女性の転職に有利なオススメ資格6選!

コラム
リズ
リズ

転職をすることが当たり前になっている現在、転職活動をより有利に進めようと色々な対策をしている人が多くいます。

対策の中でも、最も効果的なのが資格取得です。

資格があるだけで即戦力とみなされることもあり、就職したい業界に合わせて資格取得のための勉強を考えている人もいます。

ですが、女性の場合だと、これからのライフスタイルと仕事のバランスについても考えていかなくてはなりません。

そこで今回は、それらも踏まえて転職に有利な資格をいくつか紹介していきます。

転職に有利な資格って?

リズ
リズ

まず、転職に有利になる資格とはどんな資格なのでしょうか。

資格は、大雑把に分類すると、専門性のある資格と汎用性のある資格の2種類に分かれます。

就職したい業界が決まっているのなら専門性の資格を取得するのがベストですが、決まっていないという場合は汎用性のある資格の取得がおすすめです。

汎用性のある資格の場合、どんな業界・職種に就いたとしても対応可能で、転職活動時にアピールできるというメリットがあります。

専門性と汎用性、どちらも考えて資格取得を考えましょう。

1. 日商簿記

リズ
リズ

いくつか種類のある簿記の資格の中でも、日商簿記は社会人向けの資格です。

帳簿をつけるための知識が問われるため、事務の仕事を探している人に向いているでしょう。

日商簿記は商工会議所が主催する公的資格であり、誰もが知っている資格なので、その信頼性が疑われるということもありません。

1級~3級、簿記初級、原価計算初級の階級に分かれており、自分の希望のレベルから試験を受けることができます。

2級取得がおすすめ

リズ
リズ

主に資格取得者が多いのは2級と3級で、3級は取得しやすく、商業科の高校生にも取得している人が多くいます。

2級では工業簿記が加わるため、より専門的な内容になりますが、その分、どんな業種の経理も行うことができる点がメリットでしょう。

転職活動を有利に進めるためには、2級以上の取得が望ましいです。

独学で勉強して取得する人も多くいますが、簿記の勉強が初めてという場合は資格スクールや通信講座などを活用して資格取得するのがおすすめです。

 

2. MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

リズ
リズ

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)とは、Word・ExcelなどのMicrosoft Officeアプリケーションの基本的なスキルを証明する資格です。

Microsoft Officeアプリケーションの中でも、Word・Excelは特に利用している企業が多いため、どんな業種・職種に就いても役に立つことが多いでしょう。

パソコンを扱う部署だという場合は、即戦力になれることもあります。

地方の場合、パソコンを使った業務が浸透していない企業もあり、頼れる存在になったという実例もあるほどです。

目的に応じて取得できる

リズ
リズ

資格はアプリケーション別に分かれているため、WordとExcelの資格はそれぞれ違うものとなっています。

そのため、自分の目的に応じて資格取得が可能なのです。

例えば、どの業種に就職したとしても汎用性の高いWord・Excel・PowerPointの資格を取得しておけば幅広い業界でアピールできます。

WordとExcelには、上級であるエキスパートレベルの試験があるため、周りと差をつけたいという場合には、エキスパートの取得を視野に入れるのもおすすめです。

システムエンジニアの仕事をするのならAccessの取得も良いでしょう。

PowerPoint・Access・Outlookはスペシャリストレベルのみが用意されているので、Word・Excelを取得してからチャレンジするといいかもしれません。

 

3. 秘書検定

リズ
リズ

秘書検定は、スケジュール管理・文書作成などのスキルに加え、接客・言葉遣いなどの社会人としてのマナーが問われる資格です。

就活を控えた大学生に資格取得者が多く、就活でアピールが可能な資格でもあります。

社会人としてのマナーは誰かが教えてくれるわけではありません。

秘書検定の資格の勉強を通して覚えたという人も多く、仕事だけではなく日常生活にも役に立つでしょう。

2級の取得がおすすめ

リズ
リズ

資格は1級・準1級・2級・3級の4階級に分かれていて、おすすめは2級の取得です。

大学生の就活でも2級の取得者が多く、社会でも活用できるレベルと言えるでしょう。

不安という場合は3級からの受験もおすすめです。

2級・3級を同時に受験することもできるので、2級がほしいけど確実に3級も取得したいという人に良いでしょう。

 

4. FP(ファイナンシャルプランナー)

リズ
リズ

FP(ファイナンシャルプランナー)とは、人々の人生設計をサポートするお金のプロです。

お金に関する知識が豊富にあるため、金融機関や保険会社などで働いている人に資格取得者が多くいます。

FPの資格にはいくつか種類があり、国家資格のFP技能士、民間資格のAFP資格・CFP資格です。

FP技能士には1~3級までの階級があり、全て国家資格になります。

かと言って民間資格の方が劣るというわけではなく、FP技能士1級・2級の受験資格にも関わってくるため、ダブル取得している人も多くいます。

幅広く役立つ

リズ
リズ

FPと聞くと、金融業界への転職に有利になると思うかもしれません。

しかしその他にも、保険会社・住宅メーカー・不動産会社など、人々がお金をどんなふうに使うかをよく考えるような業界でも有利になります。

また、仕事として活かすだけではなく、実生活にも活かせるのも魅力です。

計画的に貯金できるようになったり、仕事で将来的に独立を考えることができるようにもなるのです。

取得して損はない資格なので、お金に興味のある人はチャレンジする価値があります。

FP技能士3級なら、受験資格がないので誰でも受験可能です。

 

5. 医療事務

リズ
リズ

ママの仕事復帰におすすめな1つが医療事務です。

医療事務は病院・クリニックの受付業務や会計、病院の収入に関わるレセプトの作成を行います。

病院に行くと、最初に出会うのが医療事務のスタッフなので、病院の印象を決定づける役割があると言っても過言ではありません。

また、ほとんどの病院・クリニックでは日曜がお休みなので、働きやすい仕事でもあります。

病院・クリニックは全国にたくさんあるため、家族の転勤があるという人でも安心ですね。

在宅で取得を目指せる

リズ
リズ

医療事務の資格は民間資格であり、多くの団体が認定をしています。

ユーキャンやキャリカレなどの講座を受講し、試験を受けて資格取得をすることが可能です。

在宅試験に対応しているものもあるため、子どもが小さくてなかなか外出の時間が取れないというママでも資格取得が目指せます。

履歴書にも記載できるので、面接でもしっかりアピールができますよ。

 

6. 調剤薬局事務

リズ
リズ

医療事務に似ている資格が調剤薬局事務です。

処方箋を取り扱う薬局で受付業務をしたり、レセプトの作成を行います。

調剤薬局も全国に必ずあるため、引っ越しがあっても再就職しやすいでしょう。

また、医療事務とダブル取得することで、どちらに就職しても対応可能というメリットもあります。

取得の道はさまざま

リズ
リズ

調剤薬局事務の資格も通信講座で取得できます。

自宅試験に対応していることが多いため、自宅を離れる時間がないという人にもぴったりです。

最近は、医療事務の資格とともに資格取得を目指せる大学・短大・専門学校も増えてきており、新卒で医療事務・調剤薬局事務の仕事に就くということも珍しくありません。

 

まとめ

リズ
リズ

新卒で入った会社に定年まで勤める終身雇用がほとんどなくなった今の時代は、転職は珍しいものではありません。

そんな現実に加え、女性はライフスタイルによって働き方が変化していくことがほとんどなので、理想の仕事をするためには、資格取得がより重要になってきます。

今回紹介した資格以外にも色々な資格があるので、ぜひ気になる資格を見つけ、転職に役立ててみてください。