夫とうまくいかない人の特徴は?関係を良好にする行動チェック・方法など紹介

コラム

「夫とうまくいかない」「どうすればいいんだろう」と悩んでしまう方は多いでしょう。

結婚をして家族になっても、別の人間が一緒に暮らしていれば悩みや不満は募ります。

そこで今回は、夫とうまくいかない理由や改善方法・ポイントについて詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、夫との関係構築に必要な要素がわかるでしょう。

夫とうまくいかないことで悩んでいる方は、ぜひチェックしてくださいね!

夫とうまくいかない人に多い特徴

夫とうまくいかない人は共通した特徴を持っている場合があります。

その特徴は以下の3つです。

  • 夫への不満が募っている
  • 否定的で小言が多い
  • 感情の浮き沈みが激しい

ここでは、夫とうまくいかない人に多い特徴について見ていきましょう。

夫への不満が募っている

1つ目の特徴は「夫への不満が募っている」点です。

夫への不満が募っていると、無意識的な部分で攻撃になってしまう女性が多く、夫との関係性が破綻してしまうケースがあります。

例えば「家事を全くしてくれない」「子育ても全て自分任せ」「小言や嫌味が多い」など、夫への不満が募り積もって、夫への愛情がイライラに変わってしまうことが挙げられます。

夫の行動や態度への不満だけでなく「夫がいるだけでストレス……」と、ストレスの原因となってしまうこともあるでしょう。

夫への不満が募っている場合、夫とうまくいかないケースが多いと言えます。

否定的で小言が多い

2つ目の特徴は「否定的で小言が多い」点です。

これは、前述した夫への不満からきているケースもありますが、自分自身に余裕がなく常に否定的になってしまう女性も少なくありません。

例えば、会話をする際に「でも……」「だって……」「いやそれは……」と否定的な言葉が多いと、夫自身も疲れてきてしまいます。

お互いにギスギスした関係になり、結果的にうまくいかないことも少なくありません。

夫が原因で妻が否定的になってしまっている場合もあるため、どちらが悪いわけでもありませんが、夫との関係がうまくいかない人に多い特徴です。

感情の浮き沈みが激しい

3つ目の特徴は「感情の浮き沈みが激しい」点です。

夫婦どちらかの情緒が不安定な場合、もう一方の情緒も不安定になってしまいがち。

ある時は明るく元気なのに、急にネガティブでブルーになるという方は要注意です。

また、些細なことにもカッとして、イライラしてしまうといった感情の浮き沈みも夫婦の関係を悪化させる原因となります。

相手に機嫌を取らせるのは良い夫婦関係とは言えないため、感情の浮き沈みが激しい場合は夫とうまくいかなくなってしまうことも……。

こんなことしてない?夫との関係悪化につながる行動チェック!

夫とうまくいかない人に多い特徴について解説しましたが、ここでは夫との関係悪化につながるチェック項目を用意しました!

当てはまる数が多ければ多いほど夫とうまくいかないリスクが高いため、自身の行動を振り返ってみましょう。

  • すぐに小言を言う
  • 夫を怖がらせる(威圧的)
  • 優位に立ちたがる
  • 夫のことを疑う
  • 小馬鹿にする
  • 夫に過度な期待をしている
  • 夫の嫌なところばかり見ている
  • 夫を他人と比較している(それを言葉で伝えている)
  • 夫を追い詰めている
  • なんでも夫のせいにしている
  • 夫の言葉に否定的

いくつ当てはまっていましたか?

自分自身では気づいていないだけで、夫とうまくいかない原因は自分にあるかもしれません。

まずは自身の行動や言動を見直してみることが重要です。

夫とうまくいくための3つの方法

ここでは、夫とうまくいくために必要な3つの方法をご紹介します。

  • 相手より自分を変える
  • 心のコントロールを習得する
  • 過度な期待をしない

それぞれの方法を詳しく解説しましょう。

相手より自分を変える

1つ目は相手よりも自分を変える方法です。

恋愛や友情・仕事など全てのことに共通する項目ですが、相手を変えるよりも自分を変える方が効率的で効果的です。

人の考え方や行動を変えるのは一筋縄ではいきません。

相手との関係性を変えたいと考えるのであれば、自分自身が変わってしまう方が早いです。

例えば、夫が遅くまで飲み歩いていることにイライラするのであれば、以下のような方法で自分を変えることがおすすめです。

  • ひとりの時間を楽しむ(趣味を始めるなど)
  • 夫がいない時間に普段できないことをする
  • 自分も飲みに行ってみる

夫が飲み会を完全にやめる確率は非常に少ないでしょう。

しかし、夫のいない時間を楽しい時間に変えることは簡単にできます。

夫がいない時間にしかできない趣味をひっそりと始めるのもよし、飲み会に行ってみて自分も楽しさを知るもよし、自分が苦しくならないように自分の考え方や行動を変えてみましょう。

心のコントロールを習得する

2つ目は心のコントロールを習得する方法です。

些細なことでイライラしてしまう人、感情の浮き沈みが激しい人は心のコントロールがうまくできない特徴があります。

心のコントロールは夫婦関係だけでなく、育児や仕事、人間関係の構築全てに役立つスキルです。

しかし、心のコントロールは自分の意思だけでは制御できない方が多いでしょう。

どれだけイライラしたくないと思っていても、イライラしてしまうときはイライラしてしまいますよね。

そんな方に重要なのが、心のコントロール方法を学習することです。

心のコントロールを行うためには、心理学はもちろん感情を左右する要素や、自身の感情を落ち着かせる方法を知らなくてはなりません。

書籍や通信講座など、心をコントロールする方法を学べる媒体は豊富にあります。

自分に合った方法で勉強してみてください。

過度な期待をしない

3つ目は過度な期待をしない方法です。

人間が「裏切られた」「イライラする」「ショック」と感じるときは、大抵の場合、相手に対して期待をしています。

相手に期待をすることで期待に沿ってくれなかった場合の反動が大きく、「裏切られた」と感じてしまいます。

しかし、相手はそんなつもりは全くなかった……というケースも少なくありません。

例えば、あなたは「炊飯器のタイマーをセットし忘れていたけど、先に帰る夫がご飯を炊いていてくれるだろう」と期待をしていたとします。

しかし、家に帰ったらご飯は炊かれていませんでした。

そのときあなたは「裏切られた」「なんで炊いておいてくれないの?」とイライラしてしまうでしょう。

もしかすると、「いつも家事をしてくれない」「誰のおかげで美味しいご飯を食べられていると思っているの」とさらに怒りが増大してしまうかも……。

しかし、夫からすればご飯のタイマーをつけ忘れていたことを知りません。

そこを責められても……と思ってしまうわけです。

この場合、事前に夫に連絡をしておけばお互いにモヤモヤしなくて済んだでしょう。

また、「夫はきっと炊いてくれていないだろうな」と思っていれば、もし炊いていなくても「やっぱりな」と思うことができますよね。

このように、夫婦関係をうまく構築するためには、お互いに期待しすぎないことが重要です。

夫との関係を良好にするポイント

夫とうまくいくための3つの方法を解説しました。

ここでは、さらに夫との関係を良好にするために必要なポイントを3つ解説します。

  • 一方的ではなく「二人で」を大切に
  • 通信講座を活用する
  • 自分らしさを忘れない

夫との関係をもっとより良くしたい!と考えている方は、ぜひチェックしてくださいね!

一方的ではなく「二人で」を大切に

1つ目のポイントは、一方的ではなく「二人で」を大切にすることです。

夫婦というのはお互いが支え合って歩んでいくもの。

どちらか一方が頑張っていてもうまくいきません。

もし、夫に対して不満がある場合は二人で解決することを心がけましょう。

例えば、夫への不満を押しつけるのではなく、「私はこういうところが嫌だったから、こうしてみるのはどうかな?どう思う?」と二人が主体的に話し合うことが重要です。

お互いに押し付けとならないよう、二人で考え、二人で改善していくことを心がけましょう。

通信講座を活用する

2つ目のポイントは通信講座を活用することです。

心のコントロールなどは自分自身で習得しようと思ってもなかなか難しいですよね。

通信講座を活用し、正しい知識をきちんと取り入れることで、日常的に生かせるスキルを身につけることができます。

ここでは、2つのおすすめ通信講座をご紹介しましょう。

アンガーコントロール実践講座|資格のキャリカレ

資格のキャリカレのアンガーコントロール実践講座は、イライラしたりカッとしたりする状況で衝動的に出てしまう心ない言葉や行動を制御する方法を身につけるための通信講座です。

この通信講座を受講することで、夫にイライラした際の正しい対応や、関係悪化につながる言動をコントロールできます。

もちろん自分自身の不快な感情に対処する方法も学ぶことが可能です。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「アンガーコントロール実践講座」を資料請求する(無料)

 

メンタルトレーニング講座|ユーキャン

ユーキャンのメンタルトレーニング講座では、日常のストレスや心身の不調を緩和する方法を学ぶことができます。

心理学からはじまり、ポジティブ思考やストレス発散法、コミュニケーションスキルなどが身に付く資格なので、夫との関係構築にも役立つでしょう。

もちろん仕事などの人間関係でも生かすことができるので、ストレスを感じやすい方はぜひ学んでみてください。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「メンタルトレーニング講座」を資料請求する(無料)

 

自分らしさを忘れない

3つ目のポイントは自分らしさを忘れないことです。

先ほど、「相手を変えるより自分を変える方が早い」と解説しました。

これは非常に重要な考え方ですが、自分の感情を押し殺すということではありません。

夫婦関係のなかでも自分らしさは重要です。

自分らしくのびのびと生きていくために、自分に合った方法を選択することをおすすめします。

自分らしさを守りながら、夫とうまくいく方法を模索してみてくださいね。

まとめ

夫とうまくいかない人の特徴や、うまくいくための方法・ポイントを解説しました。

夫婦といえども血のつながらない二人の人間です。

うまくいかないこともたくさんありますが、この記事を参考にさまざまな方法を試してみてください。

自分らしく夫との関係を構築できることを応援しています!