看護師の復職が怖い不安の原因は?ブランクから復帰するポイントも紹介

看護師

妊娠、出産、子育て、病気の家族の世話、高齢の家族の介護…など、様々な理由で看護師の仕事から離れている方もいるかもしれません。

ブランク期間があると、復職の際に色々不安になるものですよね。

そもそも「ブランク期間があっても仕事が見つかるのかな…」と心配している方もいるでしょう。

この記事では、ブランク期間がある看護師の方が、不安に対処して仕事に復帰していくポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

復職が怖いと感じる原因は?

ブランク期間から復職する際は、「点滴や注射ができなくなっているのではないか…」といった、技術やスキルが落ちていることに対する不安を感じる方が多いようです。

また、医療現場で緊急事態が起きた際に、正しい判断や対応ができるのかといった恐怖心を感じている方もいます。

このように、ブランク期間中に看護師としての能力が低下したのではないか、ということを気にしている方は多くいます。

そのほかにも、体力的な不安を感じている方もいるようです。

また、子供がいる場合、「子供の体調不良の際に休めるだろうか」、「突然の休みをもらって、人間関係が悪くなってしまったらどうしよう…」といった不安を感じる方もいます。

公式サイト たった1分で簡単登録!
>>「看護のお仕事」無料の登録はこちらから!◆オリコン調査で3冠達成◆日本最大級の求人数!

不安を軽減するための準備は?

復職への不安を軽減するため、実際にブランク期間があって復職した人に話を聞いてみるというのも一つの方法です。

また、各都道府県の「ナースセンター」では、復職を検討している方向けに相談やアドバイスを行っています。

プロの方から的確なアドバイスをもらうことによって、それぞれの不安に対する対処法を明確にしやすくなります。

不安に対して一つひとつ対処していけば、不安は徐々に軽減されていくのではないでしょうか。

ほかには、短期で少しだけ実際に働いてみるのもおすすめの方法です。

実務経験を積むこともできますし、「いきなりフルタイムで働くのは無理があった…」など、今の自分に適した働き方について理解が深まるでしょう。

実はブランクがあっても復帰しやすい?

「ブランク期間があると仕事を見つけるのが大変なのではないか…」と不安に感じている方もいるかもしれません。

しかし看護師は、国家資格を持っている人しか働くことができない仕事である上に、人手が不足している職場も多いことから、仕事は見つかりやすい傾向にあると言えます。

ブランク期間があっても復職は難しくないので、ブランク期間を取り戻すための学び直しをするなどをして、不安を解消しながら前向きに仕事探しをしていきましょう。

上手に復帰をするための学び直し方法は?

医療業界では日々新しい技術が生まれていますので、最先端の知識や技術を学び、身につけることは大切です。

また、特にブランク期間の長い方は現場のデジタル化についても知っておくようにしましょう。

「ナースセンター」では、復職を検討している方向けの研修を無料で受講することができます。

各都道府県によって内容や利用方法は異なりますが、実技を通して技術を身につけ直すことができますので、仕事への不安も軽減できます。

ほかにも、看護師の仕事に関するDVDレンタルを行っている地区もあり、動画を視聴することによって知識をアップデートすることも可能です。

もちろん本を読んで自分で勉強をしたり、通信講座などで学ぶのも良いでしょう。

復帰する際の注意点は?

情報収集は入念に

再就職先を選ぶ際には、勤務を検討している職場の情報収集を事前にしっかりと行いましょう。

子育てをしながら復職する場合、働く時間に制限がある方もいるかもしれません。

短時間での勤務が可能であるかなど、勤務形態について確認しておくことも大切です。

職場の雰囲気については、転職サイトの口コミを参考にするのが良いです。

せっかく転職するのであれば長く勤められるように、良い雰囲気の職場を探したいものです。

実際に働いている方の口コミを見たり、可能であれば離職率なども検索してみましょう。

ブランク期間があることを伝える

そして、復職先に「ブランク期間」があることを伝えるのは必須です。

「選考でマイナスに捉えられるかも…」と心配してしまうかもしれませんが、隠しても良いことはありません。

何かしら配慮をしてもらえる場合もあるので、恐れずにしっかりと伝えましょう。

家族の理解を得る

また、家族からも復職の理解を得て、どれくらいの時間働くのか、家庭生活にどういった影響が出そうなのかということを伝えることも忘れないようにしましょう。

家事分担の見直しが必要な場合もあるかもしれません。

一人で全てを背負い込んで体調不良などにならないように、復職にあたって助けてほしいこと、協力してほしいことがあればきちんと伝えるのも大切です。

復職におすすめな職場は?

クリニック・診療所

ブランク明けでいきなり医療行為の多い職場に勤めるのは、慣れるまでに心身にプレッシャーがかかって辛いと感じてしまうこともあるかもしれません。

例えば、「個人クリニック」や「診療所」での勤務は、医療行為が少なく、ブランク明けでも勤めやすい勤務先であると言えます。

特に、眼科、耳鼻科、皮膚科、整形外科では、不測の事態や急患対応が少ない傾向にあるため、比較的穏やかな環境で働くことができるでしょう。

こうした診療所等は、夜勤がないので身体的負担も少ないです。

個人クリニックであれば、パートタイマーで看護師を採用している場合もあるので、「いきなりフルタイムで働くのは不安…」という方でも、安心して復職することができます。

介護・保育関連

そのほかには、デイサービスや介護施設、保育園看護師なども、復職におすすめの職場です。

いずれも、健康管理や指導がメインの仕事となるため、技術を必要とする医療行為は少ない傾向にあります。

健診センター

また、健診センターも良いです。

健診センターでの看護師の仕事は、主に問診、身体測定、血圧測定、採血であり、決められたことを繰り返し行う業務なので、仕事に慣れやすいというメリットがあります。

土日休みや夜勤無しという職場が多く、働く生活リズムをつかみやすいので、ブランク明けの職場としておすすめです。

復職には転職エージェントの利用がおすすめ!

アドバイスをもらえる

ブランク明けの方の場合、転職エージェントを利用して仕事探しをする方法がおすすめです。

転職に関する知識豊富な担当者からアドバイスをもらいながら転職活動を進めることができますので心強いです。

転職エージェントの担当者は、多くの求職者と雇用者を引き合わせてきた実績がありますので、ブランク明けから復職する看護師をサポートしたことがある担当者も多いでしょう。

転職エージェントを利用するメリットの一つとして、具体的な成功事例を教えてもらったり、より良い転職をするための助言をもらうことができるという点が挙げられます。

転職するにあたり不安なことがあれば、どんなことでも相談してみましょう。

職場の詳しい情報がわかる

転職エージェントを使って仕事を探す場合、一般的な転職サイトを利用するよりも職場に関する情報が詳しくわかることが多いです。

転職エージェントの企業担当者は、直接職場に出向いて取材したり、実際に働いている人にインタビューをしている場合もあります。

職場の実際の情報を事前に詳しく知ることができるので、転職してから「想像と違った…」というようなミスマッチを防ぐことができます。

転職エージェントでは、応募書類の添削や面接対策をしてもらえる会社もありますので、そういった転職サポートサービスを積極的に利用し、転職を成功させましょう。

ブランク期間があっても復職は可能!

ブランク期間がある方が復職をする際のポイントについて見てきましたが、抱えている不安に対してできることは色々あることが分かりました。

「ナースセンター」など活用できる場所を積極的に利用し、先輩看護師や転職エージェントなどにもアドバイスをもらいながら、前向きに仕事探しをしましょう。

自分に合った職場を見つけて、無理のない復職をしてください。

公式サイト たった1分で簡単登録!
>>「看護のお仕事」無料の登録はこちらから!◆オリコン調査で3冠達成◆日本最大級の求人数!

Manap Jobs編集部

Manap Jobs編集部です。
『転職』『仕事』『人材』をテーマにした内容を紹介しています。

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました