別れるタイミングを見極めるポイントは?彼と別れたい思う前兆のサイン5選!

別れ

交際期間が長くなればなるほど、倦怠期が訪れることもあるでしょう。

彼氏とラブラブな時期があったけれど、一緒に居ても楽しいと思えなくなってきたら、不安になってしまうと思います。

相手のことを大切に思いたい気持ちがあったとしても、相手との関係性をうまく築くことができなくなってくると、そろそろ潮時なのかなと思ってしまいますよね。

しかし、そんな状態でずるずると関係を続けていたとしても、自分にとっても相手にとっても、良くありません。

二人に訪れるはずの大切な未来を逃さないためにも、別れるタイミングをしっかりと見極める必要があります。

ここでは、別れるタイミングについて、詳しく見ていきたいと思います。

別れるタイミングを間違えると後悔する?

相手との関係性をうまく築くことができなくなって、「そろそろ別れようかな」と思う時期もあるのではないでしょうか。

しかし、実際に別れを切り出そうと思うと、なかなか勇気が出なくて言えなかったり、次に彼氏ができるかどうかが不安になって、ずるずると関係を続けてしまうことも少なくありません。

特に、彼氏以外には自分を好きになってくれる人はいないかもしれないと思っていたり、年齢的に別れたら婚期を逃してしまうのではと悩んでしまう人は、それが顕著に現れます。

その気持ちも痛いほどわかりますが、別れるタイミングを逃してしまうと、さらに婚期を逃してしまう可能性が非常に高いです。

せっかく、自分さえ我慢していれば大丈夫だと思って耐えていたのに、その努力が無駄になると考えると、時間がもったいないですよね。

後々になって、「なんであの時、別れなかったんだろう」と後悔してしまうことになります。

それを防ぐためには、「別れたい」と思っている原因を分析して、それが改善できるものなのかどうか、二人の関係性を修復できるものなのかどうかを見極めることが重要です。

別れるタイミングを見極めるポイントは?

相手のためにおしゃれをしたいと思えなくなった

彼氏と付き合い始めた頃は、「彼氏にかわいいと思われたい」などの理由から、デートの度におしゃれに気合いが入るものですよね。

交際期間が長くなるにつれて、お互いの良い部分や悪い部分を見せ合うようになると、気を遣わなくて良いから、なあなあになってしまうことはあると思います。

それでも、記念日のためのデートだったり、二人で初めて行く場所などであれば、ワクワクしておしゃれをしたいと思うものです。

しかし、相手に恥をかかせたくない、喜んでほしいという気持ちがなくなってくると、途端におしゃれをする気力が失せてしまいます。

相手のためにおしゃれをして喜んでもらいたい、そんな手間を割くのすらも惜しくなってしまっていたら、相手に冷めているサインだといえます。

誕生日や記念日を一緒に祝いたいと思えなくなった

恋人たちに大切なイベントが、誕生日や記念日、クリスマスなどのイベントですよね。

特に、付き合いたてのカップルであれば、誕生日や記念日などの特別な日は、なんとしてでも彼氏と一緒に居たいから、二人で過ごす時間を確保するのに必死になるものです。

しかし、相手に対する気持ちが薄れてくると、今までは特別だった誕生日や記念日が、面倒なものに変わってしまいます

そのため、相手から「今年の記念日はどうする?」と聞かれても、「その日は予定があるから」などと予定もないのに断ってしまうことも増えてきます。

そんな兆候が見られるのであれば、別れたいと思っているサインといえるでしょう。

相手の変化に関心を持つことができなくなった

これは、主に女性に見られる兆候ともいえるのですが、相手の変化に関心を持つことができなくなった時にも、別れたいサインだといえます。

特に、女性は自分の努力や変化に気付いてほめてほしいと思う傾向にあるため、女性同士の会話であっても、お互いの変化を褒め合う様子がよく見られるのではないでしょうか。

そういったことを繰り返して、相手の変化に敏感に反応するスキルが身についているため、「髪型を変えた」「新しい服を買った」などの変化にも気付くわけですね。

しかし、相手に対する関心が薄れてくると、相手の変化に気付くための努力をするのが面倒になります。

言葉は悪いですが、ぶっちゃけ、相手が髪を切ろうが服を新調しようが、どうでもよくなってくるわけです。

そういった傾向が見られる場合には、そもそもとして、相手に魅力を感じなくなっている傾向にあると判断して良いでしょう。

相手の気遣いが嬉しいと思えなくなった

彼氏からの気遣いは、本来であれば、とても嬉しいものですよね。

しかし、相手への気持ちが冷めてくると、ちょっとしたことで「大丈夫?手を貸そうか?」と言われても、「いや、いいから構わないで」と相手からの気遣いを拒否するようになります。

この傾向が見られる段階としては、相手の顔を見たり、会話をするのも億劫に感じたり、触れ合うなんて気持ち悪いと感じている場合もあります。

ここまでくると、もう、なんで付き合っているのかわからなくなりそうですね。

そのため、相手からの気遣いが嬉しいと思えなくなった場合には、相手に対する気持ちも相当冷めていると判断して良いでしょう。

他の人に魅力を感じるようになった

彼氏以外の異性に魅力を感じるようになってくると、もう末期です。

ここまでくると、自分自身でも、相手と別れた方が良いかな、と思う時期でしょう。

しかし、相手に別れを切り出すのが怖い、相手と別れてもその人と付き合える保証はないから、と惰性で交際を続けてしまう人もいます。

曖昧な関係を続けていれば、いつか、相手から別れたいと言ってくるだろうと考えて、そうする人もいるのではないでしょうか。

ただ、ここで言いたいのは、今まで大切に想ってきた相手に対して、その対応が失礼でないかどうかを考えてほしいのです。

別れを切り出す勇気を持つのが怖い気持ちはよくわかりますが、自分がその立場に立った時、同じような対応をされたら、どう感じるのでしょうか

それをしっかりと考えた上で、別れを切り出すかどうかを冷静に判断することが重要です。

彼と別れたい思う前兆のサイン5選

1. 相手とラインのやりとりをするのが面倒になってきた

まず、彼氏と別れたいと思うきっかけとして多く見られるのが、相手とラインのやりとりをするのが面倒に感じることです。

付き合い始めの頃は、相手とラインのやりとりをするのが楽しくて仕方がなくて、夜通し電話したりすることも多かったのではないでしょうか。

交際期間が長くなると、お互いに安定期に入るので、それほど連絡はとらなくても大丈夫というカップルも多いですが、面倒には思いませんよね。

このように、相手と繋がるための連絡をするのが億劫に感じてしまうのも、彼氏と別れたいサインだといえます。

2. 相手とデートするのが億劫になってきた

相手とラインのやりとりをすることだけではなく、デートをするのも億劫になってくると、相手への気持ちは確実に薄れてきています

今までは、相手とデートする時間がとても幸せだったのに、今では会う約束をするのですら億劫に感じてしまうようになると、別れたい気持ちは大きくなっています。

また、相手とデートをするのは平気だとしても、相手のちょっとした言動・行動にイラつくようになったり、プランを考えるのが面倒になった場合も当てはまります。

そのため、相手と会うのが面倒になる、顔を見るのも嫌になってくるなどの兆候が見られたら、彼氏と別れたいサインだといえます。

3. 相手のために尽くすのが嫌になってきた

相手のために尽くすことは、恋人同士であれば普通といえるのではないでしょうか。

相手に喜んでほしいと思う気持ちがあれば、どんなに面倒なことであっても、相手のために尽くしたいと思うものですよね。

そのため、彼氏のために毎朝お弁当を作って届けてあげたりなどの行動ができるわけです。

しかし、相手の顔も見たくない、連絡するのも面倒になってきた段階であれば、相手の喜ぶ顔なんて、最早どうでもよくなっています。

相手のために時間を割いて、努力したりすることが嫌になってきた場合には、彼氏と別れたいサインだといえます。

4. 相手の嫌な部分が受け入れられなくなってきた

恋人関係を維持するためには、お互いの悪い部分をどれだけ許容できるかどうかが、非常に重要になります。

お互いに許容して、かつ、悪い部分を改善し合うことができるカップルが、結婚に繋がる可能性が高いわけですね。

しかし、相手への気持ちがどんどん冷めてくると、今までは許容できていた嫌な部分が目立ってきて、許容できなくなってしまいます。

場合によっては、相手と別れたいと思ってしまうきっかけとして、これが一番先にくることもあると思います。

ここまで来てしまうと、相手と一緒に居るための努力をすることが嫌に感じてしまっているので、彼氏との別れを決断すべきタイミングといえるでしょう。

5. 相手と触れ合うのに嫌悪感を抱くようになった

相手と触れ合うのに嫌悪感を抱くようになると、関係を修復するのは非常に難しいでしょう。

恋人関係を深めるための要素として、相手との触れ合いは必要不可欠ですよね。

しかし、相手と触れ合うのが嫌だったり、セックスレスになってしまうと、生理的に無理だと感じている可能性が非常に高いです。

ただ、年齢によっては触れ合いは手を繋ぐだけで十分だと思っていたり、そもそも性行為に抵抗がある場合があるので、そこは勘違いしないように注意しましょう。

あくまでも、今まではできていた触れ合いに嫌悪感を感じてしまう場合に見られる兆候なので、生理的に相手を受け入れられない場合には、別れを決断すべきでしょう。

別れるタイミングを見極めて、曖昧な関係を清算しよう!

別れるタイミングは人によって様々ですが、自分にとってのタイミングを逃してしまうと、婚期を逃して後悔してしまう可能性が非常に高くなります。

しかし、そうはいっても、別れるか別れないかは迷ってしまうものですよね。

「まだ望みがあるかもしれない」と思っていても、相手が改善するための努力を惜しんでいたり、すれ違ったりすると、どんどん時間だけが過ぎ去ってしまいます。

そのため、上記を参考に、別れるタイミングを見極めて、勇気を出して別れを切り出すことが、人生を充実させる第一歩になるわけですね。

二人の関係を修復することが不可能だと思ったら、曖昧な関係をずるずると続けるのではなく、幸せになるための行動を起こすようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました