医療ワーカーとは?特徴・メリット・デメリット・おすすめな人など解説

転職

看護師として働いている人の中には、「早く転職して新しいところで働きたい!」という方から、「大きな不満はないけれどもっと良い条件で働きたい」という方まで、色々な理由から転職を検討している人もいるのではないでしょうか。

そんな転職希望者に対して、それぞれの状況に応じたオーダーメイドのサポートをしてくれる転職サービス「医療ワーカー」について、解説していきます。

ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

医療ワーカーとは?

医療ワーカーは、看護師・准看護師を中心に、助産師や保健師などの求人情報を取り扱う転職サービスです。

転職希望者一人に対し、専門のアドバイザーがついて求人情報を紹介したり、面接などの選考のサポートをしてくれたりする、エージェントタイプの支援を行っています。

忙しく働いている看護師が自分の希望する転職先を探すのは大変なことですが、医療ワーカーの支援を元に進めることで、より短期間で満足のいく結果を得られる可能性が高まります。

また、条件に合致した最適な職場を迅速に見つけて貰える、一般には公開されない特別な非公開求人情報を持っているなど、利用すると様々なメリットが得られます。

おすすめ度3.5
公開求人数約59,000件
職種看護師・准看護師、助産師、保健師
雇用形態常勤(夜勤あり)、常勤(日勤のみ)、常勤(夜勤のみ)
夜勤バイト、パート・アルバイト・派遣
施設形態病院、クリニック、介護関連施設
訪問看護、企業、その他
担当業務訪問看護、透析室、ホスピス、訪問診療、オペ室
救急外来、NICU、コールセンター、外来
療養病棟、内視鏡室、ICU、献血
診療科目内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、
神経内科、腎臓内科、血液内科、糖尿病内科、内分泌内科
老年内科、総合診療科、人間ドック・検診
外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、脳神経外科
整形外科、リハビリテーション科、形成外科、救命救急科、
美容外科、眼科、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、泌尿器科
皮膚科、美容皮膚科、病理診断科、婦人科、放射線科、麻酔科
肛門科、リウマチ科、胃腸科、アレルギー科、口腔外科
歯科、呼吸器科、緩和ケア科、産科、精神科、心療内科
対応エリア北海道、宮城、福島、青森、岩手、秋田、山形
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
福井、石川、富山、新潟、長野、山梨
愛知、静岡、岐阜、三重
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
広島、岡山、鳥取、島根、山口
香川、愛媛、徳島、高知
福岡、熊本、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

 

医療ワーカーの特徴は?

オーダーメイド型のサポート

医療ワーカーは、人それぞれ異なる働き方の希望や条件などを考慮し、その人にとって最善の求人が見つかるようにサポートをしてくれます。

例えば同じ看護職であっても、日勤夜勤問わずフルタイムでガンガン働きたいという人から、家庭の事情もあって短期間のスポット勤務を希望する人まで様々でしょう。

その人にとっての理想の求人情報を厳選し、届けてくれるオーダーメイド型のサポートができるのが医療ワーカーの特徴です。

履歴書の書き方や面接の練習など苦手なことへのサポートはもちろんのこと、面接時に同行までしてくれるため、「いざ面接にいってみたら、求人情報と異なる条件を提示されてしまって困った」などといったリスクも減らせます。

出張対応

医療ワーカーのもう一つの特徴は「出張対応」です。

昨今はオンラインでのやり取りが一般的になり、時間や場所にとらわれることがなくなるという大きなメリットがありますが、「対面の方がコミュニケーションがとりやすい」と感じる人も少なくありません。

その一方で、現在働いている・小さいこどもがいるといった理由で時間を取りづらく、自分がどこかに移動するのは大変だから、と対面を諦めてしまう人もいることでしょう。

医療ワーカーは、そんな人のために、求人情報の紹介や面接対策などで出張対応をしてくれるので安心です。

医療ワーカーのメリットは?

アドバイザーの質が高い

就職・転職サービスにおいて、専門のアドバイザーがついてサポートしてくれるエージェントタイプのシステムを導入しているサービスは多数あります。

転職のプロのサポートが受けられるのは大きな魅力ですが、もしもアドバイザーの力量が低かった場合、なかなか希望する求人に出会えずに苦労してしまうかもしれません。

しかし、医療ワーカーのアドバイザーは厚生労働省の認可する「公益社団法人 全国民営職業紹介事業協会」が行う「紹介従事者講習」を受けています。

その上で、アドバイザーは「看護師専門」としと多種多様な求人情報や転職活動に関わっており、転職希望者への手厚い支援が期待できるでしょう。

幅広い働き方に対応

看護師の働き方は様々で、大病院から小さなクリニック、常勤・非常勤、日勤・夜勤、長期・単発など、その組み合わせは無数にあると言っても過言ではないでしょう。

医療ワーカーには豊富な求人情報があるので、転職したい人の希望に沿った求人を探し出してくれます。

看護師の仕事は医療機関だけでなく、旅行添乗や幼稚園・保育園、イベントでの看護業務など一風変わった業務もあるのです。

このため、「アドバイザーと面談をしているうちに、自分では見つけられなかったような求人情報と出会うことができた」となるケースも珍しくありません。

地方の求人も網羅

医療ワーカーは全国あらゆる都道府県の求人情報を揃えています。

地方で子どもを育てながらできる範囲で働きたい、通勤時間に時間を割きたくないから通いやすい範囲内に限定して探したい、といった希望がある人にも安心です。

一方で、地方では転職先の選択肢が少ないため、提示された勤務条件が転職者の希望に合致しづらくなり、何かを妥協しないといけない、ということは珍しくありません。

そのような場合も医療ワーカーであれば、面接同行サービスによって交渉等を行ってくれるので安心です。

医療ワーカーのデメリットは?

連絡がしつこいことも

医療ワーカーに限らず、こういった看護師転職エージェントは「転職を希望する人の内定が決まると、採用元の医療機関から報酬が貰える」システムによって利益を得ています。

このため、一部のアドバイザーは転職活動を早く進めようとして、利用者が「しつこい!」と感じるほど連絡をしてくることもあるでしょう。

医療ワーカーの場合、「まだ転職すると確定したわけではない」という準備段階の人も利用可能ですので、自分の転職に対する気持ちや予定・スケジュールをしっかりと伝えて、連絡の頻度を抑えて貰うのがおすすめです。

また、紹介された求人情報に必ず応募しなければならないわけでなく、お断りすることもできるので安心できます。

サイトの使い勝手はイマイチ

医療ワーカーは未登録の状態でも求人情報を検索、閲覧することができます。

都道府県や市の名前、具体的な勤務先の規模や職種、「ダブルワークOK」「オンコールなし」など細かい条件での検索も可能です。

ただし、勤務エリアと複数の細かい条件を組み合わせてみる、といったより複雑な絞り込み検索機能などがなく、サイトの使い勝手は良いとは言えないでしょう。

なぜならば医療ワーカーのサービスの本質は、「専門アドバイザーによる求人情報の紹介と、内定に至るまでのフォロー」にあるからです。

サイトはあくまでも補助的なものとしてとらえて、自分の目で色々な求人を見たい時、公開されている転職情報コラムを読むなど、切り分けて利用するとよいでしょう。

こんな人におすすめ!

プロのサポートが欲しい人

医療ワーカーの利用をおすすめしたい人は、何よりもまず「アドバイザーによるサポートが欲しいと考えている人」です。

二人三脚のような形で面談から選考まで付き添って貰えるので、一人で転職するのが大変だと感じている場合、まずは登録してみるのもよいでしょう。

転職ワーカーは選考のあれこれも代行して貰えるので、「求人側に電話をしたいけれど平日の日中なんて、とても電話する余裕がない!」と嘆く必要もなくなります。

負担を減らしつつ、スピーディに転職先を見つけられる可能性が高いので、新しい職場でも気持ちよく仕事を始めやすくなるでしょう。

転職を考え始めの人

また、「今の仕事先について気になるところが出てきたから、転職してもいいかもな」と考えている人も登録できます。

踏ん切りがつかないような場合も、アドバイザーとの面談を通じて気持ちの整理をつけることで、そのまま頑張るのか、転職に踏み切るのかを決められるかもしれません。

自分のことを自分で決めるのは大切ですが、一人で悩みすぎず、医療ワーカーのアドバイザーの力を借りてみるのがおすすめです。

まとめ

「もっとよい条件で働きたい」「今の仕事からステップアップしてみたい」、そんな様々な理由で転職を検討している方は少なくありません。

理想の働き方を実現するためには、医療ワーカーのアドバイザーの力を借りてみるのはいかがでしょうか。

もしも迷うのであればまず登録をし、アドバイザーと面談をしてみることで、よりよい第一歩を踏み出せるかもしれません。