同棲挨拶に男性はどんな服装で行く?彼女の両親に好印象を与える4つのポイント

カップル

同棲の挨拶は、非常に緊張してしまうものですよね。

特に、初対面の場合には、両親が果たして相手のことを認めてくれるかどうかがすごく心配になると思います。

しかし、ここで両親に印象の良い男性だと思ってもらえないと、同棲を許可してもらえないどころか、交際自体も考えるように言われるかもしれません。

念願の恋人との同棲を叶えるためにも、それは何としても避けたいですよね。

両親に良い印象を抱いてもらうためには、礼儀正しさとか言葉遣いなどよりも、まずは、第一印象が良いと思ってもらえるかどうかが重要です。

ここでは、同棲の挨拶で両親に反対されないための男性の服装について、詳しく見ていきたいと思います。

また、服装だけではなく、身だしなみやマナーについても、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼女の両親に良い印象を与えるには?

彼女の両親に良い印象を与えるための第一歩として、第一印象が良いかどうかが大きな判断材料となるのが特徴です。

例えば、恋人とのデートで、少しお高めのレストランを予約したとします。

少しお高めのレストランと聞けば、フォーマルな服装で来るのが普通だと思いますよね。

しかし、レストランに来た恋人の服装が、ヨレヨレのTシャツにジーパン、サンダルだったらどうでしょうか?

その場に居るのが恥ずかしくなってしまって、もう、デートどころじゃありませんよね。

このように、場をわきまえた服装をしないと、「この人、ちょっと変な人なんじゃない?」「社会人としての常識がないの?」という印象を抱かれてしまいます。

せっかく、同棲まで考える素敵な恋人だと思って両親に紹介したのに、服装や身だしなみのせいで、悪い印象を抱かれてしまうのは嫌ですよね。

そのため、まずは、同棲の挨拶にふさわしい、しっかりとした印象を与える清潔感のある服装や、身だしなみを徹底して整えるようにしましょう。

>>結婚式場のおすすめ相談カウンター7選を比較!相談カウンターの正しい選び方は?

彼女の両親に好印象を与える服装は?

両親に反対されないための男性の服装には、以下の2種類があります。

  • スーツ
  • オフィスカジュアル

どちらにしても、しっかりとした清潔感のある印象を与える服装ですよね。

同棲の挨拶といえども、服装がだらしないせいで、両親の印象を悪くしてしまっては、結婚自体も遠ざかってしまいます。

それを避けるためにも、スーツか、襟付きのシャツにジャケットを羽織ったオフィスカジュアルで挨拶に臨むことがおすすめです。

また、さらに好印象を与えるためにも、スーツかオフィスカジュアルのどちらが良いのかを場面別にご紹介します。

ここがポイント!

・スーツ→両親との顔合わせが初めてである場合には、しっかりキメて第一印象を良くしよう

・オフィスカジュアル→すでに両親との交流がある場合には、清潔感のあるオフィスカジュアルがおすすめ

両親との顔合わせが初めてである場合には、スーツを身にまとい、しっかりとした清潔感のある印象をアピールしましょう。

レストランや料亭などの改まった場所で挨拶を行う場合にも、スーツなどのフォーマルな服装を選ぶのがおすすめです。

ただし、スーツで挨拶に行く場合には、リクルートスーツは避けて、ネイビーやライトグレーなどのものを選ぶようにした方が良いでしょう。

また、すでに両親との交流があり、実家に挨拶に伺うのであれば、スーツなどのフォーマルな服装で行くと、かえって気を遣わせてしまう可能性があります。

この場合には、「いつもよりも、しっかりとした服装をしているな」という印象が与えられれば良いので、オフィスカジュアルな服装を選ぶのがおすすめです。

彼氏の両親に悪い印象を与える服装は?

では、両親に反対されるかもしれない、印象が下がる服装とはどのようなものなのでしょうか?

例えば、以下のような服装になります。

  • 派手なスーツ
  • 派手なシャツ
  • ジーンズ
  • ジャージ
  • 腰パン
  • 毛玉のある服
  • 汚れがある服

上記の服装を簡潔にまとめると、普段着ではいけないということですね。

また、場をわきまえないような派手なスーツ・シャツや、腰パンのように服を着崩していたり、毛玉や汚れがある服装をしていると、常識のない人に見えますよね。

たとえ、普段着がそのようなものだったとしても、服装の好みなどは個人の自由です。

しかし、同棲の挨拶などの礼儀をわきまえないといけない場面で、社会人として常識のある服装ができないと、信用はされません。

それは、仕事で取引先の人の印象を悪くしないようにすることと同じだと思います。

相手の身内だからといって、油断していると、同棲を許してもらうどころか、交際自体も許してもらえなくなるので、注意しましょう。

彼女の両親に好印象を与える4つのポイント

両親に反対されないための男性のマナーとして、以下のものを意識しておきましょう。

  • 清潔感を心がける
  • 身だしなみを整える
  • 靴やかばんにも気を配る
  • 装飾品は最小限に留める

それでは、それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

1. 清潔感を心がける

たとえ、スーツやオフィスカジュアルなどの格好で挨拶に行ったとしても、シャツがシワシワだったり、スーツがヨレヨレだったりするとどうでしょうか?

どんなに一張羅のものを着ていったとしても、それだけで見た目の印象がかなり悪くなり、清潔感のかけらもなくなります。

そのため、挨拶に行くと決まったからには、事前にアイロンをしっかりとかけておくとか、クリーニングに出しておくなどの万全の対策を行うことが重要です。

2. 身だしなみを整える

見た目の印象を良くするには、服装だけではなく、身だしなみも非常に重要です。

ひげを生やしっぱなしにしていたり、髪型がボサボサだと、スーツなどのフォーマルな服に着られている形になりますよね。

むしろ、だらしない身なりをしていると、着られている服がかわいそうになってしまいます。

そのため、挨拶に行く日の朝は、ひげを剃って、髪型も服装に似合うようにセットして、身だしなみを整えることが重要です。

3. 靴やかばんにも気を配る

服装と身だしなみを整えたら、次は、靴やかばんにも気を配ることが重要です。

せっかく、服装と身だしなみが完璧なのに、靴が汚れていたり、かばんが服装と合わないと、一気に台無しになってしまいます。

そのため、靴はスニーカーやサンダルではなく、革靴を選ぶようにしましょう。

かばんは、オフィス用のものを選ぶか、フォーマルな服装に似合う黒系のものを選ぶようにしましょう。

特に、靴の状態はよくチェックされているので、挨拶に行く前日もしくは当日の朝に、ピカピカに磨いておくようにしましょう。

4. 装飾品は最小限に留める

装飾品については、ネクタイピン、時計以外は身につけない方が良いです。

普段着では、ネックレスやブレスレッドを大量につけていたり、ピアスを何個もつけていても大丈夫かもしれませんが、挨拶の場では別です。

スーツやオフィスカジュアルの服装に見合わない装飾品は、すべて取っ払うようにしましょう。

ここまで徹底して、服装や身だしなみを整えることができれば、見た目の印象はぐっと良くなり、清潔感をアピールすることができます。

同棲の挨拶にも服装・身だしなみを整えることが重要!

結婚の挨拶じゃないから、服装とかは気にしなくても大丈夫だろう、という考えは間違いです。

同棲は結婚に繋がる可能性の高い、いわば、お試し期間のようなものです。

そのため、男性の服装や身だしなみなどの第一印象の良さは、人柄や性格などを見定めるための判断材料になっています。

挨拶に持参した手土産や、挨拶自体がどんなに丁寧で礼儀正しかったとしても、見た目の印象は非常に重要となります。

両親に確実に良い印象を抱いてもらうためにも、上記を参考に、しっかりとした清潔感のある男性だとアピールしましょう。

>>結婚式場のおすすめ相談カウンター7選を比較!相談カウンターの正しい選び方は?

「当たり過ぎてこわい」と口コミでも話題!

おすすめポイント!

・月額5円で利用可能!
・10分無料の鑑定付き!
・的中率92%、リピート率94%

相手の気持ちを知りたいのなら、虹運の電話占いがおすすめです!

「震えるほど当たる」と口コミでも話題で、「当たり過ぎてこわい」「恋愛成就」の声が続出…

普通だと予約が取れない超人気の占い師が100名以上在籍しているので、的中率92%という数値も納得です。

ちなみに、無料トライアル期間中に当たらず満足できなかった場合は、10,000円分のポイントを渡してくれるらしいので、的中率には自信があることが分かります。

今なら、10分無料鑑定付きキャンペーンを行なっているので、気になる彼との恋愛運が知りたい人は、無料から始めてみてくださいね!

あっちゃん

恋に恋する20代女子。
同棲・結婚など気になる情報をお届けします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Manap Lovin'
タイトルとURLをコピーしました