ボールペンに関する通信講座9選!費用が安い順にランキング比較

ボールペン字
リズ
リズ

スマホやパソコンが普及して文字を書く機会が少なくなったとはいえ、美しい文字には憧れますよね。

自分が書く文字にコンプレックスを持つ方やくせ字などが気になる方におすすめなのが、美しい文字が書けるようになる通信講座です。

しかし、通信講座はたくさんあり、どの講座が良いか迷ってしまいますよね。

そこで、ボールペンに関する通信講座についてまとめてみました。

ボールペンに関する通信講座

講座名文化ペン字講座ペン習字通信講座ペン習字教育講座ボールペン字講座新・実用ボールペン字講座ボールペン字講座ペン習字・ボールペン字講座実用ボールペン字講座やさしいペン字講座
スクール名代々木文化学園PILOT日本書道教育学会NHK学園たのまな四谷学院がくぶんユーキャン東京書道教育会
料金(税込)16,800円17,600円21,100円24,000円
(DVDなし:21,500円)
29,000円29,000円
(分割 月々2,600円〜)
29,800円
(分割 月々1,900円〜)
31,680円
(分割 月々1,980円〜)
32,780円
(分割 月々5,752円〜)
学習期間12ヶ月12ヶ月6ヶ月6ヶ月3ヶ月6ヶ月6ヶ月6ヶ月
学習方法テキスト・添削課題テキスト・添削課題テキスト・添削課題テキスト・DVD
添削課題
テキスト・DVD
添削課題
テキスト・DVD
添削課題
テキスト・DVD
添削課題
テキスト・添削課題テキスト・添削課題
おすすめ度3.53.73.33.04.02.94.64.52.7

1. 文化ペン字講座

文化ペン字講座
スクール名代々木文化学園
料金(税込)16,800円
学習期間
学習方法テキスト・添削課題
おすすめ度3.5
リズ
リズ

代々木文化学園が開講している「文化ペン字講座」は、基本となる楷書から行書や草書、手紙等の実用文も学べる講座です。

丁寧な書き方のアドバイスが付いてくるので初心者にも学びやすい内容となっています。

「実力検定試験」を受けることもでき、師範免許を取得すると自分で教室を開き講師として教えることも可能です。

「文化ペン字講座」は一度入会すると、途中で休んだ場合でも取得した資格や段位はそのままですし、いつでも簡単な手続きで再受講できることも大きなメリットです。

教材はテキストや練習帳などがセットになっています。

費用は16,800円(税込み)で割安で受講できる「家族入会」もあります。

 

2. ペン習字通信講座

ペン習字通信講座
スクール名PILOT
料金(税込)17,600円
学習期間12ヶ月
学習方法テキスト・添削課題
おすすめ度3.7
リズ
リズ

「ペン習字通信講座」は、主に万年筆を使って学ぶ講座です。

ひらがなや漢字、縦書きや横書きはもちろん、ビジネス文書など幅広い分野で活用できるように、豊富なテキストを使いながら独自のカリキュラムが組まれています。

4つの系統にわかれているお手本から、好きなお手本を選んで練習することができます。

「初級」「中級」「上級」の3コースがあり、受講生のレベルに合わせてしっかりと学べます。

受講期間は12ヵ月、課題提出は12回、級位認定は毎月締切で12回となっています。

費用は17,600円(税込)、継続入会や家族入会の場合は12,100円(税込)です。

PILOTの口コミ

美しい文字を拝見すると、清々しい気持ちになります。私の文字もそのように感じていただける様に、これからも練習に精進していきたいと思います。

>>公式サイトより一部抜粋

お手本を見て書く添削問題では、先生の添削指導で自分が気づかなかった部分を順々に教えていただけるので視野が広がり、どのような所を気をつけて書けば良いのか分かるようになりました。級位問題では、お手本がない中どう書くか教材や添削指導を応用して練習するので、少しずつ考えて書く力がついてきます。

>>公式サイトより一部抜粋

 

3. ペン習字教育講座

ペン習字教育講座
スクール名日本書道教育学会
料金(税込)21,100円
学習期間12ヶ月
学習方法テキスト・添削課題
おすすめ度3.3
リズ
リズ

「ペン習字教育講座」は、70年以上の歴史を持つ公益財団法人日本書道教育学会が開講しているペン習字に特化した講座です。

行書や草書についても学ぶことができ、実用的な文字だけではない趣のあるアーティスティックなペン字を書けるようになることを目指しています。

上下巻で248ページに及ぶ教科書には、上巻はペン習字の基礎からひらがなや漢字、縦書きや横書きのお手本、下巻は書き方の応用や芸術的に書くためのコツなどを分かりやすく掲載。

教材には、教科書を理解できるように解説してある指導書もついてくるので、より深く知識を得ることができますね。

受講期間は12ヶ月、課題提出は12回となっています。

受講料は入学金が2,500円と受講料が18,600円で合計21,100円(税込み)です。

ただし、日本書道教育学会の受講生や修了生の場合は入学金の免除、家族や友人と申し込む家族受講や団体受講の場合は受講料の割引など、お得に受講できる制度もあります。

 

4. ボールペン字講座

ボールペン字講座
スクール名NHK学園
料金(税込)24,000円
(DVDなし:21,500円)
学習期間6ヶ月
学習方法テキスト・DVD・添削課題
おすすめ度3.0
リズ
リズ

NHK学園の「ボールペン字講座」は、楷書をきちんと書けるようになりたい方におすすめです。

美しい文字を書くためのコツはテキストとDVDで確認し、ワークブックでより深く定着させていくカリキュラムとなっています。

受講生、一人ひとりに合わせた添削と「おさらいコーナー」の復習で自分のクセを踏まえながら、上達していくことができます。

最近では、手書きの文字を目にする機会が少なくなっていますが、NHK学園のテキストは書きおろしのお手本が満載です。

活字とは違う美しい手書きのお手本で学べることは、効率よく上達するうえでも大事なポイントですね。

教材はテキストやワークブックなどがセットになっています。

課題提出回数は6回、受講期間は6か月(リポート受付延長期間は9か月)、費用はDVD付きで24,000円、DVDなしで21,500円、どちらも税込みです。

NHK学園の口コミ

美しく整った字は見る人に良い印象を与えると思います。そこに近づけるようにクセ字をなくし、見やすい字を書きたいと受講を決めました。 受講して、文章の70から80%もの分量がひらがなで占められていると知り驚きました。また、ひらがなが外形別に5つに分類されることも初めて知りました。 右肩上がりのくせを意識して矯正するようにしています。長年のクセ字はなかなか改善できませんが、努力していきたいです。

>>公式サイトより一部抜粋

書いた手紙やメモをした自分の字を見ると、なんだかがっかりするので少しでも整った文字を書きたいと思って受講しました。繰り返し練習することで少しずつでも字が変わっていくようで張り合いが出てきました。

>>公式サイトより一部抜粋

 

5. 新・実用ボールペン字講座

新・実用ボールペン字講座
スクール名たのまな
料金(税込)29,000円
学習期間6ヶ月
学習方法テキスト・DVD・添削課題
おすすめ度4.0
リズ
リズ

たのまなの「新・実用ボールペン字講座」は、独自の字形解説で楽しく学べます。

文字を書く時に意識することが少ない線や空間などのバランスを詳しく解説してくれるので、絵を描くように学べ上達するスピードが速いという特徴があります。

DVDによる解説は音声を聞きながら文字をリズミックに書けるので、手本を真似るだけでない字形を身につけることができます。

また、受講すると「なぞり書き」に便利なライトテーブルを受講生価格で購入できるのも嬉しいサービスです。

標準学習期間は6か月ですが半年間延長できます。

更に延長したい場合には、費用は発生しますが6ヶ月ごとの延長が可能です。

添削課題は全12回で、受講中の質問や相談は電話やメール、Faxで随時対応しているので安心ですね。

費用は29,000円(税込)で、クレジットカードによる分割払いが可能となっています。

たのまなの口コミ

まだ始めたばかりですが、毎回自分の名前を書くたびに、先生のお手本を見て気をつけるようになりました。 自分のペースで学習を進められるので学びやすく、少しでも自分の字に自信が持てるようになればと思っています。

>>公式サイトより一部抜粋

添削をされる先生の字が美しく、それを目標に頑張ろうと励みになりました。復習しやすい教材で、書く機会の多いひらがなから学びました。自分の名前、住所を書いた時に「美しい字ですね」とほめられるようになり、 トメ、ハネ、バランス、など一字一字丁寧に書くよう常に心掛けています。

>>公式サイトより一部抜粋

 

6. ボールペン字講座

ボールペン字講座
スクール名四谷学院
料金(税込)29,000円
(分割 月々2,600円〜)
学習期間3ヶ月
学習方法テキスト・DVD・添削課題
おすすめ度2.9
リズ
リズ

55段階学習システムが特徴の四谷学院の「ボールペン字講座」は、スモールステップで達成感を味わいながら美文字を目指せる講座です。

文字を美しく書くための学ぶ順序を大事にしたカリキュラムで、楽しく上達していけることを実感できるカリキュラムとなっています。

テキストとDVDの相乗効果で、効率よくレッスンを進めることができるのも「ボールペン字講座」の魅力のひとつです。

1日2ページ、20分と気軽に取り組める内容は、前半は基礎的な演習、後半は応用になっているのでキレイな文字が自然と身につきます。

基礎からしっかりと学びたい方におすすめです。

標準学習期間は3ヵ月ですが受講サポート期間が12ヵ月あります。

課題提出回数は全部で18回。

教材は「学習の手引き」やテキスト「ペン字のいろは」、DVDなどがセットになっています。

費用は一括で29,000円(税込み・送料込み)で分割払いにも対応していて分割回数は選ぶことができます。

四谷学院の口コミ

テキストでは名前、住所、カタカナ、ひらがな、漢字の順にポイントを示され練習が効果的にできました。その他の教材も欠かせないものでした。早朝の静かな時間に30分程度練習しました。田舎の母や友人にハガキを書いた時に文字が整ってきたように感じました。

>>公式サイトより一部抜粋

受講生それぞれに担任の方がついてくださっているようで、いつもメールなどで励ましてくださいました。添削指導の先生のコメントも「ああ、そこを気をつければうまく書けるのか!」と気づかされる、有難いアドバイスがたくさんありました。勉強を始めてから、自分のクセを自覚できるようになりました。どんどん右に倒れて行ってしまうんですよね(笑)。それを注意するようになって、字の形や文字の列が整うようになってきました。

>>公式サイトより一部抜粋

テキストのお手本の字が、思ったよりもずっと大きくて、説明が分かりやすかった。またDVDがついていたので、特徴や解説がとてもよく理解できた。

>>公式サイトより一部抜粋

 

7. ペン習字・ボールペン字講座

ペン習字・ボールペン字講座
スクール名がくぶん
料金(税込)29,800円
(分割 月々1,900円〜)
学習期間6ヶ月
学習方法テキスト・DVD・添削課題
おすすめ度4.6
リズ
リズ

がくぶんが提供している「ペン習字・ボールペン字講座」は、1932年にボールペン字の通信講座をスタートさせた歴史のある講座です。

これまで100万人以上が受講している実績があり、長い間に培ったノウハウで実用的な美文字を書くコツを伝授してくれます。

また、左利きのコースがあるので、左利きの方でも無理なく学べます。

就職や転職に有利な文部科学省後援の硬筆書写検定や、教室を開く時に役立つ日ペンが認定する「硬筆書道教師」と「教室書道師範」の取得を目指すこともできます。

標準期間は6ヶ月、添削課題は12回、質問は書面にて対応しています。

教材は「テキスト全7巻」の他にDVDやトレーニングブックなどがセットになっており、DVDはインターネットでも視聴可能です。

費用は29,800円(税込み・送料込み)で、後払いや分割払いにも対応していて、分割16回払いの場合は初回2,186円+(月1,900円×16回)総額32,586円となっています。

がくぶんの口コミ

受講中に硬筆書検定にも合格でき、先生のご指導には感謝しています。手紙は苦手でしたが字と共に気持ちも変わり、年賀状も手書きにしたところ、皆から「字がきれいになった」とほめられました。

>>公式サイトより一部抜粋

ちょっとしたメモやあて名書きがきれいになって、家族や知り合いからもほめられるようになりました。大変丁寧でわかりやすい指導は、他のテキストの類とは比べ物になりませんでした。これからも、分からないことがあればこの講座のテキストを見るようにします。

>>公式サイトより一部抜粋

 

8. 実用ボールペン字講座

実用ボールペン字講座
スクール名ユーキャン
料金(税込)31,680円
(分割 月々1,980円〜)
学習期間6ヶ月
学習方法テキスト・添削課題
おすすめ度4.5
リズ
リズ

通信講座業界大手のユーキャンが提供しているのが「実用ボールペン字講座」です。

1日2ページ、約20分ほどの簡単ななぞり書きのレッスンなので、無理なく続けることができるカリキュラムです。

私たちが書く文章の約70%を占めるひらがなを最初の6日間で集中的にレッスン。

ひらがなが綺麗に書ければ、文章全体の印象が良くなりますね。

また、日常生活で最も書くことが多い名前や住所は、毎回講師による添削や指導を受けることができます。

標準の学習期間は6か月ですが、受講開始から12か月までは指導してくれるので、忙しい人でも自分のペースで学べますね。

教材は「メインテキスト6冊」、副教材として「楷書・行書字典」などがセットになっています。

費用は、一括払いで31,680円(税込み、送料込み)で、分割払いにも対応しています。

ユーキャンの口コミ

自分の字のクセにに気付く事が出来ました。私の場合、字のクセを直すのにとても時間を要しましたが楽しく学びながら文字がキレイになって行く事が目に見えてハッキリと実感も出来たのでとても嬉しく思いました。

>>公式サイトより一部抜粋

仕事が休みの日に大人の習い事感覚的で1時間くらい時間をとって楽しくやりました。今では、ボールペン一級を取得し、日常に役に立ってます。計画を立てて、継続することが大事です。最後まで楽しく目的を持って継続できて嬉しいです。私の宝ものです。

>>公式サイトより一部抜粋

少し時間かかりましたが、無事終了しました。 なぞり書きからはじまった講座、最初はこれで字が上手になるのかなあと半信半疑でしたが、だんだんときれいになってきた!と感じられるようになりました。

>>公式サイトより一部抜粋

 

9. やさしいペン字講座

やさしいペン字講座
スクール名東京書道教育会
料金(税込)32,780円
(分割 月々5,752円〜)
学習期間6ヶ月
学習方法テキスト・添削課題
おすすめ度2.7
リズ
リズ

「やさしいペン字講座」は、大正7年に創設された歴史のある東京書道教育会が開講している通信講座です。

お手本をなぞる「なぞり書き」から簡単に始めることができる講座で、学習書写技能検定協会に携わるベテラン講師による丁寧な添削が特徴です。

受講期間は6か月ですが学習期間の延長も可能で、自分のペースでゆっくり学べることもメリット。

文字の書き方だけではなく、手紙や文書に必要な書式やマナーも習得できるカリキュラムになっています。

教材は「基本編テキスト3巻」「ペン字練習帳」の他に下敷きやガイドブックがセットになっています。

費用は32,780 円(税込)、分割の場合は月々5,752円×6回(総額 34,512 円)。

ただし、別途送料がかかる場合があります。

東京書道教育会の口コミ

子どもの頃から、運動よりも机の前で文字を書いている時間が好きで、「好きなことを仕事にしたい」「家庭と仕事を両立しやすい」という理由から「ペン字」や「書道」などの仕事を選びました。 通信講座だったので、小さな子供をかかえながらも、昼寝の時間や夜寝た後を使って練習。また、東京での研修会に参加することで、友人の和も広がりました。また、手書き文字の魅力を知るうちに「この素晴らしさを広めたい」と開塾を考えるようになり、生活や仕事の場でより身近な「ペン字」の勉強もスタートさせたんです。 ペンの持ち方から習う丁寧なカリキュラムと、先生の親身な指導により、あらためてペン字の素晴らしさも知ることができました。

>>公式サイトより一部抜粋

子育てが終わった後の人生を考えたとき「何かしなくちゃ」と思い立って、昔から好きだった「手書き文字」に関わる道を選びました。 東京書道教育会で学ぼうと思ったのは、学校教育に力を入れていらした大学教授出身の先生にお会いし、レベルの高さを感じ決め手になりました。 我が子とその友達の三人からスタートした熊谷書道教室も、もう三十年目に突入。開塾当時の子どもたちも、今では立派な社会人に成長しました。 私から学んだ「ペン字」が、仕事や生活の場で役立っていると聞くと、やはり嬉しい気持ちになります。昔も今も、生徒の作品が賞を取ったりした時に一緒に感じる喜びです。今後も生徒たちに、“手書き文字を書くことの楽しさ”を感じてもらいたいと思います。

>>公式サイトより一部抜粋

 

自分に合った講座を選ぼう

リズ
リズ

字が綺麗に書けることは、冠婚葬祭の記帳や贈り物に添える手紙など日常生活の様々なシーンで大いに役立ちます。

通信講座では、練習しやすく継続して学べるようにカリキュラムが組まれているものがほとんどです。

通信講座を受講する理由は人それぞれですが、自分の好みや目的に合った通信講座を選んで、美しい文字を目指しましょう。