LINEの返信遅いけど続く男性心理5選!LINEをするときのポイントは?

恋愛

気になる男性とLINEをしていると、相手にも気があるのかなと期待することありますよね。

しかし、男性の中にはLINEの返信が遅い人も。

返信は遅いけどLINE自体は続いている状況で、相手の気持ちがよくわからなくなったこともあると思います。

LINEは続くのに返信が遅い男性の心理を知りたいですよね。

心理を知っておけば、相手との今後の関係の進展に役立つことも。

今回は、LINEの返信遅いけど続く男性心理をテーマに解説していきます。

LINEの返信が遅いけど続く男性心理は?

LINEの返信が遅い男性は、どのような心理でいるのでしょうか?

LINEが来なければ「興味がないんだろうな」と思いますが、遅いけど返信があるのはどうしてだろうと頭を抱えることもあると思います。

まずは、LINEは続くのに返信が遅い男性の心理を紹介します。

どう返信するべきか考えている

慎重な男性は、あなたからのLINEに対してどう返信すべきなのか考えて返信が遅くなっていることがあります。

このタイプの男性は軽くテンポの早いLINEのやり取りが苦手で、質問の無いような世間話をすると返信が遅くなることも。

逆を言えば、あなたに対して真摯に向き合ってくれている証拠です。

返信内容を考えているので、返信の催促せずに気長に待ってあげるといいでしょう。

こまめなやりとりがあまり得意ではない

男性は、こまめなLINEのやり取りがあまり得意でない人が多いです。

日記のような、

「今から○○行ってくるね」
「明日は○○に行くんだ」

などのLINEのやり取りを苦手とします。

あまりマメではないので、1日中日記のようなLINEは控えたほうがいいでしょう。

だんだん面倒になって、LINEの返信が来なくなる可能性があります。

恋愛の駆け引きをしている

恋愛経験が豊富な男性の場合は、恋愛の駆け引きにLINEの返信をわざと遅らせていることがあります。

返信を遅らせることで、あなたを焦らして気を引こうとしているのです。

駆け引きをしてはオーソドックスな方法なので、あなたにその気がある場合には「どうしたの?」など気にかけていることを示しましょう。

すると男性は駆け引きに成功したと思い、男性との距離がグッと近づくことが出来ます。

忙しくて返信するのが遅くなっている

仕事が忙しい男性の場合は、忙しくて返信をするのが遅くなっていることもあります。

どんなに返信したくても、なかなかスマホを触れる時間がなくて出来ないことだってあるのです。

男性は一つのことしか考えることが出来ないので、仕事が忙しく集中している時にはプライベートが疎かになることがあります。

「忙しかった」など理由を言われた場合には、遅かったことには触れずに「お疲れ様」と労いの言葉をかけるようにしましょうね。

LINEの優先順位が低い

男性の中には、LINEの優先順位の低い人もいます。

LINEは、必要事項の連絡手段として考えていて話は会って直接するほうがいいと考えているのです。

LINEの優先順位が低くても、決してあなたに興味がないわけではありません。

単純に日頃から連絡やスマホ自体に興味が薄いので、返信が遅いからと変に気にする必要もないでしょう。

LINEの返信が遅いけど続く…脈ありサインは?

LINEの返信が遅いと、「わたしに興味がないのかも」と心配になりますよね。

しかし、返信が遅い男性でもそれなりの理由があることがわかりました。

では、どんな返信内容であれば脈があるのか。

次に返信が遅い男性の脈ありサインを紹介します。

返信内容がきちんとしている

返信は遅くてもその内容がきちんとしていれば、脈はあります。

内容がきちんとしているということは、あなたのLINEをしっかりと読み誠実に返している証拠

ここがポイント!

内容が長文などしっかりしている男性は、あなたへの返信内容に悩んで遅くなっている可能性があります。

何度も打っては消してを繰り返しているかもしれません。

そんな男性の場合には、返信を急かさずにゆっくりとした気持ちで待つようにしましょうね。

LINEを続けようとしてくれる

返信が遅くても内容がLINEを続けようとしてくれている場合、脈はあります。

質問をしてくるような内容は「あなたのことをもっと知りたい!」と思っている証拠です。

あなたに興味がなければ質問してくることはありません。

興味がない場合には「そっか」「了解」などそっけない返事をしてきます。

LINEを続けようとしてくれている男性には、あなたからも積極的に質問するなどしてLINEを盛り上げるようにしましょう。

返信が遅れた理由を説明してくれる

返信が遅れたことに対して謝罪や理由を説明してくれるのは、あなたに興味があります。

返信が遅れたことを申し訳なく思っていて、あなたに遅れた理由を理解してほしいと思っているのです。

嫌われたくないという感情があるので、あなたに対して誠実でいようとしています。

そんな男性には、「返信ありがとうね」など返信をくれたことへの感謝の気持ちを伝えるようにしましょうね。

LINEは続いているけど…こんな場合は脈なしかも

LINEは続いているけど、残念ながら脈なしの場合もあります。

返事は来るからといって、必ずしも脈があるわけではありません。

どんな場合が脈なしなのか紹介します。

返信がそっけない

遅くなった返信の内容がそっけない場合、脈はないでしょう。

「うん」「そうなんだ」など相槌のような返信は、とりあえず返信しているだけで、あなたに興味があるとは言えません。

また、あなたのLINEに対してスタンプのみを送ってくる時は、LINEに区切りを付けて終わらせようと考えていることも。

あまりにそっけない返信のみばかりの時は、あなたも見切りをつけたほうがいいかもしれませんね。

LINEの返信は遅いのにSNSは更新している

LINEの返信は遅いのに、SNSの更新をしている場合も、脈はないでしょう。

SNSを更新する時間があるのであれば、あなたへの返信も出来るはず。

しかし、しないのは相手の中でのあなたの優先度が低いからです。

返信をせずにSNSの更新をしている時には、脈がないことを故意にあなたに気付かせようとしているかもしれません。

返信が遅い男性とLINEをするときのポイントは?

返信が遅い相手とのLINEのやり取りは、気持ちがやきもきしてしまいますよね。

返信の仕方を間違えてしまうと、返信が来なくなってしまうこともあるかもしれません。

返信が遅い相手とLINEする時のポイントを押さえて、LINEが続くようにしましょう。

相手のペースに合わせる

まずは、相手のLINEの返信のペースに合わせるようにしましょう。

返信が遅くても、連続でLINEを送って急かすようなことをしてはいけません。

返信が遅い男性は、マイペースな人が多いので急かしてしまうとストレスに感じてしまう人もいます。

相手のリズムに合わせてすぐに返信するのではなく、少しペースを落とし、相手に「飽きられた?」と感じさせ不安にさせるのも一つの方法。

結果として、相手からの返信のスピードが早くなるかもしれませんよ。

長文のLINEは避ける

返信が遅い相手に対して長文のLINEは、避けるようにしましょう。

長文のLINEは、読むだけで疲れてしまい、返事をする気が失せてしまいます。

出来る限り簡潔にわかりやすい内容にして、相手が返信しやすくなるようなテンポのいいLINEのやり取りにしましょう。

返信してもらえやすい時間帯を探る

仕事の時間や休みの日を把握して、返信してもらいやすい時間帯を探りましょう。

どうしても返せない時間帯にLINEをしてしまうと、返信するのを忘れたり、話の内容が飛び飛びになってしまい、会話がうまくかみ合わないことも。

この時間なら手が空いているはずという時間帯を探り、そのタイミングでLINEをするようにしましょう。

すると、相手も返信しやすくLINEをテンポよくやり取りすることが出来ます。

相手が返信しやすい話題を振る

LINEの内容は、相手が返信しやすい話題を振るようにしましょう。

相手が詳しい話題や好きなものを聞くのがベスト。

例えば車好きの男性には「購入を考えているんだけどどんなのがおすすめ?」など、相手の興味ある話題で質問をすると返信しやすくなります。

男性は女性に質問されるのが好きで、答えてあげることで優越感を覚えるのです。

「すごいね!」
「詳しいんだね!」

など相手を立てる言葉で返すと、連絡の頻度は上がってくるでしょう。

まとめ

今回は、「LINEの返信が遅いけど続く男性の心理」についてお話ししました。

返信の遅い男性の心理は

  • どう返信するべきか考えている
  • こまめなLINEのやり取りがあまり得意ではない
  • 恋愛の駆け引きをしている
  • 忙しくて返信をするのが遅くなっている
  • LINEの優先順位が低い

などがあります。

男性の中には、連絡があまりマメではない人もいます。

LINEの返信が遅いと不安になる気持ちもわかりますが、まずは相手がどんな状況かを理解するのが大事。

状況を見極めた上でLINEのやり取りを工夫し、返信したくなるようなLINEが出来ると、相手との距離も一気に近づくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました