【女性の転職面接】相応しい髪型&メイクのコツは?よくある質問など

転職

女性の転職活動で迷ってしまうのが服装とメイクです。

新卒の時のようなリクルートスーツである必要はないため選択肢が多く、最適な服装やメイクの選び方で困ってしまう人が多いでしょう。

そこでこちらの記事では、女性の転職面接でよくある疑問点を始め、面接に相応しい服装や髪型、メイクなどを詳しく解説します。

これさえ読めば、自信を持って面接に臨めるでしょう。

これから転職活動をする人はぜひ参考にしてみてください。

ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

転職の面接に相応しい服装とは?

営業職などで普段からスーツを着慣れている人以外は、面接での服装に困ることが多いのではないでしょうか。

転職では、企業や転職エージェントなどから服装の指定をされることはありません。

そのため、面接という場にふさわしい服装を自分で選ぶことが重要です。

トレンドのものやカジュアルな洋服を選んでしまうと、「TPOが理解できていない」「ビジネスマナーを知らない」などの判断がされることもあります。

普段通りの自分でいることより、第一印象を良くして、働きたい企業から選ばれる必要があります。

リクルートスーツは控える

では、新卒の時に着用していたリクルートスーツはよいのでしょうか。

転職活動では、社会人としてのスキルや経験をアピールしなければならないため、リクルートスーツでは学生のような印象を与えてしまいふさわしくありません。

社会人なら1着は持っておきたい、グレーや紺色のベーシックスーツで好印象を与えましょう。

髪型・メイクも大事

忘れがちなのが髪型やメイクです。

いつも通りのメイクをしてしまうと、ビジネスの場ではふさわしくないことがあります。

転職面接にも相応しい髪型・メイクが存在します。

例えばロングヘアーの場合には、顔にかからないようにまとめ、派手なヘアアクセサリーはつけないのが一般的です。

メイクは、カラーアイシャドウやチークの入れすぎなどには注意し、主張をしすぎない清潔感のあるものを心がけてください。

面接に相応しい髪型って?

髪色のトーンはどれが正解?

転職の場合には、髪は真っ黒である必要はありません。

企業側の方針で就職後に髪色やトーンを指定する企業であれば、面接時から従っておくとスムーズですが、合髪を染めていても転職活動に影響があることは少ないです。

髪を染めている場合には、明るすぎると幼い印象を与えてしまうことがあるため、8トーン以下のカラーに抑えておくとよいでしょう。

黒髪にする場合には、暗すぎる黒で染めるとかえって不自然な印象を与えることもあるため、日本人の平均的な地髪の明るさである5トーン程度がおすすめです。

好印象に見せる髪型は?

髪の長さに関わらず、髪型で重要なポイントは清潔感があるかどうかです。

前髪で目が隠れている、ボサボサの髪の毛が広がっているなどを避ければ、長さやスタイルを無理に変える必要はありません。

肩より長い髪の毛の人は、ポニーテールやハーフアップにしてまとめるとスッキリします。

ショートヘアの人は、頭頂部分に出ている毛や前髪をワックスなどで整えると髪型が崩れません。

お辞儀をするたびに髪型の崩れが気になると、自然と手が髪にいきやすく、面接に集中できなくなります。

面接に集中できるように髪型はしっかりとまとめましょう。

面接に相応しいメイクって?

面接で好まれるメイクとは?

面接でのメイクは、やはり清潔感が最も重要です。

スーツに合うように、派手なメイクはしないようにしましょう。

逆にノーメイクでもよくない印象を与えてしまいます。

最低限のメイクをすることは社会人の基本ですので、色味を入れすぎないメイクを心がけてください。

ベースメイクで、ツヤと血色を与えることで、健康的な印象をアピールできます。

クマやニキビ跡はコンシーラーで隠し、均一な肌に整えてください。

アイメイクは、ベージュ系のアイテムを使い、やりすぎにならないように気をつけます。

チークは血色を与えてくれるので、大人の女性に合うコーラル系、ベージュ系がおすすめです。

リップも血色を整える重要な役割を果たします。ナチュラルでも色味がある口紅を選んでください。

ここがポイント!

「口紅を付けた口から発した言葉は説得力が増す」と言われることもあります。できれば一度化粧品売り場のカウンターに行き、店員さんの客観的な意見を聞きながら自分の肌色に合ったものを選ぶようにしましょう。

アクセサリーはつけてもOK?

面接を受ける企業によっても異なりますが、就業中にアクセサリーをつけてもいい業種かどうかを確認しましょう。

つける場合にも、シンプルで小さいアイテムを選ぶのがポイントです。

ピアスやイヤリングは揺れるようなデザインを避け、小さめのシンプルなデザインを選びます。

ネックレスも同様に小さな石が1つなどのデザインを選びましょう。

指輪は、結婚指輪以外のファッションリングは避けるのが無難です。

腕時計は、ビジネス用に使えるものであれば好印象を与えてくれます。

面接に相応しいポイントメイクの解説

面接メイク:チーク、アイシャドウの選び方

チークやアイシャドウは、メイクの中でも印象を左右する重要なポイントです。

目の上にあっても自然な色である、ブラウン、ベージュ系を選びます。

グラデーションはアイホールと目の際の2色程度に留めましょう。

チークは色を乗せすぎないように注意し、コーラルピンクやベージュ系を選びます。

クリームチークよりもパウダーの方が色が調整しやすく便利です。

面接メイク:口紅の選び方

口紅は保湿リップやグロスではなく、色がしっかり乗る口紅が最適です。

自然な色のオレンジ系やピンク系などで色味をつけましょう。

直接塗ると口紅がはみ出てしまうこともあるため、リップブラシを使うと便利です。

唇の輪郭が整っていると、ビジネスシーンにふさわしい印象になります。

面接メイク:眉毛の描き方

眉は、自分の眉の形を活かした太眉がおすすめです。

まぶたの余分な毛はしっかりと処理し、パウダーとペンシルで足りない部分を補いましょう。

髪色に合わせてペンシルを選ぶと不自然になりません。

ペンシルでしっかり描くよりは、パウダーでぼかしながら描くと失敗せずにナチュラルに仕上がります。

ここがポイント!

特に眉毛の角度や形、長さは顔全体の印象を左右します。2000円程度とお手頃な料金の眉毛サロンもあるので、プロに任せるのも一つの手です。

よくある質問

ロングヘアーにおすすめのアレンジは?

ロングヘアーでスタイリングをしないと、だらしない印象を与えてしまいます。

緩いスタイルが流行していますが、面接ではきちんとした印象を出すことが重要です。

ロングヘアーにおすすめな髪型はポニーテールです。

ハーフアップもすっきりしますが、暑い季節になると湿気や汗で首に髪が張り付いてしまうこともあるため、季節で選んでください。

前髪は落ちないようにピンで留めたり、ヘアスプレーで固定します。

黒いゴムである必要はありませんが、バレッタや髪の色に合わせたシンプルなヘアアクセサリーで留めると社会人らしさが出て好印象です。

面接でNGの髪型例は?

寝起きのようなボサボサの髪型や、髪染めを長くしておらず根元との色の違いがはっきりわかるような場合は、だらしない印象を与えてしまいます。

身だしなみは社会人の常識のため、しっかりと整えておきましょう。

長い前髪や短すぎる前髪も、顔がよくわからなかったり、幼い印象を与えてしまいます。

前髪は適度な長さで、邪魔にならないようにすることが重要です。

パーマやコテで髪を巻いている人も多いでしょう。

パーマやコテはNGではありませんが、結婚式に出席するような華やかなスタイルは避けてください。

コテの使用は毛先をまとめる程度に抑え、パーマヘアの場合にも髪をまとめるようにしましょう。

特にメイクに注意が必要な業界は?

お客様との接点が多い接客業では、従業員のメイクなどの印象が企業に影響を与える可能性もあることから、身だしなみに厳しいことが多いです。

飲食業界やホテル業界では清潔感が重視され、アパレルや航空業界では華やかさが求められます。

転職する業界で規定のメイクなどを事前に確認して、最適なメイクで面接に臨みましょう。

ラメは使ってOK?

面接の場では、アイシャドウなどのラメは使わない方が無難です。

目元がキラキラと輝きすぎるとフォーマルなスーツに合わず、浮いてしまいます。

ラメが入っている化粧品は避け、マットカラーや上品なパール入りなどのタイプを使いましょう。

つけまつげ、カラコンはつけてよい?

ナチュラルなタイプのカラーコンタクトでも、それに気づく人は多いです。

目を大きく見せるつもりで選んでも、不自然な印象を与えてしまいます。

つけまつげやカラーコンタクトはプライベートの場のみにし、面接の場では使わないようにしましょう。

ここがポイント!

最近はYouTubeなどに面接向けのメイクテクニックを紹介した動画が多くあるので、活用するのもおすすめです。

まとめ

転職時の面接では、社会人にふさわしい服装とメイクが求められます。

新卒の時よりも選択肢は広がりますが、ビジネスにふさわしいかどうかを基準にアイテムを選ぶことが重要です。

相応しいものを選ぶことで、第一印象がよくなり、面接もスムーズに進みます。

服装とメイクで最も重要なのが清潔感です。

清潔感をしっかりと出せばよい印象を与えることができるでしょう。