会的価値を高めることができます。

転職を考える若い方や、子育てのために離職した主婦、定年退職後に再就職を希望する方など、幅広い年齢の方にリカレント教育は必要とされています。

まとめ

リスキリングとリカレント教育は、どちらも自分の社会的価値を高めることができます。

リスキリングとは企業が従業員に行う教育のことであり、リカレント教育とは個人が自分で学習内容を選び、より良い仕事などに就くために学ぶことです。

学習内容が選べないリスキリングも自分で選んだ学習内容のリカレント教育も、自分の社会的価値を高めるのに有効です。