初めての転職が不安な人向け!活動準備・企業への応募方法・注意点など解説!

転職
  • 初めての転職だから、うまくいくか不安
  • 転職先選びで失敗したくない
  • 転職初心者が注意すべきことって何?

このような悩みをお持ちではないでしょうか。

初めての転職は要領も分からないから不安ですよね。

どの企業も同じに見えるからと安易な気持ちで転職すると後悔するかもしれません。

ただし、入念に準備すれば自分に合った転職先を見つけられます。

ここでは、初めての転職で後悔しないためのポイントを解説します。

この記事を読めば、納得感をもって転職活動をするヒントが見つかるので、ぜひ最後までお読みください。

初めての転職に不安を感じる5つの理由は?

今の職場を辞めるのはとても勇気がいりますよね。

特に新卒以来十数年も同じ会社で働いていると、なおさら転職に不安を覚えることでしょう。

ここでは、初めての転職に不安を抱く主な理由を5つ紹介します。

1.転職活動が長引いてしまう

転職活動が長期化する不安があって、転職に踏み切れない人はたくさんいます。

一般的な転職活動期間は約3~6ヶ月ですが、さまざまな理由で長引く可能性があります。

転職活動が長引く理由

企業選びの軸が定まらない
待遇に納得できない
選考に落ち続ける

選考が通らないと自分の人材価値を疑ってしまうでしょう。

企業選びに迷ったり待遇に納得いかなければ、転職そのものに疑問が出るかもしれません。

このように、さまざまな要因で転職活動が長引くリスクがあるせいで、不安を覚える人は少なくありません。

2.年齢がネックで転職できない

年齢が原因で転職を渋る人もたくさんいます。

なぜなら、年齢が高くなるほど採用条件が厳しくなるからです。

また、未経験OKの職種でも年齢制限を設けている企業は少なくありせん。

新しく仕事を覚えてもらうために、企業はポテンシャルがある若い世代を好むからです。

このように、年齢と共に採用のハードルが上がるため「今から転職して大丈夫なのか?」と不安に思う人が後を絶ちません。

3.転職先で馴染めるか心配

転職先でうまく関係を築けるか心配で、転職に不安を感じる人もいます。

当たり前ですが、転職すると環境はガラッと変わります。

その中で居場所を作る努力が大切になります。

自分が働きやすくなるように社内で人間関係を構築する必要があるでしょう。

転職先で成果を出して、周囲に認めてもらわなければいけません。

このように、転職先で人間関係を作る労力は仕事以上かもしれません。

転職先の人と良い関係ができるのか心配で、転職をためらう人は一定数います。

4.会社の人に転職活動がバレる

職場の人に転職活動をしていることがバレるのを心配する人もいます。

終身雇用がなくなりつつあるとはいえ、転職に理解を示さない会社は少なくありません。

そのため、転職活動をしていることが同僚や上司にバレると風当たりが厳しくなる可能性があります。

  • 会社を裏切ろうとしている
  • 職場に迷惑がかかることを考えていないのでは?
  • ここよりいい会社はない

このような非難を浴びるケースも多く、いじめやパワハラに発展することもあります。

転職活動が会社の人に知られることが恐くて、転職に踏み切れない人は珍しくありません。

5.チャレンジしたい仕事が未経験

やってみたい仕事はあるけれど実務経験がないせいで、転職に不安を感じる人も少なくありません。

転職を機に昔からの夢を叶えたかったり、趣味を仕事にしたかったりと、未経験の職業にチャレンジしようと考えている人は多いでしょう。

しかし、いざ未経験の仕事に就こうとなると、さまざまな不安が頭を過ぎるかもしれません。

  • 覚えることが膨大
  • 給料が低い
  • 社風が合わない

このように、目指している仕事に対して知見がないせいで、転職に抵抗を感じる人は珍しくありません。

【就活とは全く異なる!】初めての転職活動で知るべきこと5つ

転職活動でよくある不安を紹介しましたが、主な原因は知識不足と言えます。

実際、自己流で転職活動をして、前章のような不安が現実になるケースが後を絶ちません。

ここでは、初めての転職活動で知るべきことを5つ解説します。

新卒の就職活動と比べながら紹介してしますね。

1.採用時期はまちまち

中途採用は入社する時期がまちまちである点が大きな特徴です。

新卒採用だと大学4年の4月に面接がはじまり、夏休み前までに内定を出すケースが一般的。

一方、転職者の場合は9月採用や1月採用等、人によって入社する時期が異なります。

確かに年度末や下半期の始まり等、中途採用が増える時期はありますが、近年は通年で転職者を受け入れる企業も増えています。

このように、転職を考えている人は採用時期が一律でないことを知っておく必要があるでしょう。

2.企業を探す軸が異なる

転職活動と就職活動では、企業を探す軸が変わってきます。

就職活動では、多くの学生が以下の軸に従って会社を選んでいるケースが多いです。

就職活動の軸の例

業界への興味
会社の知名度・大きさ
大学のOB・OGとのコネ

新卒の多くは総合職として採用されるため、入社するまでどんな仕事をするか分かりません。

そのため、会社名や業界のイメージ等から企業を選ぶ傾向になります。

一方、転職活動の場合、企業選びの軸はかなり具体的にしなければいけません。

なぜなら、現職と比べて足りない部分を実現することが目的だからです。

転職活動の軸の例

仕事のやりがい
年収アップ
ワークライフバランス

特に、転職活動ではやりたい仕事を明確にし、自分のスキルや成果ととどう結び付けられるかよく考えましょう。

企業は即戦力が欲しくて中途採用を募集しているからです。

新卒採用のようにポテンシャルだけを頼りに企業を探すと、希望の会社に入ることは難しいかもしれません。

3.選考過程がシンプル

中途採用は選考プロセスがとてもシンプルです。

書類選考が終わったら、通常2回程度の面接で終わります。

新卒採用の場合、ポテンシャルを見極めるために何ステップにも渡って試験を課すことも珍しくありません。

一方、中途採用では企業は即戦力を求めているため、自社に合いそうな人材を早く採用したがっています。

そのため選考に時間をかけている余裕がありません。

このように、初めて転職活動をする人は選考のスピード感を意識しておく必要があるでしょう。

4.スキル・実績を重視される

転職者は、前職で培ったスキルや成果を重視されます。

なぜなら、企業は即戦力がほしくて中途採用を募集しているからです。

近年は企業を取り巻く経営環境が厳しくなっています。

そのため、社員教育に資金投入する余裕がなく、すぐにでも会社に貢献してくれる人を探しています。

特に30代以上になると管理職候補として人材を募集しているケースが多く、高度な専門知識とマネジメント力がないと、思うように転職できないかもしれません。

自分が即戦力だとアピールできるように、スキルと成果の棚卸しは必ずやりましょう。

5.高い入社意欲を見られる

中途採用の選考では、本当に入社してくれるかどうかも重視しています。

スキルや実績が申し分なくても、入社をためらう様子が見えたり、今の仕事を辞めるまでに時間がかかったりしそうなら、不採用になる可能性もあります。

確かに、受けている会社全てを同じ志望度で臨むことは難しいかもしれません。

しかし、面接中は「内定をもらった他社の選考は辞退します」と言えるくらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

【目安は3ヶ月】転職活動の流れ4ステップ

転職活動は約3~6ヶ月かかります。

早い人であれば、1ヶ月弱で内定をもらうことも珍しくありません。

ここでは転職活動の具体的な流れについて解説します。

1.事前準備

事前準備では、転職活動のおおよその方向性を決めます。

以下の項目はきっちり押さえましょう。

事前準備のポイント

転職する目的
スキル・実績の棚卸し
自身の強みの把握
企業研究

ただし、事前準備のやり過ぎは禁物。

不安に駆られて情報収集ばかりしていると、転職に踏み切れなくなるからです。

目安として、1ヶ月弱で方向性を固めることをおすすめします。

2.書類作成・応募

興味がある職種や業界を絞ったら、書類を用意して応募しましょう。

なるべくたくさんの会社にエントリーすることをおすすめします。

前述の通り中途採用は選考スパンが短いため、企業が人材を確保したらすぐに募集を締め切ります。

その結果「あのとき応募しておけばよかった」と後悔する人が後を絶ちません。

少しでも興味があれば積極的に応募しましょう。

期間の目安は2週間~1ヶ月程度です。

3.面接

無事に書類選考を通過したら、次は面接です。

仕事を続けながらのスケジューリングは大変かもしれませんが、ダブルブッキング等ないように注意しましょう。

また、面接では自分を売り込むだけでなく、企業の情報収集も兼ねることをおすすめします。

なぜなら、自分が企業のカルチャーに合っているか判断できるからです。

逆質問で、面接官にやりがいや会社のビジョンを感じる瞬間等を聞き出すといいでしょう。

4.内定・退職手続き

晴れて内定を獲得できたら、入社の意志を伝えましょう。

中途採用の場合、多くの企業は回答まで1週間程度しか時間を与えてくれません。

相手の時間を奪わないためにも、なるべく早く意志を伝えましょう。

入社を決めたら次は退職手続きです。

気持ちよく仕事を辞めるためにも引継ぎはきっちりしておきましょう。

ただし、引継ぎに力を入れすぎることはおすすめしません。

基本的に完璧な引継ぎというのは難しく、綿密にやり過ぎると退職のタイミングを逃してしまいます。

スムーズに退職するためにも、引継ぎの範囲と退職時期は上司に伝えておきましょう。

【成功確率アップ】初めての転職で準備すべきこと4つ

転職活動に不安を感じる原因の一つが準備不足。

私の友人でも転職で後悔した人の多くが準備を怠っていました。

裏を返せば、やるべきことをやれば納得感を持って転職できるでしょう。

ここでは初めての転職で必要な準備を4つ紹介します。

1.自己分析

自己分析は転職活動で最も大切な準備の一つ。

なぜなら、自分を振り返らないと企業に対して効果的なアピールができないからです。

分析すべき主な項目は以下の通り。

自己分析の項目

長所と短所
会社で出した成果
手持ちのスキル
価値観

自己分析をする際には、根拠となるエピソードも合わせて振り返りましょう。

書類選考や面接でアピールする内容に説得力をもたせるためです。

また、自己分析は第三者を交えて行うことをおすすめします。

友人や家族のほうが自分のことを分かっているケースも多く、自分では自覚していなかった強みに気づくこともあるからです。

後に紹介しますが、キャリアアドバイザーに相談することも一つの手です。

プロの目線で自己分析ができれば、理想の転職先に近づけるでしょう。

2.業界・職種研究

業界・職種のリサーチも転職で成功するために欠かせません。

なぜなら、自分に向いている仕事を見極められるからです。

転職初心者によくある失敗が、仕事をイメージで選んでしまうこと。

例えば営業職の場合、お客さんに対し巧みなトーク術を披露できる人が適してそうに見えますが、実際はお客さんのニーズを注意深く聞くヒアリング力が重要です。

業界においても、給料が高そうに見える会社が意外と低年収であったり、激務と言われている業界がワークライフバランスに力を入れていたりというケースは珍しくありません。

このように、業界・職種研究に力を入れれば、イメージと現実のギャップを埋めることができ、自分に合った転職先を選べます。

業界・職種研究のコツは、実際に働いている人とコミュニケーションを取ること。

良い面も悪い面も含めて正確な情報を得られるでしょう。

3.書類作成

書類選考でも不合格になる可能性はあるので、決して手を抜けません。

主に用意すべきは履歴書と職務経歴書の2つ。

特に大事なのが職務経歴書です。

なぜなら、自分が採用に値する人材であることを証明できるからです。

職務経歴書では自分を採用するメリットをアピールしましょう。

  • 募集要項に掲げている人材にマッチしていること
  • 前職の成果に再現性があること
  • やりたい仕事と会社の方向性が一致していること

この辺りを意識して職務経歴書を作ると、書類選考の通過率が上がるだけでなく、面接も有利に進められます。

4.面接練習

面接練習は、転職成功のカギを握る最も大切な準備です。

転職活動における面接のポイントは次の3つ。

面接のポイント

何ができる人材なのか
入社後も能力を発揮してくれる
自分なりに考えて行動できる人なのか

特に大事なのは、何ができる人材なのか正確に伝えること。

くどいようですが、中途採用者は即戦力になってくれるかを見られています。

どれだけ輝かしい実績があっても、本人が取った行動や強みが見えてこなければ不合格になりかねません。

面接では成果を出した具体的なプロセスを伝えましょう。

面接官が「この人はウチの会社で活躍してくれそうだな」と思ってくれたら、採用確率はグンと上がるでしょう。

希望の企業を探す5つの方法は?

転職活動で知るべきこととスケジュールは理解できたと思います。

しかし、どうやって希望の会社を探せばいいか分からないですよね。

ここでは自分に合う会社を探す方法を5つ紹介します。

1.直接企業に応募する

すでに行きたい業界や職種を絞っている場合、直接応募はおすすめです。

なぜなら、志望度が高いとみなされる可能性が高いからです。

転職者の多くは後述の転職エージェント経由で応募するケースがほとんど。

その中で直接応募する人は人事の目に留まりやすく、会社によっては経営者自ら採用にかけあってくれることもあります。

直接応募のデメリットは、転職活動の負担が増えること。

書類の用意やスケジュール調整、面接対策は全て自分で行わなければいけません。

そのため、直接応募は志望度が高い会社に絞った方がいいでしょう。

2.転職エージェントを活用する

会社を探すうえで最もオーソドックスな方法が転職エージェントの活用。

転職エージェントとは、希望の転職先を探すサポートをしてくれる会社のことです。

利用者の希望に基づいて会社を紹介してくれるため、効率よく転職活動ができます。

なるべく少ない労力で行きたい会社を探すなら、転職エージェントは便利なサービスですね。

3.知人に紹介してもらう

少しマイナーですが、友人や知人経由で転職先を探すことも有力です。

なぜなら、入社後のミスマッチを防ぎやすいからです。

自分と近しい人からの紹介だと、ある程度本人の人間性とスキルを理解しているはずです。

紹介する側もいい加減な気持ちで推薦しては自分の評価を下げてしまうため、紹介すべき人を選んでいます。

このように、知人の紹介は転職後のミスマッチを防げる点で、メリットが大きいと言えるでしょう。

ただし知人経由で企業を探すときは、情に流されないように気を付けましょう。

紹介された企業に違和感を覚えたら、自分の直感を優先するべきです。

「せっかく紹介してくれたのに入社しないと申し訳ない」と知人に配慮してしまうと、後悔するかもしれません。

知人からの紹介は有力ですが、あくまでも一つの手段と覚えておきましょう。

4.SNSを活用する

SNSの活用は自分に合う企業探しで最も有力な方法の一つです。

なぜなら、SNSを使ってヘッドハンティングしている会社が増えているからです。

HR総研の調査によると、ダイレクトソーシングによる採用率が全体の2割超。

そして、これから利用が高まると期待している採用手段に、SNSと回答した企業が全体の4割以上です。

SNSを活用する大きなメリットは自分の強みを発信できること。

例えば以下のような内容を投稿すると自分という人間を認知してもらいやすくなります。

  • 業界に対する意見
  • 人生観
  • 仕事での学び

発信内容に興味を持った企業がDMを送ることは多々あります。

また、企業がSNS上で人材を募集することも珍しくありません。

これからSNSは転職活動で必須のツールとなるでしょう。

以下におすすめSNSを載せていますので、ぜひ登録してみてください。

おすすめのSNS

LinkedIn
Wantedly
Twitter

5.ハローワークで探す

転職先を探す手段として、ハローワークもぜひ検討したいところ。

ハローワークとは厚生労働省が運営している仕事の紹介機関で、全国の自治体に設けられています。

ハローワークの大きなメリットは、隠れた優良企業を見つけられる可能性が高いこと。

特に地元の中小企業の求人に強みがあり、エージェントでは扱われていない会社を見つけることもできます。

デメリットは、高収入の求人が少ないこと。

ハローワークは無料で求人票を出せるため、予算に余裕がない企業も少なくありません。

そのため、思ったより給料が低いといった印象を受ける人もいます。

したがってハローワークで仕事を探す際は、給料が少なくてもやってみたい仕事かどうかを精査する必要があるでしょう。

【失敗しがち!】初めての転職で注意すべきこと5つ

ここでは、初めての転職でやりがちな失敗を5つ紹介します。

転職してから「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、じっくり読んでください。

1.転職活動前の退職はNG

転職活動前に今の仕事を辞めることはおすすめしません。

前にもお話したように転職活動は概ね3~6ヶ月程度かかります。

生活費はもちろん、転職活動そのものの費用も決して安くはありません。

仕事を辞めて無収入のまま転職活動をすれば、精神的・金銭的に余裕がなくなってしまいます。

「このままだと生活できなくなる!」と焦って内定に飛びつくと、ブラック企業に入社してしまう恐れも。

このように会社を辞めてからの転職活動はリスクが高いため、仕事を続けながら転職先を探すことをおすすめします。

2.転職する目的をはっきりさせる

なぜ転職したいのか、目的をきっちり言語化しましょう。

ただ何となく「今の仕事がつまらない」「もっといい会社があるかも」と漠然とした理由で転職しては「前の会社の方が良かった」と後悔する可能性が高いでしょう。

転職の目的の例

年収アップを重視している
今より残業が少ない仕事がいい
女性に理解ある会社で働きたい
もっと自分の強みを活かしたい

このように、何を大事にして転職したいのか具体的に言葉にしましょう。

3.完璧な会社を求めない

転職先を探す際は完璧な条件を求めないようにしましょう。

残念ながら、希望を全て叶えてくれる会社は存在しません。

想定より待遇が悪かったり残業時間が長かったりと、一つくらいは自分の意にそぐわない部分はあるでしょう。

転職は今より条件の良い会社で働くために行うことですが、理想は高すぎないことが重要です。

自分に合う企業を絞り込むコツは、1つ譲れない条件を決めること。

例えば給料が上がれば残業は苦じゃないという人もいるでしょう。

一方で給料はそこそこでいいから、早く家に帰りたいという人も多いはず。

このように、優先項目を絞れば他の条件を妥協しても大きな後悔はしないでしょう。

4.円満退職を目指す

仕事を辞める理由は何であれ、なるべく円満退職を心がけてください。

なぜなら、退職後も関係が続く可能性があるからです。

例えば同じ業界内で転職する場合、前の会社が取引先になる可能性があります。

また、前職の同僚が強力なアドバイザーになってくれるかもしれません。

一方、退職時にトラブルを起こしたら、転職先に自分の良くない噂を流されるかもしれません。

そうなれば、新しい職場でノビノビと働くのは難しくなります。

立つ鳥跡を濁さずの精神で、気持ちよく仕事を辞めましょう。

5.内定受諾後の辞退は避ける

内定を受諾した後の辞退はNGです。

特に退職の引き止めに遭ったときに内定の受諾を辞退するケースが目立ちます。

上司から待遇改善を持ち出されたら、考え直す人も珍しくありません。

しかし、前述の通り企業は高い入社意欲を認めて内定を出しています。

受諾してから「やっぱり辞めます」と断ってしまうと、内定先だけでなく転職エージェントからの信頼も失ってしまうでしょう。

最悪の場合、今後エージェントから企業を紹介してもらえなくなります。

このように内定を受諾した後の辞退は、自分の信頼と将来性を失う可能性が高いことを知っておきましょう。

初めて転職する人に転職エージェントをおすすめする6つの理由

納得のいく転職を実現する方法をいくつか紹介しましたが、中でもおすすめは転職エージェント。

特に初めての転職であれば、心強い味方になってくれるでしょう。

ここでは、これから転職を考えている人に転職エージェントをおすすめする理由を6つ紹介します。

1.非公開求人に応募できる

転職エージェントに登録すると、非公開求人に応募できます。

非公開求人とは、エージェントが一般向けに開示していない求人のことです。

非公開求人のメリットは、ミスマッチを防ぎやすいこと。

公開求人だと応募が殺到して選考に手間がかかるリスクがあるため、非公開求人はエージェントが紹介した利用者のみに開示されます。

エージェントの担当者も利用者の適性を考えたうえで紹介してくれるので、より自分の希望にマッチした会社に出会える可能性が高くなります。

また、非公開求人には大企業や幹部候補のようなハイクラス向けの求人も充実しているため、キャリアアップもしやすいと言えるでしょう。

2.書類を添削してもらえる

職務経歴書や履歴書を添削してもらえることも、転職エージェントをおすすめする理由の一つ。

プロのサポートで以下の項目をブラッシュアップできます。

  • 自分が気づいていない強み
  • 成果の効果的な伝え方
  • 志望企業への具体的な貢献方法

書類添削を通じて強みやスキルの棚卸もできるため、歩みたいキャリアの深堀りもできるでしょう。

3.面接指導を受けられる

面接に苦手意識を持っている人もいるでしょう。

転職エージェントであれば、面接対策を受けられます。

書類添削と同様に、面接でも自分がどうみられているか正確に理解している人は多くいません。

話すスピードや声のトーン、論理的な話し方など、転職エージェントなら的確なアドバイスをくれるでしょう。

また、業界特化のエージェントであれば、企業ごとに面接試験のデータを持っているケースもあります。

会社ごとに面接でどうアピールするといいか分析しているため、内定率が高い傾向にあります。

このように、転職エージェントは内定に必要な面接スキルを学べる点でもおすすめですね。

4.業界の最新情報を得られる

転職エージェントに登録すると、業界の最新情報が手に入ります。

なぜなら、企業が新たなビジネスに参入する際に、エージェントに人材の相談をするからです。

そのため、エージェントの担当者は伸びている業界と市場価値の高い人材の特徴を熟知しています。

気になる業界や職種がある場合は、転職エージェントに登録だけもすることをおすすめします。

5.スケジュールの調整が楽

転職エージェントでは選考日程も代わりに組んでくれるため、スケジュールを調整しやすくなります。

利用しているエージェントが1社だけであれば、ダブルブッキングの心配もいりません。

もし一人で選考の日程を組んでいたら、膨大な時間を割く必要があります。

仕事を続けながらの転職活動であれば、なおさら負担が重くなるでしょう。

少しでも選考に集中するために、雑務は可能な限り減らさなければいけません。

転職エージェントであればスケジューリングも代行してくれるため、心置きなく選考に臨めるでしょう。

6.待遇交渉を代行してくれる

転職エージェントでは、給料等の待遇交渉も代行してくれます。

面接だと給料の話は言いにくいかもしれませんが、エージェント経由であれば希望を言いやすいでしょう。

ただし希望の待遇を伝える際は、相場を把握しておきましょう。

なぜなら、あまりにも非現実的な待遇を要求すると不採用になる恐れがあるからです。

特に給料は、業界の動向や会社の業績に大きく左右されます。

どれだけ優秀な人でも希望の年収が高すぎたり妥協が一切無かったりすれば、企業も採用を諦めざるをえません。

企業側の言いなりになる必要はありませんが、志望企業の年収や業界の相場を把握してから、エージェントに待遇交渉をしてもらいましょう。

【初心者の味方】おすすめの転職エージェント5選

1.リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内でトップクラスの求人数を誇る転職エージェントで、非公開求人数は10万件を超えています。

大きな特徴は、膨大な求人から利用者に合った企業を選んでくれること。

リクルートエージェントの担当者は、利用者の要望を汲み取る能力に長けており、納得のいく転職ができると評判です。

初めての転職でリクルートエージェントを利用した人も、求人数の多さときめ細かいサポートを評価していました。

面談では私が前職を辞めた理由や希望の勤務地、年収や仕事の内容を2時間程度の時間をかけてじっくりと話を聞いてくれ、その後にリクルートエージェント専用のサイトを通じて企業紹介となりました。そこで私が最も感動したのが、紹介していただけた求人数の多さです。まさかここまでの求人数を紹介してもらえるとは思いませんでしたし、誰もが知るような大企業も多数ありましたので、さすがリクルートだなと感じた事を今でも覚えています。書類選考や面接のポイントも細かにエージェントの方にフォローしてもらえ、自分でも驚くほどスムーズに転職活動が進みました。

引用:BESTWORK

「腕の確かな担当者のサポートを受けたい」「豊富な求人から幅広く仕事を探したい」という人にとって、リクルートエージェントは魅力的なパートナーと言えるでしょう。

 

2.マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代の転職に強みを持つエージェントで、第二新卒の求人も豊富。

業界に精通したキャリアアドバイザーがついてくれるため、未経験のジャンルでも安心して応募できます。

また、マイナビエージェントのスタッフは、長期的な目線で利用者のキャリアを考えてくれます。

実際に利用した人も、希望のキャリアから最適な求人を紹介してくれたことを評価していました。

独立をしたいことを目標に第二新卒として求人を探した際に利用しました。良かった点として独立の旨を話したときに理解のある企業をピックしてくれたことです。福利厚生はもちろんですが就業後から1年後、3年後と長いスパンの詳細についても調べて頂き将来像をはっきりさせることができました。スタッフの対応ですが20代前半の私に上からになることは一切なく視点を同じくしてまるで学校の先生のような感じで接してくれたので助かりました。面談の練習においても企業側に伝える点をまとめたものをスタッフが親身になってフォローしてくれたので問題なく入社することができました。

引用:BESTWORK

「利用者のキャリアを第一に考えてほしい」「若い内に転職するから親身な担当者を求めている」という人に、マイナビエージェントはおすすめですね。

 

3.doda

dodaは大手転職エージェントの一つで、主に30代以上の転職を得意としています。

ITやメディカル、建設等の専門職に精通したアドバイザーが在籍しているため、気になる仕事の詳細な情報を得られます。

実際に利用した人も、自分の専門性を活かせる求人を探せたことを評価していました。

多くの転職エージェントは、求人広告を通じて求人を募集しています。しかしながらその多くが未経験のような誰でも出来るような仕事がメインであり、上位スキルに特化した職種を多く取り扱っている転職エージェントは少なくなりつつあります。しかしながらこちらの転職エージェントはITに特化していると自身が判断し、自分がやりたい職種を多く紹介し、経験している経験豊かな転職エージェントだと思いました。実際に転職活動してこのようなITの専門職につけたということも転職エージェント選びで失敗しなかったからとも言えるのではないでしょうか。

引用:BESTWORK

繰り返しになりますが、転職においては手持ちのスキルを最大限活用しなければいけません。

仕事で培った専門スキルを活かしてキャリアアップするなら、dodaは心強い味方になってくれるでしょう。

 

4.パソナキャリア

パソナキャリアは大手企業への就職実績が豊富な転職エージェント。

利用者からの評価も高く、オリコン満足度調査で3年連続1位を獲得する等、輝かしい実績を誇っています。

最大の特徴が女性のキャリアサポートに注力していること。

パソナキャリアでは、専門のチームが在籍し、女性の転職に知見のあるコンサルタントがキャリアアップを手伝ってくれます。

実際にパソナキャリアで転職した人の中には、女性としてのキャリアを見直せたと評価していました。

転職先の企業は残業も少なく、女性のロールモデルがいるので、長い将来のイメージが持てそうです。ライフイベントを考えると、そういった経験のある女性の先輩社員が居る会社かどうかが非常に気になるところでしたが、自分ではなかなかそういう企業を調べることも難しいので、コンサルタントさんが見つけてくれる求人には非常に信頼感を持っています。

引用:パソナキャリア公式サイト

女性に理解あるエージェントのサポートを求めるなら、パソナキャリアは魅力的ですね。

 

5.ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス人材に特化した転職エージェントで、年収1000万円以上の求人が全体の1/3以上を占めています。

大きな特徴がヘッドハンティング型のサービスを採用していること。

履歴書と職務経歴書を登録すれば、興味を持った企業がスカウトメールを送ってくれます。

また、ビズリーチには優秀なヘッドハンターが多数在籍しており、利用者に合いそうな会社があればすぐに提案してくれます。

利用者の口コミを読むと、ヘッドハンターのおかげで自分のキャリアに自信が持てたと評価していました。

英語力は完璧とはいえず、実際に英語を使って仕事をすることに不安を抱いていたこともあり、内定を勝ち取れるか自信を持てずにいました。しかし、お会いしたヘッドハンターは別の求職者の海外転職を成功させ、豊富なノウハウをお持ちでしたので、職務経歴書の書き方や面接での応対の仕方等は非常に参考になりました。また自分の質問にいつも真剣に答えてくれたため、徐々に自信がわいてきました。

引用:転職成功事例|ビズリーチ

質の高い求人と優秀なヘッドハンターが豊富なビズリーチなら、ハイクラス転職も夢ではないでしょう。

 

まとめ

この記事では、これから転職を考えている人がやるべきことと自分に合う企業の探し方、転職でよくある失敗等について紹介しました。

転職活動ではどれだけ入念に準備したかで、満足度が変わります。

一方、場当たり的に転職すると後悔するかもしれません。

もし一人の転職活動が不安であれば第三者の力を借りることをおすすめします。

ここで紹介したおすすめの転職エージェントも活用して、理想の会社に転職しましょう。

喜多村道秋

2018年より英語学習専門のブロガーとして活動。2020年に月間最高アクセス9万PVを達成。
また、2020年よりSEOライターとして活動開始。
英語学習を初め転職活動、ライフスタイル記事など多ジャンルの記事を執筆。

https://www.wantedly.com/id/garushia

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました