女性の就職・転職面接に相応しい服装は?スカート・パンツ・インナーの選び方

転職

転職時に気を付けたいのが、面接の際に着用する服装です。

服装の乱れは心の乱れという言葉もあるとおり、いくら内面がきちんとしていても、その場にあった服装でなければマイナスの印象をもたれてしまいやすいです。

どのような服装がいいのか事前にきちんと知っておけば、面接でも良い印象を与えやすくなります。

ここでは面接時に相応しい服装について詳しく紹介していきます。

転職活動の面接に相応しい服装は?

転職活動で面接を受ける時は、清潔感があり自分の体に合ったサイズ感の物、そしてTPOをわきまえた服装が望ましいです。

職種によってはそこまできっちりとしていない服装でも良い場合もありますが、基本的にはスーツで行くのが正解です。

スーツは上下揃った物を選ぶのが良く、よほどの事情がない限り上下ばらばらの物は避けましょう。

スーツの生地は無地の物か目立たないストライプ柄を選ぶようにして、派手な柄物はNGです。

シワは伸ばしておく

また、スーツにシワがあるとだらしなく見えるので、着る前にアイロンをかけたりしてシワのない状態を保ちましょう。

スーツやシャツのボタンが取れていると、ちぐはぐで間の抜けた雰囲気になってしまいます。

ボタンが取れていることに気付いたら、すぐに替えのボタンを用意してスーツやシャツなどに取り付けておきましょう。

体系に合ったものを着る

自分の体型に合ってない服を着ると、その人自体が悪い印象を持たれてしまいやすいです。

数年前に買ったスーツを着用する時は、今の体型に合っているかどうか確認しておきましょう。

体型に合っていなければ、新しいスーツを買うのがおすすめです。

無理に昔に買ったスーツを着用せず、思い切って新しいスーツを着てみるようにしましょう。

高級ブランドのスーツであっても、時代に合った形でなければおかしく見えるものです。

面接を成功させるには、これらのポイントを守ったスーツを着用してください。

スーツの色とそれぞれの印象は?

スーツの定番カラーとしては、ブラック、ネイビー、グレー、ベージュなどが挙げられます。

ブラックはフォーマルな雰囲気になる

ブラックはフォーマルな雰囲気で、真面目さや真剣さがかもしだされます。

インナーを工夫することでリクルートスーツとは異なる雰囲気になり、靴やアクセサリーとの合わせ方次第では大人っぽく見せることもできます。

喪服のような暗い見た目にならないように、可能であれば化粧にも少し明るいカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ネイビーは清潔感を演出できる

ネイビーのスーツはブラックよりも颯爽とした雰囲気で、清潔感が漂います。

こちらもリクルートスーツのようにならないように、ストライプ柄など少し凝ったデザインの物を選ぶと良いでしょう。

インナーもかっちりとしすぎない形の物を選んで、こなれた雰囲気を演出します。

職種によってはアクセサリーを着用していくこともできるので、子供っぽくなりすぎないようにシンプルながらもスタイリッシュなピアスなどをつけるのがおすすめです。

グレーは落ち着いた印象を与える

グレーはどんな雰囲気にも演出でき、たとえばダークグレーを選べば落ち着いた印象も与えることができます。

ライトグレーは柔らかで明るく、人と接する機会の多い職種の面接に着ていくとぴったりかもしれません。

地味な雰囲気に陥るのを回避するためにも、自分の体型を引き立てるデザインのスーツを見つけましょう。

顔が沈んで見えないかを全身鏡などで確認して、自分のパーソナルカラーと合わせたカラーを用意しましょう。

ベージュは優しい雰囲気になる

ベージュは優しく華やかなカラーですが、派手になりすぎないように注意も必要です。

暗めのトーンのベージュならば華美にならず、ほどよい明るさでまとめられます。

靴は落ち着いたカラーの物を選べば、悪目立ちせずシックな印象を与えるでしょう。

インナーのデザインも落ち着いた物を選び、全体的に優美に仕上げると丁度いいです。

スカートの選び方は?

タイトスカート

タイトスカートは定番のタイプで、体のラインに沿ったデザインで女性らしさを際立たせてくれます。

きちんとした印象を与えたいならタイトスカートがぴったりです。

膝丈のタイトスカートなら華美にならず、面接時のボトムとして活躍します。

フレアスカート

フレアスカートは裾がふわりと広がっていて、シルエットがAラインになっています。

可愛らしく優しい雰囲気をかもしだせて、堅苦しくなりすぎたくない時にうってつけです。

動くたび揺れるスカートが女性らしく、派手すぎず可愛さもあるので、チャレンジしやすいでしょう。

面接の時にはけば、柔らかい印象を与えられそうです。

パンツの選び方は?

ストレートパンツ

パンツは知的なイメージなので、仕事への意欲を表現したい時に選ぶと良いでしょう。

ストレートパンツは定番の形で、足を長く見せてくれます。

大人の女性という一面を面接官にアピールしたいなら、ストレートパンツを選んでみてはいかがでしょうか。

センタープレスが入っている物ならば、ほどよくかちっとした印象を与えられます。

テーパードパンツ

テーパードパンツは膝から裾の部分が細くなっていくタイプのパンツです。

カジュアルな雰囲気で、垢ぬけたスーツ姿に仕上げられます。

足首をちらりと見せることで、着やせ効果もあります。

インナーの選び方は?

スーツに合わせるインナーとしては、シャツ、ブラウス、カットソーなどがあります。

シャツは襟がついていて、前開きできるタイプの服です。

定番なのでスーツに合わせやすく、どんな職種の面接にでも着ていきやすいです。

ブラウスは様々なデザインの物があり、選んだデザインによってはクールにもフェミニンにも全体の雰囲気を変えられます。

カットソーはカジュアルな雰囲気で、親しみやすさを演出したい時に向いています。

透け感が無い方がおすすめ

インナーは透け感が無く、きちんと感のある物を選ぶようにしましょう。

素材は滑らかで、着ていて気持ちのいい物がおすすめです。

一礼した時にどのような形状になるかという点もチェックしておきましょう。

面接時には派手なカラーや柄物は避けるのが無難です。

どうしても柄物を着用したい時は、目立ちすぎないストライプ柄などを選ぶと良いでしょう。

スーツの選び方でよくある質問は?

スーツのボタンは開けるべき?

女性の場合、スーツのボタンは全て閉めておくことが推奨されています。

女性用のスーツはボタンを全て閉めて着用することで、ラインが崩れず綺麗に着こなせます。

着席時も全てのボタンを閉めておきます。

パンツスーツにベルトは必要?

パンツスーツを着用する場合、ベルトは必須ではありません。

ただしベルトループがついている場合は、ベルトをつけた方が良いでしょう。

ベルトループがあるのにベルトをしていない場合、面接官が変に思うかもしれません。

ベルトループがついていない場合は、ベルトは不要です。

ユニクロ、しまむらはOK?

自分の体型に合っているスーツならば、ユニクロやしまむらのスーツでもOKです。

上下セットで販売している物を購入すれば、ちぐはぐになりません。

試着して体にフィットしたサイズ感のスーツを選びましょう。

なるべく実物を見て、安っぽく見えないか、サイズが合っているかどうか、といった点をチェックしてから買うと失敗しにくいです。

【業種別】面接で好まれる服装の特徴は?

飲食・マスコミ・ITなど

飲食業界やマスコミ、IT業界の面接では、ジャケットを着用するのが一般的です。

ネイビーやグレー、ベージュなどのカラーのジャケットに、同色のパンツやスカートを合わせると良いでしょう。

面接の服装について特に指定がない場合は、スーツで行くのが無難です。

飲食業界の面接を受ける時は、清潔感がでるように特に気をつける必要があります。

金融・医療など

金融業界や医療業界の場合は、上下で揃えたスーツを着ていくと良いでしょう。

カラーはネイビーやグレーなどを選び、落ち着いた雰囲気に仕上げるようにするのがおすすめです。

アパレル業界

アパレル業界の場合は、応募する企業の製品を身につけていくと好印象を持たれやすいです。

トレンドを意識した服装を選び、ファッションに興味があることをアピールしましょう。

まとめ

女性が転職する時には、パンツにするかスカートをはくか迷う方も多いかもしれません。

  • 自分の体型に合っているか
  • 自分の魅力を引き出せるか

といった点も考慮すれば、自分に合ったスーツとはどんな物か分かりやすいです。

きちんとしたスーツを身につけて、転職を成功させましょう。

Manap Jobs編集部

Manap Jobs編集部です。
『転職』『仕事』『人材』をテーマにした内容を紹介しています。

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました