フード業界への転職「飲食の転職」ってどうなの?特徴・転職エージェントの選び方など紹介

転職

飲食の転職は、飲食業界に特化した転職エージェントです。

一人で転職活動をするのは大変だと感じる人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントを利用することで、飲食業界での転職を成功させるためのさまざまなサポートが得られます。

この記事では、飲食の転職の特徴や利用するメリットなどを紹介します。

ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

飲食の転職とは?

飲食の転職とは、飲食業界が専門の転職エージェントです。

無料で簡単にエントリーが可能で、条件の良い非公開求人が多数揃っています。

飲食の転職は求人企業からコンサルティング費用を得ているため、就職に成功した場合も含めて転職希望者には一切の費用がかかりません。

カウンセリングや求人紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書作成や模擬面接まで、充実した内容で転職をサポートしてくれます。

 

飲食の転職はこんな人におすすめ!

年収アップしたい

飲食の転職は年収アップを目指す人におすすめです。

キッチンスタッフなどの同職種内でも、個人店から大手外食チェーンに移ることで年収が上がることもあります。

飲食店には多種多様な規模の企業があるため、転職する際は働く会社を選ぶことが重要です。

企業のリサーチや見極めは個人だけでは難しいこともあります。

飲食の転職のような、飲食業界の内情に詳しい転職エージェントを利用することは大きな利点でしょう。

マネージャー職につきたい

飲食の転職はマネージャー職を目指す人にもおすすめです。

店長の経験を経てマネージャー職へのステップアップが一般的ですが、職場によってはなかなか思うようにいかないこともあるでしょう。

飲食の転職であれば、豊富な非公開求人を有しているため、現場職からマネージャー職を目指した転職もサポートしています。

ブライダル業界に入りたい

飲食の転職は、これからブライダル業界に入りたい人にもおすすめです。

ブライダル業界は人気があり、中途採用でも業界未経験者が転職できます。

接客業などで培ったスキルが活かせることがあり、経験や経歴を積極的にアピールすることが重要です。

飲食の転職では、履歴書・職務経歴書の作成や添削を支援してくれるため、効果的なアピールができます。

飲食業界に強い転職エージェントの選び方は?

求人数

転職エージェントを選ぶ際、多くの求人数を提供しているエージェントを選ぶことが肝心です。

非公開求人は飲食業界の経験者やキャリアアップを目指す人に適しています。

未経験者や経験が少ない人の場合は、公開求人から転職先を探すことも有効です。

多くの求人情報を比較することで、自分の希望にマッチした転職先が見つかる可能性が高まるでしょう。

サポート内容

転職エージェントを選ぶ際には、サポート内容の質も確認しておくことが大切です。

転職活動は、求人検索、書類作成、面接日程調整、面接対策など多くのタスクが含まれ、独力で行うには大変な努力が求められます。

転職エージェントを利用することで、担当者が面接の準備や企業とのコミュニケーションをサポートしてくれます。

特に転職未経験者や業界未経験者は、充実したサポートを提供する転職エージェントを選ぶことがおすすめです。

転職支援実績

転職エージェントを選ぶ際には、充実した転職支援実績を持つエージェントを優先的に選ぶことが大切です。

豊富な転職実績を持つエージェントは、その分転職に関する知識が蓄積され、企業情報の提供や利用者へのアドバイスが適切なものになります。

転職支援実績が少ないエージェントでは、十分なサポートが得られない可能性があるため注意が必要です。

転職実績は多くの場合、公式サイトで公開されているので、登録前にチェックしておくことをおすすめします。

飲食業界の転職で注意することは?

休みが少なくなりがち

休日が少なく残業が多いという特徴は、飲食業界では一般的です。

アルバイト従業員が多く、急に休む人や辞めてしまう人もいるため、社員が穴埋めをしなければならないこともあります。

人員不足が深刻な店舗では、個人の負担が増え、休日出勤や残業が発生することもあり得るでしょう。

休日や残業にこだわりがある場合は、あらかじめ相談しておくことがおすすめです。

専門知識が求められることも

飲食店で働くには、高度な調理技術や専門知識が必要な場合があります。

例えば、フレンチ料理などの高級料理を提供する専門店では、適切な経験やスキルが要求されるでしょう。

調理師や栄養士の資格を持っている人は特に重宝されます。

求められる専門知識やスキルについては、応募前に確認することが大切です。

待遇面は必ずチェック

転職を検討する際には、待遇面、特に給与について事前に確認しておくことが重要です。

たとえ理想の飲食店で働けたとしても、給与や待遇に不満があると、働く意欲が維持しづらくなるからです。

現状、飲食業界の平均年収は、日本全体の平均年収と比べるとやや低い水準ですが、業界にはさまざまな職種や企業が存在するため、勤務先によって大きく異なります。

都市部か地方かといったエリア、今までの経験・スキル・能力、また役職によっても給与には違いがあります。

飲食業界での転職では、給与の他にも、制服の提供やまかないなどの福利厚生が整っているかどうかも重要な基準です。

さらに、将来的なキャリアアップを考慮する場合、店長や管理職などのマネジメントポジションへの昇格が可能かどうかも、念入りに確認しておくと良いでしょう。

転職エージェントの使い方は?

登録

ここでは転職エージェントの利用方法を説明します。

まず、公式サイトから登録を行いましょう。

似たようなサービスが複数あるため、転職サービスか派遣サービスかを確認してください。

正社員転職を目指しているのに、間違って派遣社員の面接を受けるなどのミスがないように注意しましょう。

登録後、担当者から数日以内に電話やメールで連絡がきます。

事前に特別な準備をする必要はありません。

希望する時期や職種、年収、など基本的な質問をされることが多いです。

このとき、キャリアカウンセリングのアポイントメント調整が行われます。

キャリアカウンセリング

転職エージェントのオフィスを訪れることができますが、担当者が近くまで来る場合もあります。

近年は、オンライン面談も一般的になっています。

キャリアカウンセリングでは、キャリアの見直しやPRポイントの整理、転職に関する要望などの相談ができます。

多くの意見を聞くことで、より良い転職を実現できるでしょう。

求人紹介・応募

担当者から、希望に合った求人を5~20件程度紹介してもらえます。

大手企業だけでなく、これまで知らなかった魅力的な中小企業も含まれることもあるでしょう。

独占求人もあるため、複数のエージェントから求人情報を受け取ることがおすすめです。

選考書類が完成したら担当者が推薦文を添えて企業へ応募します。

自分だけでは伝えにくい魅力もうまく企業に伝達してくれるでしょう。

ひとりで求人サイトから応募する場合、推薦文はもちろん誰も書いてくれず、企業との手続きも自分で行わなければなりません。

この点から見ても、転職エージェントを利用する方が大きな利点があります。

書類添削・面接対策

応募企業が決定したら、職務経歴書や履歴書などの書類を担当者に添削してもらいましょう。

必要に応じて書類作成のための面談を設定してもらえることもあります。

何度も修正を重ね、担当者と協力して最適な職務経歴書を作成しましょう。

応募企業の面接担当者がどんな質問をし、どのようなタイプの人を好むのか、現在持っているスキルの中でアピールすべきポイントなど、具体的なアドバイスを受けられます。

希望に応じて模擬面接も実施してくれることが多いです。

これにより、より自信を持って本番の面接に臨めるでしょう。

選考・内定

担当者が、面接日時の設定から不合格の場合はフィードバックの受け取り、内定が出た後は給与交渉や入社日の調整まで、責任を持ってサポートしてくれます。

これにより、転職活動がスムーズに進みます。

飲食業界での転職活動は転職エージェントを活用しよう

飲食業界に特化した転職エージェントは、求人情報の提供だけでなく担当者による転職支援や面接対策など、幅広いサービスを提供しています。

業界知識や経験が豊富なキャリアアドバイザーが、転職者の希望を踏まえて内定までサポートするのが特徴です。

飲食業界での転職を考えている人は、専門的な知識やサポート体制を持つ転職エージェントを活用しましょう。