未経験でも取得できるオススメの国家資格10選!学歴・職歴関係なし

コラム

「今からでも国家資格を取りたい!」

「未経験でも取得できる国家資格ってあるのかな…?」

未経験でも国家資格を取得したいと考えている方は多いのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、国家資格は未経験でも取得が可能です!

また、学歴や職歴関係なく取得できる国家資格もたくさんあります。

この記事では、未経験から目指せるおすすめの国家資格や、国家資格取得のメリットをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

女性におすすめの【国家資格】3選!取得しやすい、学歴に影響されない、仕事を見つけやすい、という理由からピックアップ!

国家資格は未経験でも取得可能?

国家資格は未経験でも取得が可能なものもあります。

中には、医師や看護師のように学歴が必須となる資格もありますが、学歴や職歴が不問である資格も多いので、未経験でもチャレンジしやすい点が特徴です。

未経験だからといって諦めることはありません!

国家資格を取得するメリット

国家資格を取得することで得られるメリットはたくさんあります。

ここからは、国家資格を取得するメリットについて詳しく見ていきましょう。

就職や転職に役立つ

国家資格の最もポピュラーなメリットは、就職や転職に役立つという点です。

国家資格であれば何でもいいというわけではありませんが、目指している業界に関わる資格であれば、就職や転職に有利になることが多いです。

特に国家資格は、そのような資格でも一定の難易度が確保されているため、就職や転職に向けて取得を目指す方も多くなっています。

変わらない価値が手に入る

国家資格は、出題内容は変わってもその価値が変わることはありません。

民間資格の場合、時間の流れによって価値がなくなってしまう資格もありますが、国家資格の価値は変わることがないため、一度取得すれば一生あなたのスキル・価値となります。

ずっとあなたに役立つ変わらない価値が手に入るという点は、国家資格ならではの特徴であるといえるでしょう。

キャリアアップに繋がる

すでに在職している方でも、キャリアアップや昇給のために国家資格取得を目指す方もいます。

会社にもよりますが、資格を取ることで手当てが出る場合や、キャリアアップとなる場合も多く、働いている業界に関する国家資格を取得することがおすすめです。

しかし、国家試験の中には難易度が高いものも多く、働きながら勉強を進めるのが難しいことも…。

しっかりと計画して学習を進めていく必要があります。

自分の自信になる

国家資格を取得することが、自分自身の自信につながることもあります。

国家資格は難易度が高いことから、一種のステータスと感じている方もいるようですよ。

どういった形にせよ、自分に自信がつくことでポジティブな気持ちを感じることができますよね。

その分野に特化したスキルがつくといった点からも、自身に繋がることが多く、ひとつのメリットとなっています。

努力が目に見える

国家資格は簡単には取得できない分、取得した後はその価値が目に見えるというメリットがあります。

誰から見ても一定の評価が得られるのは国家資格ならではの特徴といえるでしょう。

1.登録販売者

登録販売者とは、医薬品を販売できる専門職として誕生した資格です。

国家資格なのか、公的資格なのかは議論が続いているようですが、都道府県によって取り仕切られている資格であるため、国家試験と同等の価値がある資格だと言えます。

主に第二類医薬品・第三類医薬品の販売や、薬に関するアドバイス、副作用や効能の説明などの業務を行います。

ドラッグストアや調剤薬局、その他医薬品を取り扱うホームセンターなどで活躍でき、就職・転職はもちろん、スキルアップにも人気の高い資格です。

登録販売者資格の受験資格は不問であり、誰でも受験が可能なことからも毎年数多くの方が合格を目指しています。

しかし、合格前又は合格後2年以上の実務経験が必須となる資格であるため、医薬品販売に従事したいという方以外にはあまり意味のない資格かもしれません。

合格率は約50%前後と比較的易しい国家資格となっているので、医薬品販売に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

『登録販売者』ってどんな資格?これから取得したい人向けに、資格の特徴・仕事の内容・取得方法など紹介!

公式ページ 全額返金・2講座目が無料!
>>キャリカレの「登録販売者」試験対策講座を資料請求する(無料)

 

2.ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、家計に関する節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金の知識を持つ専門家です。

ファイナンシャルプランナーが扱う専門知識は以下の6つとなっています。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. 金融資産運用
  3. タックスプランニング
  4. リスク管理
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

人々が、理想の資金計画・貯蓄計画を送ることができるよう、幅広い視点でアドバイスをするプランナーです。

ファイナンシャルプランナーの中でも、FP技能士試験は国家資格であり、この資格を取得することで就職・転職やキャリアアップに活かすことができます。

独立も目指せる資格となっていて、さまざまなお金の知識が身につくため、主婦の方も取得している人気の資格なんです。

FP技能士は3つの級位がありますが、それぞれの難易度は以下の通りとなっています。

  • 3級…70~80%前後
  • 2級…50%前後
  • 1級…90%前後(技術試験のみ)

各級の受験には、その下位級の合格が必須となっており、就職・転職に役立てたい場合は、最低でも2級の取得はしておきたいところです。

国家資格の中では比較的合格を目指しやすい資格となっているため、興味のある方は受験を検討してみてくださいね!

公式ページ 全額返金・2講座目が無料!
>>キャリカレの「ファイナンシャルプランナー講座」を資料請求する(無料)

 

3.宅地建物取引士

宅地建物取引士資格は、主に不動産業界や建設業界などで注目されている国家資格です。

宅地建物取引士の基本的な業務については、不動産会社などで物件契約をしたことがある人ならイメージしやすいかもしれません。

宅建業法では、不動産契約に関する重要事項説明書を提示することが定められており、不動産を契約するわたしたちが損をしないように、重要事項の説明を行ってくれます。

この業務は宅地建物取引士にしかできない業務なので、不動産業界の中には、就職後に取得が必須と定められている企業もあります。

不動産業界などへの就職・転職には非常に有利となる資格であるため、人気が高い国家資格です。

不動産業界でお仕事をされている方でも、スキルアップや昇給に繋がる資格なので受験をおすすめします。

合格率15%前後と少し難易度は高いですが、出題範囲をしっかりと勉強していれば難しい試験ではありません。

興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>キャリカレの宅建(宅地建物取引士)の試験対策講座を資料請求する(無料)

 

4.行政書士

行政書士とは、行政書士法に基づいた国家資格です。

国民に最も身近な街の法律家と言われている資格で、受験資格はありません。

行政書士のお仕事は大きく分けて3つに分類されています。

  1. 官公署へ提出する書類や、権利義務・事実証明に利用する書類などさまざまな書類作成業務
  2. 書類等の申請を代行する許認可申請代理業務
  3. クライアントからの相談にアドバイスを行う相談業務

また、行政書士は国民と行政の懸け橋とも言われており、近年活躍の場がどんどん拡大しています。

未経験でも取得可能な国家資格として人気の行政書士資格ですが、資格試験の合格率は約10%とかなり難関…

資格の取得には、計画的に学習を進めていく必要があります。

行政書士事務所への就職・転職に有利となることはもちろんのこと、独立開業を目指せるという点も人気の1つです。

憲法・民法などの法律知識が身につくため、他の難関国家資格の取得などダブルライセンスを目指しやすい点も特徴となっています。

平均年収は約600万円~2,000万円と収入アップも目指すことができる資格です!

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

公式ページ 不合格なら全額返金!
>>キャリカレの『行政書士』の試験対策講座を資料請求する

5.公認会計士

公認会計士とは、企業の監査や会計を専門分野とする国家資格です。

弁護士・弁理士・司法書士・税理士・行政書士などと同じように紙業と呼ばれ、独立開業を目指すことができる点もひとつの特徴となっています。

公認会計士の仕事内容は3つの種類に分類されます。

  1. 企業の決算書を第三の立場としてチェックし、専門家としての意見を表明する監査業務
  2. 企業の経営戦略の立案や、組織再編、上場や企業買収などを支援するコンサルティング業務
  3. 公認会計士の資格を取得することで税理士名簿にも登録することが可能であるため、税務業務を行うことも可能

企業への就職・転職はもちろんのこと、独立開業も目指せるため人気の資格です。

公認会計士の試験合格率は、約6~10%とかなり難易度が高くなっています。

また、試験に合格後、2年間の実務経験と実務補習所での単位取得を行い、最終試験(修了考査)に合格するという2段階の試験が行われます。

難易度はかなり高いですが、平均年収は約800万円と、年収アップへの需要も高い資格です。

資料請求ページ
>>「クレアール」の公認会計士の対策講座を資料請求する(無料)

 

6.中小企業診断士

中小企業診断士は、日本国内全企業数の99%を占める中小企業を対象に、経営コンサルティング業務を行うことができる資格です。

中小企業診断士は、ヒト・モノ・カネ・情報・法律・外部環境といった6つの経営資源を統括したうえで、中小企業をマネジメントすることを目的としています。

経営に関して、横断的視点を持つことができるため、現在の仕事でのキャリアアップや、就職・転職にも活かすことができる資格となっています。

もちろん、独立したコンサルタントとして働くことも可能であるため、人気の資格となっているんです。

合格率は約4%とかなりの難関ではありますが、受験資格はないので未経験でもチャレンジ可能な国家資格です。

平均年収は約780万円と収入アップにも活かすことが可能となっています。

興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>『中小企業診断士』の試験対策講座を資料請求する

 

7.基本情報技術者

基本情報技術者は、IT業界へのスタートラインともいえる国家資格です。

ITエンジニアとしてお仕事を始めたい場合、実務経験以外で特に役立つのは基本情報技術者資格だといえるでしょう。

基本情報技術者の理想像は、「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者」とされています。

この資格を取得することで、IT業界への就職・転職はもちろんのこと、フリーランスとして独立することも可能です。

同じような内容のITパスポート資格との違いは、本格的なプログラミングスキルを必要とする点にあります。

やはり国家試験であることからIT業界をはじめとする企業の認知度は高く、注目されている資格だといえるでしょう。

合格率は20~30%とやや易しく設定されており、プログラミングスキルなどのIT知識を持っていれば比較的合格は狙いやすい資格となっています。

未経験の場合でもしっかりと学習すれば、資格取得は目指しやすいためおすすめです。

公式ページ
>>「スタディング」の基本情報技術者の対策講座をはこちら

8.情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメント資格とは、2018年に始まった新しい情報処理技術者試験のことです。

パソコンなど情報機器のセキュリティについて問われ、一般的な知識や技術を問うような入門レベルの試験となっています。

就職・転職に役立つというよりは、仕事上でのスキルアップ資格として受験される方が多いようです。

どのような職場でも、パソコンを使用していない職場はほとんどありません。

パソコンを使用する全ての人たちにとても役に立つ資格なので、ぜひ受験してほしい試験となっています。

合格率は約50%前後と比較的易しい国家試験であるため、今の内が狙い時…!

情報セキュリティ関連は、日々進化していくので出題範囲の難易度がグッと上がることも予想されています。

ぜひスキルアップとして、受験を目指してみてはいかがでしょうか?

9.ウェブデザイン技能士

ウェブデザイン技能士は、ウェブに関わる全ての人に必要な知識を問う国家資格です。

特に、Webデザイナーとして働く方や、これから目指す方におすすめの、Webデザイナー唯一の国家資格ともいえます。

Webデザイナーは、Webサイトの制作やデザインなどの業務を行いますが、スキルさえあれば未経験でも就職や独立を目指しやすい職業です。

ウェブデザイン技能士は国家資格なので、就職・転職に有利となることはもちろん、フリーランスで働く方のスキルアップ・報酬アップにも役立ちます。

試験内容は「インターネット概論」など10科目の理解度を見る学科試験、Webサイト構築と運用に関する技能を確認する実技試験の2つから構成されています。

既にウェブデザインの知識がある方であれば独学でも合格を目指せる資格ですが、未経験の場合はスクールや通信講座を介して受験される方も多いようです。

1級~3級までの級位に分かれていますが、3級は資格不問で受験でき、合格率は約50%程度となっています。

在宅ワークとしても人気の職業ですので、ウェブデザインに興味がある方はぜひ目指してみてくださいね!

10.旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者は、旅行業界唯一の国家資格で大きく分けて3つの種類があります。

  1. 国内旅行業務取扱管理者資格:国内旅行商品のみ販売可能
  2. 総合旅行業務取扱管理者資格(海外):国内・海外の旅行商品が販売可能
  3. 地域限定旅行業務取扱管理者資格:営業所のある市町村、隣接する市町村、観光庁長官の定める特定の地域に関する旅行商品のみ販売可能

この中でもポピュラーなのは、国内旅行業務取扱管理者資格と総合旅行業務取扱管理者の2つとなっています。

主に旅行会社などの就職・転職に有利となる資格で、業界唯一の国家資格という点からも注目度はかなり高いようです。

受験資格は不問で誰でも受けることが可能であるため、旅行業界に転職する前に受験される方も増えています。

もちろん、旅行業界で働くうえでのスキルアップ・昇給にもつながる資格です。

この資格はあれば旅行商品を販売することができるため、旅行会社を起業することもできるんですよ…!

国内旅行業務取扱管理者資格の合格率は約40%程度、総合旅行業務取扱管理者資格の合格率は約10%程度となっており、後者は少し難易度の高い試験となっているようです。

しっかりと対策していればそれほど難しい試験ではないので、旅行業界に興味のある方はぜひ受験を目指してみてくださいね!

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>ユーキャンの「旅行業務取扱管理者講座」を資料請求する(無料)

 

未経験でも国家資格を取得しよう!

いかがでしたか?

未経験でも受験可能な国家資格を10個ご紹介しました。

どんな資格にも共通していますが、資格は興味のある分野にこそ価値を生み出します。

国家資格は時間が経っても変わらない価値・財産となるものなので、興味のある資格は積極的に合格を目指しましょう。

特に難関といわれている試験は、一発合格が難しいかもしれません。

スクールや通信講座も活用しながら受験をすることをおすすめしています!

ぜひ、国家資格の取得に向けて頑張ってくださいね!