【ハーブに関する資格】人気のおすすめ通信講座6選を特徴・費用から比較

コーヒー・紅茶・ハーブ

普段からハーブを料理やお茶などに利用する人が、今では多くなりました。

中にはハーブのことをもっと学びたいと思っている人もいることでしょう。

自分の生活以外にも仕事で生かせるハーブの資格には、どのようなものがあるのか、紹介していきます。

1. メディカルハーブセラピスト

スクール名費用(税込)学習期間
キャリカレ48,400円4ヶ月

ハーブは身体へのリラックス作用や疲労感の緩和のサポートになる植物として、西洋で昔から愛用されています。

そのハーブを活用したお茶の淹れ方、コスメに利用する方法などの知識を学べるのがメディカルハーブセラピストです。

時間に追われるような忙しい日々の中、ハーブを取り入れることで疲れの緩和に一役買うと言われています。

さらに、ストレスなどを解消するサポートとしても期待できるので、体にとって嬉しい植物なのです。

このようなハーブの特徴や利用方法を学べる資格なので、取得すればハーブを取り入れて自分の生活を明るく過ごすための知識になり、ハーブの栽培に関するノウハウを生かせます。

それ以外にも医療施設やお店で働く際にも生かせる資格になりますよ。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「メディカルハーブセラピスト」の通信講座を資料請求する(無料)

 

2. ハーブプロフェッショナル

スクール名受講+試験
金額(税込)
試験のみ
金額(税込)
ラーキャリ49,500円11,000円

ハーブプロフェッショナルは、ハーブのお茶や香りを楽しんで心と体をリラックスさせるためのノウハウを学べる資格です。

西洋では昔から自然療法のために利用してきたハーブですが、その知識を基礎から勉強してどういった特徴があって、どのようにサポートをしてくれるのかを学んでいきます。

また、様々な種類のあるハーブには特徴もそれぞれあるので、それを講座で分かりやすく解説してくれます。

どこか体の不調があればそれを緩和してくれるのはどのハーブか、といった知識も詳しく知ることができますよ。

ハーブの特徴を踏まえた上で、食事や飲み物など口から摂取する以外にも、ハーブが持つ香りの利用方法を学べるため、学習内容を自宅でも実践することが可能です。

また、ハーブの特徴であるリラックス作用の他に、身体を温めるなど体に嬉しいサポート力などもあるため、この資格を取得することでエステや医療施設などでも知識を生かせます。

公式サイト
>>『ハーブプロフェッショナル』の公式サイトはこちら

 

3. スパイス&ハーブコンサルタント

スクール名金額(税込)学習期間
フォーミー34,100円1ヶ月

体に嬉しい特徴や作用があるスパイスとハーブを併せて学ぶことができるのがスパイス&ハーブコンサルタントです。

スパイスとハーブと聞くと食を思い浮かべる人がいますが、意外にも雑貨で利用したり毎日お風呂に入浴剤として使ったりと食以外でも利用できます。

ハーブとスパイスを使った料理や栄養面などの知識を養うことができますし、他ではなかなか得ることができない貴重な情報や知識を学べます。

この資格を取得すれば自宅で生かすことができる上に、スパイスやハーブを使った料理を教える教室を開業したり、飲食や美容関係で働く際にもこの資格が活きてくるでしょう。

スパイスとハーブの知識を教える講習会など、仕事の幅も広がりますし、自分だけでなく周りの人にも役に立つ資格といえます。

公式サイト
>>『スパイス&ハーブコンサルタント』の公式サイトはこちら

 

4. ハーブコーディネーター

スクール名金額(税込)学習期間
ハッピーチャレンジゼミ54,780円7ヶ月

ハーブコーディネーターは、ハーブを育てる知識や料理への利用方法などを学べる資格です。

ハーブは疲れた体を癒したいとき、ゆったりと寛ぎたいときに活用することができます。

この講座ではハーブの栽培方法を学べるため、植物を今まで育てた経験がなくても育て方のポイントをつかむことができ、自宅で栽培したい人にうってつけと言えるでしょう。

毎日が忙しいから健康に気を配りたいという人が、気軽にハーブを利用できるのがハーブティーですが、どのような体調のときにどのハーブが良いのかを知ることができます。

ハーブ特有の優しい香りで心を癒してくれて、ハーブが持つ作用のおかげでリラックスする効果も期待できますよ。

また、ハーブは普段から料理の風味づけなどに簡単に利用できるので、基礎を知ることでハーブを活用できるようになるでしょう。

直接体内に取り込む以外にも、日常的に行なっているお肌のケアにもハーブを利用でき、肌質に合った化粧水やパックなどにハーブを利用して作る知識も習得できます。

さらに、お部屋を華やかにしてくれるうえに、良い香りをいつも感じられるハーブ雑貨などの作り方も覚えられます。

ハーブコーディネーターの資格を取得すれば、ハーブに関する知識や活用法を教える教室などを持つことが可能です。

公式サイト
>>『ハーブコーディネーター』の公式サイトはこちら

 

5. ハーブセラピスト

ハーブセラピストはどのようなハーブに人を癒せる力が期待できるのか、あるいはそれぞれのハーブが持つ特徴をどう生かして利用するかという基礎知識を学べます。

それ以外にもハーブをお茶として取り入れるためにハーブティーの淹れ方を覚えたり、栽培方法なども学べる資格です。

さらに、健康を意識する人が利用したいハーブの特徴も本格的に身に付けることができます。

この資格を取得すれば、ハーブを使ったティーサロンの開設やハーブに関する知識を教える講師として活躍できるでしょう。

公式サイト
>>『ハーブセラピスト』の公式サイトはこちら

 

6. ハーブインストラクター

ハーブは手軽に購入できる食材のひとつとなり、料理でハーブを風味づけで利用する人も多くなりましたが、なかなかハーブが持つ作用や摂取方法が分からないことも多いでしょう。

ハーブインストラクターはハーブの特徴をよく把握したうえで、ハーブが持つ成分や料理への活用方法などの専門知識を養う資格です。

その知識を生かして、ハーブの種類を詳しく紹介したりハーブの使い方を人に伝えられる、いわばハーブの専門家とも言えます。

この食材を使うならこのハーブを使った方が良いとか、その人の体調の様子からハーブを説明、紹介します。

ハーブの特徴は現在でもそれほど知られていない情報の方が多いため、専門知識をたくさん知っていることで、自宅でも生かせるだけではなく仕事でも活躍できるでしょう。

公式サイト
>>『ハーブインストラクター』の公式サイトはこちら

 

まとめ

ハーブと一言でいっても、色々な種類や用途があります。

体調を考えたときに適したハーブ、味付けや風味付けに利用したいハーブなど、状況に応じて使い分けるのも楽しみと言えます。

さらに、ハーブに関する資格を取得することで、自分の生活だけではなく仕事でも活かせるので、ハーブに興味のある人は、一度資格の取得を検討してみると良いでしょう。