フォスターフリーランスとは?特徴・メリット・デメリット・口コミなど紹介

IT

フリーランスエンジニアにとって、安定して案件を獲得することは死活問題となります。

効率的に案件を獲得するには、自ら企業に営業するよりもエージェントを利用するのが効率的です。

そこで、高額案件を多数保有すると評判のエージェントサービス、フォスターフリーランスの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

フォスターフリーランスとは?

フォスターフリーランスは、東証一部上場企業の豆蔵ホールディングスによって運営されているフリーランスエンジニア専門のエージェントサービスです。

1996年に設立されて以来、20年以上フリーランスエンジニアをサポートしてきた実績があります。

17,000人の登録者数を誇り、満足度も90%と高いため、これからも登録者が増加することが予想されます。

また、在籍するコーディネーターはエンジニアとしての実績を持つため、一人一人の希望やスキルに合わせた案件を紹介してくれます。

 

フォスターフリーランスの特徴は?

フリーエンジニア専門のエージェントサービス

フォスターフリーランスはフリーランスエンジニアに特化したサービスであるため、フリーランスエンジニアが活躍しやすい環境が整っています。

エンジニア関連の様々な案件が公開されており、選択肢が豊富です。

直請け案件が多く単価が高い

フォスターフリーランスには5000件以上の案件が公開されており、その多くが企業からの直受け案件となります。

そのため案件の単価が高く、月額200万円以上のものもあります。

コーディネーターは元エンジニアが多い

フォスターフリーランスに在籍するコーディネーターの多くは元エンジニアです。

エンジニアとして実際に働いた経験があるため、IT業界の動向に敏感であるほか、現場でエンジニアが抱えるストレスなども熟知しています。

もちろん、フリーランスのトレンドも把握しており、エンジニア目線で一人一人の希望やスキルに合わせた案件を紹介してくれます。

フォスターフリーランスのメリットは?

手厚いサポートが受けられる

通常、エージェントサービスサポートが受けられるのは、案件に参画するまでの間となります。

適切な案件を紹介してもらった後のフォローはありません。

しかし、フォスターフリーランスでは案件を見つけるまでの間だけでなく、参画後のサポートも受けられます。

常駐先で問題が発生した時やメンタルが弱くなった時など、コンサルタントに相談すると力になってくれます。

また、フリーランスとして働くうえで必要な税金や保険、確定申告のフォローもしてくれます。

そのため、フリーランスエンジニアであることに不安を感じず働くことができます。

優良案件を多数保有

フォスターフリーランスの運営会社である株式会社豆蔵ホールディングスは、IT関連の子会社を数多く抱えています。

また、IT業界において広いコネクションを持つことから、優良企業からの案件を多数扱っています。

安定した企業の案件が多いため、質の高い仕事を見つけられるのがメリットです。

全ての案件が登録者に公開されているため、好条件の案件が見つけやすいというメリットもあります。

職種の検索がしやすい

求人サイトで仕事を探す際、検索の絞り込みが難しく希望の職種を見つけにくいことが多々あります。

フォスターフリーランスは職種やプログラミング言語、技術、分野などで絞り込めるようになっているため、希望の職種を簡単に検索することができます。

自分の強みを活かした職探しができるのがメリットです。

フォスターフリーランスのデメリットは?

実務経験が浅いと案件が見つからない

フォスターフリーランスのメリットとして高額案件が多いことがあげられますが、裏を返せば金額に見合う成果が求められることになります。

そのため、エンジニアとして実務経験が浅い人は案件を見つけるのが難しいでしょう。

高額案件は上流工程となるため、少なくともエンジニアとして3年以上の実務経験が必要です。

実務経験が浅い人は、まずは初心者でも働ける企業にエンジニアとして就職し、経験を積んでからフォスターフリーランスに登録するのが賢明です。

正社員のように同一企業で働き続けるのは難しい

常駐型で働く場合、働き方は正社員とほとんど変わりませんが、契約が切れるたびに再契約を結ぶ形となります。

そのため、同一企業で働き続けることは難しくなります。

契約が切れると次の案件を探すという働き方になるため、安定を求める場合は忙しなく感じるかもしれません。

常駐型の案件が多い

フォスターフリーランスには常駐型の案件が多く、週5ペースで働きしっかり稼ぐことができます。

しかし、週1から週3のリモート案件は少ないため、副業的な働き方をしたい人は案件を見つけるのが難しいでしょう。

求人が首都圏と関東エリアのみ

フォスターフリーランスで公開されている案件は、首都圏及び関東エリアのみとなります。

関西や九州など、地方でフリーランスエンジニアとして働きたい人が登録しても、案件を見つけることができません。

リモート案件はほとんどなく、常駐型がメインであるため関東エリアに通勤できない場合は登録する旨味はないでしょう。

フォスターフリーランスの口コミは?

開発を前の会社でもやっており、同じ職種で求人情報を探していました。求人情報サイトはたくさんありますが、ここは求人情報だけでなくコーディネーターがおり、相談も対応しています。早めに職に就きたかったので利用したところ、自分が求めていた職種の求人に応募してその1つで契約できました。その後も、何かあったときに気軽に相談できるので何回か対応して頂き、そのおかげで今は不安もなく働けています。また、フォスターフリーランスのサイトでは、職務経歴書の書き方や税金の申告方法など働くために必要な知識が載っているので見ることをオススメします。
長年の運営ということもあり、登録も手間がなく簡単だったので物は試しと利用してみることにしました。営業担当とのカウンセリングが電話でできたので、来社しなくても良かったのも便利で良いなと思いました。
最初は不安もありましたが、二週間ほど経過した頃に紹介してもらえた初めての案件は納得の報酬で、きちんと受け取ることができました。ノウハウや成長のために必要なことは何かというアドバイスももらえて参考になったし、最初に無料で相談できた時に信頼できそうだと思えたのが良かったかなと思っています。
専門性の高い求人が多く、納得しながら選べて良かったです。さらに専門のコーディネーターさんを通じて過去の実績に合った求人を紹介して頂いた為、違和感を覚えずに済みました。その上に職務経歴書の書き方等のフォローが有り、スムーズに進みました。

※「みん評」より引用

フォスターフリーランスを利用する流れは?

フォスターフリーランスの利用の流れとしては、一般的なエージェントサービスと同様です。

  1. 申込
  2. カウンセリング
  3. 企業との打ち合わせ
  4. 契約締結
  5. 参画
  6. 就業中サポート

カウンセリングはWebや電話で可能なので、ハードルが低いのは嬉しいポイントです。

また、企業との打ち合わせの際にはコーディネーターが同行してくれます。

面接が苦手な人でも安心して臨めるでしょう。

フォスターフリーランスはこんな人におすすめ!

週5日ペースで働きたい人

フォスターフリーランスの案件は週5日・常駐型のものが多いため、正社員のように週5ペースで働きガッツリ稼ぎたい人に向いています。

常駐型の方がリモート案件よりも案件単価が高いため、より多くの報酬が得られます。

きめ細やかなサポートが受けたい人

フォスターフリーランスは元エンジニアの経歴を持つコーディネーターが多いので、エンジニアのニーズに合うきめ細やかなサポートをしてくれます。

希望に見合う案件を紹介してくれるだけでなく、参画後のサポートも得られるので心強いでしょう。

切れ目なく仕事を得たい人

フォスターフリーランスに公開されている案件は5000以上もあるため、案件が終了してもすぐに次の案件を見つけやすいでしょう。

そのため、切れ目なく安定して仕事を得たい人に向いています。

スキルや実績に自信がある人

高額案件を数多く抱えるフォスターフリーランスは、実績が豊富な人に有利なエージェントサービスです。

スキルや実績が高いほど好待遇の案件を見つけやすいので、自身がある人におすすめです。

高収入のフリーランスエンジニアを目指そう

フリーランスエンジニアは、実績や実力がものをいう世界です。

高い実績やスキルを積み上げてきた人は、自分の実力だけで高収入を目指すことができます。

フォスターフリーランスはフリーランスエンジニアが力を発揮できる場を紹介してくれるエージェントです。

力試しをしてみたい人は登録してみてはいかがでしょう。

Manap Jobs編集部

Manap Jobs編集部です。
『転職』『仕事』『人材』をテーマにした内容を紹介しています。

Manap Jobs
タイトルとURLをコピーしました