LINEをブロックする男性の心理は?解除してもらうには?NG行動も紹介

恋愛

今では連絡手段のメジャーなツールとして有名なLINE。

相手が読んだかどうかがわかる既読機能もあり便利な半面、既読無視やブロックなど相手に拒否されることも。

今回は、

  • LINEをブロックされた時の対処法
  • ブロックした側の男性心理

などを紹介します。

LINEをブロックされたら終わり?

LINEブロックをされたからといって、必ず関係がダメになってしまうわけではありません。

好きな人や恋人からLINEブロックをされてしまうと、大きなダメージを受けるものです。

「もう終わりなのかな…」と不安になりますよね。

ここがポイント!

しかし、実際にLINEブロックをされていたけど関係が修復している人もいるのです。

だからといって、そのままにしておいても解決はしません。

された側の行動や誠意にかかっています。

ではLINEのブロックについて一つずつ紐解いていきましょう。

LINEをブロックする男性の心理は?

では、そもそもLINEをブロックをするのでしょうか?

何もないのにブロックをすることはありません。

何かしらそれ相応の出来事があって、ブロックをしていることがほとんどです。

LINEをブロックをしている男性心理を紹介します。

もう関わりたくないと思っている

LINEブロックをしている一番の理由が残酷かもしれませんが、あなたともう関わりたくないと思ってします。

なにかしらあなたとのトラブルがあったか、あなたが気付いていないだけで相手が不愉快に感じたことがあったのかもしれません。

また、あなたの連絡の頻度が高くしつこいと相手が感じてしまった場合にも「もう関わりたくない」とブロックすることがあります。

気持ちを整理したいと思っている

あなたのことを嫌いと感じている状態とは違い、少し距離を置いて自分の気持ちの整理をしたいと思っていることもあります。

距離を置くことで自分の気持ちを確認するタイプの男性もいるのです。

ブロックして連絡取らなくても平気かさみしく感じるのか。

また、逆にあなたを試している場合も。

一定期間ブロックをした後に解除して連絡しても、受け入れてくれるのか試している可能性もあるのです。

あなたの存在を忘れたいと思っている

LINEブロックをしてあなたとの関係を絶ち、存在を忘れようとしていることもあります。

別れた相手を忘れるために取る手段としてLINEをブロックをするのです。

関係の終わりのケジメの一つになります。

LINEのブロックを解除してもらうには?

では、一度LINEブロックをされてしまったら、関係を諦めるしかないのでしょうか?

実はそうではありません。

いくつか関係を修復する手段はあります。

相手との関係やブロックに至った経緯を考えて、どんな方法がいいのか考えながら参考にしてくださいね。

時間が解決してくれるのを待つ

とにかく今は関係を修復するには、時間が必要かもしれません。

相手が怒っているにしろ、関係を切りたいと思っているにしても少し時間を置きましょう。

相手に時間を与えて冷静に考えてもらい、あなたはただ待つだけ。

大抵の場合は、時間が解決してくれます。

共通の友人に協力してもらう

共通の友人がいるのであれば、協力を仰ぎましょう。

理由を聞き出してもらったり、会う機会を作ってもらうなど間に人をはさむことで解決に近づくこともあります。

ここは注意!

しかし、気を付けなければならないのは無理強いをしないこと。

相手は何か理由があってLINEをブロックをしています。

その感情を無視してあなたの一方的な思いで動いてしまっては、関係はさらに悪くなってしまうでしょう。

ブロックされた心当たりがあるならきちんと謝る

ブロックをされた理由に何か心当たりがあるのであれば、まずきちんと謝罪をしましょう。

ブロックの解除をお願いする前に、ブロックの原因となった出来事を解決するのが先決です。

きちんと謝罪をして相手が許してくれるのであれば、元の関係に戻ることが出来ます。

LINEをブロックされているかどうか確認するには?

そもそもLINEのブロックをされているかをどうやって確認すればいいのでしょうか?

いくつか方法があるので紹介します。

スタンプをプレゼントで送る

ホームからスタンプショップを開き、相手が持っていなさそうなスタンプを選択します。

プレゼントをタップし、確認したい相手を選択すると「プレゼントできません。○○はこのスタンプを持っているためプレゼント出来ません。」と表示されるとブロックされています。

ここがポイント!

「コインが不足しています。チャージしますか?」と出た場合は、ブロックされていない状態です。

すでに本当に持っている可能性もあるので、3個程送ってみると確実にどういう状態か確認することが出来るでしょう。

タイムラインが非表示になる

ブロックをすると、ブロックをした相手のタイムラインの表示が消えてしまいます。

今まで見れていたタイムラインがすべて消えていたら、ブロックをされている可能性があるのです。

他にも方法がありますが、相手にバレやすい方法になるので上記の方法がおすすめです。

ブロックをされているか確認していることがバレてしまうと、不快に思う人もいるので確認方法には十分注意しましょう。

LINEをブロックされている相手と連絡をとるには?

LINEブロックをされているけど、どうしても連絡が取りたい、関係を修復したい場合はどうすればいいのでしょうか?

相手の気持ちを考えず、無理に連絡を取るのは控えるのをおすすめしますがいくつか方法を紹介します。

関係を悪化させない方法を選んで試してみてくださいね。

グループトークを利用する

ブロックされている相手と自分が参加しているグループトークがあれば、そのトークルームから連絡を取ってみましょう。

しかし、相手に連絡が取れるのはブロックをされる前に作成されたグループトークのみです。

ここは注意!

また、グループトークには複数人の参加メンバーがいるため、そのすべての人にもメッセージが届きます。

あまりにプライベートすぎる内容を送ってしまうと、ブロックした相手だけでなくトークメンバー全員と気まずくなる可能性があるので、送る内容には注意しましょう。

SNSのDMを利用する

インスタやTwitterでフォローしている場合は、DMの機能を使うことが出来ます。

他のSNSでもブロックされている場合には利用することが出来ませんが、されていなければメッセージを送れます。

DMで連絡を取る時には「LINEブロックしてる?」と問い詰めるよりも、「LINEが送れなくて…」と相手が返信しやすい内容にしましょう。

手紙を書く

自分の気持ちをダイレクトに伝えるのには、手紙という方法もあります。

何かブロックされる理由に心当たりがあれば、謝罪を手紙に書くのもいいでしょう。

相手も手紙でもらうと、気持ちが伝わりやすく謝罪の気持ちも受け入れやすくなります。

LINEをブロックされているときのNG行動は?

最後にブロックされているときのNG行動を紹介します。

今現在、ブロックをされている状態なら関係はマイナスの状態です。

あなたの行動一つで改善も悪化もします。

間違った方法を取らないようにここは慎重に行動しましょう。

しつこく連絡をとろうとする

LINEブロックをされていると気付いた瞬間から焦ってしまう気持ちはわかります。

「何かしたかな?」「もう連絡とれないのかな?」と一気に不安が押し寄せてくると思います。

しかし、ここで焦ってはしつこく連絡を取ろうとしてはいけません。

共通の友人に何度も頼んだり、SNSでDMを何度も送ったりしては相手は離れていくばかりです。

連絡を取るにしても一度だけ。

あとは相手が何かアクションを起こしてくれるのを待ちましょう。

ブロックされていることを共通の知人に言いふらす

ブロックされていることを共通の友人に言いふらすのもやめましょう。

「ブロックする嫌なやつ」だと周りに印象付けてしまい、関係修復は不可能になります。

相談するとしても一人や二人にして愚痴にならないように話をしましょう。

まとめ

今回は、LINEをブロックされた時の理由や連絡方法について紹介しましたが、LINEをブロックをされたかといって関係が終わってしまうわけではありません。

もしあなたがLINEをブロックをされているとしたら

  • もう関わりたくないと思っている
  • 気持ちを整理したいと思っている
  • あなたの存在を忘れたいと思っている

以上の可能性があります。

LINEブロックをされてしまうと、心に大きなダメージを受けてしまいますよね。

しかし、それなりの理由があるはず。

関係修復のためには、その理由を理解して解決する必要があります。

きちんと問題を解決してまた元の関係に戻れるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました