好意を感じるけど本当かどうかの見分け方は?好意を感じる男性への接し方も紹介

恋愛

好意を持たれている気がするけど、本当のところはどう思っているのか、彼の気持ちを確かめたくなりますよね。

両思いかどうか知りたくて占いをしてみたり、検索してみたり、何か少しでもヒントを得たいと思っている片思い中のあなたへ。

今回は、

  • 好意を感じるけど本当かどうか見極めるポイント
  • 好意を感じる彼への接し方

などを紹介します。

好意を感じるけど本当かどうかの見分け方は?

すごくいい感じで、好意を持たれてる気がしても『好き』の一言を聞くまでは不安がつきものです。

男性は好きな人にどんな接し方をするのか、どんな事を話すのか確認していきましょう。

あなたの気になる彼は、いくつ当てはまりますか?

他の人にも同じように接していないか?

『わたしだけ特別かな?』とあなたが感じるような言動はありますか?

男女問わず、好きな人の事は『特別な存在』ですよね。

好意がある人には、他の人には普段しないような態度をしてしまいます。

  • 用がなくてもよく声を掛けてくる
  • 他の人には言わない様な事を言う
  • よく目が合う

などの場合、彼の中であなたは他の人よりも気になる存在である事は間違いないです。

自分のプライベートなことを話してくれるか?

好意がない人には自分のプライベートってあまり明かしたくないですよね。

彼自身が、あなたにプライベートな事を話してくるという事は、あなたに自分の事を知って欲しい、興味を持って欲しいからなんです。

質問してない事を教えてくれたり、休みの日や夜の過ごし方を教えてくる時は『あなたも一緒に同じ時間を共有してくれるかな』と密かな期待を込めて話しています。

恋愛やプライベートについての質問が多いか?

「どんな人がタイプ?」
「彼氏はいないの?」
「休日は何してるの?」

など、彼の方から聞いてくる時は、

  • 自分が恋愛対象に入るのか?
  • 何か二人の間に共通点がないか?

などと一生懸命探っているのです。

あなたの事を知りたくて質問しているという事は『あなたに興味がある』という証拠ですね。

ちょっとした変化に気付いてくれるか?

ヘアスタイルを変えた、新しい洋服を着ている、そんな変化も見逃さずに彼なりに伝えてくる事はありますか?

「男性は変化に疎い」なんて思ってる人もいると思いますが、好きな人の事は別物!

何とか話しかけたいし、他の人と差をつけたい彼は、あなたのちょっとした変化も見逃しません。

好きな人の事は、自然と目で追ってしまうものです。

好意を感じるけど…こんな場合は勘違いかも?

逆に好意を感じるけど、勘違いの場合はどんな時があるのか紹介していきます。

男性の好意にはいくつか種類がある事を知っておきましょう。

  • 友達として
  • 見た目がタイプ(下心がある)
  • 彼女にしたい

と言う様に、好意でも違いがあるのでどんな場合があるのか詳しく解説していきますね。

ルックスを褒めてくる

「今日も可愛いね〜」
「お、髪型似合うね〜」

など、一見すると好意を持たれている気がすると思います。

ですが、こういう男性の発言をしっかりと思い返してください。

あなたの事を好き、というよりは、あなたの外見が好みという発言では無いですか?

「俺のタイプだわ〜」と思ってくれてるんでしょうが、現時点では真剣な恋愛に発展したいという訳ではなさそう。

ボディタッチが多い

距離感が近い男性。

軽くさりげなくボディタッチをしてくる男性もいますよね。

一瞬、ドキッとしてしまいますよね。

ですが、このタイプの男性は下心を持って接してきている可能性が高いです。

ここがポイント!

本気で好きな場合は『軽い人』なんて思われたくないので、男性もなかなかボディタッチは出来ないんですよ。

ボディタッチが多い時は少し距離をあけて様子を見てくださいね。

急な誘いが多い

「今から会える?」
「ちょっと飲み行かない?」

と、急に誘われて、もしあなたも好意がある場合は嬉しく思うかもしれません。

急いで準備して駆けつけたくなる気持ちはわかりますが、ストップ!

前述しているように、男性は下心ありの好意を抱くこともあります。

また、こちらの都合を考えていない自分勝手な人という場合もあります。

『都合の良い相手』にならない為にも、すぐに応じずに自分の予定や気持ちを整理してから行動しましょう。

好意を感じる男性への接し方は?

好意を感じて、あなたも彼との仲を進展させたい!と思っている時はどう接するのがいいでしょうか。

接し方のコツを4つ紹介するので、ぜひ活用して彼をドキッとさせちゃいましょう。

自分から話しかける

気になる彼には、あなたの方から話しかけてみましょう。

タイミングやきっかけに悩むかもしれませんが、内容は何でもいいですよ。

朝の挨拶でもいいですし、天気の話でも、相手の持ち物を褒めるでもいいので、まずは声をかけてみましょう。

彼との距離をグッと縮めるには、とにかく会話を交わす事から始まります。

恋愛系の話を振ってみる

自分から恋愛系の話をするのは少し勇気がいるかもしれませんが効果的です。

好意がない人の恋愛話は、興味がないけど好きな人の恋愛話は気になりますよね。

これは、男女共通の思いです。

「どんな人がタイプなの?」などと質問された男性は『え、俺に気があるのかな?』と意識してしまうものです。

ぜひ、彼を意識させましょう。

相手と話すときは特別に笑顔を心がける

『ニコニコしてて笑顔が可愛い女性』はやはりモテます。

逆にどんなに綺麗にしてても、無表情だと話しかけにくいですよね。

笑顔を心がけている女性は、優しく柔らかい印象を与えます。

好きな人の前では、緊張してしまうかもしれませんが、

  • 笑顔で話を聞く
  • 笑顔で声を掛ける

など、普段よりも笑顔を意識してくださいね。

相手に興味がないのなら思わせぶりな態度はやめよう

相手から好意を感じるけど自分にはその気が無い、という場合もあると思います。

そんな場合は、前述したような態度を取ってしまうと男性を勘違いさせてしまいます。

最悪、トラブルを招いてしまうなんて事も!

興味がない場合は、相手が勘違いしてしまうような態度を取る事が無いよう気をつけてください。

気になる男性に好意を持ってもらうには?

好きな彼に、少しでも自分の事を意識してもらいたい!

あわよくば、好きになって欲しい!

片思い中であれば、誰しもがそんな事を思いますよね。

では、どんな風にすれば相手から好意を持ってもらえるのか確認していきましょう。

相手と会う機会を増やす

好意を持ってもらうには、まずはあなたの事をアピールしなければいけません。

それには、相手と会う機会を増やすのが一番です。

まだ二人で会える段階まで来ていない場合は、出勤時間を合わせてみたりとまずは顔を合わせる所から始めてください。

または、共通の知人がいる場合はみんなで会う機会を作ってみましょう。

もちろん、二人で会えそうなら相談事を持ち掛けたりしてもいいでしょう。

相手の名前を呼ぶ回数を増やす

「おはよう」ではなく「◯◯さんおはよう」などと名前を付けて話しかけましょう。

これは、心理学でも実証されていますが人は会話の中で自分の名前を呼ばれると『自分に好意を持っている』と感じるものです。

例えば、よく行くお店の店員さんから「◯◯さん、いらっしゃいませ」と名前をつけて呼んでくれると他のお客さんより特別な扱いを受けている気がしませんか?

名前を呼ぶ回数を増やすと、好きと言葉にしなくても相手に自分の好意を感じ取ってもらいやすくなります。

相手のいいところを褒める

好きな人のいいところは探そうとしなくてもたくさん出てくると思います。

ですが、それを相手に伝えていますか?

言葉にしないと伝わらない事ばかりです。

相手のいいところを褒める、というのは『人としていいと思っている』という事を伝える事なので、告白する時程緊張せずに伝えやすいです。

直接褒められて、照れる事はあっても悪い気がする人はいませんよね。

言う方も照れてしまう場合は、

「◯◯さんの、字綺麗ですね」
「その腕時計、かっこいいですね」

など相手の特技や持ち物から始めてみましょう。

共通の趣味を持つ

カップルに付き合うきっかけを聞いたところ、『共通の趣味をきっかけに仲良くなりました』という方も多いです。

共通の趣味を持っていると言うのは、会話をするきっかけや一緒に行動するきっかけになります。

共通の趣味は、キャンプやドライブなどアクティブなものから、音楽や映画、読書など色々あると思います。

無理やり合わせるのではなく、何か自分も一つ共通の好きな事を探してみましょう。

もし、今は共通の趣味が何もなくても、今から興味を持てるものでいいです。

もし読書が好きな彼なら「私も本を読みたいと思っているけど、読みやすそうな本はどんなのかな?」など、会話するきっかけにし彼との距離を縮めましょう。

まとめ

今回は、好意を感じるけど本当かどうかの見分け方を紹介しました。

  • 他の人と同じように接していないか?
  • 自分のプライベートな事を話してくれるか?
  • 恋愛やプライベートな質問が多いか?
  • ちょっとした変化に気づいてくれるか?

あなたも彼に好意があるなら前述した『好意を感じる男性への接し方』も参考にして、二人の関係を進展させるきっかけを掴んでくださいね。

お互いが両想いだと確信が持てるまでは不安に感じる事もありますが、マイナスな事を考えるより距離を近づけ彼から『好きです』と言われる女性になりましょう。

タイトルとURLをコピーしました