契約社員におすすめの資格は?必要なスキルとメリット・デメリットも解説!

コラム

契約社員とは、定められた雇用契約で仕事をする雇用形態を指します。

正社員と違い責任感は低い傾向にありますが、給与水準は正社員と同程度であるケースが多い雇用形態です。

近年、正社員以外の働き方に注目が集まっています。

派遣やフリーランスなどに加え、契約社員も着目されている働き方の1つなのです。

「責任を最小限にしてストレスフリーに働きたい!」と考えている方も多いでしょう。

この記事では、契約社員を目指す方におすすめの資格や必要なスキル、契約社員のメリット・デメリットを詳しく解説します。

契約社員を目指している方はもちろんのこと、現在契約社員として働いている方もぜひチェックしてくださいね!

契約社員に必要なスキルは?

契約社員に必要なスキルはビジネスパーソン全体で必要なスキルと大きく変わることはありません。

しかし、契約社員は限られた期間での採用となるため、契約期間満了後の転職や社員登用に関してはスキルの有無が大きく関係するケースもあります。

ここでは、契約社員に必要なスキルを4つご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

コミュニケーションスキル

1つ目はコミュニケーションスキルです。

契約社員に限らず、ビジネスパーソン全体に必要なスキルではありますが、限られた期間で勤務する契約社員には必ず必要だと言っても過言ではありません。

ビジネスでは社内外の様々な人とコミュニケーションが必要になります。

円滑なコミュニケーションは良質な人間関係の構築や円滑な業務に役立ちます。

特に契約社員の場合、契約期間満了後の引き継ぎでも様々な部署とのコミュニケーションが必要です。

仕事における責任は正社員よりも軽い傾向にはありますが、円滑なコミュニケーションは重視されますので、身につけることを意識しましょう。

冒頭でご紹介した「秘書検定」はコミュニケーションスキルを習得できるためおすすめです。

人間関係構築スキル(ビジネスマナー)

2つ目は人間関係構築スキルです。

これは先述したコミュニケーションスキルと重なる部分がありますが、一般的なビジネスマナーが人間関係構築スキルも含まれます。

ビジネスにおいて人間関係を必ずしも良好にする必要はありません。

しかし、お互いが気持ちよく仕事をするためには、ある程度良好な人間関係を構築しておく方が評価にも繋がります。

特に、契約社員から正社員登用を行う場合は、仕事のスキルだけでなく人柄や人間関係構築スキルを重視する企業もあります。

仕事のスキルが高いことはもちろん重要ですが、心の内面を反映する人間関係構築スキルは身につけておいて損はないでしょう。

ビジネスシーンだけでなく、家庭や恋愛でも活用できるスキルなのでぜひ習得を目指してみてください。

人間関係構築スキルを習得するには、冒頭で紹介した「秘書検定」や「ビジネス実務マナー検定」も役立ちます。

気になる方はチェックしてみてください!

PCスキル

3つ目はPCスキルです。

契約社員に限らず、ビジネスパーソンとして必須のスキルではありますが、契約社員の求人にも基本的なPCスキルを必要とする企業は多い傾向にあります。

ビジネスにおいてもIT化がますます盛んになっています。

現状PCスキルが必要でない企業でも数年後には必須となる場合も少なくありません。

PCを日常的に触っておくことはもちろんですが、冒頭でご紹介した「MOS」などのパソコンスキルを身につけておくといいでしょう。

特に、普及率の高いマイクロソフト社製品(Word・Excelなど)は基本的な操作を習得しておくことがおすすめです。

問題解決スキル

4つ目は問題解決スキルです。

問題解決スキルとは、ビジネスにおいてトラブルが発生した場合に状況を判断し、適切な対応や処置を行えるスキルのことです。

問題解決スキルは近年重要視されています。

トラブルの対処を上司に任せるのではなく、自分自身で対処できることで、契約社員としてもビジネスパーソンとしても評価に繋がります。

しかし、問題解決スキルは主体的に行動しなければ身につけることはできません。

日頃からトラブルの本質を理解し、主体的に解決するよう行動することがおすすめです。

契約社員におすすめの資格は?

まずは、契約社員におすすめの資格を4つご紹介します。

  1. MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  2. 秘書検定
  3. TOEIC
  4. 日商簿記

これから契約社員を目指す方、現在契約社員として働いている方はぜひチェックしてくださいね!

1.MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストという資格のことで、マイクロソフト社の販売するWordやExcelなどのスキルを証明できます。

契約社員の求人は事務職も多く、PCスキルを証明したい方におすすめの資格です。

MOSを取得する過程でWordやExcelソフトを実際に触りながら学習するため、PCスキルの証明だけでなく、知識やスキルを身につけることもできます。

事務職以外にも基本的なPCスキルが必要な求人は多いため、PCスキルに自信がない方は受験してみると良いでしょう。

MOSはExcel・Word・PowerPoint・Access・Outlookの5つの分野が用意されており、ExcelとWordは一般レベルと上級レベルが用意されています。

民間資格ではありますが取得を目指している方も多く、企業への需要も高い資格です。

ぜひチェックしてみてください。

ユーキャンのMOS講座

スクール名費用(税込)学習期間
ユーキャン16,000円1ヶ月

公式ページ お申込みをする前に!
>>ユーキャンの「マイクロソフトオフィススペシャリスト」を資料請求する(無料)

 

2.秘書検定

秘書検定とは、現役秘書も受験するビジネスマナーを証明する資格です。

人柄の良い人になるために必要なコミュニケーションスキルや一般的なビジネスマナー、社会人に必須な状況判断スキルなどを習得することが可能です。

契約社員だけでなく様々なビジネスパーソンに必要なスキルですが、短期間で人柄を評価してもらいたい契約社員にとっては特に必要なスキルです。

3級・2級・準1級・1級の4つの級位が用意されており、それぞれ習得したいマナーレベルによって分類されています。

習得したいスキルに合わせて級位を選定し、受験を目指してみるといいでしょう!

たのまなの秘書検定

スクール名費用(税込)学習期間
たのまな13,200円3ヶ月

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>たのまなの「秘書検定+ビジネスマナー講座」を資料請求する(無料)

 

3.TOEIC

TOEICとは、日常生活やビジネスにおいて必要な英語力を測定する世界共通の試験です。

TOEICでは点数によって英語力が判断され、点数が高ければ高いほど優れた英語力を持っているとみなされます。

  • 聞く力・読む力を測定する「TOEIC Listening & Reading Test」
  • 話す力・書く力を測定する「TOEIC Speaking & Writing Tests」

に大きく分けられており、この2つの試験で聞く・読む・話す・書くの4技能を測定することができます。

日本でポピュラーな試験は、聞く力・読む力を測定する「TOEIC Listening & Reading Test」です。

契約社員に限らず、グローバル化の進む日本では英語力は必須のビジネススキルとなってきました。

特にグローバルなビジネスを展開している会社では、TOEICの点数で就職・転職の可否が左右されることもあります。

契約社員として英語力が必要な会社に就職したい場合は、ぜひTOEICで英語力を測ってみてください。

ユーキャンのTOEIC(R)L&Rテスト対策講座

スクール名金額(税込)学習期間
ユーキャン29,000円6ヶ月

公式ページ お申込みをする前に!
>>ユーキャンの「TOEIC(R)L&Rテスト対策講座」を資料請求する(無料)

 

4.日商簿記

日商簿記とは、商工会議所が運営する簿記に関する検定試験です。

初級・3級・2級・1級の4つの級位に分けられており、なかでも簿記3級は、1回の試験で10万人近くの受験者が募るほどの人気を得ています。

簿記検定ではビジネスに必要な経理関連の知識・スキルを証明することが可能です。

契約社員として簿記スキルを就職に役立てたい場合は、企業からの需要が高い2級の取得をおすすめします。

就職・転職以外にも、独立開業を目指して受験に挑戦する方も多く、企業の経営部門からも注目されている資格です。

事務関連や経理関連などの部署への就職を目指す場合は、ぜひ簿記資格を取得してみてください。

キャリカレの簿記検定講座

スクール名費用(税込)学習期間
キャリカレ37,400円3ヶ月

資料請求ページ 不合格なら全額返金!
>>キャリカレの「簿記検定講座」を資料請求する(無料)

 

契約社員のメリット・デメリットは?

契約社員になる場合は、メリットやデメリットをきちんと理解しておくことが大切です。

これから契約社員として働こうと考えている方は、ぜひ事前にチェックしてみてください。

メリット

契約社員のメリットは以下の通りです。

  • 正社員と同等な給与水準である場合が多い
  • 正社員ほどの責任感はない
  • 異動や転勤が少ない傾向にある

契約社員は正社員と同等な給与水準であるケースが多いですが、責任感は正社員ほど重くなく残業なども少ない傾向にあります。

責任感や重圧は最小限にしたいが給与はきちんと欲しい!という方に向いている雇用形態です。

また、会社による部分もありますが限られた勤務地での労働契約になる場合が多いため、異動や転勤もほとんどないケースが多い傾向にあります。

地域を離れずに働きたいという方におすすめだと言えるでしょう。

デメリット

契約社員のデメリットは以下の通りです。

  • 大きな仕事を任せてもらえないことがある
  • 雇用期間が満了すれば契約終了となる
  • 審査に通過しにくい傾向にある

契約社員は正社員に比べて責任感が少ない分、大きな仕事や重要なプロジェクトなどを任せられる機会が少ないデメリットがあります。

仕事に責任感を持ち大きなプロジェクトに参入したい方は、契約社員ではなく正社員がおすすめです。

また、決められた雇用期間での採用となるため、契約期間が満了すればその会社で勤務できなくなります。

会社によっては正社員登用も行っているため、正社員の前段階として契約社員を経験したい方は、正社員登用がある会社を選択しましょう。

契約社員は決められた期間での雇用契約なので、その間クレジットカードやローンなどの審査に通りにくいデメリットもあります。

必ずしも通らないというわけではありませんが、正社員に比べて返済能力が少ないと判断されるのは間違いないでしょう。

まとめ

契約社員におすすめの資格や必要なスキル、メリット・デメリットをご紹介しました。

近年、正社員以外の勤務形態や働き方が注目を集めています。

契約社員もその1つです。

責任感の少ない契約社員でストレスフリーに働きたい方も多いでしょう。

ぜひ、この記事を参考にスキルの習得や資格の取得を目指してみてくださいね。