維持費や更新料が必要ない食育の資格はあるのでしょうか?【知恵袋】

学び

食育の資格を取得した後、維持費や更新料が必要な場合はあるのでしょうか?

リズ
リズ

実際、ほとんどの資格が維持費・更新料が必要ありません。

今回は、『維持費や更新料が必要ない食育の資格はありますか?』という質問に対して、費用がかかる資格かからない資格を紹介します。

質問内容:「維持費や更新料が必要ない食育の資格はあるのでしょうか?」の回答
ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

維持費・更新料が必要ない資格

リズ
リズ

初心者におすすめの食育に関する資格としては、食育インストラクター・食育アドバイザー・食育メニュープランナーなどが挙げられます。

この3つの資格については取得後に維持費などの費用が発生することはありませんので、安心して資格習得にチャレンジしてみてください。

ここがポイント!

いずれもNPO法人や財団法人が主催する資格で、通信講座の終了後に申請または自宅で試験を受けることにより、それぞれの資格取得が可能です。

取得のために必要な費用は通信講座の受講費用が20,000円~49,680円、資格認定または資格試験のための費用が3,000円~12,000円となっています。

維持費・更新料が必要な資格

リズ
リズ

維持費・更新料が必要な資格としては、フードアナリストが挙げられます。

フードアナリストはお店の内装やサービス、料理などを適切に評価する資格であり、タレントの真鍋かをりさんが取得したことでも有名です。

フードサービスの分析や評価を行うスペシャリスト資格として1級から4級までが設定されており、養成講座または通信講座の受講後に試験に合格することで取得できます。

ただし、日本フードアナリスト協会への登録入会金として16,200円、また年会費として10,800円の支払いが必要になりますので、取得した知識を仕事に活用したい人などには、おすすめの資格だと言えるでしょう。

まずは資料請求から!

資格講座の資料を取り寄せてみませんか?

資格・通信講座のサイトから資料を取り寄せることが可能です。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、それぞれの講座を資料請求して比較することをオススメしています。

リズ
リズ

講座を申し込む前に、まずは自分に合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「食育」に関する通信講座を一括で資料請求する(無料)

記事の執筆者
リズ

日常生活に活かせる資格・講座・学習方法などを中心に紹介しています。
少しでも皆様のお役に立てるように頑張ります。
>>YouTubeはこちら

Manap