「別れるか別れないか」迷う時にするべきこと・考えるべきことは?

別れ

恋人と過ごしていて得られるものは、幸せなことばかりではありません。

交際期間が長くなればなるほど、相手の嫌なところが見えてきて、喧嘩をしてしまうこともあると思います。

喧嘩の度に、お互いが納得した状態で仲直りができたとしても、少しずつ、相手に対する不満は積み重なっていくものですよね。

別れるか別れないか迷う時は、自分の気持ちさえもしっかりと見えなくなり、感情的にしか考えられなくなってしまいます。

別れるか別れないか、自分の気持ちを冷静に判断するためには、どのようなことに視点を置いて、考えるようにすれば良いのでしょうか?

ここでは、別れるか別れないか迷う時に考えるべきことについて、詳しく見ていきたいと思います。

「別れるか別れないか」迷ってしまうきっかけは?

別れるか別れないか、迷ってしまう原因には、非常に様々なものがあります。

しかし、必ずしも、不満に感じる原因が1つだとは限りません。

大抵の場合が、1つに限定したものではなく、数ある不満の中から、不満の度合いが大きいものが主張しているに過ぎません。

そのため、不満の度合いが大きいものだけが別れたい原因なのではなく、今までの不満が積み重なったことによって、別れたいという気持ちが出てきていると理解しましょう。

また、別れないという選択をする場合には、相手の悪いところも一緒に克服していく覚悟が必要になります。

今までに蓄積されてきた不満は、お互いの努力によって改善・解決できるものなのでしょうか

相手の嫌な部分が改善するまで、相手を支えるための心の余裕が自分にあるのでしょうか

これらを自分に問いかけて、厳しいな、無理そうだな、と感じてしまったり、辛くて涙が止まらなくなってしまった場合には、もう限界なのかもしれません。

このように、自分がどうしたいのかは、無意識のうちに判断しているものなのです。

自分自身の本当の気持ちを見極めて、冷静に別れるか別れないかを判断するためにも、何に着目して考えれば良いのかを把握しておくことが重要です。

「別れるか別れないか」迷ってしまう理由は?

まだ好きな気持ちが残っている

まだ好きな気持ちが残っている場合にも、別れるか別れないか、迷ってしまう理由になります。

特に、相手の浮気や暴言・暴力などが原因である場合、明らかに別れるべきだとわかっていても、まだ好きな気持ちが残っていると、躊躇してしまいますよね。

確かに、別れるか別れないかは自分で決めるものなので、どんなに辛くても、まだ好きな気持ちが残っているのであれば耐えられるかもしれません。

しかし、周囲から見て、明らかに別れた方が良いという状況下にあったり、辛そうに見えるなどと言われた場合には、幸せになれる可能性は限りなく低いです。

一方で、相手に不満を伝えた段階で、「これからは、このように改善していくから」と真剣に対応してくれたのであれば、まだ別れを決断するのは早いかもしれません。

そのため、まだ好きな気持ちが残っている場合には、相手の対応とともに、周囲の人の意見を聞き入れた上で、総合的に判断すると良いかもしれませんね。

交際期間が長くて情が深くなっている

交際期間が長いと、恋愛感情だけではなく、家族のように情が湧いてくるものです。

そのため、別れるか別れないか迷う時には、頭の中では別れた方がいいとはわかっていても、相手のことを大切に思う気持ちが邪魔をすることもあります。

それが、本当に相手を好きだと思う気持ちから出てくるものなのか相手に対する情から出てくるものなのかを見極めることが重要です。

今の感情は一時的なものではないかと思う

別れるか別れないか迷う理由として、今、抱いている嫌な感情は一時的なものではないかと考えてしまう場合もあります。

しかし、喧嘩をした直後などに突発的に別れたいと思ったことなのか今までの嫌な出来事などが積み重なって別れたいと思ったことなのか、どちらなのかをしっかりと見極めるべきです。

突発的に別れたいと思ったことなのであれば、勢いに任せて別れてしまうと後悔してしまうことになります。

後悔しないようにするためにも、自分が抱いている感情が一時的なものなのか、今までの嫌な感情が積み重なったものなのかを自分に問いかけてみましょう。

今の相手と別れてしまうのが不安

別れるか別れないか迷う時は、今の相手と別れてしまうのが不安という気持ちが背景にある場合があります。

これらの気持ちは、今の相手と別れてしまうと、自分を好きになってくれる人がいないかもしれない、相手には自分が居なきゃダメだという不安から来ています。

しかし、自分を好きになってくれる人が相手しかいない、ということは絶対にありません。

また、相手には自分が居なきゃダメだという不安も、相手に尽くしている自分を見て、自分の存在意義を確かめたいという気持ちが大きいからだといえます。

自分が相手に対して抱いている気持ちが、自分の存在意義を確かめるための依存心からくるものなのか、相手と居るだけで幸せに感じる気持ちからくるものなのかを真剣に考えてみましょう。

「別れるか別れないか」迷う時にするべきことは?

相手と距離を置いて自分一人の時間を作る

別れるか別れないか迷う時は、相手と距離を置いて、自分一人の時間を作るようにしましょう。

相手と一緒に居れば居るほど、相手の気持ちを優先して考えてしまうので、自分の気持ちがどんどん見えなくなってしまいます。

しかし、相手と離れて一人になってみたら、感情的になって見えなくなってきた気持ちが、どんどん落ち着いてきます。

冷静に考えられるようになって初めて、自分と相手を客観的に見ることができるので、自分の本当の気持ちを整理するためには一人の時間は必要不可欠です。

一人で判断せず周囲に相談する

自分一人の時間を作って考えるのも良い方法の一つですが、どうしても感情的になってしまって、自分の本心が見えない時もありますよね。

そんな時は、一人で抱え込まずに、周囲に相談するようにしましょう。

一人では判断できなくても、第三者の目線で、自分と相手を客観的に見て判断してもらうことで、自分の気持ちを整理することができます。

自分の本心を探るためには、「別れた方が良いかどうか」を相談するのではなく、「自分の今の気持ちを聞いてもらう」ことを前提に相談しましょう。

自分の気持ちを、第三者の目線で整理して伝えてもらうようにすると、自分が本当はどうしたいのかが見えるようになるのでおすすめです。

「別れるか別れないか」迷う時に考えるべきことは?

別れるか迷ってしまう原因を探る

まずは、別れるか別れないか、迷ってしまう原因が何なのかを探りましょう。

相手の嫌なところや、別れたいと思う気持ちは1つとは限りませんが、根本的な原因は必ずあるはずです。

頭の中で考えてしまうと、感情的な気持ちが邪魔をしてしまう可能性があるので、以下の点を紙にまとめてみると良いでしょう。

別れたい原因の探り方

①相手の良いところを書き出す
②相手の嫌なところを書き出す
③相手の一番好きなところに〇をつける
④相手の一番嫌いなところに〇をつける

最終的には、相手の一番好きなところと、嫌いなところに〇をつけましょう。

〇をつけたものが、自分の中で相手に一番魅力を感じるところ(=一緒に居たいと思えるところ)と、相手と別れたいと思わせる原因を表しています。

相手に一番魅力を感じるところよりも、相手と別れたいと思わせる原因の方が勝る場合には、本当に別れたいと思っているサインなのかもしれませんね。

別れるか迷ってしまう原因が解決できるものなのかを見極める

上記の方法を試してみて、相手に一番魅力を感じる気持ちが勝るのであれば、相手と別れたいと思わせる原因が解決できるものなのかを見極めることが重要です。

上記の紙の嫌いなところを書き出した下くらいに、「改善・解決方法」と「課題・問題点」をそれぞれ書き出してみましょう。

改善・解決方法が思いつかなかったり、課題・問題点が明らかに多く、相手の性格や価値観を変えないと克服できないものである場合には、解決することは難しくなります。

そんな時は、第三者に相談して、どうしたら解決できるか、一緒に方法を考えてもらいましょう。

また、相手と別れずに付き合い続けるとなると、自分が相手を支えないといけません。

相手を支える覚悟があるかどうか相手の嫌な部分を受け入れるのが辛くないかどうか、自分の気持ちとしっかり向き合いましょう。

相手が自分にとってどんな存在であるかを再確認する

相手の良いところと嫌なところを洗い出した後は、相手が自分にとってどんな存在であるかを再確認することが重要です。

自分の気持ちと向き合うことが最も重要になるわけですが、自分にとって相手がどんな存在であるかを考えるのは難しいですよね。

そんな時は、以下のような視点から見つめ直してみると良いでしょう。

見つめ直すこと

・自分の言いたいことが言えるか

・相手の言いなりになっていないか

・自分の幸せを犠牲にしていないか

・自分の気持ちを押し殺していないか

・自分ばかりを責めていないか

・自分本位で相手を動かしていないか

・相手を束縛していないか

・相手ばかりを責めていないか

上記に当てはまる項目が多ければ多いほど、無理をして相手と一緒に居ることになります。

本来であれば、二人とも対等な立場にある人間なのに、自分の言いたいことが言えなかったり、一緒に居るために我慢することが当たり前になっているのはおかしいですよね。

また、相手ばかりを責めたり、自分のために無理をさせるのは、相手の気持ちを考えずに自分本位で動いていることになります。

窮屈に感じるような関係を作っているのが自分である場合には、一緒に居たいと思うのであれば、改善する必要があります。

このように、自分にとって相手がどんな存在であるのかを見つめ直すことで、相手の存在意義を確かめることができるので、しっかりと確認しましょう。

双方にとって一番良い選択ができるように冷静に判断しよう

別れるか別れないか迷う時は、自分の気持ちが見えなくなっている場合が多いです。

その原因は、相手と別れたくないと思う気持ちからだったり、自分だけが我慢すればいいと思う気持ちからだったりと、様々です。

しかし、無理をして関係を続けることほど、身体に悪いことはありません。

また、中途半端な感情のまま、一緒に居続けるのは相手にとっても失礼です。

別れるか別れないか迷う時は、今の自分と相手の現状を冷静に分析して、自分の本当の気持ちを探ることが重要です。

双方にとって、一番良い選択ができるように、上記を参考にして、冷静に別れるか別れないかを決断しましょう。

タイトルとURLをコピーしました