【2023年度】気象予報士の試験日程・試験問題・受験申し込み方法は?

学び
ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

試験の日程は?

区分試験日程合格発表
第1回2023年8月27日(日)2023年10月6日(金)
第2回2024年1月28日(日)2024年3月8日(金)

受験の申込方法は?

申込方法区分受付期間
郵送第1回2023年6月19日(月)
〜7月7日(金)
第2回2023年11月13日(月)
〜12月1日(金)

試験地は?

北海道・東北北海道・宮城県
関東東京都
中部
近畿大阪府
中国
四国
九州・沖縄福岡県・沖縄県

受験費用は?

免除科目受験料納付方法
無し11,400円銀行振込
有り(学科一科目)10,400円
有り(学科二科目)9,400円

試験科目や出題範囲は?

区分試験科目試験範囲試験時間問題数合格基準
学科試験予報業務に関する一般知識大気の構造・大気の熱力学
降水過程・大気における放射
大気の力学・気象現象・気候の変動
・気象業務法その他の気象業務に関する法規
60分15問11問以上正解
予報業務に関する専門知識観測の成果の利用・数値予報
短期予報・中期予報・長期予報
局地予報・短時間予報・気象災害
予想の精度の評価・気象の予想の応用
60分15問11問以上正解
実技試験気象概況及びその変動の把握75分×2回総得点の70%以上正解
局地的な気象の予報
台風等緊急時における対応

過去の試験状況は?

区分2022年度2021年度2020年度2019年度
第1回第2回第1回第2回第1回第2回第1回第2回
申請者4,891人4,777人4,117人4,829人3,583人3,656人3,319人3,463人
受験者(a)4,173人4,166人2,920人3,629人2,848人2,616人2,957人2,969人
合格者(b)251人198人124人177人166人146人132人172人
合格率(b/a)6.0%4.8%4.2%4.9%5.8%5.6%4.5%5.8%