高校から付き合って結婚すると失敗する? 実際に結婚する確率は?

カップル

高校から付き合って結婚に至る…多感な時期に付き合い始めて大人になってもその関係が続いているというのは、本当に奇跡的で素晴らしいことだと思います。

しかし、お互いに相手以外の異性をほとんど知らないまま結婚することで、結婚後に浮気などの遊びに走ってしまいそう…そういったネガティブなイメージもありますよね。

お互いを知り尽くしている長い付き合いの相手と結婚するのはとても安心感がありますが、末永く仲良くしていくにはマンネリを防ぐことが大切なのかもしれません。

今回は、高校から付き合って結婚すると失敗するのかについて紹介します。

高校から付き合って結婚すると失敗する?

他の異性を知らないことや、新鮮味に欠けてしまうことなど…

失敗する理由は、高校生時代から長い期間付き合って結婚したカップルならではのものです。

ここでは高校から付き合って結婚すると失敗する理由を紹介します。

相手の将来性まで判断できない

高校時代に付き合い始め、その時点では相手の将来性まで判断できない…

これは失敗する大きな原因と言えます。

社会人になってから出会う相手だと、将来性もある程度は分かって結婚へと至ります。しかし、高校性の時点では相手が将来どんな仕事をするかなど、ほとんどの人が分からずに付き合い始めます。

大人になって、多少収入が不安定であっても、お互いへの気持ちだけを信じて結婚に至る…。しかし、結婚は現実。生活していくためには、金銭的なことや様々なことを計画的に進めていく必要がありますよね。

もしも相手が結婚しているという自覚を持てない…
収入が不安定…
そういった状況になってしまったら、気持ちだけで乗り越えるのは難しいと言えますよね。

付き合う人数が少ないため他の人と比較しにくい

付き合ってきた人数が少ないので他の人と比較をしにくいのは、ときにうまくいかない原因になります。

高校からずっと付き合っていたということは、お互いに他の異性はよく知らないということ。

比べる対象が居ないというのは良い面もありますが、悪い方向に働いてしまうことも

恋愛経験が多いと相手の欠点に対して寛大になれます。

様々なタイプの人と付き合ってきたことで、色んな価値観があって人それぞれ悪いところもあるのは当然、という考えが備わるからです。

恋愛経験が少ないと、悪いところに対して固執してしまいがちに。

相手に多くを求めがちになってしまい、それが失敗に繋がる場合もあるのです。

結婚しても新鮮味に欠けてしまう

結婚しても新鮮味に欠けてしまうことも失敗の原因です。

楽しいはずの新婚生活…だけど思ったほどワクワク感もなく、付き合っている時と大差がない…。高校からの付き合いだと、そんな状況に陥ってしまいがち。

努力して新鮮味を出そうとしても、付き合いが長すぎるとなかなか難しいものですよね。

想像していたキラキラした新婚生活とは全く違う日々に不満が溜まり、あっさりと別れてしまうケースも…。

高校から付き合った相手と結婚するメリットは?

共有しているものが多いのは大きなメリット。長い付き合いの中で深まったお互いへの理解も、かけがえのないものですよね。

ここでは、高校から付き合った相手と結婚することのメリットを紹介します。

共通の知人が多い

共通の知人が多いことがメリットのひとつです。

共通の知人が多いことで、人の出入りが多い賑やかな家庭になりそうですよね。

お互いをよく知る友人がいれば、何か悩んだときや困ったときに2人にとって良き相談相手になってくれるでしょう。

協力や応援をしてくれる人が多いというのは大きなメリットです。

お互いについて理解しあえている

長い付き合いの2人はお互いについてよく理解しあえていることでしょう。これは大きなメリットですよね。

若いころから大人になっても同じ時間を共有している二人の理解度は、間違いなくとても深いはず。

多感な時期から、社会に出ても別れることなく一緒に居られたのは2人の絆がとても深いものだという証拠です。

大人になってから出会ったカップルからすると、これは結構うらやましいことですよね。

たくさんの思い出を共有できる

たくさんの思い出を共有できることはとても素敵なこと。これも高校から付き合っている2人ならではのことですよね。

思い出がたくさんあることは思い返して楽しいだけでなく、もし別れを考える状況に陥ってしまったときにも、様々な思い出があるおかげで踏みとどまることもできるのです。

共有できる思い出がたくさんあることは、2人の築いてきたものの深さの証明なのです。

高校から付き合って結婚する確率とは?

高校から付き合って結婚する確率は30%以下と言われています。

高校から付き合っていて結婚するカップルは実際には少ないです。

10代から20代になるとき、それは環境の変化が一番多い時期。

他の異性と出会ったり、社会に出て恋愛以外に打ち込むことができる中で別れてしまうカップルが多いのでしょう。

しかしそんな中でも、多感な時期からの長い交際期間を経て結婚するカップルが少ないながらも居るというのも事実。

様々な変化がありながらも、お互いへの気持ちは変わらなかった…これは本当に素晴らしいことですよね。

高校から付き合っている相手と結婚するポイントは?

結婚を考えたとき気をつけるポイントは、マンネリ対策と、お互いを思いやる気持ちを忘れないこと。

そして、惰性で付き合っていないか?一度自分の気持ちを再確認してみてください。

ここでは高校から付き合っている相手と結婚を考えている場合の、対処法とポイントを紹介します。

マンネリを防ぐ工夫をする

マンネリは危険です!

工夫をして防ぎましょう。

長い付き合いの2人、結婚してただ日々を過ごしていくだけではすぐにマンネリ化してしまう可能性が高いですよね。

日常生活の中に楽しみを加えることがポイントです。

記念日は盛大に祝う、定期的に旅行に行く、2人でできる趣味をはじめるなど、2人で計画を立てる時間も楽しめそうなことをずっと続けていくことが、うまくやっていく秘訣です。

「親しき仲にも礼儀あり」の精神を忘れない

「親しき仲にも礼儀あり」この精神を忘れずにいることが大切です。

高校からの付き合いともなると、何をやっても許し合える関係のように思いがち。

しかし、どれだけ付き合いが長くても人として相手を尊重・尊敬する気持ちを忘れないことが重要です。何をしても何を言っても許される…そんな関係はあり得ないのです。

その気持ちを忘れなければ、お互いを大切にし合える関係が末永く続くでしょう。

惰性で付き合っているのなら関係を見直してみても

惰性で付き合ってはいませんか?それならば関係を見直してみる必要があるかもしれません。

なんとなく高校時代からここまで付き合い続けてきた…正直相手に対して気持ちがあるのかどうか分からなくなっている…そんな場合は、結婚してもうまくいくとは言えないでしょう。

こんな気持ちで結婚してしまうと最悪の場合、結婚してから他の人に目移りしてしまい、不倫に至ってしまうケースも…。

全くお互いの為にならない結婚…

そうなる前に一度よく考えてみる必要がありますよね。

まとめ

今回は、高校から付き合って結婚すると失敗するのかについて紹介しました。

共通の知人や共有しているたくさんの思い出があるというのは、長い付き合いの2人にしか得られない特別なもの。

うらやましいです。お互いへの理解が深いのも大きなメリットですよね。

高校から付き合って結婚する確率は30%以下と言われており多くはないですが、環境の変化の中で気持ちが離れてしまい、別れてしまうのは仕方のないこと。

しかし、そんな中でも変わらない気持ちで結婚にまで至ったカップルがいることも事実なのです。

惰性で付き合っている場合の結婚はお互いのためになりません。

関係を見直した方が良いでしょう。

高校からの付き合いの2人が結婚に至る…

第三者から見るとそれは本当に奇跡的で素敵なことなのです。

お互いがかけがえのない存在であることを忘れず大切にしていければ、何にも代えがたい最高の結婚生活を送っていけることは間違いないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました