40代の転職は地獄…40代の転職で成功させるには?やってはいけないことも解説

転職

40代の転職では、年齢が壁となってしまい、企業から採用されにくいといった特徴があります。

もし、「今の職場より良い条件の企業へ転職したい」、「転職活動を効率的にすすめたい」と考えるのであれば、対策を立てることが大切です。

40代の転職が「地獄」 と言われてしまう理由や、転職に成功するためのコツについて解説します。

40代の転職が「地獄」 と言われてしまう理由は?

若手向けと比べて求人数が少ないから

40代の転職が「地獄」と言われてしまう理由として、まず、若手向けに比べて求人数が少ないことが挙げられます。

たとえば、ハローワークや転職サイトなどの求人において、20~30代向けが多いことが見てとれます。

ここがポイント!

年齢制限については、募集や採用において原則禁止とされていますが、厚生労働省の従業員を雇う際のルールや支援策において、長期的なキャリアを見据えている場合などにおいては、年齢制限を設けてよいことになっているのです。

このような条件のもと、年齢制限をかけて求人を掲載している企業があるため、40代の求人数が限られてしまう要因になっているようです。

また、20~30代の採用条件と異なり、40代では専門性や経験の必要なマネージャーや管理職での求人が多いため、その数自体が少なくなってしまう傾向にあります。

つまり、いざ転職活動を始めてみても、応募する企業がない…という状態に置かれやすいということです。

転職後の賃金が下がる可能性があるから

もう一つの理由は、転職後の賃金が下がる可能性があるからです。

これに関しては、40代の転職者の賃金変化についてのデータで確認できます。

厚生労働省「賃金変動状況」によると、賃金について、40代の転職者の約3割は減少、約3割が変化なしと解答しています。

つまり、40代の転職者の半分以上の割合で、実際年収が増加していない、または減少してしまっているというデータが示されているのです。

そのため、40代の転職で年収を上げることは厳しく、また、残念ながら年収が下がる可能性も十分ある、といった認識を持つ必要があります。

40代が転職で成功する方法は?

スキルや経験を活かせる求人を選ぶ

40代が転職で成功するために、まず、今までのスキルや経験を活かせる求人を選びましょう。

一般的な企業の管理職の求人や入社後すぐに活躍できるような人材を求めるベンチャー企業の場合、年齢よりもスキルや経験に注目する傾向があるためです。

経験が豊富であれば、年齢が不利に働くことも少なくなり、自分の強みになります。

企業選びの際には、自分のキャリアを振り返って客観的に把握しておくことが大切です。

マネジメント経験をつけておく

40代になると仕事の成果だけでは評価されないことが多くなります。

そのため、マネジメント経験があるかどうかも重要視されます。

具体的にマネジメント経験として挙げられるのは、責任ある立場からの部下への教育や業務の管理です。

その他にも、部長やディレクター、マネージャーなどとして、管理的な役職を務めていた経験などもあります。

40代の転職では、個人的な仕事上のスキル以上に、こういったマネジメントスキルを身につけておく必要もあるでしょう。

情報収集を念入りに行う

転職で成功するために、情報収集は不可欠です。

情報収集なしでは、日々変化する転職にまつわる動向に気付けず、せっかく希望の条件にあった求人があっても逃してしまう可能性が高くなります。

次のようなサービスや人間関係を利用して、転職に関する情報収集を念入りに行うといいです。

転職サイト

まず、転職サイトを利用することで、ネット環境さえあれば、自分の希望に合った求人探しから応募までを自分のペースで行えます。

また、求人サイトによって扱っている企業が異なるため、複数のサイトに登録することで、着実に転職活動をすすめられるでしょう。

転職エージェント

つぎに、転職エージェントに登録すれば、非公開求人や転職エージェントのみが扱える独占求人を見つけ出せます。

そして、専門のスタッフからのサポートがあるため、活動の負担も軽減できます。

たとえば、企業担当者の生の声を聞くことも可能です。

友人・知人

そのほかに、友人や知人を頼るのもいいでしょう。

実際に、同世代で転職に成功した人がいるのであれば、面接での質問や転職活動での注意点を確認したり、希望の業界の環境などさまざまな情報収集で活かせます。

自分の市場価値を正確に把握する

40代の転職では、職場環境や労働条件などが希望の条件とかけ離れ、転職に失敗してしまうケースが多々見られます。

まず、転職する前提として、40代の採用について前向きな企業はほとんどない、といったことを再確認する必要があります。

その上で、自分の市場価値を正確に把握するようにしましょう。

40代転職者のほとんどが、数々の仕事経験に対する自負と、身につけたスキルに対して自信を持っていることもあり、自己評価が高くなってしまう傾向にあるようです。

一方、実際に転職活動を始めたときに、自分の市場価値が思った以上に高くないことを知り、そのギャップに驚くことがあるのでしょう。

ヘッドハンティングを利用するのも手

ただ、そういったなかで、内定を出さない応募企業に対して不満を感じて、自身の市場価値を受け入れられないままでは、転職の成功は厳しいといえます。

まずは、冷静になって自分の市場価値について把握し、転職活動をすすめるようにしましょう。

その際、ヘッドハンティング型の転職エージェントを利用するのもいいです。

ハイクラス求人が豊富で40代でも内定率が高いといった特徴があり、これまで培った経歴やスキルを活かした転職も可能です。

そして、スカウトの内容から、自分の市場価値について確認するために利用するのもおすすめです。

40代の転職でやってはいけないことは?

自分を過信してしまう

まず、転職することは、新しい環境で一からスタートするということになります。

40代にもなると、さまざまな経験を踏んでいるため、自分の実績について過信しすぎてしまうといった点に気をつけるといいでしょう。

過去の経験や身につけたスキルを、そのまま生かせる転職先かどうかわかりません。

そのため、新しく仕事を始める上で、謙虚な気持ちになることも大切です。

転職先が決まる前に仕事を辞めてしまう

そして、転職を急いで、転職先が決まる前に仕事を辞めてしまうといったことも、避けてください。

これまでの解説からも分かるように、40代の転職活動はスムーズにいかないことが多いため、長引くことが予想されます。

そのため、続けていた仕事を辞めてしまえば、収入が途絶えてしまう可能性も高くなるでしょう。

長期的な転職活動を見据えた資金を蓄えておくか、退職せずに3ヶ月から半年くらいの長いスパンで活動するのがおすすめです。

家族に相談しないまま転職する

また、家族のいる人であれば、転職活動を始める前に、必ず家族の協力体制を整えましょう。

家族に相談しないままの転職はしないようにしてください。

その理由として、転職活動によって収入源に変化が生じることも考えられるからです。

また、小さな子どものいる家庭であれば、日々の生活環境で家族に負担をかけてしまうことも考えられます。

家族にとって何が一番大切なのか充分に話し合って、転職活動を始めるのがいいです。

40代での転職を成功に導くために

40代の転職では、目標を設定して効率良く行動していく必要があります。

自分一人では、いざ転職活動をはじめてみても応募できる企業がない、求人があっても自分に合った仕事かどうか分からない、と悩むことも多いようです。

そのため、40代での転職を成功に導く手段として、ハローワークや求人広告のほか、条件を絞りこんで効率的に求人を探せる転職エージェントなどを利用するのもいいでしょう。

Manap Jobs編集部

Manap Jobs編集部です。
『転職』『仕事』『人材』をテーマにした内容を紹介しています。

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました