転職先の探し方が分からない?おすすめの方法7選と転職のポイントも4つ紹介

転職
  • 転職先の探し方が分からない
  • 自分に合う会社を効率的に探す方法は?
  • そもそも自分は今転職していいの?

こんなことを考えていませんか?

転職先を探しているけれど無数に選択肢があって、どの手段が自分に合っているか分からないですよね。

時間もお金も限られているから、手短に転職活動を済ませたい人もいるはず。

そこでこの記事では、以下の内容に沿って紹介します。

この記事でわかること

転職先の主な探し方
自分に合う転職先を探すポイント
転職すべきタイミング

この記事を読めば、納得感をもって転職先を探すヒントが見つかるので、ぜひ最後までお読みください。

【みんなどうしてる?】転職先の探し方7選

転職先を探す方法は主に7つ。

それぞれの方法にメリットデメリットがあります。

どんな人にどの手段かおすすめかも解説しているので、じっくり読んでください。

【プロのアドバイスをもらえる】転職エージェント

転職エージェントとは、採用を検討している企業と求職者をマッチングしてくれる会社のことです。

単に求人を紹介するだけでなく、キャリアプランのヒアリングや書類添削、面接練習、待遇交渉など転職活動全般をサポートしてくれるのが大きな特徴。

メリット1:非公開求人に応募できる

非公開求人とは一般の転職サイトでは載せていない求人のこと。

企業が多数の応募に対処することを防ぐために、転職エージェントに特別に出しています。

そのため、求職者のスキルや希望にマッチしたら紹介してくれるため、より自分に合った仕事を見つけられる点が魅力。

ライバルも少ないため、内定をもらえる可能性が高くなります。

メリット2:時間の節約になる

また、転職エージェントでは面接の日程調整や待遇交渉も代行してくれるため、時間を節約できます。

特に仕事をしながらの転職活動は時間との戦いになるため、面倒な雑務を代行してくれるのは有り難いといえるでしょう。

メリット3:プロのアドバイスをもらえる

そして転職エージェントの最大のメリットは、プロのアドバイスをもらえること。

あらゆる企業のデータと内定のノウハウをもっているため、的確な書類添削や面接指導を受けられます。

業界専門のエージェントになると、業界出身者がキャリアコンサルタントになっているケースも多いです。

そのため、志望業界・企業の人材像を深く理解できる点も魅力です。

デメリット1:エージェントや担当者の質に左右される

国内には大小様々な転職エージェントがあるため、質にバラつきがあります。

良い担当者に当たれたば、利用者に寄り添って求人を紹介してくれます。

しかし「自分の評価しか考えていない」「仲介手数料が最優先」の担当者やエージェントに当たれば、最悪の場合ブラック企業を薦められることも珍しくありません。

もしエージェントや担当者と相性が悪いと感じたら、すぐに変更したほうがいいでしょう。

デメリット2:長期的な転職活動が難しい

また転職エージェントは腰を据えてじっくり転職活動をしたい人には適していません。

なぜなら、一定期間が過ぎるとサポートが受けられなくなるエージェントが多いためです。

エージェントも多数の求職者をサポートしているため、転職活動に意欲的な人を優先する傾向にあります。

「とりあえず今は求人だけを眺めたい」「数年スパンで転職活動をしたい」という人は、次に紹介する転職サイトを活用してください。

 

【幅広く探せる】転職サイト

転職サイトとは、企業や転職エージェントがWebで公開している求人情報を見られるサイトのこと。

例えばリクナビやマイナビ等が転職サイトに当たります。

大量の求人を幅広く見られ、給与や希望条件を比較しながら求人を探せる点が特徴。

サイトによっては適職診断も受けられます。

メリット1:気軽に利用できる

転職サイトは簡単な会員登録をすればすぐ使えるため、気軽に利用できる点がメリット。

転職エージェントと異なり「一定期間利用しなかったらサポート終了」という制約もないため、長期的に転職活動をしたい人に便利なツールです。

メリット2:転職に役立つ情報を得やすい

また、転職サイトでは、著名人のインタビューや転職に関するお役立ち情報も発信しています。

特に転職活動が初めての方にとって、転職サイトは情報収集に便利なツールといえるでしょう。

デメリット1:サポートを受けられない

転職サイトには転職エージェントのように仲介サポートがありません。

そのため書類の作成や面接対策、スケジューリング、待遇交渉を一人で進めなければいけない点がデメリット。

転職に慣れている方であれば問題ないかもしれませんが、初めて転職する方には大きな負担です。

デメリット2:自分に合わない転職先を選ぶリスクがある

また、転職サイトの求人には、表面的な情報しか載せていないケースも多いです。

そのため転職してから「とんでもないブラック企業だった」という事例は珍しくありません。

口コミなどである程度企業の評判は分かりますが、転職サイトの情報だけで企業の善し悪しを知るのは難しいといえます。

【小さい会社の求人多数】ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)とは厚生労働省が管理している企業の紹介機関で、全国で約500か所以上の事務所があります。

メリット1:外国人や障がい者向けの求人が充実

ハローワークでは専門援助部門と呼ばれる、就職のために特別な支援が必要な方向けの窓口を設置。

高齢者や障がい者、小さいお子さんがいる女性、外国人などそれぞれの特性に合ったサポートを受けられます。

例えば障がい者支援窓口では、障がい者雇用に理解ある企業をあっせんしてくれたり、志望企業への実習を受けることも可能。

マザーズハローワークでは、専門の相談員が女性の働き方に合った求人を提案してくれます。

メリット2:地元の求人が多い

また、ハローワークでは地元企業の求人が豊富なのも魅力。

転職エージェントでは扱われていない企業も多いため、故郷でじっくり働きたい人にはおすすめの手段です。

デメリット1:給料が低い傾向にある

ハローワークの求人は転職エージェントに比べると給料が低い傾向にあります。

なぜなら、企業側は無料で求人を掲載できるため予算にあまり余裕がない企業が集中するからです。

そのため社員に十分な報酬を払えないケースがあります。

デメリット2:的外れなアドバイスをされるリスクがある

また、相談員の年齢層が高いため、利用者によってはアドバイスに納得できなかったり、価値観がズレることも良くあります。

ハローワークで転職する際には「給料に納得できるくらいこの企業は自分に合っているか」「相談員のアドバイスに偏りはないか」などを吟味しましょう。

【本気度が伝わる】企業に直接応募

直接応募とはその名の通り、志望企業へ自分でアプローチする方法です。

具体的には公式サイトの募集ページから応募、もしくは人事部に直接コンタクトを取る方法の2通りあります。

メリット1:志望度の高さが伝わる

わざわざ企業に直接アプローチしているため、企業側の印象が良くなる傾向にあります。

特に経営層に採用をもちかけると「面白いから話をしてみたい」と面接の場を設けてくれることも珍しくありません。

メリット2:転職サイト・エージェントにはない求人に応募できる

また、直接応募では、転職サイトやエージェントに載っていない企業に転職できる可能性があるのも大きなメリット。

転職エージェントで募集するとコストがかかるため、大々的に採用活動ができない企業はたくさんあります。

しかし人手は欲しいので、問い合わせフォームから入社希望を伝えると、選考のチャンスをくれるケースは珍しくありません。

デメリット1:採用率が低い

直接応募の場合、有名企業や大企業になると応募者が殺到するため、倍率が高くなる傾向にあります。

会社によっては、非公開で学歴や職歴に足切りを設けているケースも多いため、内定を得にくいことが多いです。

デメリット2:条件面でミスマッチが起こる

また、公式に採用活動をしていない企業に応募した場合、条件面でミスマッチが起こるケースも。

募集要項がないため、企業側も待遇や労働条件を具体的に提示できないからです。

その結果「思っていたより給料が低い」「想定していた業務内容と違う」といったケースもあります。

【レア求人が見つかる】SNS

SNSの利用も、転職先を見つける有効な手段の一つ。

企業も公式アカウントを作るケースが増えており、採用情報をSNSに投稿することも珍しくありません。

日系の大手企業ではあまり浸透していませんが、外資系企業やベンチャーなどは、採用活動でSNSを活用する傾向にあります。

メリット1:人物像が伝わりやすい

SNSで転職先を探す最大のメリットは、自分の人柄が伝わりやすいこと。

SNSの投稿を通じて強みやスキル、価値観が分かるため、採用後のミスマッチが起こりにくくなります。

企業が求める人材像と合っていれば、書類選考や一次面接をスキップすることも可能かもしれません。

メリット2:企業の社風を掴みやすい

また、応募者から見ても志望企業の公式アカウントや社員のアカウントをフォローすることで、その会社が自分に合っていそうか分かります。

デメリット1:フォロワーが少ないと効果が低い

フォロワーが少ないと、SNS転職はあまり効果がありません。

なぜなら、企業に見てもらえる可能性が低くなるからです。

フォロワーが一定数いないと自分の投稿は拡散されにくいですし、企業から見ても「目立った長所がなさそう」と思われる可能性もあります。

デメリット2:運用が負担になる

また、SNSで人柄を知ってもらうためには日々の投稿が不可欠。

何ヶ月も放置されたアカウントだと企業が興味を示さなくなるからです。

そのため、定期的な運用が負担になる可能性も考えられます。

なので、アカウントの定期運用が苦じゃない方に、SNS転職は適しているでしょう。

【ミスマッチが起こりにくい】友達・知り合いの紹介

古典的ですが、友達や知り合いの紹介で転職先を見つけるのも有効な手段。

最近ではリファラルと呼ばれる、社員が知人や友人を自社に誘う手法が増えています。

リファラルは日系大手ではマイナーな手法ですが、ベンチャーやスタートアップでは積極的にリファラルを行っています。

メリット1:ミスマッチが起こりにくい

友人・知人であればある程度自分の人柄やスキルを把握しているため、入社後にどんな働きをしてくれるか分かっているはずです。

応募者自身も、友人や知人から勤め先の社風や働き方、給料などを教えてもらっているケースが多いです。

そのため入社後のミスマッチが起こりにくいのが魅力。

メリット2:選考が進みやすい

また、友人・知人の紹介だと選考がスムーズに進みやすい傾向にあります。

なぜなら、紹介ということで一定の信頼が担保されているからです。

フレキシブルな会社であれば、書類選考抜きで面接に進めますし、場合によっては経営者と直接面談で内定につながることもあります。

デメリット1:入社辞退・退職しにくい

ミスマッチが起こりにくいといいましたが、絶対というわけではありません。

もし想像していた会社でなかった場合、内定を辞退したい(もしくは退職したい)と思っていても、紹介者に迷惑がかかるせいでためらう人もいます。

デメリット2:じっくり比較検討しにくい

また、紹介されるがまま選考を受けると、他社との比較検討が疎かになります。

転職活動が終わってから「別の会社の方が良かったかも」と後悔するかもしれません。

友人・知人の紹介であっても、通常の転職活動は同時に進めた方が良いでしょう。

【有利な条件を引き出しやすい】ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、求職者自ら応募するのではなく、企業やエージェントから直接勧誘されることを指します。

ヘッドハンティングの方法は主に「スカウト」と「登録型」の2パターン。

スカウトとは企業がSNSや仕事などで目当ての人材を見つけた時に直接自社に誘う方法。

「登録型」とは人材データベースに登録し、ヘッドハンターといわれるエージェントが求職者にマッチしそうな企業を見つけたら、選考に勧誘する方法です。

ヘッドハンティング会社には、JACリクルートメントやリクルートダイレクトスカウトなどがあります。

メリット1:強気の待遇交渉が可能

企業やヘッドハンターがわざわざ声をかけてくれるほどなので、採用したい気持ちはかなり高いはず。

そのため、給料などの待遇交渉を有利に運べるでしょう。

メリット2:役職付きで転職できることもある

また、ヘッドハンティングでは、管理職の人材を探しているケースが多いです。

特に企業が水面下で動くタイプのヘッドハンティングだと、CEOやCOOなどの上位職に付ける人材を探していることも珍しくありません。

デメリット1:採用側が過剰に評価していることがある

企業やヘッドハンターがコンタクトを取る際には、それなりに求職者のことを調べているはずが、過剰評価していることもあります。

あまりに期待値が高すぎると入社してから「思っていたほど優秀ではなかった」という事態になりかねません。

極端に謙遜する必要はありませんが、自分の実力を過不足なく伝えるようにしましょう。

デメリット2:詐欺まがいのヘッドハンターがいる

また、ヘッドハンターには詐欺まがいの勧誘もあります。

理由もなくヘッドハンティングのDMが来たときは、いきなりオファーを受け取るのではなく、なぜ声をかけてくれたのか聞きましょう。

理由に具体性がなければ、断った方がいいかもしれません。

【探し方が分かる】自分に合う転職先を見つけるポイント4つ

転職先の探し方が分かっても、必ずしも自分に合う会社が見つかるわけではありません。

ここでは自分に適した会社を見つけるためのポイントを4つ紹介します。

転職理由を深堀りする

まず、自分がなぜ転職したいと思うのか言語化しましょう。

なぜなら、何となく転職すると後で後悔するからです。

例えば、今の仕事がつまらないというだけで会社を辞めても、次の仕事が面白いとは限りません。

周りが転職してるからと周囲に流されて転職すれば「前の会社の方が良かった」と後悔するでしょう。

転職するためには、それなりに強い動機が必要です。

転職動機の例

自分の得意・強みを活かしたい
とある会社のプロジェクトに参加したい
年収を上げたい
多様な働き方を実現したい

なぜ転職したいのか紙に書き出してみましょう。

転職したい理由を、より客観視できます。

キャリアを棚卸しする

転職するためにはキャリアの棚卸が不可欠。

なぜなら企業は「この人は何ができるのか」を重視するからです。

特に30代以降になると即戦力を求めるケースが増えます。

そのため、前職の実績とスキルが分からない・もしくはミスマッチだと内定が遠ざかってしまいます。

キャリアで棚卸すべき内容はいかのようなもの。

キャリアの棚卸

経験した職種(営業・技術など)
具体的な職務(法人営業・プロジェクトマネジメントなど)
実績(対前年比売上げ○○%アップ、コスト△△%カットなど)

なおキャリアの棚卸をする際には、自分が具体的に何をしたかも掘り下げてください。

なぜなら、実績や職務だけでは自分の実力を相手に伝えられないからです。

例えば営業で売上げが2倍になったとアピールされても、会社のブランド力が影響している可能性もあります。

売上げを伸ばした時に自分がどのような行動を取ったかまで洗い出しましょう。

  • 1日に数十件アポの電話をかけた
  • トップセールスマンに同行してノウハウを学んだ
  • 開発部門と関係を築いて製品の知識を深めた

本人の具体的行動まで伝えられたら、企業側に「この人は活躍してくれそうだな」と思ってくれる可能性が高くなります。

優先順位をつける

転職先を探す際には必ず優先順位をつけましょう。

なぜなら、全ての希望を叶えてくれる会社はなかなかないからです。

例えば、転職して年収は2倍になるかもしれませんが、残業も1.5倍増えるかもしれません。

年収も休みも多い会社を見つけたけれど、裁量権が全くない可能性も考えられます。

このように、転職で全ての条件を叶えるのは難しいといえます。

転職先を探す際には譲れない条件を一つ決めて、他は妥協できないか考えましょう。

  • リモートワークがしたいので給料や福利厚生は気にしない
  • 年収が上がれるのであれば、転勤や残業は苦じゃない
  • 業種にこだわりはないが裁量権があるポジションにつきたい

こだわりのポイントを決めたら、転職先の選択肢はグッと広がります。

企業研究を惜しまない

入念な企業研究も自分に合った転職先を見つけるうえで重要です。

具体的に見るべきポイントは次の5つ

企業研究のポイント

事業内容
経営理念・社訓
社風
業界の将来性
賃金体系

企業研究を疎かにすると採用後のミスマッチにつながってしています。

例えば、想像していた業務内容と違ったり社風が合わなかったりすると長続きはしないでしょう。

業界全体が落ち込んでいては、自分の市場価値を上げることは難しくなります。

また、企業研究が不十分だと書類選考や面接も通過しにくくなります。

例えば企業側はイノベーティブなエンジニアを募集しているのに、トップセールスの才能をPRされてもミスマッチになりそうですよね。

どんな手段で転職先を探すにせよ、企業研究は内定率アップとミスマッチを防ぐうえでとても大切です。

【探し方が分かったら?】転職するタイミング4つ

転職先の探し方と自分に合う会社選びのポイントを紹介しましたが、転職にはタイミングも大切です。

勢いで転職したら「前の会社の方が良かった」と後悔するかもしれません。

一方で今すぐ転職しないと大きな機会損失になる人もいます。

ここでは転職するべきタイミングを4つ紹介します。

ネガティブな理由とポジティブな理由の両面から解説しているので、じっくり読んでください。

働く環境が劣悪

あまりにも働く環境が酷い場合は、すぐ転職するべきといえます。

  • 上司のセクハラ・パワハラ
  • 慢性的な長時間残業
  • 労働災害が絶えない現場

上司や同僚からの罵倒やイジメが横行していたら、仕事どころではありません。

残業時間が長ければうつ病やパニック障害などの精神疾患にかかるリスクも増えます。

特に残業時間が月80時間を越えると過労死の可能性が高まると厚生労働省も発表しています。

また、建設や製造業などケガが起こりやすい現場で労働災害の対策が十分でなければ命を落としかねません。

劣悪な職場環境で働くと取り返しがつかなくなるので、最悪転職先が決まっていなくても辞めた方が吉といえます。

会社の経営が危うい

「会社の経営が危ない」「業界全体が落ち込んでいる」という場合も、転職をすべきタイミングといえます。

なぜなら不当に給料を下げられる、リストラされるリスクがあるからです。

そうなると、転職活動で後れを取る可能性が出てきます。

また、会社の経営が危なければ、会社側が不正に手を染めかねません。

株主や銀行の評価のために、商品の誇大広告や粉飾決算、検査データの改ざんなど不祥事を起こした企業はたくさんあります。

不正が発覚すれば企業はもちろん、そこに所属している社員の風当たりも厳しくなるでしょう。

ましてや、会社にしがみつくために不正に加担すれば、転職活動における企業側の評価は容赦なく下がります。

このように、経営が危うい会社にいると様々なデメリットを被るので、転職で環境を変えるといいでしょう。

出世が見込めなくなったとき

キャリアアップしたいけれど今の会社で難しいのであれば、転職するべきといえます。

  • 出世しやすい部署に行けない
  • 管理職になりたいが社歴が短い
  • 経営側が全員親会社からの天下り

上記のような環境だと本人の能力にかかわらず出世は難しいです。

特に大企業になると、旧態依然とした制度や学閥の影響で、入社初期から出世の見込みが決まっているケースは珍しくありません。

「もっと裁量権のある仕事をしたい」「マネジメント側に回って高い収入を得たい」という人は、転職でチャンスを掴みましょう。

今の仕事が好調

意外に思われるかもしれませんが、今の会社で仕事が順調な場合も転職の良い機会です。

なぜなら仕事の調子がいい人材は、企業から見ても魅力的だからです。

  • 仕事で成果を残している
  • 仕事への姿勢がポジティブ
  • 成果を上げるに至った行動が具体的

上記の項目は仕事がうまくいっているときこそ見えるもの。

また、仕事が好調な時は会社への不満やグチも出にくくなります。

そのため、面接の場でうっかり現職の悪口が出てこないため、より企業の評価が上がるでしょう。

ただし転職する以上、現職でのキャリアアップは手放すことになります。

今の会社での出世と転職のどちらが魅力的かは、一度冷静に考えましょう。

まとめ

この記事では転職先の探し方と自分に合う会社を見つける方法、転職すべきタイミングについて紹介しました。

SNSなどネット技術の発展で転職先の探し方は多様化しました。

それぞれに特徴があるため、どの手段が自分に合っているか悩む人も多いでしょう。

また、転職に対する価値観や姿勢も変わりつつあります。

かつて転職はマイナーな選択肢であり、仮に転職するにしても大企業に入って一発逆転といった1回限りの大勝負のような転職が主流でした。

しかし、これからの時代は数回の転職が当たり前になります。

自分が叶えたい目標を達成するために転職はあくまで手段になるはず。

そのような時代の流れで、どのように転職先を探すのかも重要。

この記事で紹介した内容を参考に、自分に合った転職先を見つけてください。

喜多村道秋

2018年より英語学習専門のブロガーとして活動。2020年に月間最高アクセス9万PVを達成。
また、2020年よりSEOライターとして活動開始。
英語学習を初め転職活動、ライフスタイル記事など多ジャンルの記事を執筆。

https://www.wantedly.com/id/garushia

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました