転職ドラフトとは?特徴・メリット・デメリット・口コミなど紹介

IT

数あるエンジニア専門の転職サイトのなかでも、ドラフト形式という特殊な形態を採用していることで注目を集めているのが転職ドラフトです。

従来の転職サイトとは異なる形態に興味を持っている人も多いでしょう。

そこで、転職ドラフトの特徴やメリット・デメリット、利用に向いている人の特徴などについて詳しくご紹介します。

転職ドラフトとは?

転職ドラフトは、インターネットメディア運営事業を行う株式会社リブセンスによって運営されている転職サイトです。

スポーツ界において選手を獲得するために使われるドラフト制が採用されており、自己推薦をして企業からスカウトを受け仕事を獲得するというシステムになります。

スキルや実績が高いほど多くの企業からスカウトされる確率も高まるため、希望に合う企業を見つけやすくなります。

 

転職ドラフトの特徴は?

登録してスカウトを待つだけ

転職ドラフトでは、一般的な転職サイトのように自分に合う求人案件を探して応募する必要はありません。

最初にレジュメを作成すれば、企業からスカウトされるのを待つだけで良いのです。

良い求人案件が無いかと四六時中検索する必要もないうえ、1つ1つの企業に履歴書を送付する手間も省けます。

また、匿名で登録することもできるため、同僚や上司に内緒で転職活動ができます。

レジュメ作成のサポートがある

企業はレジュメを見てスカウトする人材を決めるため、レジュメ作成が転職を成功させるカギとなります。

転職ドラフトでは一人一人に専属エージェントがつくわけではありませんが、レジュメの作成に関するサポートが受けられます。

サポートスタッフは、どのようなレジュメが企業からスカウトされやすいか熟知しているため、スカウト率を高める的確なアドバイスをしてくれます。

学歴や年齢に関係なく登録可能

転職ドラフトは学歴や年齢に関係なく登録できるので、スカウトされる実績やスキルがあれば学歴や年齢、職歴などに関わらず転職活動が可能です。

転職ドラフトのメリットは?

自分の市場価値がわかる

転職ドラフトは、自分へのスカウト状況がリアルでわかるのがメリットです。

どんな企業がどれほどの年収でスカウトしてくれるか確認できるため、自分の市場価値を知ることができます。

企業にも評価制度はありますが、それぞれの企業の業績や上司との相性によって評価基準が違ってきます。

その点転職ドラフトでは、フラットに自分の価値を知ることができます。

また、自分のスカウト状況だけでなく、他の登録者のスカウト状況を見ることができるのも魅力です。

どのような実績があれば、どのような企業にどれぐらいの年収でスカウトされるかの目安になります。

自分の評価を高めるには、どんなスキルや実績が必要かわかるでしょう。

スカウト時に足元を見られない

レジュメで現在の年収を公開する必要はないため、企業がスカウトする時に現在の年収を基準として条件提示をすることはありません。

実績があるのに低い年収が提示されるリスクがないのもメリットです。

自分の実績・スキルに合わせた年収が得られます。

フリーランスとして職探しができる

転職ドラフトは正社員の仕事を探すだけでなく、フリーランスとしての仕事を探すこともできます。

レジュメを設定する際に業務委託を希望すれば、フリーランスとしてのスカウトが受けられます。

転職に成功するとプレゼントをもらえる

転職ドラフトでは、転職に成功した人はプレゼントがもらえるというメリットがあります。

プレゼントは正社員で採用されたか、業務委託(フリーランス)で採用されたかで異なりますが、家電やギフトカードなどを受け取ることができます。

プレゼントをもらうために職探しをするわけではありませんが、貰えないより貰える方が転職へのモチベーションが上がります。

転職ドラフトのデメリットは?

レジュメの作成が面倒

転職ドラフトでは、レジュメがスカウトの数や年収を決める要となります。

そのため必ず作成しなければなりませんが、作成するのはかなり面倒な作業です。

また、レジュメの作成が不十分で審査に落ちると、転職ドラフトに登録することもできません。

審査に落ちたら、運営からのフィードバックを参考にして再作成し、再審査を受ける必要があります。

ドラフトが毎月一回しか開催されない

ドラフトは毎日行われているのではなく、開催されるのは月に1回のみとなります。

そのため、開催された日にスカウトされなかった場合、翌月までスカウトを待たねばなりません。

スカウトから漏れると次のチャンスまで1ヶ月あるうえ、必ずしもスカウトされる保証はありません。

転職先を早く見つけたい人にとっては、非効率に感じるシステムでしょう。

一般的な転職サイトに慣れている人には使いにくい

転職ドラフトは一般的な転職サイトとはシステムが異なるため、慣れていない人には使いにくいというデメリットがあります。

通常は、エージェントに希望条件を伝え、適切な企業を紹介してもらい面談となりますが、転職ドラフトではドラフト開催日まで待たねばなりません。

エージェントによる転職支援はないため、自主的に動くのが苦手な人には向いていないでしょう。

転職ドラフトの口コミは?

具体的な仕事の内容と金額が提示されるので、自分に求められていることがよく伝わり、ミスマッチが減らせるよい転職サービスだと思います。
担当者がしっかりとレジュメを読んでくれている、と感じます。然るべき理由があってお声がけいただいた、と納得感を得られる点が嬉しいです。
ドラフトの場を通じて自身の経歴の見直しやそれをアウトプット・アピールする機会を得られたことが一番良い体験だったかと思います。

※公式サイトより引用

転職ドラフトを利用する流れは?

1. 登録〜エントリー

まずは経歴や実績をレジュメに記載し、審査を受けましょう。

原則1営業日以内に審査結果の連絡があります。

ここで落ちてしまった場合は再度レジュメ作成からになるので、

  • どのような機能を開発したのか
  • どのような技術を使い、どのように実装を行ったのか
  • その他、技術力のアピールにつながるような記載

などは最低限満たしておいた方が良いでしょう。

2. 転職ドラフト開催

毎月ドラフトが開催されています。

期限までに参加申請をして、企業からの指名を待つだけです。

3. 指名に返答〜面談

企業から指名を受けたら、期間中に返答してください。

ここからは各自で面談等を踏まえ、企業とのすり合わせになっていきます。

転職ドラフトはこんな人におすすめ!

転職活動に割く時間が無い人

レジュメさえ作成しておけば企業がスカウトしてくれるため、自分自身で職探しのために奔走する必要はありません。

そのため、忙しく転職活動に時間が割けない人に向いています。

実績豊富でスキルに自信がある人

スカウト形式は実績やスキルが高い人ほど企業から好条件で求められるため、転職ドラフトは実績豊富でスキルに自信がある人に向いています。

適切な評価を受けたい人

レジュメに現在の年収は公開されないため、企業は実績やスキルを見てオファーの条件を決定します。

そのため、実績はあるのに現在働いている会社で適切な評価をされていないと感じている人が、適切な評価を受けられる場となります。

転職が長期化しても構わない人

ドラフトは月1回しか行われないため、スカウトが無かったり思うような条件が提示されなかった場合、翌月まで転職のチャンスが得られません。

転職活動が長期化することもあるため、転職を急いでいない人に向いています。

自主的に転職活動ができる人

転職ドラフトでは転職支援がないため、レジュメ作成なども基本的には自分主体で行わねばなりません。

そのため、エージェントのサポート無しでも活動が進められる人に向いています。

転職ドラフトで自分の市場価値に合う仕事を見つけよう

転職ドラフトはドラフト制という珍しいスタイルで、自分のスキルを武器に企業からのスカウトを獲得する転職サイトです。

実力さえあれば大幅な年収アップも望めるため、実績豊富な人にとっては夢のある転職活動と言えるでしょう。

エンジニアとして十分な実績がある人は、転職ドラフトに登録してみてはいかがでしょう。

Manap Jobs編集部

Manap Jobs編集部です。
『転職』『仕事』『人材』をテーマにした内容を紹介しています。

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました