30代看護師が辞めたらどうなる?転職メリット・デメリットなど解説

看護師

30代になり改めて人生設計を立てた時、看護師を辞めるという選択をする人もいるでしょう。

しかし、やみくもに仕事を辞めるのは得策ではなく、将来の展望を見据えた上で行動に移す必要があります。

ここでは、30代の看護師が仕事を辞めるとどうなるのか、また転職のメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

30代看護師が辞めたくなる理由は?

30代の看護婦が辞めたくなる主な理由としては、次の4つが挙げられます。

体力的に仕事が辛い

看護師の仕事は夜勤や長時間勤務などのほか、病棟勤務では力仕事も多いため、体力的に仕事が辛く感じ始める人もいます。

20代の頃のように一晩寝て体力が回復するというわけにはいかず、規則的な勤務形態の仕事を求める人が増加します。

中間管理職的な役職でのストレス

30代は看護師として経験豊富になるため、主任など責任ある役職を任されるようになります。

仕事のストレスが増えるのはもちろん、上司と新米看護師の間で板挟みとなり、人間関係のストレスも増加します。

様々なストレスが増え、仕事を辞めたくなってしまいます。

プライベートを充実させたい

30代になると家庭を持つ看護師も多く、家族との時間を大切にしたいと思う人が増えてきます。

しかし、夜勤や長時間勤務などもあるためプライベートを充実させるのは難しく、一旦仕事から離れようと考える人も多いようです。

やりがいの喪失

  • 仕事量のわりに給料が少ない
  • 思うようなキャリアアップができない

など、労働環境に満足していない人は仕事へのやりがいを喪失してしまいます。

30代看護師の転職事情は?

看護師は売り手市場であるため、転職は難しくありません。

しかし、30代前半と30代後半では同じ30代であっても転職事情が少し異なります。

30代前半の転職事情

30代前半は看護師全体の中で若い方に分類されるため、結婚や出産などのブランクがあり経験が浅くてもポテンシャルを評価され、採用される傾向にあります。

また、30代前半の方が30代後半よりも転職率が高く、キャリアアップを目指して転職する人が多いようです。

30代後半の転職事情

転職市場において30代後半はベテラン看護師として認識されるため、経験やスキルが求められます。

看護師としての能力だけではなく、管理職としての能力も重視されます。

キャリアアップのため転職をするか、家庭と両立させるためパートや時短という働き方に切り替えるかで悩む人が多いようです。

看護師の転職に年齢制限はある?

看護師の転職において年齢制限が設けられていることは少なく、基本的に何歳であっても転職は可能です。

しかし、看護師に限らず転職市場においては年齢が若い方が需要が高いため、40代や50代よりも30代の方が転職に有利と言えます。

また、病院の種類や診療科目によって、年齢制限されていることもあります。

年齢制限がある病院や診療科目

急性期病院では明確な年齢制限はありませんが、重症患者の対応が多いため、20~30代前半など体力的に自信がある世代が求められます。

また、地域の中核病院も仕事量が多く体力勝負となるため、若手看護師が採用されやすい傾向にあります。

そのため、これらの病院では30代前半が転職可能なギリギリのラインと言えるでしょう。

年齢が高くても転職しやすい病院や診療科目

訪問看護は人手不足に悩まされており、50代以上の看護師でも採用されます。

また、療養型病院は看護師の平均年齢も高く、40代以上でも採用されやすいです。

そのほか、精神科も年齢制限がなく40代以上の看護師も採用されますが、精神科看護の経験が求められることもあります。

これらの病院や診療科目では30代は若手看護師として扱われるため、転職が有利に進むでしょう。

30代看護師が転職するメリットは?

30代の看護師が転職するメリットとしては、次の3つが挙げられます。

即戦力として重宝される

30代の看護師は即戦力となる経験やスキルを身につけているため、人材不足に悩まされている医療現場で重宝されます。

特にリーダーや主任などの経験がある場合は、転職市場において高い評価が得られます。

ライフステージに合わせた働き方が選べる

看護師は正社員だけでなく、派遣やパートなど様々な働き方があります。

パート勤務に変えることで、家族との時間を増やすことも可能です。

また、夜勤無しの勤務形態に変えたり、1日5時間など時短勤務に変えたりすることもできます。

ライフステージに合わせた働き方を選べます。

キャリアアップを図れる

転職では、スキルや経験を活かしてキャリアアップを図ることもできます。

看護師としての経験やスキルを身につけており、マネジメントのポテンシャルも評価されれば、看護師長や看護部長候補として採用されることも期待できます。

給料アップにも繋がり、仕事へのモチベーションも高くなるでしょう。

30代看護師が転職するデメリットは?

30代の看護師が転職するデメリットは、次の3つになります。

経験値によって転職先が制限される

30代の看護師と言っても、10年ほど勤続した人と結婚や出産でブランクがある人では看護師としての経験値が異なります。

そのため、経験やスキルによっては希望する職場へ転職できないことも考えられます。

また、フルタイムで働けないなどの家庭事情によって、転職先が制限されることもあります。

体力を考慮して選択しなければならない

30代になると体力の衰えを感じ始めるため、体力に合わせた転職先を選択する必要があります。

やりたい仕事であっても体力的に厳しい場合、勤続するのが難しくなってしまいます。

看護師が体調を崩しては本末転倒であるため、健康管理がしやすい転職先を選ぶ必要があるでしょう。

給与が下がることがある

転職したからといって、必ずしも給与がアップするわけではありません。

時短勤務やパート勤務に変えた場合、給与が下がることがあります。

給与、仕事内容、勤務形態など、何を優先するのか事前に決めておく必要があるでしょう。

30代看護師が選ぶべき転職先は?

30代が選ぶべき転職先は、何を優先するかによって異なります。

プライベートを充実させたい

プライベートの充実を第一に考えるのならば、クリニックや訪問看護が良いでしょう。

クリニックは夜勤がなく、訪問看護は週1~3日など、自分のペースで働きやすいです。

ただし、勤務時間が少ないぶん収入もダウンしてしまいます。

スキルアップがしたい

スキルアップを目指した転職なら、研修制度などのある総合病院が適しています。

夜勤など体力的にきつくなりますが、診療科目も多く看護師として様々な経験を積むことができるでしょう。

また、総合病院は託児所の併設など様々な福利厚生が充実していることが多く、子育て中の看護師が働きやすい環境でもあります。

土日はしっかり休みたい

看護師の仕事はカレンダー通りに休みが取れないイメージがありますが、一般企業の診療所に転職すれば規則的な勤務形態で土日は休みという勤務体制が叶います。

まとめ

30代の看護師は転職市場において需要が高く、即戦力として重宝され、キャリアアップを図れるなどのメリットもたくさんあります。

しかし、個々の経験値によっては転職先が制約されてしまうこともあるため、自分に合う転職先か否かを適切に判断する必要があります。

プライベートを充実させたい、キャリアアップしたいなどといった希望の優先順位を決めて、自分に合う転職先を見つけましょう。

Manap Jobs編集部

Manap Jobs編集部です。
『転職』『仕事』『人材』をテーマにした内容を紹介しています。

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました