Groovy Lab in a Boxってどうなの?身につく内容・口コミ内容など紹介

子育て

子供の将来のことを考え、スクールに通わせたり通信教育を受けさせたりしようとしている親御さんもいるかもしれません。

様々な子供向けの通信教育がありますが、その中でも特にSTEAM教育が人気になっています。

STEAM教育という言葉を初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。

今回はSTEAM教育の中でも人気がある、Groovy Lab in a Boxについて紹介していきます。

ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

STEAM教育とは?

STEAMというのは、

  • SCIENCE(科学)
  • TECHNOLOGY(技術)
  • ENGINEERING(工学)
  • ART(芸術)
  • MATHEMATICS(数学)

の頭文字を組み合わせて作られた言葉です。

これら5つの領域は、AI時代において欠かせない分野と言われています。

5つの領域を横断的に学ぶことができるのがSTEAM教育です。

ただ理数教育を行うのではなく、創造性教育も合わせて行い、子供の探究心や創造力をかきたてることで、楽しみながら学習できる教育法として注目されています。

Groovy Lab in a Boxって?

Groovy Lab in a Boxは、アメリカで大人気になっているSTEAM教育のための教材です。

権威ある「エジソン賞」の2020年ファイナリストにも選出されたことがある教材で、STEAM教育最先端のアメリカでも評価を得ています。

学習で使う実験用の道具や2ヶ国語対応の動画レッスンなど、教材が自宅に届くのでおうちで子供と一緒に取り組むことも可能です。

月額2,980円(税込)で、いつでも解約可能となっているので手軽に始めることができます。

 

Groovyの3つの魅力とは?

科学者や教育者が設計・開発した世界最先端のSTEAM教材

Groovyは、多くの科学者や教育者が協力し設計・開発した教材です。

優秀な人材がこれまで培ってきた経験やノウハウを活かし作った教材ということで人気になっています。

6歳以上の子供を対象に、楽しくやる気を持って学べるように様々な工夫がされているのが魅力です。

どんどん挑戦したくなるミッション、創造力を発揮するための教材など、毎月送られてくるGroovyのBOXには様々なものが詰まっています。

子供達が楽しく学べる動画レッスン

子供が楽しくSTEAMのことを学べる動画レッスンが付いているのも、Groovyの魅力の1つです。

動画はマイク博士がミッション遂行のナビゲートをしてくれる内容になっています。

送られてくるパスコードで専用ページにアクセスすれば、誰でも簡単に動画レッスンを受けることができます。

日本語だけではなく英語にも対応しているので、レッスンを受けながら自然に英語を身に付けられるのも嬉しいポイントです。

ミッション遂行に必要なアイテムがすべて送られてくる

Groovyは毎月与えられるミッションを遂行しながら学ぶカリキュラムになっていますが、ミッション遂行に必要なアイテムはすべてGroovyのBOXに詰まっています。

工作をするための材料はもちろん、学習に必要な資料なども自宅に届くので、すぐにでもSTEAM教育を始めることができます。

それとは別に、会員限定のWebサイトも用意されています。

「Beyond」という会員限定のWebサイトには、学習に役立つ科学情報や面白いコンテンツが盛りだくさんです。

自宅に届くBOXと会員限定のWebサイトを併用することで、より深く学ぶことができます。

Groovy Lab in a Boxで身につく内容は?

楽器を作りながらエンジニアリング設計のことを学べる

自宅に送られてくるBOXの中には、楽器を作るための材料も付属されています。

その材料を使い子供が自ら楽器を組み立てることで、音が発せられる仕組みや音の高低、音波などを理解できるでしょう。

楽器を作りながら音の仕組みなどを理解していけば、エンジニアリング設計のプロセスを身に付けることができます。

力学を学べる

子供がジェットコースターを設計するエンジニアになって、力学のことを学ぶミッションも用意されています。

ジェットコースターを設計する時に重要になるのが、傾斜面や求心力などです。

  • コースの傾斜をどのくらい傾けるとスピードが出るのか
  • コースを外れずにカーブを曲がりきるためには角度をどうすればよいのか

など、ローラーコースターを組み立てながら力学の基本を学べるようになっています。

Groovy Lab in a Boxの口コミは?

必要な物がすべて揃っているから準備が楽

STEAM学習に必要な材料がすべて揃っていて、準備が楽という口コミがありました。

親御さんが材料を自分で用意するとなると大変ですよね。

Groovy Lab in a Boxは、学習を進める時に必要になる材料や資料などをすべて箱に積めて送ってくれます。

自分で何かを準備する必要はなく、教材が届いたその日から学習を始められるのは、親御さんにとっても嬉しいポイントでしょう。

子供が教材を使い、エンジニアのように研究にのめり込んでいるとのことでした。

楽しさとやりがいを同時に感じられる教材

Groovy Lab in a Boxは、楽しさとやりがいを同時に感じられる素晴らしい教材という意見も見られました。

学校や他の教材では経験したことがない、独創的な内容に驚いたそうです。

オリジナルの楽器を作る音楽的要素や、ジェットコースターを設計するエンジニアリング的要素など、Groovy Lab in a Boxの教材には様々な要素が詰まっています。

子供が飽きずに、楽しみながら学習を進められる工夫がされているのも、Groovy Lab in a Boxが人気になっている理由でしょう。

子供に刺激を与えてくれる教材

「Groovy Lab in a Boxは子供に刺激を与えてくれる教材だ」という口コミもありました。

自宅に送られてくるBOXには、子供が興味を持つ教材がたくさん詰まっています。

様々な取り組みを通して子供達のクリエイティビティを育める、画期的な教材と感じている親御さんも多いようです。

Groovy Lab in a Boxでよくある質問は?

Groovy Lab in a Boxは何歳の子供に適した教材でしょうか?

Groovy Lab in a Boxの対象年齢は6歳以上となっています。

しかし、親御さんと一緒に取り組むのであれば、幼少期の子供でも楽しめるような内容になっているとのことです。

科学的思考力を高めるために最適なツールということで、中学生になってからもGroovy Lab in a Boxに取り組んでいる人もいます。

どんな支払い方法に対応していますか?

Groovy Lab in a Boxはクレジットカード決済に対応しています。

現金や振込には対応していないようなので、入会するためにはクレジットカードを用意する必要があります。

月額制のサービスということで、入会すると毎月指定日に月額料金が引き落とされます。

引き落とし日はカード会社によって異なるので、気になる方はカード会社に直接問い合わせてみてください。

好きな時に退会できますか?

Groovy Lab in a Boxは特に縛りがなく、いつでも好きな時に退会できます。

ただし、退会手続きの締切日が設けられているので、退会したいと思った時は締切日より前に手続きしておきましょう。

退会の手続きは電話、もしくは会員ページから行うことが可能です。

入会金はかかりますか?

Groovy Lab in a Boxは、入会する時に費用はかかりません。

入会金は無料で、教材費などもすべて月額料金に含まれているので、月額料金を支払うだけで始めることができます。

Groovy Lab in a BoxはSTEAM教育に適した教材

Groovy Lab in a BoxはSTEAM教育に必要なものがすべて揃った教材です。

対象年齢の幅も広く、小さな子供でも楽しみながら学習を進められる工夫がされています。

小さいうちから子供にSTEAM教育を受けさせたいと考えている親御さんには、ぴったりな教材と言えるでしょう。

好きなタイミングで解約できるようになっているので、気になった人は一度試してみてはいかがでしょうか。