クレアールとは?特徴・メリット・デメリット・口コミ・おすすめな人など紹介

コラム

将来的な転職や独立開業のために、実務に対応可能なレベルで法律の知識を身に付けておきたいという人も多いのではないでしょうか。

客観的に実力を証明するためには資格の取得が有効ですが、仕事や家事と並行して学習を進めるのは大変に感じてしまいますよね。

そこでおすすめなのがクレアールのような通信講座です。

本稿では法律系資格の人気通信講座であるクレアールについて詳しく見ていきます。

クレアールとは?

1998年に設立されたクレアールは、公認会計士・税理士・司法書士といった法律系の資格を中心に取り扱っている通信講座です。

前身である経営系専門学校時代から起算すると、半世紀以上に亘って教育事業に携わっている老舗となっています。

法律系以外にも、ファイナンシャルプランナー・公務員試験・簿記試験などカバーしているため、幅広いニーズに対応可能です。

公式ページ
>>「クレアール」の公式サイトはこちら

 

クレアールの特徴は?

クオリティの高い講義をオンライン環境で受けられる

クレアールが提供している講義はweb上で完結するオンラインタイプであり、利用者は教室に足を運ぶ必要がありません。

PCはもちろんの事、スマホやタブレットといったモバイルデバイスにも対応しているため様々な学習環境に適応します。

何かと忙しい現代人のライフスタイルに即した学習スタイルであると言えるでしょう。

また、クレアールの通信講座では、50年以上の歴史で培ってきた指導ノウハウが存分に活かされています。

自宅や外出先でも予備校レベルの講義を手軽に受けられるという点は、クレアールの大きな特徴です。

独自の学習メソッド「非常識合格法」

通学スタイルの専門学校にしろ通信講座にしろ、それぞれの教育機関では独自に学習方法を開発しているところも少なくありません。

そんな中にあって、クレアールでは公式に「非常識合格法」と銘打った学習メソッドが提供されています。

ここがポイント!

非常識と言っても悪い意味ではなく、資格試験の合格点獲得に徹底したカリキュラムとなっているのです。

通常、専門学校や通信講座では試験範囲を網羅するように知識を身に付けていきます。

それに対してクレアールの非常識合格法では、科学的なアプローチによって絞り込んだ学習範囲によって、最小限の時間と労力で合格を目指すスタイルです。

一般的な学習方法とは異なるため、ある意味「非常識」である事から命名されたのです。

クレアールを選ぶメリットは?

とにかく効率的に学習出来る

クレアールで学習するメリットは、まず何と言ってもその「効率の良さ」にあると言って良いでしょう。

非常識合格法によって学習範囲が絞り込まれている他にも、講義動画の倍速再生機能や音声のみのデータ配信など、時間を有効活用して学習を進めるための工夫が満載です。

講義は単元ごとにしっかり区切られているので内容を整理しやすく、動画は1本あたり30~90分と1度で視聴しやすい長さに調整されています。

厳選された学習内容を集中的に学習する事によって、知識の定着率向上が期待出来るのです。

リーズナブルな料金設定

一般的な資格専門学校に通うとなると、年間60~80万円前後の学費が必要となります。

もちろん各校によって料金設定の幅は様々ですが、学費の相場として押さえておきたい数字です。

講座の種類にもよりますが、クレアールは費用を安く抑えたいという利用者からも人気を集めています。

知識とテクニックの両立

資格試験は身に付けた知識を正しく運用・アウトプット出来るかどうかを見極めるためのものですが、出題される設問にある程度の傾向が見られるのは入試と同じと言えます。

クレアールでは最短距離での合格を目指すべく、設問に対する効果的なアプローチ方法や読解術を回答テクニックとして教えているのもメリットです。

充実したサポート体制

通信講座は直接対面して講師やスタッフに質問・相談する事が出来ないため、スムーズに学習を進めていくためには運営側のサポート体制が重要になります。

その点で言うと、クレアールはサポートが充実している事で知られているので安心して学習に集中出来るでしょう。

例えば、学習中に一人では分からないところが出てきたとしても、何度でもメールで質問する事が可能です。

通信講座の中には質問の回数制限が設けられていたり、そもそも質問を受け付けていなかったりする場合もあります。

担任制

クレアールでは担任制を採用しているという点も、サポート体制の充実に繋がっています。

利用者個々人に合わせた学習スケジュールの調整やモチベーション維持のアドバイスなど、自力では難しい面をバックアップしてくれる頼もしい味方です。

保証制度

また、クレアールの各種講座はオプションで「安心保証」を追加する事が出来ます。

安心保証は万が一、初年度の受験で不合格になってしまった場合に、1年間同じ内容の学習カリキュラムとサポートを延長するシステムです。

講座の申し込み時に追加料金が必要になるものの、本来の受講コース期間内で合格する事が出来ればオプション料金は返金されます。

難易度の高い資格に挑戦する場合に備えておくと良いでしょう。

クレアールのデメリットは?

教室に通う事はない

オンライン完結型のクレアールでは、実際の教室に通って人と対面する機会がありません。

そのため、周りの受講者と切磋琢磨してモチベーションを維持したり、講師やスタッフとリアルタイムでコミュニケーションを取れないという点には注意が必要です。

クレアールでは、こうしたデメリットを解消するためにサポート体制が充実しているので、積極的に活用して効率的に学習を進めていきましょう。

模擬面接は都内限定

クレアールでは講座によって面接対策を設けている場合がありますが、模擬面接の会場は原則として東京都に限られています。

関東圏以外に住んでいる人にとっては、模擬試験のためだけに東京を訪れる事が難しいというケースもあるでしょう。

しかし会場に足を運べなくても、試験直前期には電話などで個別の指導を行ってくれる事もあるので相談してみるのがおすすめです。

完璧主義には向かない

クレアールはあくまで「資格試験での合格」を目的とした講座であり、すべての知識を網羅的に身に付けるためのカリキュラムは組まれていません。

したがって「試験で満点あるいはトップクラスの成績を狙いたい」という用途には向いていないので予め留意しておきましょう。

クレアールの口コミは?

ポイントを厳選して学べた
クレアールの講座は、全ての講義において合格に必要な範囲だけに論点を絞り込んでくれており、試験に出るポイントが厳選されているので、効率的に学習できたところがとても良かったです。
講師の石川先生の講義は分かりやすく、テキストをただなぞって暗記するだけのものではなく、根本から理解を深めていくことができるような説明で、語呂合わせや暗記のポイントなども織り交ぜて教えて下さったおかげで、楽しく学習を進めることができました。
(宅建受講者)
低価格で充実の内容
クレアールを見つけた時は料金が低価格な上、合格者のコメントなども読んで総合的に良かったのでクレアールに決めました。
実際教材はとても充実していて、自分で別に購入した教材はありません。
クレアールの教材のみで合格しました。
杉田先生の講座が大変分かりやすく、講座が頭に入りやすく、勉強しやすかったです。
模試も一言アドバイスをもらえ、点数が取れなくても心が折れずに勉強を続ける事ができました。
(行政書士受講者)

※公式サイトより引用

クレアールはこんな人におすすめ!

忙しくて時間が取れない人

クレアールの受講は「まとまった時間が取りにくい人」に向いていると言えます。

スキマ時間でも手軽に学習しやすいシステムが整っているので、仕事や家事をこなしながらでも少ない負担で資格の取得を目指せるでしょう。

机に向かうのが苦手な人

また「机に向かってテキストで学習するのが苦手な人」にもクレアールが効果的に作用する可能性が高いです。

スマホやタブレットを中心に学習を進められるクレアールなら、場所を選ばず自分のスタイルで知識を吸収出来ます。

最短で試験に合格したい人

効率化された学習メソッドである非常識合格法を活かすのであれば「最短距離で試験に合格したい人」や「徹底的に無駄を省きたい人」もおすすめです。

最大効率と最小労力のクレアールで資格を取得しよう

法律や経営に関わる資格は専門用語も多いため学び始めは勝手が分かりにくいものです。

試験範囲も広めに設定されているため、すべての知識を網羅するにはそれなりの時間と労力を要するでしょう。

そんな時は、効率化に特化したクレアールの通信講座を利用してみるのがおすすめです。

サポート体制も充実しているため、一人で学習を進めていてもつまずきにくくなっています。

時間を有効活用して未来の自分に投資してみてください。

公式ページ
>>「クレアール」の公式サイトはこちら