同棲の生活費の管理はどうする?管理方法や成功させるための方法も紹介

カップル

同棲生活を充実させるためには、お金の管理が非常に重要です。

特に、結婚を考えているカップルの場合には、計画的に貯金するために生活費の管理をしっかりと行う必要があります。

しかし、お金の管理はトラブルも起きやすいのが現状です。

特に、金銭面のトラブルは解決するのが難しく、同棲を解消する引き金になるほか、結婚を延期する原因となる可能性もあります。

どうせなら、金銭面でのトラブルを解決して、相手の金銭感覚や価値観の違いも受け入れた状態で結婚に繋げたいですよね。

ここでは、同棲の生活費の管理方法について、詳しく見ていきたいと思います。

同棲の生活費の管理はどうしたらいい?

同棲の生活費の管理って、意外と困りますよね。

お互いが自由に使えるお金も確保しながらの同棲生活になるので、ちょっとした金銭感覚や価値観の違いがトラブルになるなんてことも起こりがちです。

結婚している夫婦なら当然と思えることも、同棲しているカップルでは、少し厳しいと思ってしまうのではないでしょうか。

しかし、同棲している段階でここをクリアできないと、結婚してもうまくいくのかと悩んでしまう要因になります。

同棲から結婚に繋げるためには、お金のことだけでなく、どんなことであっても、隠し事をせずに話し合える関係性を作ることが重要です。

それを念頭に置いて、同棲する前に、生活費の管理方法についても話し合う機会を設けることが重要です。

そのためには、生活費の管理方法にはどのようなものがあるのかを把握しておく必要があります。

あらゆる生活費の管理方法を把握した上で、どのような管理方法がお互いによってベストな方法であるのかを話し合うようにしましょう。

同棲の生活費の管理方法にはどんなものがある?

1. 共同口座を作る

生活費の管理を一人でするのが心配、という人もいますよね。

生活費の管理を二人でしたいと考えている場合には、共同口座を作るのがおすすめです。

アプリなどで入出金明細を見れるようにすれば、いつでも入出金が可能なほか、確認することもできるので、便利ですよね。

しかし、知らないうちに勝手に使われていた、なんてトラブルが起きる可能性もあるので、注意が必要です。

2. 共同の財布を作る

生活費の管理が面倒だと思った場合におすすめの方法が、共同の財布を作る方法です。

特に、水道光熱費などを払込用紙を用いて支払っている場合には、共同の財布から出すことができます。

また、食品や消耗品などを購入する場合にも、共同の財布から出すことができます。

共同口座の場合と同じく、財布に入れる金額を決めておいて、毎月決まった日に入れるようにすると良いでしょう。

3. どちらか一方が生活費の管理をする

生活費の管理を二人でするのに抵抗を感じる場合には、どちらか一方がお金の管理をするのも一つの方法です。

特に、この方法が向いているのは、どちらか一方が浪費家であったり、お金の管理が苦手な場合が当てはまります。

お金の管理は得意な方がすれば良いというのはもちろんですが、勝手に使われる可能性を回避したいという場合には、どちらか一方が管理した方が良いでしょう。

個人で生活費の管理をする場合には、自分が一番良いと思える方法で管理することができるので、相手に干渉されたくない場合にはおすすめの方法といえます。

4. それぞれで生活費の管理をする

生活費の分け方によっては、お金の管理をそれぞれで行うことも可能です。

しかし、この管理方法でやっていくためには、お互いが責任を持って管理する必要があります。

どちらか一方が支払いを忘れている場合には、督促状が届いてから気付くこともあるので、金銭面でのトラブルも想定しておくことが重要です。

こういったトラブルを避けたいと考えている場合には、上記に挙げた方法から選ぶと良いかもしれませんね。

同棲の生活費の管理を成功させるためには?

1. 家計簿をつける

生活費の管理を行うためには、収入および支出状況を家計簿につけることが重要です。

家計簿をつける習慣ができていると、毎月の支出額が明確になるため、無駄だといえる支出にも気付くきっかけになります。

生活費の管理がしっかりできるようになると、将来、結婚した時の家計管理のイメージもできるようになるので、おすすめですよ。

また、家計簿を紙媒体でつけるのが苦手だという人は、アプリなどを活用してつけることもできますので、ぜひ活用してみてください。

2. ルールを作る

お金の管理を行う上で、ルールをしっかりと決めておくと良いでしょう。

例えば、共同口座で管理している場合には、「毎月25日に10万円を共同口座に振り込む」などのものになります。

どのようなルールを作れば守ることができるのかを考えて設定することが重要です。

また、どちらか一方がお金の管理が苦手な場合には、同棲生活を送る中で、ルールを破ってしまうこともあると思います。

どちらか一方が几帳面である場合には、一回ルールを破っただけでも、喧嘩に発展してしまうことも少なくありません。

必要以上にもめることを防ぐためにも、ルールを守れなかった場合の対応なども決めておくと良いかもしれませんね。

3. 隠し事をしないで話し合う

できるなら、金銭面でのトラブルは事前に防ぎたいですよね。

しかし、同棲生活の中で、うっかり水道光熱費を支払うのを忘れたとか、仕事が解雇されてしまって支払えないとか、どうしようもないこともあると思います。

そんな時に、すぐに「なんで支払ってないの!?」「管理くらいちゃんとしろよ!」と怒られたら相談することもできなくなりますよね。

同棲の生活費の管理を成功させるために重要なのは、隠し事をせずに話し合う関係性をしっかりと作ることです。

お互いに、隠さなくてもしっかりと受けてもらえると確信することができれば、どんなことがあっても二人で乗り越えることができるようになります。

お金だけではありませんが、どのようなことであっても、隠し事をせずに、二人で話し合って解決するようにしましょう。

お互いに納得できる管理方法を見つけるのが成功の秘訣!

同棲の生活費の管理を成功させる秘訣は、お互いに納得できる管理方法を見つけることです。

ここで、自分の考えを一方的に押し付けたり、相手の意見を聞き入れないといった姿勢を貫き通してしまうのはNGです。

お金のことだけではなく、どんなことであっても、自分の意見を聞いてくれないと認識されてしまうと、話し合いもうまくいかなくなってしまいます。

特に、同棲の後に結婚を考えている場合には、相手と話し合って乗り越えていくことができないと、結婚には辿り着けません。

お互いが隠し事をせずに済むように、どんなことがあってもお互いに話し合うことができる関係性を作るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました