otta.gとは?機能・メリット・デメリット・口コミなど紹介

セキュリティー
セキュリティー

小学生になると、通学だけではなく、習い事や友達との外出など行動範囲が広がっていきます。

安全のため防犯ブザーを持たせているという人も多いですが、いざというときの備えであるが故に単なるアクセサリーになってしまっていることも。

そこで登場するのが、ボイスチャット機能や見守り機能を搭載した「otta.g」です。

その機能を確認してみましょう。

スポンサーリンク

otta.gとは?

形式携帯型
更新頻度最短2分
子供からの通知機能あり
バッテリー容量650mAh
防水性能IPX55
通信エリアLTE
初期費用14,080円(税込)
(端末代10,780円+事務手数料3,300円)
月額利用料748円〜(税込)
※プランにより異なる
※ボイスメッセージ利用が10回/月のプランの場合
2年利用した場合の想定費用32,032円〜(税込)

otta.gはIot技術を活用したスマート防犯ブザーです。

共働き世代が増え、常に大人が家にいる訳ではない現代の小学生。

習い事やお友達との外出など、子供だけになる場面が増える年頃でもあります。

子供の安全を守るためには防犯ブザーが有効ですが、使わないままアクセサリーになっている、子供が大きな音を怖がっていざというとき使えるか心配、という声もよく上がっています。

そこで登場するのがotta.gです。

子供の見守りに特化した防犯ブザーで、GPSで子供の居場所をチェックできるだけではなく、声によるコミュニケーションを行うことができます。

 

otta.gの機能は?

ボイスチャット機能

oota.gの大きな特徴が、ボイスチャット機能です。

otta.g本体とスマートフォンで双方向チャットが可能。

操作もボタン一つで完了するので、小さな子供でもすぐ活用することができます。

万が一のときの連絡手段として活躍するのはもちろんですが、毎日のささやかな「おかえり」「ただいま」という会話が、大人が家にいなくても実現できます。

高精度の位置記録

otta.gでは、GPSによる位置確認だけではなく、独自の「ottaタウンセキュリティ」というシステムが導入されています。

このシステムが導入されている地域では、学校や駅、公園やコンビニなどに「見守りスポット」と呼ばれる基地局が設置されています。

そして、子供がその付近を通ることで情報をキャッチし、より正確な位置情報を記録することができるのです。

また、タウンセキュリティ導入地区を中心に「見守りタクシー」も導入されており、制度をより高めています。

こうした独自のシステムにより、従来の見守りサービスでは実現が難しかった詳細な見守りを可能にしているのです。

防犯ブザー

防犯ブザーとしての機能ももちろん搭載されています。

万が一の時、防犯ブザーをならすと、アプリをインストールしているスマホに現在地と周囲の音声を自動送信。

防犯ブザーを鳴らした子供の状況を把握することができます。

otta.gのメリットは?

お互いの声を聞ける

otta.gの最大のメリットは、防犯ブザーでありながら位置情報を把握することができ、かつお互いの声を聞くことができるという点です。

GPS機能に加え、otta独自の見守りサービスが導入されているため、子供の詳細な位置情報を確認することができます。

特に災害など万が一の事態の際、親と子供が別々に遠く離れていても、子供の現在地を知り声を聞くことができるので、大きな安心に繋がるでしょう。

保証期間は3年

otta.gは丸い形状になっており、子供の手にすっぽりと収まるフォルムです。

色使いが鮮やかなので、子供でも持ちやすい工夫がされています。

また、長く使える保証も充実しています。

子供が使うので、壊れてしまうのではないかというのは当然の心配。

otta.gは防水機能が搭載されている上、無償保証が3年間付いてくるので安心です。

アプリで簡単に使える

スマホアプリ1つで管理が全て完了するというのも嬉しいポイントでしょう。

otta.g1台に対して複数人で見守ることもできるので、パパママどちらかだけではなく両親そろって、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に子供を見守ることができます。

otta.gのデメリットは?

otta.gはあくまで防犯ブザーであるため、ボイスチャット機能の音質はそこまで良くありません。

もちろん聞き取れないことはありませんが、注意しておきましょう。

特に親側がスマートフォンからメッセージを入れると、音が小さく聞き取りにくいケースが多いため、事前にテストして声の大きさを調整するのがおすすめです。

他にも本体にボタンが三つ付いているので、使い方が覚えにくいと感じる人もいるようです。

特に子供が小さい場合は注意が必要です。

また、本体の充電はUSB-Cで行いますが、充電用ACアダプタやケーブルは付属していない点にも注意しておきましょう。

otta.gの料金体系は?

otta.gは本体価格が10,780円(税込)、初回事務手数料が3,300円(税込)です。

料金設定はボイスメッセージの利用回数によって「GPS見守りプラン」「音声パック80プラン」「音声パック220プラン」と分かれています。

GPS見守りプラン

「GPS見守りプラン」は月10回のボイスチャット利用が可能で、月額748円(税込)。

ボイスチャットは緊急時のみで、主に見守りサービスを利用したいという人におすすめです。

音声パック80プラン

「音声パック80プラン」は月80回の利用が可能。

日々のちょっとした連絡や伝言に使いたい人におすすめのプランで、利用料金は月額880円(税込)です。

音声パック220プラン

子供とより密なコミュニケーションを取りたいと言う人は、月220回利用できる「音声パック220プラン」がおすすめ。

料金は月1,078円(税込)です。

追加チャージも可能

プランごとにボイスメッセージの利用回数が決まっていますが、もし使い切ってしまった場合も追加チャージすることができます。

追加チャージは200回につき330円(税込)です。

普段はあまりボイスチャットを使わないけれど、急に必要な状況になったというときもこれで対応することができます。

otta.gの口コミは?

1年生の息子でも簡単に操作できそうなシンプルな作りと機能だったので、これはいいなと。何より“声”でやりとりができるところに魅力を感じてすぐに夫にも知らせました。
otta.g(オッタジー)なら防犯ブザーだから学校への届出はいらないし、校内では通知音がならない設定なので肌身離さず持たせられます。それに加えてボイスメッセージでリアルタイムなやり取りができるなんて、「まさにこれだ!」という感じでした。
小学校で先生がotta.g(オッタジー)のことが書いてあるプリントを配って「この商品は、いいと思いますよ」とおすすめしてくださいました。
私自身もインターネットでotta.g(オッタジー)のことを調べて、利用している方々のコメントを全部見たところ「これはいいな」と応援したい気持ちにもなり、今年の3月にotta.g(オッタジー)を購入しました。
子供たちのおじいちゃんは携帯を持つことに反対でした。otta.g(オッタジー)にはGPSがついていますし、「家に帰ってきて」と音声で伝えられるのがすごく便利なところだと思っています。

※公式サイトより引用

otta.gはこんな親子におすすめ!

otta.gは、見守り機能を重視したい人にとって非常におすすめです。

子供は成長するにつれどんどん行動範囲が広がっていきます。

親としては子供の成長を喜ばしく感じる反面、まだまだ危なっかしい子供の行動に不安を覚えてしまうものです。

otta.gは、詳細な位置情報を知ることができ、親のそんな不安に寄り添ってくれます。

GPS機能だけではなく独自の見守りサービスを展開しているため、より詳細な位置情報を知ることができるのです。

その他のおすすめ子供用GPSは?

soranome

形式携帯型
更新頻度最短1.5分
子供からの通知機能あり
バッテリー容量700mAh(最長1週間)
防水性能IP55
通信エリアDocomo4G/LTE
初期費用初期事務手数料:3,300円(税込)
端末代金(一括):9,020円(税込)
端末代金(分割):605円(税込)×24回
※2022年4月現在
月額利用料539円(税込)
2年利用した場合の想定費用25,256円〜(税込)

「soranome」は株式会社グローバルコネクションが提供している子供用GPS端末です。

39gの端末は防水機能に加え、最大1週間持続するバッテリーを搭載。

カラーバリエーションも4色用意され、子供の好みに合わせることが可能です。

さらに端末には「SOSボタン」が搭載され、3秒長押しするか5秒以内に3回押すことでSOS通知を行いますので、緊急時の場合にも安心です。

また「soranome」はスマートフォン1台で最大4つの端末を登録できます。

加えて子供が塾などの指定したエリア進入時の通知も10件登録できます。

したがって「soranome」は子供が多い家庭や習い事が多い家庭に最適な端末です。

 

大切な子供を見守ろう

子供の行動範囲が広がるにつれ、親としては事件に巻き込まれないか心配になってしまうものです。

特に外に仕事を持っていると、いざというとき状況が把握できないという不安もあるでしょう。

位置情報機能やボイスチャット機能が搭載されたotta.gなら、離れていても子供を見守り、コミュニケーションを取ることもできます。

新時代の防犯ブザーを活用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました