20代未経験でIT業界に転職するには?おすすめのエージェントも合わせて紹介

IT
  • 20代の内にIT業界に転職したいけれど、未経験でも大丈夫?
  • IT業界にチャレンジするならどんな職種がおすすめ?
  • 未経験者がIT業界へ転職する際に失敗しないコツを知りたい

こんな悩みをお持ちではないでしょうか。

結論から言うと、20代未経験にとってIT業界への転職はチャンス。

IT市場が急成長しているため、異業種の人にも門戸を開いている企業が増えているからです。

しかし、安易な転職をして後悔する人も少なくありません。

そこでここでは、20代未経験者がIT業界への転職を成功させるためのノウハウを徹底解説します。

この記事を読めば、未経験からIT業界で活躍するためのヒントが見つかるので、ぜひ参考にしてください。

20代未経験でもIT業界に転職をおすすめする3つの理由

未経験者を受け入れている業界はたくさんありますが、その中でもなぜIT業界がおすすめなのでしょうか。

理由は次の3つ。

  1. 深刻な人材不足
  2. 若くして高年収が期待できる
  3. 他業界でも通用するスキルを得られる

IT業界ならではの特徴を交えて解説します。

深刻な人材不足

IT業界は深刻なIT人材不足に直面しています。

特にエンジニア不足が酷く、経済産業省が発表した調査によれば2030年までに約79万人の高度IT人材が足りなくなると言われています。

そのため企業は人材確保に加えて、自社でIT人材を育成しようという動きも高まっています。

特に20代はポテンシャル採用と言われ、これからの伸びしろに期待して採用する企業は少なくありません。

従って、20代未経験だからこそIT業界への転職は狙い目だと言えます。

若くして高年収が狙える

若くてして高年収が期待できるのも、20代の未経験者にIT業界への転職をおすすめする理由の一つです。

政府の賃金実態調査によるとSEの平均年収は568.9万円。

国民の給与所得者の平均年収436万円を大きく上回っています。

フリーランスエンジニアになるとさらに高待遇。

フリーランスエージェントのレバテックフリーランスによると、登録者の平均年収はなんと862万円です。

フリーランスは年齢に関係なく実績さえあれば高待遇が期待できます。

繰り返しになりますが、IT業界は成長市場かつ人材不足が追い風になっており、待遇はどんどん良くなっています。

若いうちから高い収入を狙えるIT業界は、20代の方にこそおすすめしたいですね。

他業界でも通用するスキルを得られる

20代の未経験の内にIT業界で働けば、どの分野でも通用するスキルが身に付きます。

具体的には、プログラミング・マーケティング・Webライティングなどです。

今はどこの企業でもDX化が加速しているため、常にプログラミングスキルのある人材が求められています。

また、マーケティングも企業活動に欠かせないため、Webマーケティングに明るい人材は引っ張りだこです。

このように、IT業界でスキルを身に付けると異業種でも活躍できる人材になれるでしょう。

>>ITエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト13選!

20代未経験でIT業界に転職したい人におすすめの職種5選

IT業界が20代未経験者にとって魅力的なのは理解できたと思いますが、どの職種が良いのかピンとこない人もいるかもしれません。

ここではおすすめの職種を5つ紹介します。

興味のある仕事からチャレンジしてみましょう。

エンジニア

エンジニアとは、プログラミング言語を使いシステムやWeb上のサービスを開発する仕事のことで、IT業界の中でも人気の職種です。

エンジニアと聞くと学生時代からITを専攻していないとなれないイメージが強いかもしれません。

しかし、前述の通りIT人材は不足しているため、異業種から転職している人が増えています。

エンジニアになるために必須のスキルがプログラミング。

挫折者が多いため、チャレンジをためらう人も多いかもしれませんが、プログラミングスクールを活用すれば、無理なくエンジニアへの道が拓けます。

「アプリの開発にチャレンジしてみたい」「ものづくりに興味がある」という人にエンジニアはおすすめですね。

Webマーケター

Webマーケターとは、ネットで企業活動を行う上での市場戦略を練る仕事で、以下のような業務があります。

  • 自社メディアの運営
  • Web広告の出稿
  • SNSアカウントの運用
  • サイトからの問い合わせ対応
  • 新コンテンツの企画・立案

Webマーケターの特徴は業務の幅が広く、地道な作業が多いこと。

例えば、午前中に新事業の立案ミーティングに出席、午後はメディアの解析ツールとにらめっこして、エンジニアと一緒にサイト改修と言ったことは日常です。

マーケターと聞くと華やかでダイナミックな仕事と思われがちですが、意外と泥臭い作業が多いのです。

しかし、施策が当たればリアルビジネスの何倍もの成果が得られるのも、Webマーケターの魅力。

「幅広いWeb事業に関わってみたい」「仮説を立てて検証する仕事が好き」という人にWebマーケターはおすすめですね。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、サイトの見た目や美しさを整えたり、ユーザーが使いやすい仕様にするためのサイト設計をする職業。

具体的には、サイトのレイアウト・デザイン設計・コーディングなどを担当します。

一般的なデザイナーとの大きな違いは、専用ツールやプログラミングの知識が求められること。

例えば、サイトの色味やロゴデザインを作るにはPhotoshopやIllustratorなどのソフトを使いこなさなければいけません。

また、実際にサイトを構成する際にはHTMLやCSSなどの言語を扱う必要があります。

ただし、これらのスキルは独学でも習得が可能で、大事なのはデザインそのものです。

「美的センスには自信がある」「IT業界で通用するデザインスキルを身に付けたい」という人に、Webデザイナーは向いているでしょう。

Webライター

Webライターは、ネットの文章コンテンツを書く仕事です。

ネットに疎かった企業も、近年では自社メディアに力を入れているため、Webライターの需要はとても伸びています。

Webライターの大きな特徴は参入障壁が低いことで、極端な話、日本語が書けたら始められます。

デメリットはいきなり高収入を狙うのが難しいこと。

前述の通り、文章を書けたら始められるため、スキルがないと安く買い叩かれるリスクがあります。

しかし、スキルと実績を積み重ねたら単価がどんどん上がるのがWebライターのメリット。

私も駆け出しのころは最低賃金分も稼げませんでしたが、今は1,500円/時ほどの報酬があります。

文章を書くのが好きな人は、Webライターにチャレンジするといいでしょう。

動画編集者

動画編集者とは文字通り、ネット上の動画にテロップを入れたり音楽を入れたりする仕事。

5Gの導入でネット回線の容量と速度が大きく改善したため、動画市場が伸びています。

芸能界でもテレビからYouTubeへシフトチェンジする有名人がいるほどです。

また、自社のチャンネルを開設している企業も少なくありません。

動画編集で求められるスキルは、Webデザイナーと同じくツールを使いこなせること。

代表的な動画編集ソフトとしては、Adobe Premiere Pro・Final Cut Pro・PowerDirectorなどが挙げられます。

一度独学でカンタンな編集経験を積み、転職活動時に編集した動画をポートフォリオとして使いましょう。

他の未経験者と大きく差別化できます。

>>ITエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト13選!

20代未経験でIT業界に転職する際によくある失敗3パターン

未経験の20代でもIT業界へ転職して成功する人もいれば「こんなはずじゃなかった」と後悔する人もいます。

ここでは、IT業界に転職する際に起こりがちな失敗を3つ紹介します。

IT業界の勉強をしていない

いくら未経験と言えども、業界の知識が全くないと、転職活動では苦労するかもしれません。

例えばエンジニアを志望しているのに、コーディングの経験がゼロだと採用してもらえる可能性は低いでしょう。

また、IT市場は変化が激しいため、業界のトレンドに敏感でないと人材価値は上がりません。

日頃から業界のトレンドを掴んでおきましょう。

おすすめは最新の業界雑誌を読むこと。

業界のホットなニュースを体系的にまとめているため、勉強にピッタリです。

志望動機が明確でない

志望動機が明確でないと、満足のいく転職はできないかもしれません。

例えば、エンジニアになりたいと言っても、

  • スマホアプリを開発したい
  • Webサイトのバックエンドを運用したい
  • ネットワークの構築に携わりたい

など、実際にどんな業務に携わりたいのか具体的に考える必要があります。

もしスマホのゲームを開発したいのに転職先がシステム保守メインの企業であれば、ミスマッチは明らかでしょう。

仮に転職できたとしても、不満を抱えたままでは最悪の場合会社を辞めかねません。

納得感をもってIT業界へ転身する際は、なるべく志望動機を具体化しましょう。

企業の社風を把握していない

志望企業の社風を把握していなくて、転職で失敗するケースも考えられます。

なぜなら、同じ会社でも人によって向き不向きがあるからです。

社風の違う2つのITベンチャーを比べてみました。

ゲーム会社A

業務中の会話はほとんどなく、皆黙々と作業をしている。飲み会などの社内行事はほぼ無し。

ネット広告代理店B

社員全員に営業マンシップを求める体育会系。毎月のようにチームコンペや全体飲み会を開催。

一人で作業に没頭したい人であれば、ゲーム会社A社の方が向いていそうですよね。

一方、人を巻き込んでアクティブに仕事をしたい人なら、ネット広告代理店Bに適性があるでしょう。

志望企業の社風は本人の能力以上に大切なこともあるので、きっちり把握しましょう。

おすすめは直接会社を訪問すること。

どんな人が働いているか見れば、ある程度社風を掴めます。

>>ITエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト13選!

20代未経験でIT業界への転職を成功させるコツ3つ

ここでは、未経験からIT業界への転職を成功させるコツを3つ紹介します。

実際に転職した人の口コミも交えて解説しますね。

IT関連の資格を取る

IT業界へ転身する際に、資格の取得は成功への大きな一歩です。

未経験者が資格を持っていれば、意欲をアピールできるからです。

また、資格の勉強をする過程で知識を体系的に身に付けられるため、転職先でもスムーズに仕事ができるでしょう。

各職種でおすすめの資格をまとめましたので、興味のあるものからチャレンジしてみましょう。

エンジニアITパスポート
基本情報技術者
WebデザイナーWebデザイン技能検定
Photoshop(R)クリエイター能力試験
Illustrator(R)クリエイター能力認定試験
WebライターWebライティング能力検定
文章読解・作成能力検定
Webリテラシー試験
Webマーケターウェブ解析士
ネットマーケティング検定
IMA検定
動画編集者画像処理検定
CGクリエイター検定
色彩検定

プログラミングスクールで基礎を身に付ける

ITエンジニアを目指す場合は、プログラミングスクールで学ぶと転職しやすくなります。

なぜなら、プロから直接教えてもらえるからです。

プログラミング学習で時間を浪費する一番の原因がエラーとの格闘。

しかしプロに質問すれば一発で解決するケースも珍しくありません。

このように、プロの元でスキルアップすれば、未経験でも市場価値の高いエンジニアになりやすいでしょう。

また、大きなスクールだと転職先を紹介してくれることもあります。

企業側もスクール生のスキルを把握しているため、未経験でも優秀な人材を確保しやすいからです。

エンジニアデビューしたいけれどスキルに自信がない人は、プログラミングスクールで学びましょう。

転職エージェントのサポートを受ける

転職エージェントを頼るのも、IT業界への転職を成功させるのに欠かせません。

転職エージェントとは、転職活動全般をサポートしてくれる会社のことで、企業のあっせん・選考のサポート・業界別セミナーなど、多様なサービスを受けられます。

最大のメリットは、担当者がつくこと。

利用者の希望をヒアリングしてくれたり、業界の事情を教えてくれたりと親身に接してくれます。

一人で転職活動をすると負担はかなり大きくなります。

ましてや転職自体が未経験だと、何から始めたらいいか分からないでしょう。

転職エージェントは、業界未経験者にこそ必須のサービスです。

>>ITエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト13選!

【20代の転職未経験者は要注意】IT業界のブラック企業の特徴4つ

IT業界には無数の企業があり、残念ながらブラック企業も存在します。

ここではブラック企業によくある特徴を4つ紹介します。

「これらの特徴に当てはまっていたら絶対にブラック!」というわけではありませんが、有力な指標になるので参考にしてください。

やりがいを強調している

必要以上にやりがいをアピールしている会社は注意しましょう。

なぜなら、待遇の悪さをやりがいでごまかしている可能性があるからです。

経営者が「仕事自体が給料のようなものだ」と最もらしいことを言ってくるケースも珍しくありません。

このような会社は、自己研鑽を大義名分に違法なサービス労働を強いているかもしれないので気をつけましょう。

おすすめは待遇の中身を具体的に聞くこと。

面接で質問するのに抵抗がある人はエージェント経由で聞くと良いでしょう。

休日に出勤している

休日出勤もブラック企業にありがちな特徴です。

確かに、納期前や急なトラブルで休日に仕事をしなければいけないこともあるかもしれません。

しかし、普段から休日出勤が当たり前になっているのなら、会社のビジネスモデルに問題があると言えます。

ワークライフバランスが崩れては、転職先で後悔するかもしれません。

休日に社員を働かせるような会社は避けましょう。

休日出勤の有無を確かめるおすすめの方法は、週末に問い合わせをしてみること。

電話にすぐ出たり、メールの返信が早かったら要注意です。

平均年齢が極端に低い

平均年齢が低すぎるのも、ブラック企業によくある傾向。

なぜなら、労働環境が悪くて辞める人が多いからです。

その結果、いなくなった人の補充で若い人を採用している可能性が高いです。

もちろん、設立から間もないスタートアップであれば、年齢が若くても不思議ではないでしょう。

問題なのは設立から10年以上も経っているのに、若い人が定着していない会社。

志望企業の20代の離職率は予め調べておきましょう。

裁量労働制を採用している

裁量労働制を採用している企業の中にも、ブラックな会社は多数あります。

裁量労働制とは、労働時間ではなく成果に対して賃金を支払う制度。

そのため、働いている時間に関わらず原則賃金は変わりません。

しかし、裁量とは名ばかりに違法な長時間を強いている企業も多く、過去には労災認定された事件もあります。

そもそも、未経験の若い内に裁量労働制を採用しているのは適切でないケースが多いです。

裁量労働制の会社は避けたほうが無難でしょう。

>>ITエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト13選!

【20代必見!】未経験からIT業界に転職したい人におすすめのエージェント3選

マイナビITエージェント

マイナビITエージェントは、WebやIT人材の転職に特化したマイナビグループ傘下のエージェントです。

大きな特徴は、業界に精通したキャリアアドバイザーがついてくれること。

活かせるスキルはもちろん、利用者それぞれにどんな会社が働きやすいかまで丁寧に教えてくれます。

実際に利用した人も、キャリアドバイザーのサポートを高く評価していました。

内部事情など人間関係といった細かいことも教えていただき、働きやすい環境を提供してくれて大変満足しております。
仕事の能力的には差し支えなかったのですが、なにぶん内部事情は働いてみないとわからなかったので、マイナビエージェントさんの優秀なエージェントにより私は働きやすい職場で働くことができ大変感謝しております。

引用:BEST WORK

企業の事情に詳しい担当者を求めるなら、マイナビITエージェントは魅力的と言えるでしょう。

 

ワークポート

ワークポートは、IT求人に強みを持つエージェントの一つです。

ITとWeb制作関連の求人数は2021年11月末時点で175,71件扱われており、その内未経験OKの求人は4294件と全体の1/4を占めています。

ワークポートでは、未経験からIT業界にチャレンジするために独自の取り組みをしています。

  • 転職コンシェルジュの「転職相談サービス」
  • 履歴書・職務経歴書カンタン作成「レジュメ」
  • 転職活動支援アプリ「eコンシェル」
  • 無料講座「すぐに転職講座」
  • 無料エンジニアスクール「みんスク」

また、利用者に必要な情報を率直に教えてくれることも、ワークポートの魅力。

取り扱い求人が多いにも関わらず、転職活動をスムーズに進めるために必要なサポートを惜しみません。

実際に利用した人も、ワークポートのスピーディかつ的確な対応を評価していました。

耳の痛い事もずばりと指摘してくれたおかげで面接が突破できました。
また仕事内容で想定される困難な事について予め教えてもらい、助言をいただいたのが今となっては本当に助かりました。
登録すると、予定の管理や求人の閲覧が一目で分かるシステムが利用できます。このおかげで在職中での転職活動がスムーズにまとまり、うまく転職出来ました。

引用:BEST WORK

「未経験でも手早く転職活動をしたい」、「大事なことを正直に伝えてくれるエージェントがいい」という人にワークポートはおすすめです。

 

doda

dodaは業界でも最大規模の転職エージェントで、IT・ネット関連の求人数は2021年11月時点で3万件を超えています。

未経験OKの求人も800件以上と豊富。

利用者がスムーズに転職活動を進めるためにさまざまなサービスを提供しています。

一番大きな特徴は、利用者の不安払拭に力を入れていること。

過去にdodaを利用した人の口コミを見ると、選考中の不安に対し迅速に対応してくれたことを評価していました。

不安の隠せない私の質問に対しエージェントの方は冷静に向き合ってくれ、またまだエージェントの方でも詳細を把握できない状態であったと思いますが、その時にできる対応を丁寧にそして真摯にしていただいたことにとても感謝しています。

引用:BEST WORK

転職に不安はつきもの。

ましてや経験が浅い20代であればなおさらです。

dodaは、安心して転職活動に臨みたい20代の未経験者にこそピッタリと言えるでしょう。

 

まとめ

この記事では、20代の未経験者にIT業界をおすすめする背景と転職のコツ、おすすめの転職エージェントなどについて紹介しました。

くどいようですが、IT業界は成長市場なのでチャンスです。

特に未経験でも20代なら将来性を期待されているため、採用は引く手数多。

しかるべき準備をすれば、異業種からでも大活躍できます。

ぜひこの記事を参考に、IT業界にチャレンジしましょう。

>>ITエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト13選!

喜多村道秋

2018年より英語学習専門のブロガーとして活動。2020年に月間最高アクセス9万PVを達成。
また、2020年よりSEOライターとして活動開始。
英語学習を初め転職活動、ライフスタイル記事など多ジャンルの記事を執筆。

https://www.wantedly.com/id/garushia

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました