看護師を辞めたら幸せになれるのか?本当はやめない方が良い?

看護師

希望に満ち溢れて看護師の職に就いたはずなのに、体力的にも精神的にもきつく、職場の人間関係に悩むなどして「看護師を辞めてしまおうか」と考えていませんか。

看護師を続けるにしても辞めるにしても、様々な生き方があります。

自分にとって最適な選択をするために、まずは「看護師を辞めれば幸せになれるのか?」について考えてみましょう。

スポンサーリンク

なぜ看護師を辞めたくなるのか?

労働環境

看護業界は慢性的な人手不足の病院や施設が多く、一人の看護師が抱える負担は大きいと言われています。

夜勤と日勤のシフトや残業、休みも不規則で毎日の生活のリズムが乱れがちなうえ、休憩時間もままならないことが多く、体力的に厳しいと感じる看護師も少なくありません。

また、些細なミスも許されない緊張感の中で仕事をこなさなければいけない看護師は、精神的にも厳しい職業です。

それは経験が浅い新人の看護師だけでなく、ベテランの看護師でも感じることです。

常に重圧の中で働くことに疲れてしまうことは看護師を辞める大きな理由となっています。

人間関係

どのような仕事でも辞める理由に多いのが、職場の人間関係です。

看護師という仕事柄、閉鎖的で緊張感が漂う環境にストレスを覚えることも多いでしょう。

そんな中、女性が多い職場特有の息苦しさを感じたり、先輩との上下関係に悩む人も少なくありません。

看護師同士だけでなく、患者さんや医師との関わり方に悩みを抱えている人もいます。

大きな病院などでは部署を異動するという解決方法もありますが、小さなクリニックや施設などではそれができないため、辞める理由のひとつとなっています。

ライフイベント

激務と言われる看護師の仕事と家庭を両立していくのは精神的にも身体的にも厳しいという背景があります。

結婚や出産、育児や介護など、ライフイベントのタイミングで看護師を辞めていく人も多いです。

ただし、この場合は子育てが一段落した後に復職する人も多く、パートなど働きやすい環境に転職して看護師を続けるケースもあります。

>>看護師におすすめの転職サイト・転職エージェントの記事はこちら

看護師を辞めて幸せになれる人は?

看護師だけに限らず専門的な職業に就いている人の場合、その仕事を辞めることで幸せになるかどうかはケースバイケースと言えるでしょう。

得意なことと好きなことは必ずしも一致しません。

看護師も同じで、看護の仕事に憧れていたけれど実際働いてみると向いていなかったという人の場合は、看護師を辞めて幸せと感じる可能性が高いでしょう。

一方で、看護師という仕事に目的ややりがいを求めていた人の中には、自身の目標が達成されて辞めていく人もいます。

努力を重ねて目標をクリアした達成感がある場合、看護師を辞めることについての後悔は少ないでしょう。

いずれの場合も自分に向いていることを知ることができたというメリットがありますので、その後の幸せな人生に繋がる可能性は大いにあります。

看護師を辞めて幸せになれない人は?

勢いで辞めてしまう人

日々ストレスを抱えて仕事をしていると、ちょっとしたことがきっかけとなり勢いで辞めてしまう人もいます。

しかし、辞めた後のことをしっかり考えていないと後悔してしまうでしょう。

看護師を辞めた後に後悔しないように、職場でのストレスはこまめに解消し、冷静な判断ができる状態を保ちましょう。

また、次の仕事に就いた時「看護の仕事が好きだった」と後から気付き、辞めたことを後悔してしまう人も少なくありません。

自分が看護の道を志した気持ちを定期的に思い出してみるのも、気持ちを落ち着かせるポイントです。

人間関係が嫌で辞める人

職場の人間関係が嫌で辞めた場合でも、辞めたことを後悔するケースがあります。

人間関係の悩みはどの業界にもあり得る事で、次の職場でも同じような人間関係のトラブルが起こる可能性は高いです。

人間関係やハラスメントで悩んでいる時は信頼できる先輩や同僚、然るべき窓口に相談してみるのも良いでしょう。

看護師の資格を活かすには?

看護師を辞めたい理由がハードな勤務状況や職場の人間関係などであれば、看護師の資格を活かして派遣や企業で働くという方法もあります。

今の職場で抱えている問題をクリアできれば、看護師として働く道が見えてくるでしょう。

短期間で高時給の応援看護師やイベント、訪問看護師など働き方の多様化が進み、常勤看護師ではない雇用形態はたくさんあります。

転職サイトなどで看護師としての知識と経験を活かせる職場を探してみるのもおすすめです。

看護師の仕事は辞めない方が良い?

安易に辞めるのはもったいない

看護師は国家資格であり、資格を保有している人でなければ看護師として働くことはできません。

看護師になるために学んできた時間や費用を考えると、安易に辞めるのはもったいないでしょう。

どの業界でも言えますが、専門的な知識や経験が必要な職種は給与面での待遇が良く、看護師も例外ではありません。

働く病院の規模や施設、夜勤や残業などの勤務形態にもよりますが、平均的な看護師の年収は350~500万円と言われています。

看護師から他の業種に転職した場合、一からキャリアを積み上げなくてはならず、収入が下がってしまいます。

収入が下がることに不安がある方は、看護師を辞めることを考え直すことをおすすめします。

派遣やパートも視野に

また、医療の世界は日々進化し続けています。

看護師は復職しやすいと言われていますが、一度医療の現場から離れてしまうとスキルの低下や新しい知識についていけるかといった不安が大きく、復職に踏み切れない方もいます。

看護師を辞める理由にもよりますが、派遣やパートといった働き方で医療現場に携わっていくことも選択肢のひとつに入れておくのも良いでしょう。

経験の浅い新人の看護師の場合は、ミスをする不安に押しつぶされたり人間関係を構築できずに辞めてしまいたくなる人も多いです。

しかし、それは経験を重ねていくことでクリアできる問題でもあります。

仕事に慣れてくると仕事のミスも減り、良い人間関係を築いていける可能性も高まります。

毎日の業務を丁寧にこなしていくことで、不安も解消されていくでしょう。

>>看護師におすすめの転職サイト・転職エージェントの記事はこちら

看護師を辞めた後に幸せになる方法は?

肉体・精神ともに休息を取る

看護師を辞めた人の多くは心身ともに疲弊していることが多いのではないでしょうか。

特に「やる気が出ない」「感情の起伏が乏しい」と感じる時は、身体だけでなく心の休息も取ることが必要です。

精神的にも肉体的にも疲れ果てていては、冷静な判断が難しくなります。

目の前の状況を変えることも大切ですが、仕事に関しては先を見据えた選択も考えたいところです。

好きな音楽や映画を楽しんだり旅行をするなど、次の行動に備えてリフレッシュすることが幸せへの第一歩です。

好きなことや得意なことを仕事にしてみる

看護師を辞めた後、幸せになるために、看護師以外の仕事に就くというのも一つの方法です。

夜勤やシフトの無い仕事や人の命に関わらない仕事など、今まで重くのしかかっていたプレッシャーや緊張から解き放たれる条件の職種を探してみましょう。

自分の好きなものや得意なことを仕事にしてみるのも良いかもしれません。

どのような選択であっても、今の職場を辞めた後に自分らしくより幸せに生きていけるかを考えて決めていくことが大事です。

まとめ

看護師を辞めたくなる理由は様々ですが、看護師そのものの仕事が嫌でなければ、働き方や環境を変えて看護師を続けるという方法もあります。

また、看護師が向いていないと思う方は、異業種へ転職してみるのも良いでしょう。

看護師はブランクがあっても復職しやすい職種でもあります。

幸せの形は人それぞれです。

キャリアプランをしっかり考えながら、自分なりの幸せの形を見つけましょう。

>>看護師におすすめの転職サイト・転職エージェントの記事はこちら

Manap Jobs編集部

Manap Jobs編集部です。
『転職』『仕事』『人材』をテーマにした内容を紹介しています。

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました