マツ

転職

自動車営業の仕事内容って?向いている人と向いていない人の特徴も紹介

転職先として自動車営業が気になるけど、「休みないんでしょ」「上司から鬼のように詰められる」なんて話を耳にするので、なかなか踏み出せないという人も多いはず。こちらの記事では、自動車営業が実際にどのような仕事をしているのか、良い部分だけでなく、悪い部分も含めて、包み隠さずお伝えします。この記事を読み終わった時には、自動車営業という仕事が自分に向いているのかどうか、迷わずに転職活動ができるようになるでしょう。
介護士

【介護職員】介護の現場に必要な4つの職種とは?仕事内容別に解説!

「介護の現場で働いてみたいけど、体力もないし自分には難しいかも」と思っている人も多いはず。そんな人にこそ知ってほしいのですが、介護の現場は介護職員だけでは運営できません。介護職員が入所者様へ集中して接するためには、周りで働く職員のサポートは必須。実際にどのような職種の人材が必要とされているのか、詳しく解説していきます。
介護士

【介護の仕事】介護施設の種類について転職前に知っておきたいことを解説!

介護の求人を調べてみると、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど、いろいろと施設の種類があって、どれがどのような施設か分からないという人も多いでしょう。特に初めて介護に触れる人にとってはややこしいので、いくつも種類がある中でも特に知っておきたい施設の種類を4つ取り上げて紹介していきます。
介護士

介護現場の事務が大変な理由は?3つのポイントに気を付けて転職をしよう。

実はやることが多いのに、目に見える部分が少なく大変さが伝わりにくい事務職。「事務って楽な仕事なんでしょ」と経験したことのない人から軽い感じで悪意なく話されることも。そんな人たちに囲まれている今の状況から抜け出したいと転職を考えることは悪いことではありません。しかし、介護に関わる事務というのはやるべきことが多く、現在の事務仕事よりもさらに大変になる可能性もあります。介護の現場の事務職にはどのような仕事があるのか?実際の状況を知った上で転職を考えることで、後々の後悔を未然に防ぐことができます。
介護士

介護業界での仕事は大きく3つ!仕事内容・特徴・働き方など紹介!

「介護業務で働くことに興味はあるけど、夜勤があるのは体力的につらいかも......」と思い悩んでいる人も少なくないでしょう。施設で働く介護職員の場合は、交代制で夜勤に入らないといけないことも多いのですが、介護の仕事の種類は施設の介護職員だけではありません。介護業界で働くのは初めてだから、少しずつ経験を積み上げていきたいという人であれば、日勤のできる職種から始め、スキルと知識を身につけ成長していくのも良いでしょう。また、介護職員として利用者様に関わるのとは違う形で介護業界に関わることもできます。
介護士

介護職の退職時に起こりがちな4つの問題とは?(なかなか辞められない人向け)

上司や施設長との相談の末、円満退職にたどり着くことができると良いのですが、介護の現場は会社規模が小さいところも多いため、なかなか辞められない人もいるでしょう。何度相談してものれんに腕押しで、納得いかない状況に置かれている人も多いのではないでしょうか?そんな時にどのような解決方法を取ればよいのか、実際に苦労して退職したことのある筆者の経験も交えつつ、詳しくお伝えします。
介護士

介護の職場で「この一言」を上司・先輩が口にしたら退職を考えるべきセリフ4選!

入所者様の身の回りの世話に介護記録の記入、フロアの掃除など、やるべきことが多く、一息つく暇もないという介護士さんも少なくないでしょう。ただでさえ忙しく気の張った状況にも関わらず、人のやる気をそぐような発言をしてくる先輩、上司がいるのが原因で、余計な悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。相手の精神にダメージを与えるような発言や仕事を阻害する言動はパワハラに該当する場合もあるので、あなたが我慢する必要は一切ありません。可能であれば、早急に転職活動に取り掛かることをオススメします。
介護士

【介護士向け】早く転職した方がいい職場とは?要注意な4つのポイント!

介護って誰でもできそうという先入観で飛び込んでみたものの、実際は覚えることが多いし、資格を取らないと給料が上がらないという現実に驚いた人も多いのではないでしょうか?また、資格取得のために勉強したくても、実際にはサービス残業が多かったり、人手不足で休みの希望が通らないという職場も少なくありません。中には転職しようか迷ってしまっている人もいるでしょう。こちらの記事では、自分の働いている職場が問題ない職場なのか?、転職を考えた方が良いのか?、どんな部分で判断したら良いかを詳しく解説します。
医師

医師が都会から地方へ転職する時に、必ず押さえておきたい4つのポイント

研修医の頃には勤務先がない、希望の専門科がない、卒業した大学にそのまま勤めた方など、理由はさまざまでしょうが都会の病院へ勤務されたという方も多いのではないでしょうか。もともとの出身が地方だと、親の介護であったり、子どもの進学であったりと地方への移住を考えるタイミングが人生のどこかでやってくるはずです。今すぐに地方へ転職しようと考えていない人でも、先々、転職を検討することになった際にどのような部分に気を付けるべきか知っておきたい人も多いでしょう。これらのポイントを押さえて転職活動を行わないと転職後に「こんなはずではなかった…」と頭をかかえることにもつながりかねません。こちらの記事では、都会から地方の病院へ転職する時に、最低限、押さえておきたいポイントを4つにまとめてお伝えしています。
医師

医師・医者が年収アップを目指すために狙うべき6つのポイントとは?

医師として日々忙しく働く中、ふと同期と話していたり、同級生と集まったりしたときに「自分の年収ってもしかして低い?」と、疑問を抱いたことのある方も多いのではないでしょうか?困っている患者さんを助ける、救急対応で命を救うなど、仕事としてのやりがいはもちろん大切ですが、その働きに見合った報酬を受けとることも重要です。仕事の現状と報酬を比較しても不満に感じない状況を目指すために、転職は1つの選択肢ですが、転職先を間違えると「以前より仕事がキツイのに報酬は下がった」という目も当てられない状況になることも考えられます。
2021.11.29
タイトルとURLをコピーしました